デュエル マスターズ プレイス ボルコン。 デュエル・マスターズ プレイス pc ダウンロード

【デュエプレ】ボルコン(ボルメテウスコントロール)のデッキレシピと立ち回り【デュエマプレイス】

デュエル マスターズ プレイス ボルコン

デュエプレ デュエマプレイス におけるクローシスボルコンのデッキレシピです。 代用カードやデッキの回し方についても解説していますので、是非参考にしてください。 クローシスボルコンの基本情報 シールド焼却でコントロール 大量の除去カードとボルメテウス・ホワイトドラゴンのシールド焼却効果を組み合わせたコントロールデッキ。 ボルメテで攻撃したシールドは墓地に置かれるため、手札を与えずに攻める事が可能。 デュエマを代表するコントロールデッキ。 相手のリソースが尽きるまではひたすら手札・盤面を破壊していこう。 相手の手札と盤面が除去できたら、ボルメテをプレイ。 シールドを攻めていこう。 チャージャー呪文追加で強化! 第2弾でチャージャー呪文が追加された事によって、速度面の弱点が解消された。 マナの伸びが良くなったため、強力なハンデス呪文であるロスト・ソウルを安定して唱えることも現実になった。 何も考えずにハンデスをしてしまうと一気にピンチになりかねないため、常に警戒して立ち回ろう。 環境にマッドネスクリーチャーが多い場合は、ハンデスの数を減らすことも考慮しておこう。

次の

【DBC】ボルコン環境を勝ち抜きたい!!では何を使うべき??

デュエル マスターズ プレイス ボルコン

あなたのWindowsコンピュータで デュエル・マスターズ プレイス を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、デュエル・マスターズ プレイス をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます: 1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。 または B. 個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。 あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます lol. 2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする Bluestacks. exeまたはNox. exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。 見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。 [次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。 アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。 上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。 今度は デュエル・マスターズ プレイス を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック デュエル・マスターズ プレイスアプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 デュエル・マスターズ プレイス が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。 次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。 をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。 あなたは アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。 それはあまりにも困難ではないことを望む? それ以上のお問い合わせがある場合は、このページの下部にある[連絡先]リンクから私に連絡してください。 takaratomy.

次の

【デュエプレ】デイガ(赤白黒)ボルコン(ボルメテウスコントロール)の最新デッキレシピ【デュエマプレイス】

デュエル マスターズ プレイス ボルコン

このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを自身の手札に加えるかわりに墓地に置く。 もともとはおよびが原型であり、それらのの要素をすべて抜き、そのにやを入れたようにして組まれていた。 そのため、を利用して1枚挿しされた様々な種類のを状況に合わせて的確に使っていくという戦術が主流。 とはいえ、あくまでので勝利することがなので、特に決まった定型はなく、の好みが反映されやすい。 や各プレイヤーの好みに合わせて調整されていくうち、元となった上記デッキタイプの原形をほとんどとどめていないようなものも見られる。 主要カード [ ] 《ホワイト》を 全体と6000 などのにより、による逆転の可能性がほとんどないのが特徴。 一度してしまえば安全に相手を追い詰めていけるのが長所である。 類似したのにはやがおり、使い分けが肝心。 本家ならばで早期にが可能なので、積極的に組み合わせたい。 自身はやができず、相手のに対する耐性も無い。 よって、出すまでにしっかりとの状態を整えておく必要がある。 少なくとも、やなどので相手のを封じておくことはしておきたい。 気味に構成されることがほとんどで、そのために要素を全くと言っていい程含まず、安定していることが特徴。 各状況に応じてしなければならないため、初心者が使いこなすことは難しい。 総じて中級者から上級者向けのデッキとなる。 バリエーション [ ] 基本型 [ ] 最もスタンダードな型とされるのはを雛型にした以外の4色で組まれたタイプ。 多くは気味に組まれ、による同名カードのおよびを利用する。 また、のようなを利用して状況に合わせて的確な手を打って相手の行動に対処する。 柔軟性は非常に高く、どのような相手にも対抗できる可能性があるが、逆にの難易度は高い。 は自由に行えるものの、上級者向けの戦略と言える。 ランデス型 [ ] のかわりにを入れてを行うもの。 で組まれることが多く、やがされることもある。 やなどので相手の足を引っ張り、の安全な降臨に繋げる。 とは相性がよく、を連出したり、を唱えて《ホワイト》を出すことができる。 からをばら撒いて打点の強化を図るなど、の旨みを活かしやすい。 をにを出しても面白いだろう。 ボルゼロ型 [ ] のを活用するタイプ。 は使えないものの、のようなが使用可能。 早期を狙っていく。 とは相性がよく、から《ゼロ・ドラゴン》をできる。 でにしたり、でするなど、ならではのサポートを受けることが可能。 一風変わった【ボルメテウスコントロール】となるだろう。 ハンデス型 [ ] やの5枚から10枚の自由枠に、、本体をタッチしたタイプ。 終盤にで安全にをする点を除いてはプレイングは元になったデッキとほぼ変わらない。 によって相手に手札を与えずブレイクするとハンデスは大きなシナジーを形成するが、軽量ハンデスを中心にするためデッキパワーは抑え目であり、今引きに弱いという【ボルメテウスコントロール】の弱点を晒し出しやすい。 また、を打つプレイングが普通の系統のより相対的に少ない分こちらの山札の方が少なくなる場面が多く、調子に乗って山札を掘り進めている内にもあり得る。 そのため、や等の山札回復カードは1枚挿しておくと助かる場合がある。 何よりやのテンプレが固まっている時期には本体を始めとする火のを入れる枠が無いので、総じて【ボルメテウスコントロール】としてはマイナーなタイプと言えよう。 :で相手のを削り、の露払いをする。 :踏み倒したでを落としきり、でクリーチャーを破壊する。 このデッキの弱点 [ ] 優秀なは4以上のものに集中している傾向があるため、必然的にに対しては苦戦を強いられることとなる。 やなどので対処する手もあるが、それでも辛いことに変わりはないため、対策は必要。 また、他のにも言えることだがやに弱い。 によってすらできない強固な壁となる。 また、展開力がないためになどで複数体されてしまうと苦しい。 などを活かすためには、やはりで相手のを確実に封じておきたい。 環境において [ ] 辺りから登場し、長らくの代表格として扱われてきた。 特に期などが大流行した頃は「究極の」としてのである点が評価された。 ところが、手軽にを用意できるや、より決定力の高いなどに押されて、の頃よりでの活躍は遠のいている。 でゲームが終わることが多くなったがゆえに、相対的に地位が低くなった。 の高速環境ではハイランダーという制約もあってののみで安全に〆る余裕が無くなったため、シールド焼却は2枚で妥協して残りは通常ブレイクを行うケースがざらになってしまうという有様。 でこのデッキタイプの構築済みデッキであるが発売され、などのサポートカードや新たなであるが収録されており、このを大幅に強化することとなったがそれでも環境についていけるほどではなかった。 では、が登場。 相手に手札を与えずに勝利したければ、攻撃せずに安定してを取れる《シャコガイル》を使ったデッキの方が安定するため、このデッキタイプはますます立場を失う。 終盤では、の能力を持ったに、でをしてを決めに行くが登場し、シールド焼却をコンセプトにしたデッキとしての立場も失う。 その他 [ ]• 純粋なによるを組もうとすると、意図せずともこの形になることが多いため、その代表格として語られることも多い。 を入れるかはの判断によるところが大きい。 にはが優秀なものが多く、肝心の《ボルメテウス》の存在を喰いかねないためである。 尤も、以降は採用しでもしないととてもゲームにならないので、超次元呪文を忌避する傾向は薄れている。 それでも、《ボルメテウス》でフィニッシュするというコンセプトを阻害しかねないパワーカードは忌避される傾向にあり、時代によって忌避されるカードは異なる。 このデッキタイプ限定の大会を開催して戦うというのはよくある楽しみ方の1つである。 地方によってさまざまなローカルルールがあるが、抜きの4色、というのが大まかな共通ルール。 長らくは安全にを処理する手段であったが、の登場でそれが覆された。 うっかり《キューブリック》をに送ってしまうと、どこからでもに送られた時のがして、されてしまうこともある。 《キューブリック》は2014年5月24日付けでとなったが、用心するに越したことはないだろう。 やの登場によって必ずしもを入れて組む必要が無くなり、の幅が広がった。 最速4ターンので手札を落としきり、で盤面ももズタズタにするという意味において、は「以後の【ボルメテウスコントロール】の完成形」と評せなくもない。 をにするかにするかで、袂を分かつこととなった5色デッキと緑抜き4色デッキだが、の「コスト8以下」という制約によって5色デッキの性質が寄りになるというのは、興味深い結果である。 更にでが登場。 でが再録されたこともあり、一部では2ブロック対応の構築を試みるプレイヤーもいた。 においてはがユーザー全員に配布されるカードであり、なおかつクリーチャーが横並びしにくい仕様であることから、期環境トップメタとなっている。 参考 [ ]•

次の