ミリ 秒 時計。 パソコンの時計を正確に合わせよう

パソコンの時計を正確に合わせよう

ミリ 秒 時計

ミリ秒とは、時間の単位の一つで、1秒の1000分の1(0. 001秒)を表すもの。 1000ミリ秒が1秒に相当する。 コンピュータで時間を扱う際の最小単位としてよく用いられる。 プログラミングなどで時間の長さなどを指定する際に、ミリ秒単位で指定することができるようになっている場合が多い。 また、多くのコンピュータでは現在の日付や時刻を歴史上のある時点(多くの場合1970年1月1日午前0時ちょうど)からの経過時間をミリ秒単位で表したものとして保持している。 100万マイクロ秒が1秒に相当する。 コンピュータではマイクロ秒単位で時間を計測したり指定したりすることはあるが、機種や処理系によっては処理が可能でも正確には取り扱えない場合もある。 10億ナノ秒が1秒に相当する。 1()の1周期の長さが1ナノ秒であり、の動作や通信路のなどで取り扱う時間のスケールだが、実用上はナノ秒単位の計測や操作を行うことはほとんどない。 1兆ピコ秒が1秒に相当する。 1ピコ秒は光ですら約0. 3mm(真空中)しか進むことのできない極めて短い時間単位であり、科学技術研究などの先端的な限られた分野でしか登場することはない。

次の

シチズン×トヨタ86、1/1000秒が計測可能なクロノグラフ

ミリ 秒 時計

パソコンの時計を正確に合わせよう パソコンの時計を正確に合わせよう 目次• HROを行う時に観測に使っているPCの時計が正確でないと、 記録されたエコーの時刻を知ることができません。 これは、他の観測者とデータをてらし合わせたり、同じエコーかどうかの判断する時に問題となります。 特にPCの時計は10数秒/日もずれるものも多くあり、全く信用することができません。 そこで、基準となる正確な時計を用意し、定期的にその時計に合わせてPCの時計を修正する必要が有ります。 手近に利用できる正確な時計 信号 としては次の物が考えられる。 それぞれについて実際に使用する方法や問題点などをまとめてみました。 正確な時刻を扱うには、Windowsには大きな問題があります。 Windowsの時刻の設定や取得をおこなうAPI SetLocalTime,GetLocalTimeなど には大きな誤差が存在します。 例えば、「0時0分0秒」に時刻を設定したにもかかわらず、 その直後に時刻を取得すると「23時59分59秒」と帰って来ます。 このことから、Windowsで正確な時間を扱うには無理があります。 このWiondwsの問題部分は対処のしようが無いので、Windowsの誤差内でできるだけ 正確に時刻合わせをおこなうとお考え下さい。

次の

アウトレットのページ金子時計店

ミリ 秒 時計

次世代の時間標準の有力候補である「光格子時計」の可搬型のものを開発し、一般相対性理論を基に高低差を計測して性能を確認したと、理化学研究所開拓研究本部香取量子計測研究室の高本将男専任研究員、東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の香取秀俊教授などの研究グループが7日発表した。 社会での幅広い利用の可能性を示す成果として注目される。 実験には東京スカイツリー(東京都墨田区)を利用した。 グループはこれまで実験室に据え置かれていた光学装置や制御装置などを小型化して集約し、新たに可搬型の光格子時計を開発。 これを東京スカイツリーの地上階と展望台の2カ所に置き、それぞれが示す時間の進み方の違いを計測した。 その結果、展望台では1日あたり4. 26ナノ秒(ナノは10億分の1)、地上よりも時間が速く進んでいた。 この差を基に、両者の高低差が452. 603メートル、不確かさ39ミリであることが求められた。 一方、確認のためにレーザーで高低差を測ると452. 596メートル、不確かさ13ミリとなり高精度で一致した。 可搬型光格子時計が、従来の実験室のものと同程度の性能を発揮することが示された。 東京スカイツリーを利用した可搬型光格子時計の実験の概要(香取秀俊東京大学教授提供) 光格子時計は、ストロンチウムなどの原子が特定の周波数を持つ光を吸収することを利用して時間を計測するもの。 誤差は100億年に1秒で、1秒の長さの現行の国際標準であるセシウム原子時計の約100倍の高精度を持つ。 香取教授(量子エレクトロニクス)が2001年に提唱し、14年に開発した。 一般相対性理論によると、標高が低く重力が大きい場所は、高い場所より時間がゆっくり進む。 光格子時計はごくわずかな時間変化を計れるため、高低差の計測に応用できる。 高精度の測位、火山活動による地殻変動の監視といった防災など、幅広い応用が期待されている。 16年には約15キロ離れた2地点の15. 16メートルの高低差を、実験室の時計で求めることに成功している。 香取教授は「これまで宇宙規模のことのように考えられていた一般相対性理論の効果が、光格子時計によって地上の実社会で役立つ計測対象になる。 利用しやすい可搬型を開発したことは大きなステップになった」と述べている。 研究は理化学研究所と東京大学、国土交通省国土地理院、大阪工業大学で構成するグループが島津製作所と共同で実施。 日本学術振興会の科研費特別推進研究、科学技術振興機構の未来社会創造事業「クラウド光格子時計による時空間情報基盤の構築」の一部支援を受けた。 成果は英国の光学専門誌「ネイチャー・フォトニクス」に日本時間4月7日に掲載された。

次の