坐骨 神経痛 対策。 坐骨神経痛とは 原因と対策

坐骨神経痛の対策方法とは?【生活習慣を考える】

坐骨 神経痛 対策

内容は絶対ではありませんが、国家資格を取得しており。 学んできた経験があります。 ですので、信憑性や信頼性は間違いない部分もあります。 しかし、個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。 共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して頂けたら嬉しいです。 ですので、この記事の内容が絶対正しい。 とは思わずに、リハビリテーションの専門家の意見や見解である。 というように捉えてほしいと思います。 この記事があなたの参考になれば嬉しいです。 是非、宜しくお願いいたします。 皆様こんにちは。 mamotteライターで理学療法士のイワモトです。 この記事にたどり着いたという事は、あなたは 「坐骨神経痛 ざこつしんけいつう 」と診断されたのではないでしょうか? もしくは、坐骨神経痛ってなにか気になって検索してみたのではありませんか? 一度はこの症状を耳にした事があるかと思います。 巷では、坐骨神経痛 ざこつしんけいつう という言葉が良く使われていながらも、本当の意味を知らない人が多いのが現状です。 医者も腰や足に症状があると『坐骨神経痛 ざこつしんけいつう ですね・・・』と説明しがちな場面もあります。 このようにお医者から言われると、不安や怖さが強くなってしまうことでしょう。 私の足の痛みやしびれは治るのか・・・・• いつまで症状が続くのかな・・・• 一生、しびれや痛みを抱えていかなくてはいけないのかなぁ・・・ などと。 怖くなってしまいますよね。 でも一先ず、安心して欲しいと思います。 坐骨神経痛とお医者さんから説明されても、気にする事はありません。 【坐骨神経痛の症状が改善した】 という患者さんは沢山いるからです。 さらに、坐骨神経痛とは、診断名ではなく総称名です。 これは、他の記事でも説明していますが、坐骨神経痛は診断名ではありません。 診断名ではないからといって、安心してほしいというわけではありませんが 事実として、坐骨神経痛は正しい対処をすれば良くなる可能性が大きいという事です。 そして、あなたの坐骨神経痛の症状を治すためにも、まずは、【原因】を突き止める必要があります。 そこで、今回は、 【坐骨神経痛と原因】について話していきたいと思います。 さらに• 坐骨神経痛の原因について• 坐骨神経痛になりやすい人の特徴• 坐骨神経痛の治療と対策 の3つの観点を盛り込んで紹介したいと思います。 この記事読めば、• 坐骨神経痛の原因を史って、予防・対策を行う事ができる• 坐骨神経痛の治療について知る事ができる といった2点のメリットがあります。 理学療法士として、培った経験をもとにあなたの坐骨神経痛の手助けになれたらうれしく思います。 それでは、本日もよろしくお願いいたします。 1 坐骨神経痛の原因は色々 坐骨神経痛は坐骨神経という神経 神経の束 を圧迫することなどが原因で起こります。 この神経を圧迫する原因には様々なものがあります。 例えば、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などはその代表的な原因疾患です。 多くは腰部 腰椎:ようつい に問題がありますが、梨状筋 りじょうきん 症候群など腰椎から離れた場所 お尻の中 で圧迫が起こることもあります。 参考までに坐骨神経痛と似た症状を出すものとして、仙腸関節 骨盤を構成する仙骨と腸骨の間の関節 の障害もあります。 2 坐骨神経痛は診断名ではなく、症状名である 「坐骨神経痛」は病名ではありません。 症状を表す言葉です。 腰痛、頭痛、腹痛なども同様に症状名であり、診断名としては使用されません。 ただし、 現実には原因が確定できない場合は便宜上症状名が書かれていることもあります。 坐骨神経痛の原因を短時間で特定することは困難な場合もあり、このような表現を使わざるを得ない場合もあるでしょう。 診断名が確定できないときに便宜上使用される表現です。 2-1 なぜ坐骨神経痛と言うのか? 坐骨神経痛の名の由来は、坐骨神経に何らかの障害 圧迫など があって、坐骨神経領域 坐骨神経が支配する皮膚など に痛みが走る 放散痛 ことからこのように呼ばれます。 坐骨神経の束の中の感覚神経 痛覚 に刺激が加わると、刺激は脳へ伝わり痛みとして感じます。 神経自体が痛むのではありません。 痛みを痛みとして感じるのは脳です。 2-2 坐骨神経痛の坐骨神経って何?どこにあるの? 脊柱 背骨 の中に脊髄 神経の束 が通っていることはご存知だと思いますが、脊髄から枝分かれした神経は脊柱を構成する椎骨の間から出て、末梢神経として人体の各部位へ伸びていっています。 これが坐骨神経です。 坐骨神経は梨状筋 りじょうきん の前を通り骨盤から出ると、太ももの裏側を通って枝分かれしながら足の方へ進んでいきます 坐骨神経という名称から、途中枝分かれした各神経の名称へ変わっていきます。 3 坐骨神経痛になりやすい人の特徴について 坐骨神経痛になりやすい人の特徴がいくつかありますのでご紹介します。 この特徴に当てはまっていても発症しない場合があることは勿論ですが、たくさん当てはまる人は注意しましょう。 姿勢が悪い 背中が丸くなっているなど• 長時間腰かけることが多い デスクワーク、長距離運転• 中腰での作業が多い• 重いものを持ち上げる 運ぶ ことが多い• 親、兄弟に坐骨神経痛 腰椎椎間板ヘルニアなど の人がいる• 腰に違和感があったり痛みを感じたりすることがある• 激しいスポーツをしている、またはしていた• 腰椎分離症など、腰部疾患の診断を受けたことがある 参考までに、性格の面では、• 強引なタイプ• せっかちなタイプ• 他人に仕事を頼めないタイプ 上記の人は、人に頼らず、自分で無理してでもやってしまうことが多いので、腰を痛めやすいです。 不利な性格となります 筆者自身。 以上、主な特徴をあげてみました。 若い方で発症する場合、腰への大きなストレス 重いものを扱う、介護業務など が原因となることが多いです。 また、残念ながら遺伝的な影響も少なからずあります。 椎間板に障害が出やすい遺伝子を持っている場合、発症しやすくなります。 4 坐骨神経の治療は?どうしたら治るのか? 根本的な治療法は、坐骨神経への圧迫を取り除くことです。 確実に神経への圧迫を取り除くためには、手術を受けることが確実という意見もあります。 しかし、 実際には症状が軽い場合や進行していない場合、症状が酷くても保存的療法で治る可能性があるので、手術を行わずに治療をすることが多いです。 手術には苦痛やリスクを伴うため、現実的に手術は最終手段となりやすいです。 したがって、 完治が保証されるわけではないのですが、保存的療法を選択することがほとんどだと言えます。 治療法は症状によって違ってくるため、一概にいうことはできませんが主な治療法をご紹介します。 まず、坐骨神経痛の原因を確定します わかりにくい場合もあります。 原因に応じた治療法を選択していきます。 それが、最初に保存的治療法になります。 激しい痛みがあり、歩くこともできないような場合は安静の必要が生じる場合もあるでしょう。 痛みを抑えるための鎮痛薬 通常の鎮痛薬に加えて神経痛に効果のある薬など が処方されたり、ひどい場合は神経ブロック 硬膜外、神経根 など麻酔薬を注射したりすることもあります。 ひとまずこれで痛みは楽になりますが、これは対症療法的です。 坐骨神経への圧迫が解放されるわけではありません 例外はあります。 一時的な症状の緩和にすぎません。 このことは覚えておいてほしいと思います。 また、神経の圧迫が残ったままであれば、症状が再発してしまいます。 根本的な部分へアプローチしていく必要があります。 ここからは原因に応じた対策となるため、具体例として腰椎椎間板ヘルニアをあげていきます。 椎間板ヘルニアは、椎間板にストレスが過剰にかかることで 遺伝などの影響もあります 発症します。 この過剰なストレスの原因は、姿勢や動作の仕方 内容 にあることが多いです。 なので、まずは姿勢の改善に取り組みます。 理想的な脊柱 背骨 の形になるように姿勢を矯正して意識する練習をするのです。 さらに、補助的としてコルセットを用いたり、座位姿勢を改善するためのクッションを利用したりもします。 良い姿勢でも長時間同じ姿勢でいることは腰に負担がかかりますので、時々姿勢を変える必要もでてきます。 動作の仕方はとても重要です。 同じ重さのものを持ち上げる場合でも、その方法によって腰にかかる負担が大幅に異なってきます。 しっかり膝を曲げて腰を落とし、持ち上げるものを体から離さず、近い位置で膝を使いながら持ち上げます。 軽いものを床から持ち上げる ごみを拾う動作など 時も、徹底して膝を使うようにします。 このような動作法の改善で腰への負担が少なくなります。 また、 これらに加えて体幹筋 腹筋、背筋など や下肢の筋力強化をしたり、ストレッチをしたりして体の柔軟性を高めることも効果がありますので行います。 直接ヘルニアを改善させる目的で行う体操や徒手療法などもあります。 有名なものにマッケンジー法という方法があります。 主に体幹を伸展 反らせる する体操を行っていくことで、ヘルニアを改善させます。 以上のような保存的治療法を行えば、手術を避けられる可能性が高くなることでしょう。 もちろん、すべてがうまくいくわけではありません。 神経への圧迫が重度で、下肢の麻痺や膀胱直腸障害などの症状が生じてしまったら、早めに手術を行う必要性も出てきます。 手術は、理屈通りで、神経の圧迫を開放するということが基本となります。 ヘルニアの場合、椎間板から飛び出した髄核 ずいかく を取り除くことで、神経への圧迫を開放します 手術法はいくつもあります。 椎間板ヘルニア以外の脊柱管狭窄症などの治療も、考え方は基本的に同じです。 少し性格の異なるものに梨状筋症候群がという症状があります。 その他の疾患が脊柱で起こるのに対して、この症候群はおしりの中にある梨状筋の部分で起こります。 筋肉によって坐骨神経が圧迫されるのが原因と言われています。 画像に写らないため、わかりにくい場合もありますが、経験豊富な医師により診断がつくでしょう。 梨状筋の柔軟性を増し、異常な緊張をなくすなどで改善することもありますが、保存的療法が効果のない場合は手術による方法もあるのです。 是非、これらの事を頭にいれて置いて頂けたら嬉しく思います。 5 坐骨神経痛の対策はどうしたらいいか? 重要な事なので、再度伝えたいのですが、坐骨神経痛の対策のためには、 【日常的に腰に負担がかかりすぎないように配慮することです】• 良い姿勢を心がける• 長時間同じ姿勢にならないようにする 途中で体操するなど• 必要に応じてコルセット、クッションなどを利用する• 日常動作の仕方に注意する 腰への負担を最小にする• 体幹筋、下肢の筋力が弱くならないように維持する• 柔軟性を保つためのストレッチをする• 運動不足の方は適度な運動を行う ウォーキング程度• 肥満にならないようにする• 症状が出たら医師の診断を受けて適切な治療を開始する• 医師の指示に従いマッケンジー法などの体操を試してみる そのほかにもありますが、早期から対策することが重要です。 しびれや感覚障害 感覚が鈍くなる 、筋力低下が主な症状となることもあります。 痛みがないから坐骨神経は大丈夫と思わないような注意が必要です。 日ごろから感覚に左右差がないか両足を触ってみたり、つま先の上がり方が左右同じか確認してみたりして異常の早期発見に努めましょう。 短時間で診断をこなす必要のある医師にとって情報はとても重要です。 痛みの出る場所、感覚の鈍い場所、筋力が弱い場所、いつから、どんな時に症状が出るかなど。 情報をまとめて正確に医師に伝えることは、早く、正確な診断へ結びつきます。 実際に私が経験したことなのですが、医師に症状を正確に伝えなかったことが原因で、坐骨神経障害を見逃された例がありました。 このようなことが起こらないように、情報はしっかりと伝えましょう。 こんな情報が役に立つの?ということが診断の糸口になる場合もあります。 なので、躊躇せずに思ったことは伝える方がいいと思います 6 まとめ 今回は坐骨神経痛の原因と対策についてお伝えしました。 坐骨神経痛は痛みだけでなく、進行すると下肢の麻痺やそれに伴う歩行障害、また膀胱直腸障害など、重度の症状を起こすことがあります。 日ごろから、対策をして予防をしておきましょう。 腰に痛みなどを感じている方は、坐骨神経痛の予備軍である可能性があります。 しびれや感覚の鈍いところはないか、つま先の上がり方が悪くなっていないか 筋力低下、麻痺 など注意しておいてください。 もし神経の症状が出たときは、早めに医師の診察を受けていただき、早めの対策をしていただけたらと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 皆様のご健康をお祈りいたします。 しびれや痛みで思うようにいかない事など沢山あるでしょう。 でも、坐骨神経痛を治す事はできます。 何故、坐骨神経痛になってしまったのか? という原因を突き止める必要があるでしょう。 また、 本当に坐骨神経痛なのか?と疑わなくてはいけません。 坐骨神経痛と医者から言われても、 【坐骨神経痛と違った症状が体に表れている】 という方も少なくありません。 なので、坐骨神経痛と診断されても、ある意味一つの参考程度にするのがいいでしょう。 そして、 【今、感じている症状を治す為にはどうすればいいのか?】 ということだけを考えて、治療に臨むのがいいと思います。 診断名に惑わされてしまうと、その診断が違っていた場合に、治療も間違ってしまう。 といったリスクが伴います。 なので、 信じる部分は、自分の症状に素直になる事だと思うのです。 坐骨神経痛だから、この治療• 椎間板ヘルニアだから、この治療• 脊柱管狭窄症だから、この治療 などと、型にはめた思考で治療を行わない事がなによりも大切だと思うわけです。 是非、参考にしてほしいなと思います。 運営管理者 理学療法士 平林 mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。 リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。 その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。 そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。 このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

次の

坐骨神経痛とは 原因と対策

坐骨 神経痛 対策

坐骨神経痛になり足に痛みがある場合、いろいろとやってはいけないことがあります。 良いと思って取り組んでいることでも、実は坐骨神経痛を悪化させる要因であったり、長引かせている原因になっていることはよくあります。 良くなるために、自分でもセルフケアをしたい。 その気持ちは大切ですが、せっかく取り組むのですからやってはいけないことは避けたいですよね。 では、坐骨神経痛になった場合、どんなことをやってはいけないのか?そして、なぜやってはいけないのか?また、坐骨神経痛の痛みやしびれはどうすれば良いのか? 坐骨神経痛でやってはいけないことを知りたい方は続きをどうぞ。 1 坐骨神経痛になったらウォーキングをしてはいけない 坐骨神経痛で足に痛みやしびれがある場合、ウォーキングはしないでください。 痛みやしびれが強い時は当然ですが、比較的痛みやしびれが軽い時ほど避けてください。 坐骨神経痛の原因は、固まった筋肉にあることが多いです。 ですから、痛みやしびれがある時にウォーキングをするとそれらが強くなる可能性が高いです。 歩くと痛みが強くなる場合は当然ダメですが、歩くと少し痛みが楽になってくるというような場合でもウォーキングは避けてください。 痛みやしびれの状態がかなり良くなり、歩いても痛みやしびれがほとんどでない。 そうなってから、再発予防のために行うなら構いません。 2 坐骨神経痛になったら筋トレをしてはいけない 坐骨神経痛になり足に痛みやしびれがある場合、筋トレもやってはいけないことの1つです。 筋トレは良いことですが、痛みやしびれがある時は、悪化の原因になりかねません。 腰やお尻、股関節周囲の筋肉が固まってしまうと、坐骨神経痛の痛みやしびれが足に出ます。 ですから、その体で筋肉に負荷をかけるのはマイナスということですね。 筋トレ中は痛みが治まっていても、筋肉への負担がかかっているため後から痛みが出ることもあります。 また、症状が長引くことにもつながるかもしれません。 筋トレはウォーキングと同様、痛みやしびれがかなり良くなった段階で再発予防として行うようにしてください。 鍛えると治るは別ということですね。 3 痛みがある時に運動や体操はやってはいけない 坐骨神経痛の痛みやしびれがある時に、運動や体操などはやってはいけないことに入ります。 たとえそれが、腰痛体操のようなことであっても控えた方が良い場合もあります。 固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ている。 その時に、運動や体操などでその固まった筋肉を動かすのは、自分で傷口を広げているのと同じこと。 ですから、かなり痛みやしびれが治まっているなら良いですが、そうでなければ運動や体操もできるだけ控えてください。 4 強引なストレッチはやってはいけない 坐骨神経痛になり、その痛みの原因が筋肉にある場合でも、強引なストレッチはやってはいけません。 ストレッチをするということ自体は間違っていないのですが、強引なやり方は良くないということですね。 筋肉が原因の状態にさらに負荷をかけると悪化の原因になりかねません。 適度な強さ、適度な時間で心地よく感じる程度に行うようにしてください。 5 力任せのマッサージはやってはいけない 坐骨神経痛で足に痛みやしびれがある場合、力任せにその痛みやしびれがある部分をマッサージしてはいけません。 筋肉が原因で痛みやしびれが出ている場合、その筋肉をマッサージするのは構いません。 ですが、力任せにマッサージし過ぎると、後から痛みが増すことが考えられます。 筋肉が原因で痛みやしびれが出ているということは、その筋肉がケガをしているのと同じです。 ですから、心地よく感じる程度で優しくマッサージするようにしてください。 6 炎症がある時に痛み止めを止めてはいけない 坐骨神経痛による足の痛みは、炎症によって出ている場合があります。 ですから、そんな時に痛み止めを止めると痛みが続くという結果になってしまいます。 病院で痛み止めが処方されるのは、医師が炎症があると判断した場合。 痛み止めは消炎鎮痛剤ですから、炎症による痛みに対しては有効ということ。 夜中に痛みで目が覚めるとか、お風呂上がりは少し痛みが強くなる。 そんな場合はまだ炎症による痛みがある証拠。 ですから、用法・用量を守って痛み止めを飲むのが良いですね。 ただし、炎症がなければ痛み止めは効きません。 そういう場合は筋肉による痛みが残っているということになります。 7 炎症による痛みがある時に過剰に温めてはいけない 先ほど、炎症による痛みには痛み止めが必要ということを解説しましたが、同じように気をつけて欲しいことは体を温め過ぎてはいけないということ。 炎症による痛みというのは、簡単に言うと体の中で熱がある状態。 そんな時に、例えばお風呂でしっかり温まってしまうと後からズキズキとうずくように痛みが出ることがあります。 ですから、夜痛みで目が覚める状態なら炎症による痛みの可能性が高いです。 そんな時は、お風呂もシャワー程度で控えめにして温まり過ぎないよう注意してくださいね。 8 熱感があっても冷やし過ぎてはいけない 坐骨神経痛による足の痛みは、炎症によって出ている場合があることを解説しました。 ただ、炎症があるからといって、冷やし過ぎるのは良くありません。 明らかに熱感がある場合でも、少し冷やせば十分です。 冷やす目的は上がった熱を下げることであって、冷やし過ぎることではありません。 痛む部分に熱感がある場合でも、いわゆる冷湿布を貼れば間に合うことが多いです。 過剰に冷やさないよう気をつけてくださいね。 9 坐骨神経痛にはこんな対策もある 坐骨神経痛による足の痛みやしびれは、神経が原因と思われることが多いです。 ですが、実際には今回少し触れてきましたが、固まった筋肉に原因があることが大半。 そのため、痛み止めだけでは治まらないことが多いです。 筋肉が原因の痛みやしびれに必要なのは、薬ではなく筋肉の状態が緩んで元に戻ること。 そのための方法の1つとして、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。 筋肉が原因の痛みやしびれには、こういう対策もあるということを知ってもらえればと思います。 10 坐骨神経痛による足の痛みやしびれでお困りの方へ 坐骨神経痛で足の痛みやしびれがある場合、早く良くなりたいとの気持ちから何か自分で出来ることをやろうとする方は多いです。 そのこと自体はまったく問題ありません。 ですが、何をどのようにするかは大切。 せっかく良くなるためにと思って始めたことも、悪化につながってしまってはもったいないですよね。 筋肉が原因で痛みやしびれが出ている場合、基本的には無理なことはせず安静が必要です。 その上で、筋肉を緩めるようなことをしていく。 それが、体にとって良いということになります。 筋肉に過剰な負荷をかけないよう、適度な範囲でセルフケアに取り組んでくださいね。 まとめ• 坐骨神経痛による足の痛みやしびれは筋肉が原因の場合が多い。 そのため、筋肉に負荷がかかり過ぎることはやってはいけない• ウォーキング、筋トレ、体操は良いことではあるけれど、坐骨神経痛になっている時にはやってはいけない• 炎症による痛みが出ている場合は痛み止めが良いことが多く、その場合はお風呂で体を温め過ぎないようにする.

次の

坐骨神経痛...軽く考えずに対策を

坐骨 神経痛 対策

歩いているときやいすから立とうとしたときなどに、お尻や太ももに痛みやしびれを感じたことはありませんか。 もし、そんなことがあったら、坐骨神経痛の可能性があります。 当初は、湿布薬を貼る程度で治ってしまうことが多いので、つい軽く考えがちです。 ところが症状をくりかえすうちに、痛みで歩けない、いすから立ち上がることができない、といった状態になることがあります。 さらに悪化すると、立っているのがつらい、でも、座っても寝ても痛む、といった状態にもなりかねません。 日常生活にも大きな支障を及ぼすので、そうなる前に坐骨神経痛とそのケアについて知っておきましょう。 坐骨神経痛は昔から知られた病名ですが、実際には病気というよりも、 坐骨神経に生じた痛みやしびれなどの総称のこと。 坐骨神経は末梢神経のなかでも最大のもので、お尻から太もも、ふくらはぎへとつながる長い神経です(ひざから下では、すねや足底の神経とつながっています)。 そのため痛みやしびれの出る場所も、人によってさまざま。 お尻から太ももの部分が多いものの、ひざ裏やもっと下の部分に症状が出る人も少なくありません。 原因も、人によっていろいろです。 初期には運動のしすぎや、反対にデスクワークによる運動不足などで起こることもあります。 さらに椎間板(ついかんばん)ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)など、多様なケースがあります。 それだけに 軽症のうちに自分の原因を確認し、予防をふくめてきちんとした対策をとることが大切です。 注意したい椎間板ヘルニア 坐骨神経痛の原因のなかでも、年齢を問わず多くみられるのは、腰部椎間板ヘルニアです。 椎間板は、背骨の骨と骨のあいだにあるクッションのようなものですが、なんらかの原因で椎間板がつぶれて飛び出し、神経を刺激すると痛みが起こります。 椎間板ヘルニアは、10~30代の若い人にも少なくありません。 仕事やスポーツなどで、腰に慢性的に力が加わったり、不規則に強い力が加わったりすると、圧迫されて椎間板が飛び出すことがあるためです。 中高年の場合には、加齢にともなって椎間板の柔軟性が少しずつなくなり、飛び出しやすい状態になります。 椎間板ヘルニアによる痛みはあるとき急に強くなるので、突発的と思われがちです。 しかし、少し前から軽い痛みやしびれなどを感じていることが少なくありません。 もし、 軽い坐骨神経痛をくり返す場合には危険信号です。 椎間板ヘルニアは初期なら鎮痛薬とけん引などの方法で、かなり改善が可能です。 けん引というのは、器具を使って骨盤などを引っ張り、椎間板の負担を軽減する方法です。 悪化すると、レーザー治療などの方法で飛び出した椎間板の切除が必要になります。 以前にくらべると手術は大幅に進歩していますが、患部の場所や程度によってはしびれなどが治りにくいこともあります。 椎間板ヘルニアの可能性があったら、できるだけ早めに受診しましょう。 自分でやる場合はあくまでも一つの目安と考え、きちんとした検査を受けましょう。 中高年に多い脊柱管狭窄症 中高年になるにつれ、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)による坐骨神経痛が多くなってきます。 脊柱管というのは、背骨(脊椎)のなかにある神経の通り道のことです。 加齢にともなって脊椎にある椎間板や椎間関節、じん帯などが老化し、変形してきます。 その結果、脊柱管が圧迫されて神経を刺激すると、痛みやしびれを感じるようになります。 テレビ司会者のみのもんたさんがこの病気になり、一時話題になりましたが、けっして特殊な病気ではありません。 中高年には一般的なもので、だれにでも起こる可能性があります。 ただし専門医(形成外科など)でないと正確な診断がつきにくい面もあるので、症状がなかなか治まらない場合には専門病院で検査を受けることが大切です。 脊柱管狭窄症の場合、お尻や太ももの痛みなどのほかに、間歇(かんけつ)歩行になりやすいという特徴があります。 また、人によっては、下肢に力が入らず、つまずきやすい、階段を上りにくいといった症状や、尿が出にくい、残尿感があるなどの排尿障害が起こることもあります。 坐骨神経痛に加えて、間歇歩行などの症状がみられる場合には、脊柱管狭窄症を疑って早めに受診してください。 脊柱管狭窄症の場合には、前かがみの姿勢で腰を少し曲げると楽になるとされていますが、ほかの病気と区別するためにも早期受診が大切です。 梨状筋症候群とは 坐骨神経痛の原因のなかでも、運動と密接な関係にあるのが梨状筋(りじょうきん)症候群です。 梨状筋はお尻にある筋肉の一つで、運動などによって炎症などの障害を起こすと、坐骨神経を刺激し、痛みが生じることがあります。 中高年になって運動をはじめたところ、坐骨神経痛を起こしたというケースでは可能性があります。 また、運動とは反対に、長時間のデスクワークのように同じ姿勢をとり続けた場合にも、梨状筋が圧迫され症状を起こすこともあります。 スポーツの世界以外ではあまり知られていない原因ですが、椎間板などに異常がない場合には疑ってみましょう。 坐骨神経痛を予防する 坐骨神経痛は、軽度のうちなら体操などによって自分でも予防したり、改善したりすることができます。 ただし、強い痛みがあったり、歩きにくいといった状態の場合には、自己流でやると悪化させてしまうことがあるので、かならず受診して医師の指導を受けてください。 坐骨神経痛の予防や改善には、ストレッチと筋肉運動が効果的です。 ストレッチは背骨や筋肉などをゆっくり伸ばし、緊張をほぐすことで、椎間板や脊柱管への負担を軽減する運動です。 デスクワークや立ち仕事で同じ姿勢を続けることが多い人は、ときどきストレッチをしましょう。 (A1)立った姿勢で足を軽く開き、からだの力を抜いて手を前に伸ばし、からだを前にゆっくり倒していきます。 腰部の骨や筋肉を伸ばすのが目的なので、無理に倒す必要はありません。 呼吸をしながら2~3秒その姿勢をキープしたら、ゆっくり元の姿勢にもどります(同じ運動を4、5回くり返します)。 (A2)立ったままがつらい場合は、いすに腰かけた姿勢で、同じように手を伸ばしてからだを前に倒す方法でもかまいません。 自宅なら、床に座って足を伸ばし、手を前に出してからだを倒す方法もいいでしょう。 一方、 筋肉運動は、中高年になるにつれて衰えた腰部や太ももの筋肉を強化することで、椎間板や脊柱管への負担を軽減する運動です。 いろいろな運動がありますが、ここでは運動不足の人や高齢者でも無理なくできるスクワット(屈伸)をご紹介します。 (B)両足を軽く開いて立ち、からだの力を抜きます。 いすに腰かける感じでお尻をゆっくり下ろしていきます。 ひざが90度以上は曲がらない位置でとめ、呼吸をしながらその姿勢を2~3秒キープしたら、元にもどります。 同じ運動を一度に 5~6回、できれば1日に2~3回やりましょう。 お年寄りの場合はお尻を下ろしたときにバランスをくずすと、転倒する危険性もあるので、壁の前やいすの前でやるといいでしょう。 いずれの運動も、痛みなどを感じた場合には中止し、けっして無理をしないでください。

次の