瑞穂 ハイ ランド。 西多摩衛生組合|準天然温泉トロンの湯 フレッシュランド西多摩

ウエストランドファーム (WEST LAND FARM)

瑞穂 ハイ ランド

ジャガーEペイス、XEの購入を検討していましたが、家族から7人乗りが良いと言われレンジローバースポーツを探しましたが予算が合わずディスカバリースポーツ7人乗りを探すことになりました。 関東では条件にあうものが、なかなか見つからなかったのですが名古屋東に理想の車がありました。 即メールして見積書を頂き電話で担当者の方にディーゼル車のメリット、デメリット、ディラー … 保証2年プラス延長保証2年も付けて遠方でも問題ないことがわかり、実車を見ないで即契約しました。 その後納車までの流れを詳しくメール頂きスムーズにいき、名古屋まで納車に行きましたがアプループドカーセンターの大きさと室内展示にはビックリしました。 おそらく日本全国どこを探してもこんなに凄いお店は無いと思います。 担当者の方に親切な説明をして頂き、ここで購入して良かったと思いました。 帰りの長距離も快適なドライブでした。 近ければ今後のメンテナンスもお願いしたいのですが残念です。 また購入する時は是非宜しくお願い致します。 この度は、本当にありがとうございました。 この度は弊社のジャガーXEをご購入頂きまして、誠にありがとうございました。 また、最上級の評価とともに、お褒めのお言葉を頂き、大変光栄です。 ありがとうございます。 遠方からのお電話でのお問い合わせからスタートしましたが、実車をご覧いただいていないだけに、なるべく丁寧なご説明を心がけました。 お住まいがはるか遠方ですから、今後もお会いする機会は少ないかもしれません … が、保険もおまかせいただきましたので、今後とも精一杯努めさせていただきます。 次回のご検討、またお知り合いの方のお車でも、ぜひお声をかけて頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。 (担当) mokomaron• 投稿 : 2020年05月26日 10:10• 評価 5.

次の

ウエストランドファーム (WEST LAND FARM)

瑞穂 ハイ ランド

昨年末、2026年アジア大会のメイン会場となる瑞穂競技場の建て替え案が判明しました。 新競技場は 座席3万席で2026年の完成を目指します。 12月は新情報が多すぎてこのニュースを記事にするのが年明けになってしまいました。 一転してこれからはネタ不足に陥るかもと心配です。 どんどん新情報が出てきて欲しいものです。 現在の競技場は2万7千席です。 しかし老朽化がかなり深刻になっています。 屋根の仕様やトイレがJ1基準に満たないため、Jリーグから是正勧告も受けているほどです。 アジア大会が契機になってようやく本格的な建て替えが進むことになりました。 これは本当によかったです。 引用中日新聞記事 新スタジアムのイメージ図です。 客席は2層構造になる予定です。 敷地面積の兼ね合いなどもあるので豊田スタジアムのような派手はものはできません。 周囲は瑞穂公園と閑静な住宅街なので、環境とうまく調和したものになるといいですね。 なお、新スタジアムの座席数は2万3千、3万、3万5千の3案がありました。 このうち2万3千案はアジア大会時に仮設席が多くなり大変、3万5千案は建物の一部が高さ制限に抵触するという問題があったようです。 今回の新競技場整備費は630億円。 これくらいかければそれなりに立派なものができるでしょう。 以前、しょぼい改修をするくらいなら移転新築してはどうかと提案しましたが、この内容ならまあまあ安心できそうです。 工事に入るのは2023年度です。 まだ少し先ですが、新競技場の完成が楽しみです。 いくつか疑問に思うことがありますが何と言っても金額でしょうか。 630億という規模が不思議です。 「パロマ瑞穂スタジアム 瑞穂陸上競技場 を4万人規模に 名古屋市が拡張検討…サッカーJ1・名古屋の本拠地の一つ」という中日の記事を転載したブログによれば「総事業費は今後詰めるが、97年にほぼ同規模の建て替えをした長居陸上競技場(大阪市)は400億円余だった。 」 この時は4万人収容で400億という数字でしたが、後に3. 5万人収容で350億と報道されました。 記事は見つかりませんが、名古屋市オンブズマンのサイトに書いてあります。 左派系の団体ですが数字は行政が出したものです。 県知事と市長がアジア大会の負担割合をめぐって一時対立していた頃の話です。 それが去年の年末にはいきなり630億という数字です。 ちょっと驚きですね。 ただ、問題はそこに留まりません。 問題は瑞穂改修の後グランパスを主な利用者としている点です。 これは絶対にサッカーファンから失敗作と見なされてしまいます。 金額の問題ではなく「陸上トラック」というサッカー観戦には邪魔なものが付いているからです。 実はここ数日で長年揉めに揉めた広島市のサッカースタジアムが2月にも決着すると報道されています。 遅くとも2025年迄には広島市の中心部に(陸上トラックの無い)サッカースタジアムが出来ていることと思います。 そして鹿児島市にも中心部に作るという話を市が進めています。 そして静岡県知事が静岡市清水駅すぐ近くにスタジアムを作るという構想を明らかにしています。 春の静岡市長選挙との関連が噂されています。 つまり10年以内に、京都亀岡、大阪吹田、大阪長居、神戸、広島、北九州、福岡、鹿児島という西日本の主要都市には「陸上トラックの無いサッカー専用スタジアム」が出来ることになります。 東日本は遅れ気味ですが、仙台、千葉、さいたま浦和、さいたま大宮に在ります。 これに静岡清水が加わっている可能性が高いわけです。 東京の新国立も不透明ではありますが、陸上トラックを除去することは決まっています。 何がいいたいか?2026年に瑞穂が立派な陸上競技場になっていてもサッカーから見たら630億もかけて「失敗作」を作ることになります。 失敗作をグランパスに使えというのか?という大問題です。 西日本で「名古屋だけが遅れている」という状況になってしまう可能性が非常に高い。 グランパスはトヨタがバックにいるので土地さえ用意してくれれば、自前で建設費が負担できます(このようなやり方はプロ野球でもあります。 日本ハムの新球場や仙台市の楽天の野球場など)。 現に白川公園構想の時はそういう話でした。 陸上競技場が必要であれば、競馬場跡地等に移して瑞穂競技場の跡地に(トヨタ負担で)サッカースタジアムを作るなどの方策を取るべきではないかと思います。 名古屋市の役人が「グランパスにはJ1にいてほしい」と話をしていたことがあります。 J2に降格していた頃の話です。 グランパスがJ1で活躍することは名古屋市のブランド向上に確実に貢献します。 であるならば、スタジアムの質は絶対に重要です。 スタジアムが「名古屋だけ遅れている」という状況は避けなければなりません。 その辺の危機意識や、サッカー目線としては時代の流れを名古屋市も汲み取れていませんね。 ただし、名古屋競馬場跡地はアジア大会の選手村として利用することが決まっています。 選手村用の新たな土地を探すのは現実的ではないです。 もっとも、それなら競馬場跡地に陸上競技場を作って今の競技場跡地を選手村にすればその後になるもののスタジアム建設ができるじゃん…、といった形で話はつきませんけど。 グランパスとしても、Jリーグ創成期からお世話になっている地元地域 =名古屋市 を見捨てないスタンスではありますが、保護地域を愛知県全域をホームタウンに指定しているので、豊田スタジアムもあるというジレンマも。 高層ビルの話題と同じで、競技場の建て替え1つとっても再開発に向けた様々な意見が出るのは興味深いですね。 あの立地では選手村を集中整備しても捌けない、という調査によって、現在では様々な活用方法も検討しています。 OCA側は、1ヵ所での選手村整備を求めていますが、愛知県・名古屋市は分散整備についてOCA側と調整を進めています。 そして、実際にこうした【新方針】のもとに進められたのが、先のマーケットサウンディングです。 民間研究会の対話事業者及び提案概要 名古屋競馬場の跡地活用に関する民間研究会の対話事業者の選定結果について ということで、例えばですが、選手村住宅(後に分譲)は敷地の一部に集約し、その他施設は仮設にして(これは既に検討中)、残りの敷地については恒久施設を選手村建設と並行して建設する、というのはありうるんじゃないのかな、と。 アジア大会後まで待ってると時間がかかりますし。 あと、スタジアムを中心とした複合拠点化できるなら、選手村の一部はホテルとしても活用してもいいかもしれませんね。 ぐらさぽさん仰るとおり、金額にしても内容にしても少し理解できないところがありますね。 ちなみに、630億円といういのは、競技場の建て替え費用というわけではなく、瑞穂公園全体の再整備費用ということらしいですが、その内訳がどうなっているのか、そもそも税込?税別?ということなどまだいろいろ分からないところがあります。 大前提としてはやはり仰る通り、サッカー専用スタジアムをどうするか、ですね。 しかも、サッカー専用スタジアムであれば、凝ったつくりにしなければ建設費が存外にかからないことも分かってきました。 圧倒的に素晴らしい市立吹田サッカースタジアムは、なぜ安価で建設できたのか? キーマンに聞く 建築秘話 しかし、皆様のコメントにある場所がネックになっています。 鉄道でアクセスできて、駅から近いのはマスト。 しかも、市外からのサポーターのことを考えれば、名古屋駅直通が望ましい。 となると、やはり名古屋競馬場跡地が最有力ですね。 敷地面積は十分で、他のスポーツ施設や商業施設との『合わせ技』も可能。 あおなみ線でいけますし、市内からのアクセスなら東海通からのアクセスもありうる。 歩くのはやや遠いですが、バスでピストン輸送という手もあります。 東海通駅にはターミナルがないですが、ららぽーとの交通広場発着にして、東海通経由にすれば、あおなみ線を含めてダブルアクセスになります。 ということで、瑞穂公園陸上競技場はあくまで、『サッカーもできる』陸上競技場という形で、興行としてのサッカースタジアムは別に新設するのが望ましいでしょうね。 結果として、そちらの方がコスト面でも有利になるかもしれません。 いずれにしても、最近の名古屋市は、『望まれないものをとにかく高く(金銭的な意味で)建てる』という謎の基本方針をもっているようで、何がしたいのかさっぱりわからないだけに、今後に要注目です。 日本代表戦 サッカー専用スタジアムのみ開催へ! 協会検討、20年東京五輪以降に 代表戦も専用スタジアムでの開催になろうとしています。 世の中がそういう流れです。 とはいえ名古屋に豊田スタジアムのような立派なスタジアムは 必要ないと思います。 豊田スタジアムは豊田のというより愛知の代表的なスタジアムという 位置付けでいいと思います。 なのでラグビーワールドカップも豊田スタジアムで異論は無いし サッカーの代表戦だって今後も豊田スタジアムでいい。 名古屋グランパスは集客数の多そうな試合は豊田スタジアム 平日などの少なそうな日は瑞穂といった感じで使い分ければいいです。 ただサッカー観戦はやはり専用スタジアムがいいので 2万~2万5000人くらいの専用スタジアムが欲しいですね。 人気記事• 最新コメント• に 鷲津砦 より• に たぬ より• に 基本的に名無し より• に ノボール より• に TERRA より• に 下町民 より• に あ より• に 鷲津砦 より• に TERRA より• に 鷲津砦 より アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 322• 105• 8 タグ.

次の

ウエストランドファーム (WEST LAND FARM)

瑞穂 ハイ ランド

昨年末、2026年アジア大会のメイン会場となる瑞穂競技場の建て替え案が判明しました。 新競技場は 座席3万席で2026年の完成を目指します。 12月は新情報が多すぎてこのニュースを記事にするのが年明けになってしまいました。 一転してこれからはネタ不足に陥るかもと心配です。 どんどん新情報が出てきて欲しいものです。 現在の競技場は2万7千席です。 しかし老朽化がかなり深刻になっています。 屋根の仕様やトイレがJ1基準に満たないため、Jリーグから是正勧告も受けているほどです。 アジア大会が契機になってようやく本格的な建て替えが進むことになりました。 これは本当によかったです。 引用中日新聞記事 新スタジアムのイメージ図です。 客席は2層構造になる予定です。 敷地面積の兼ね合いなどもあるので豊田スタジアムのような派手はものはできません。 周囲は瑞穂公園と閑静な住宅街なので、環境とうまく調和したものになるといいですね。 なお、新スタジアムの座席数は2万3千、3万、3万5千の3案がありました。 このうち2万3千案はアジア大会時に仮設席が多くなり大変、3万5千案は建物の一部が高さ制限に抵触するという問題があったようです。 今回の新競技場整備費は630億円。 これくらいかければそれなりに立派なものができるでしょう。 以前、しょぼい改修をするくらいなら移転新築してはどうかと提案しましたが、この内容ならまあまあ安心できそうです。 工事に入るのは2023年度です。 まだ少し先ですが、新競技場の完成が楽しみです。 いくつか疑問に思うことがありますが何と言っても金額でしょうか。 630億という規模が不思議です。 「パロマ瑞穂スタジアム 瑞穂陸上競技場 を4万人規模に 名古屋市が拡張検討…サッカーJ1・名古屋の本拠地の一つ」という中日の記事を転載したブログによれば「総事業費は今後詰めるが、97年にほぼ同規模の建て替えをした長居陸上競技場(大阪市)は400億円余だった。 」 この時は4万人収容で400億という数字でしたが、後に3. 5万人収容で350億と報道されました。 記事は見つかりませんが、名古屋市オンブズマンのサイトに書いてあります。 左派系の団体ですが数字は行政が出したものです。 県知事と市長がアジア大会の負担割合をめぐって一時対立していた頃の話です。 それが去年の年末にはいきなり630億という数字です。 ちょっと驚きですね。 ただ、問題はそこに留まりません。 問題は瑞穂改修の後グランパスを主な利用者としている点です。 これは絶対にサッカーファンから失敗作と見なされてしまいます。 金額の問題ではなく「陸上トラック」というサッカー観戦には邪魔なものが付いているからです。 実はここ数日で長年揉めに揉めた広島市のサッカースタジアムが2月にも決着すると報道されています。 遅くとも2025年迄には広島市の中心部に(陸上トラックの無い)サッカースタジアムが出来ていることと思います。 そして鹿児島市にも中心部に作るという話を市が進めています。 そして静岡県知事が静岡市清水駅すぐ近くにスタジアムを作るという構想を明らかにしています。 春の静岡市長選挙との関連が噂されています。 つまり10年以内に、京都亀岡、大阪吹田、大阪長居、神戸、広島、北九州、福岡、鹿児島という西日本の主要都市には「陸上トラックの無いサッカー専用スタジアム」が出来ることになります。 東日本は遅れ気味ですが、仙台、千葉、さいたま浦和、さいたま大宮に在ります。 これに静岡清水が加わっている可能性が高いわけです。 東京の新国立も不透明ではありますが、陸上トラックを除去することは決まっています。 何がいいたいか?2026年に瑞穂が立派な陸上競技場になっていてもサッカーから見たら630億もかけて「失敗作」を作ることになります。 失敗作をグランパスに使えというのか?という大問題です。 西日本で「名古屋だけが遅れている」という状況になってしまう可能性が非常に高い。 グランパスはトヨタがバックにいるので土地さえ用意してくれれば、自前で建設費が負担できます(このようなやり方はプロ野球でもあります。 日本ハムの新球場や仙台市の楽天の野球場など)。 現に白川公園構想の時はそういう話でした。 陸上競技場が必要であれば、競馬場跡地等に移して瑞穂競技場の跡地に(トヨタ負担で)サッカースタジアムを作るなどの方策を取るべきではないかと思います。 名古屋市の役人が「グランパスにはJ1にいてほしい」と話をしていたことがあります。 J2に降格していた頃の話です。 グランパスがJ1で活躍することは名古屋市のブランド向上に確実に貢献します。 であるならば、スタジアムの質は絶対に重要です。 スタジアムが「名古屋だけ遅れている」という状況は避けなければなりません。 その辺の危機意識や、サッカー目線としては時代の流れを名古屋市も汲み取れていませんね。 ただし、名古屋競馬場跡地はアジア大会の選手村として利用することが決まっています。 選手村用の新たな土地を探すのは現実的ではないです。 もっとも、それなら競馬場跡地に陸上競技場を作って今の競技場跡地を選手村にすればその後になるもののスタジアム建設ができるじゃん…、といった形で話はつきませんけど。 グランパスとしても、Jリーグ創成期からお世話になっている地元地域 =名古屋市 を見捨てないスタンスではありますが、保護地域を愛知県全域をホームタウンに指定しているので、豊田スタジアムもあるというジレンマも。 高層ビルの話題と同じで、競技場の建て替え1つとっても再開発に向けた様々な意見が出るのは興味深いですね。 あの立地では選手村を集中整備しても捌けない、という調査によって、現在では様々な活用方法も検討しています。 OCA側は、1ヵ所での選手村整備を求めていますが、愛知県・名古屋市は分散整備についてOCA側と調整を進めています。 そして、実際にこうした【新方針】のもとに進められたのが、先のマーケットサウンディングです。 民間研究会の対話事業者及び提案概要 名古屋競馬場の跡地活用に関する民間研究会の対話事業者の選定結果について ということで、例えばですが、選手村住宅(後に分譲)は敷地の一部に集約し、その他施設は仮設にして(これは既に検討中)、残りの敷地については恒久施設を選手村建設と並行して建設する、というのはありうるんじゃないのかな、と。 アジア大会後まで待ってると時間がかかりますし。 あと、スタジアムを中心とした複合拠点化できるなら、選手村の一部はホテルとしても活用してもいいかもしれませんね。 ぐらさぽさん仰るとおり、金額にしても内容にしても少し理解できないところがありますね。 ちなみに、630億円といういのは、競技場の建て替え費用というわけではなく、瑞穂公園全体の再整備費用ということらしいですが、その内訳がどうなっているのか、そもそも税込?税別?ということなどまだいろいろ分からないところがあります。 大前提としてはやはり仰る通り、サッカー専用スタジアムをどうするか、ですね。 しかも、サッカー専用スタジアムであれば、凝ったつくりにしなければ建設費が存外にかからないことも分かってきました。 圧倒的に素晴らしい市立吹田サッカースタジアムは、なぜ安価で建設できたのか? キーマンに聞く 建築秘話 しかし、皆様のコメントにある場所がネックになっています。 鉄道でアクセスできて、駅から近いのはマスト。 しかも、市外からのサポーターのことを考えれば、名古屋駅直通が望ましい。 となると、やはり名古屋競馬場跡地が最有力ですね。 敷地面積は十分で、他のスポーツ施設や商業施設との『合わせ技』も可能。 あおなみ線でいけますし、市内からのアクセスなら東海通からのアクセスもありうる。 歩くのはやや遠いですが、バスでピストン輸送という手もあります。 東海通駅にはターミナルがないですが、ららぽーとの交通広場発着にして、東海通経由にすれば、あおなみ線を含めてダブルアクセスになります。 ということで、瑞穂公園陸上競技場はあくまで、『サッカーもできる』陸上競技場という形で、興行としてのサッカースタジアムは別に新設するのが望ましいでしょうね。 結果として、そちらの方がコスト面でも有利になるかもしれません。 いずれにしても、最近の名古屋市は、『望まれないものをとにかく高く(金銭的な意味で)建てる』という謎の基本方針をもっているようで、何がしたいのかさっぱりわからないだけに、今後に要注目です。 日本代表戦 サッカー専用スタジアムのみ開催へ! 協会検討、20年東京五輪以降に 代表戦も専用スタジアムでの開催になろうとしています。 世の中がそういう流れです。 とはいえ名古屋に豊田スタジアムのような立派なスタジアムは 必要ないと思います。 豊田スタジアムは豊田のというより愛知の代表的なスタジアムという 位置付けでいいと思います。 なのでラグビーワールドカップも豊田スタジアムで異論は無いし サッカーの代表戦だって今後も豊田スタジアムでいい。 名古屋グランパスは集客数の多そうな試合は豊田スタジアム 平日などの少なそうな日は瑞穂といった感じで使い分ければいいです。 ただサッカー観戦はやはり専用スタジアムがいいので 2万~2万5000人くらいの専用スタジアムが欲しいですね。 人気記事• 最新コメント• に 鷲津砦 より• に たぬ より• に 基本的に名無し より• に ノボール より• に TERRA より• に 下町民 より• に あ より• に 鷲津砦 より• に TERRA より• に 鷲津砦 より アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 322• 105• 8 タグ.

次の