ち つ カンジダ 症状 うつる。 口の中にカビが!?口腔カンジダ症の原因や症状に人にうつる?

【医師監修】カンジダ症はうつる?~ 男性や子供にもうつるって本当?~

ち つ カンジダ 症状 うつる

性行為がなくても発症する「カンジダ膣炎」。 かゆみやおりものの異常に気づいたら病院受診を おりもの異常を起こす病気の中で最もポピュラーな感染症、カンジダ膣炎。 膣カンジダ症、性器カンジダ症とも言います。 感染症と言っても、いわゆる性病である「性感染症」とは異なり、性行為が全くなくても発症するのが特徴です。 性感染症は性行為によってパートナーからうつるものですが、カンジダ膣炎は膣内の常在菌である「カンジダ」という真菌=カビが異常に増えることによって起きます。 要するに、もとから自分が持っている弱い雑菌が増えすぎてしまっただけの状態。 なので、性交経験のない人でもカンジダ膣炎になることがあるのです。 時々、高校生が「セックスしてないのに性病になった!」と本気で悩んで相談に来られるケースがありますが、性感染症とは原因が全く異なりますから心配する必要はありません。 カンジダ膣炎(膣カンジダ症)の主な症状はおりものと痒み カンジダ膣炎の主な症状は、おりものの異常と外陰部や腟内の痒み。 おりものはヨーグルト状や酒粕状の少しポソポソした状態になることが多く、白色や黄緑色をしています。 割と特徴的なおりものなので、一度でもカンジダ膣炎になったことがある人なら、再発した時にすぐに分かると思います。 再発の方は「絶対またカンジダです」と言って受診されることもあるくらいです。 外陰部の炎症がひどくなると、痒みだけでなくヒリヒリした痛みをともなうこともあります。 男性の場合は性器が皮膚で覆われているため、カンジダに感染しても皮膚炎を起こすだけです。 ひどくなると痒みが出たり皮膚が赤くなったりする、俗に言う「インキンタムシ」の状態になることがあります。 カンジダ膣炎(膣カンジダ症)の原因は免疫力の低下 カンジダ膣炎の原因は、体力の低下や免疫力の低下、妊娠、抗生物質の服用などです。 風邪や膀胱炎の治療のために抗生物質を飲んだら数日後にカンジダ腟炎になった、というのはよくあるケース。 これは抗生物質で膣内の善玉菌まで除菌されてしまい、本来は一定量から増えないはずのカンジダ菌が異常増殖して引き起こされるのです。 妊婦さんもカンジダになりやすいので、中にはしょっちゅう「おりものが気になるんです」といって妊婦健診以外の日にも受診なさる方がいます。 妊娠そのものが抵抗力を落としてしまうためある程度仕方がないことなので、痒みがなければ少し様子をみてもいいでしょう。 カンジダは普通に空気中にも存在するカビなので、誰かから感染するという類のものではありません。 自分がカンジダ膣炎になったからといって、性行為によって相手にうつしてしまうという心配もほとんどありません。 ただし、カンジダ膣炎になっているときは、外陰部も膣内もただれて非常にデリケートになっているため、完治するまでは性交渉は控えた方が無難。 非常に稀に、性交渉をするたびにカンジダ膣炎になってしまうという人がいます。 この場合、相手の男性がカンジダに対して有効な抗真菌薬の塗り薬を使うことで改善することもあります。 詳しい治療法と再発予防法については、「」をご覧下さい。

次の

カンジダは子供とお風呂でうつる?オムツの症状とお薬を解説!

ち つ カンジダ 症状 うつる

ミルクのカスのような白い苔状のものが見られたら、鵞口瘡の可能性があります 鵞口瘡(がこうそう)とは、口の中にカンジダという真菌であるカビが繁殖すること。 この鵞口瘡は、赤ちゃんに多く見られます。 普通にしていればうつる病気ではありませんが、お母さんの乳首が不潔だったり、不衛生なガーゼで口の中を拭いたりしても感染することがあります。 鵞口瘡・カンジダ症の症状や原因、治療、予防法について解説します。 <目次>• 口腔カンジダ症・鵞口瘡の症状……口内に痛みが出ることも 鵞口瘡・口腔カンジダ症になると、白苔のような白い塊が口内の粘膜に付着します。 見た目はミルクのカスのような感じで、こすっても取れません。 主に、口の内側にある頬の粘膜や歯肉、舌などに白苔が付きます。 時に食欲が落ちたり、口の痛みが出ることもありますが、無症状のことが多い病気です。 乳幼児の口の痛みはなかなか判りにくいですが、機嫌の悪さが1つのサインになることもあります。 口腔カンジダ症・鵞口瘡の原因……なぜ口内にカビ? 口の中は、常在菌と言う細菌と唾液や粘液などの環境で、本来はカビが繁殖しにくいものです。 しかし、この環境が下記で示すような原因で崩れると、鵞口瘡になりやすくなります。 体力低下• 生まれつきの場合と、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染による免疫不全• 重症な感染症• ステロイド薬や免疫抑制薬の内服• 長期に抗菌薬を使用• 抗がん剤などの治療中• 栄養状態が悪い• 低出生体重児、早産児、乳児• 消毒が不十分な人工乳首、おしゃぶり、おもちゃ• 母親にカンジダ膣炎がある場合 カンジダ膣炎の症状や原因については、「」をあわせてご覧下さい。 口腔カンジダ症・鵞口瘡の治療法……乳児も大人も自然治癒が多い? 乳児の場合は、自然治癒することが多いです。 免疫力が回復すれば、子どもや大人でも自然に治りますが、口内のカンジダが食道などにも拡がらないように、抗真菌薬で治療することもあります。 ピオクタニンブルー液という液体を塗ったり、ミコナゾールという抗真菌薬のゲル経口を塗布します。 ピオクタニンブルーは名前の通り青い液体で衣服に付くと取れにくいので、注意してください。 また、鵞口瘡になる原因には免疫低下を起こす病気が多いため、免疫低下に対して治療や予防をすることもあります。 口腔カンジダ症・鵞口瘡の予防……子供が使うものは清潔にし感染予防 やはり、予防が大事。 ここでは主に乳幼児での注意点を示します。 自然治癒が多いといえども、口の中は常に清潔にしておきたいものです。 乳児や子どもが口にするものは清潔にしておきましょう。 母乳であれば、乳首を清潔に保つ• 人工乳首は、消毒する• おしゃぶりや気に入っているおもちゃを清潔にする• 口を拭くタオルはこまめに洗濯する• 哺乳瓶やスプーン、食器などは熱湯消毒などの消毒をする• 乳幼児は手や足を口に持っていくので、手足を清潔する 上記のような対策を立てておけば、鵞口瘡になりにくいです。 【関連記事】•

次の

【カンジダ症は日和見感染症】でも人にうつるケースもあるというお話

ち つ カンジダ 症状 うつる

そもそも性器カンジダ症とは? ・カンジダ菌の異常増殖が原因 性器カンジダ症は、カンジダ菌という普段から体内にすみついている菌が引き起こす病気です。 健康なときは、体内では菌のバランスが取れているためカンジダ菌の影響を受けません。 しかし、疲れやストレスなどで免疫力が低下したり、抗生物質を飲んだりすると体内の菌のバランスが崩れてしまい、 カンジダ菌が異常に増えて性器カンジダ症を発症することがあるのです。 症状としては、「外陰部や膣のかゆみ」と「おりものの異常」が多くみられます。 ・女性では一般的な病気 性器カンジダ症は、女性にとってはごく一般的な病気で、成人女性の5人に1人が経験していると言われています。 ちなみに、性器カンジダ症は性行為によって発症することもあります。 ただし、その割合は5~10%程度とあまり多くないため、性感染症には分類されていません。 男性と性器カンジダ症 ・男性は感染してもあまり症状がでない では、男性がカンジダ菌に感染したり、性器カンジダ症を発症することはあるのでしょうか。 結論から言うと、「男性もカンジダ菌に感染するけど、症状は出ないことが多い」です。 理由は、体の構造の違いにあります。 男性器は女性器と違って、性器が体の外に出ています。 カンジダ菌は「ジメジメした環境」を好みますが、体の外にある男性器は女性器に比べて高温多湿ではないため、カンジダ菌にとって最適な環境ではありません。 そのため、男性器ではカンジダ菌が増殖しにくく、カンジダ菌に感染したり、菌をもとから持っていても、症状が出ないことが多くあるのです。 さらに、症状があらわれても、自然に治ってしまうこともあります。 性器カンジダ症を繰り返している女性にとっては、うらやましい話ですよね。 男性で症状が出やすいケース ただし、下記のような場合は、男性でも性器カンジダ症の症状が出やすいと言われています。 ・包茎 「包茎」とは、男性器の亀頭部分が皮でおおわれている状態のことです。 先ほど、「男性器は体の外に出ているため、ジメジメした環境になりにくい」と書きましたが、包茎の場合はそうではありません。 皮でおおわれた亀頭部分は、通気性が悪く湿気も溜まりやすくなります。 また、おしっこが包皮と亀頭の間に残って、それが垢などと混ざり合って、 恥垢 ちこう と呼ばれる汚れが溜まることもあります。 その結果、男性器であっても雑菌が繁殖しやすくなり、カンジダ菌が異常に増えてしまうことがあるのです。 ・糖尿病 「糖尿病」は、体内の血糖値が高くなる病気です。 生活習慣病でもあり、中高年の男性だけでなく、10~20代で発症するケースも増えています。 糖尿病になって血糖値の高い状態が続くと、好中球という免疫細胞の働きが悪くなります。 すると、それに伴い体内の免疫力も低下して、カンジダ菌が増殖しやすくなってしまうのです。 ・ステロイド剤を使っている 「ステロイド剤」には、強力な抗炎症作用や、かゆみ止めの作用などがあり、虫さされ、かぶれ、湿疹などの治療に使われています。 ただし、ステロイド剤には免疫機能を抑制する働きもあるため、服用することで免疫力が低下して、カンジダ菌が異常に増えてしまうことがあるのです。 男性の症状 男性が性器カンジダ症を発症すると、次のような症状があらわれることがあります。 ・亀頭がかゆくなる ・亀頭がただれる ・亀頭に弱い痛みが出る ・亀頭が赤くなり白いカスが出る この中でも、「白いカス」が出るのが特徴的な症状です。 また、まれに排尿痛を伴う「尿道炎」を起こすこともあります。 女性のカンジダの原因にも ・気づかずに男性からうつされる このように、男性でも性器カンジダ症の症状が出るケースはあります。 しかし、それはあくまでも少数です。 大半の男性は、カンジダ菌を持っていても症状は出ません。 そのため、症状の出ていない男性と性行為をして、気づかないうちにカンジダ菌をうつされてしまう女性も少なくないのです。 女性が性器カンジダ症を再発する理由のひとつに、男性からの感染があります。 再発に悩まされていて、性行為の後に症状が出やすい女性は、男性に症状がなくても検査を受けてもらうようにしてください。 男性の検査・治療法 ・泌尿器科や性病科を受診 男性の性器カンジダ症の検査は、「泌尿器科」や「性病科」で受けられます。 検査の結果、性器カンジダ症を発症していた場合は、カンジダ菌に効果のある抗真菌剤の「軟膏」や「クリーム」を塗布して治療します。 治療期間は症状によって異なりますが、2~3日で症状が治まることもあります。 ただし、自己判断で治療を終えると、再発する恐れがあります。 医師から治療終了と告げられるまで、治療を続けるようにしてください。 最後に 男性ではカンジダ菌を持っていても、症状が出ないことが多くあります。 男性に自覚症状がなくても、性行為を通して女性にうつしてしまう恐れもあるため、 女性が性器カンジダ症を繰り返すようなら、男性に対して検査を受けるように伝えてください。 また、女性の皆さんは、男性にカンジダ菌をうつさないように、 性器カンジダ症を発症しているときは、性行為やタオルの共有などを控えることも大切です。 出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ].

次の