加藤 浩次 退社。 加藤浩次、吉本興業残留を明言。退社発言に「すみませんでした」 提案したエージェント制が導入に

ノブコブ吉村崇も吉本退社か「北海道会」の芸人が続々と加藤浩次を追随の可能性

加藤 浩次 退社

スポンサーリンク 加藤浩次が感じた松本人志への期待と失望 今回の宮迫博之と田村亮、2人の会見後に松本人志は「後輩芸人達は不安よな。 松本 動きます。 」と自身のツイッターでつぶやきました。 後輩芸人達は不安よな。 松本 動きます。 松本人志が会長に働きかけて 「吉本側も会見を開く」「吉本興業内にもう1つ、例えば松本興行みたいな部署を作り、そこにイエローカードを出された人を引き取る」という提案。 そして 「大崎洋会長が辞めれば俺も辞める」という自身の決意を話していました。 おそらくこの発言により、加藤浩次はより意思を固めたのではないでしょうか? というのも、そもそも 「今の吉本興業が松本興行そのもの」なのです。 吉本興業HD会長 大崎洋 NSC1期担当社員=ダウンタウンの恩人 吉本興業HD社長 岡本明彦 元ダウンタウンマネージャー 吉本興業社長 岡本明彦 元ダウンタウンマネージャー 吉本興業副社長 藤原寛 元ダウンタウンマネージャー 吉本興業取締役 新田敦生 元ダウンタウンマネージャー 吉本興業取締役 木本公敏 元ダウンタウンマネージャー このように歴代のマネージャーばかりで経営陣に自分の話も通しやすいとなれば、完全に松本興行と言ってもいいでしょう。 完全に身内しかいないのですから。 そして、松本人志が個人的に話し合いをした結果、宮迫博之と田村亮の処分を撤回となったわけですが、上層部とその繋がりがある人間で全てが引っくり返るのは、それはそれで恐ろしいことです。 こういう点が中堅以下の芸人の不満を溜めた原因ではないかと思われます。 もちろん、お笑いの歴史において「ダウンタウン以前と以後で歴史は大きく異なる」と言われるくらいダウンタウンの存在は大きいです。 そのダウンタウンの歴代のマネージャーとして彼らの成功をサポートしてきたのですから、それなりの出世はあってもいいのかもしれませんが、ここまで固められていると僕ら素人が見ても「おかしいよな」って思ってしまいます。 会社の実務は元マネージャー達がやっていますが、ダウンタウンは意見を直接出せる位置にいる。 そして、 結果的に「2人の処分の撤回と話し合い」「会長と社長の給料を1年間半分」だけという、誰もが納得しない結末に。 まず、これが1つ。 加藤浩次が吉本退社を考えるほどの不満とは? もう1つは 「ダウンタウン派閥とそれ以外の大きな待遇の差」です。 加藤浩次にとってやはり大きいのは相方の山本圭壱でしょう。 山本圭壱は2006年に未成年の女性に対して不適切な行為を行ったことで 契約解除、復帰まで10年以上の時間がかかりました。 ここでは詳しくは書きませんが、それ以外にも問題をいくつか起こしているので契約解除自体は妥当かもしれません。 でも、一応は和解になっています。 その分を差し引いても10年以上というのは重過ぎる気がしますね。 しかし、板尾創路に対する処分は非常に甘いです。 板尾創路は20年ほど前に未成年の女性に不適切な行為をして逮捕されました。 その後も不貞騒動がありましたが、かばうようなコメントを出していましたし、吉本興業も契約解除という処分にはしていません。 ダウンタウン派閥というのは今田耕司・東野幸治・板尾創路・ほんこん・木村祐一などの『ダウンタウンのごっつええ感じ』でレギュラーや準レギュラーを勤めていた面々です。 スポンサーリンク この伝説的な番組はそれ以降の若手芸人なら誰もが見たという伝説的な番組ですが、それを一緒に作ってきたとチームとしての一体感が、時間と共に派閥化したのでしょう。 k432. 誤解を恐れず言うと若い頃から大崎氏・岡本氏とチームを組んでやってきたダウンタウンさんや今田、東野、板尾、木村祐一などは、おそらく他の数多の芸人が感じているであろう吉本の恐ろしさをあまり知らないまま、今まで来たのだろうなと思いました。 それは仕方のないことで、もちろん上記の芸人の方々に不満や敵意があるわけではありません。 私個人としてはみんな大切な同志だと思っています。 念のため。 だからこそ、あれだけ長期間に渡っての放送をしていたのですから。 ナインティナインや極楽とんぼはその活躍や知名度や人気に比べると、やはり扱いはそこまで高くない。 ダウンタウンと比較すれば「ダウンタウンの域まで行った」とは言えませんが、ダウンタウンの成功にもある種の時代性やタイミングがあります。 相対的に見て傑出度という指数で判断した場合、ナインティナインや『めちゃイケ』はダウンタウンに迫る活躍をしたと思います。 にも関わらず、あらゆる面で冷遇されているという部分に不満を抱いていたのではないでしょうか? 吉本興業内でも成功した部類に入る彼らでさえもこの扱いだとしたら、それ以下の若手にはこの横暴はどう見えるか、想像するのは簡単ですね。 芸人が惚れる・加藤浩次と山本圭壱の凄さ 加藤浩次が強気に出ることがでれて、吉本興業を退社しても何となるという公算があるのは 「人脈の広さと人望」「片岡飛鳥の存在」だと推測します。 加藤浩次は東京の芸人の中でも兄貴的な存在で、共に『めちゃイケ』で頑張ってきたよゐこ、一般人時代からの友人であるおぎやはぎ・矢作兼、後輩のロンドブーツ、平成ノブシコブシ・吉村崇、タカアンドトシ・トシなどとも交流があります。 それよりも強力なのが相方・山本圭壱の人望です。 軍団山本として100人以上のメンバーが在籍しており、その中には武井壮、オリラジ・藤森慎吾、ロンブー・淳を筆頭に、東京の中堅から若手の芸人がたくさんいる。 そして、この動画を見てもらいたいのですが、山本圭壱の面倒見の良さや人望の高さが伺えます。 山本圭壱がいたから武井壮がいる、そしてその出会いには山本圭壱と武井壮の兄がいた。 この運命的な出会いはぜひ知っておいてください。 そして、もう1つは『めちゃイケ』の総監督でもある片岡飛鳥氏。 彼は現在、フジテレビジョン編成局制作センター第2制作室チーフゼネラルプロデューサー。 つまり、番組の制作責任者であり、全ての人材を統括し、タレント起用の実権も持ちます。 『アメトーク』や『ロンハー』で言うところの「加地さん 加地倫三氏 ですね。 加地倫三同様、日本のバラエティを牽引してきたバラエティ界の重鎮であり、明石家さんま・ウッチャンナンチャン・ダウンタウンらとも番組を制作。 そんな片岡飛鳥氏が自分が育てた加藤浩次らを何かあったとしたら、吉本興業の芸人は一部を除いて出演不可なんてことも可能性としてはゼロではないかもしれません。 実際にテレビ朝日はダウンタウンを出入り禁止にしているため、ダウンタウンの番組は10年近くありません。 その理由は様々ありますが、松本人志は 「テレビ朝日の偉い人と吉本の偉い人が揉めた」と言っており、今回もそれに近い状況になっています。 さすがに吉本興業の芸人全てを出入り禁止にすることはなくてもダウンタウン派閥は出演拒否なんてことになれば、キー局5局のうち2局での番組制作ができなくなるので、吉本興業のと影響力も落ちてしまうのではないかと思います。 まぁ、これはあくまでも僕の勝手な憶測ですが、複雑に絡んだ人間関係が表に出て、今後の展開によってはお笑いの勢力図が一気に変わっていくかもしれませんね。

次の

加藤浩次 退社覚悟の訴えの後…「やっべーことになりそうだな」占いで思わぬオチ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

加藤 浩次 退社

スポンサーリンク 加藤浩次が感じた松本人志への期待と失望 今回の宮迫博之と田村亮、2人の会見後に松本人志は「後輩芸人達は不安よな。 松本 動きます。 」と自身のツイッターでつぶやきました。 後輩芸人達は不安よな。 松本 動きます。 松本人志が会長に働きかけて 「吉本側も会見を開く」「吉本興業内にもう1つ、例えば松本興行みたいな部署を作り、そこにイエローカードを出された人を引き取る」という提案。 そして 「大崎洋会長が辞めれば俺も辞める」という自身の決意を話していました。 おそらくこの発言により、加藤浩次はより意思を固めたのではないでしょうか? というのも、そもそも 「今の吉本興業が松本興行そのもの」なのです。 吉本興業HD会長 大崎洋 NSC1期担当社員=ダウンタウンの恩人 吉本興業HD社長 岡本明彦 元ダウンタウンマネージャー 吉本興業社長 岡本明彦 元ダウンタウンマネージャー 吉本興業副社長 藤原寛 元ダウンタウンマネージャー 吉本興業取締役 新田敦生 元ダウンタウンマネージャー 吉本興業取締役 木本公敏 元ダウンタウンマネージャー このように歴代のマネージャーばかりで経営陣に自分の話も通しやすいとなれば、完全に松本興行と言ってもいいでしょう。 完全に身内しかいないのですから。 そして、松本人志が個人的に話し合いをした結果、宮迫博之と田村亮の処分を撤回となったわけですが、上層部とその繋がりがある人間で全てが引っくり返るのは、それはそれで恐ろしいことです。 こういう点が中堅以下の芸人の不満を溜めた原因ではないかと思われます。 もちろん、お笑いの歴史において「ダウンタウン以前と以後で歴史は大きく異なる」と言われるくらいダウンタウンの存在は大きいです。 そのダウンタウンの歴代のマネージャーとして彼らの成功をサポートしてきたのですから、それなりの出世はあってもいいのかもしれませんが、ここまで固められていると僕ら素人が見ても「おかしいよな」って思ってしまいます。 会社の実務は元マネージャー達がやっていますが、ダウンタウンは意見を直接出せる位置にいる。 そして、 結果的に「2人の処分の撤回と話し合い」「会長と社長の給料を1年間半分」だけという、誰もが納得しない結末に。 まず、これが1つ。 加藤浩次が吉本退社を考えるほどの不満とは? もう1つは 「ダウンタウン派閥とそれ以外の大きな待遇の差」です。 加藤浩次にとってやはり大きいのは相方の山本圭壱でしょう。 山本圭壱は2006年に未成年の女性に対して不適切な行為を行ったことで 契約解除、復帰まで10年以上の時間がかかりました。 ここでは詳しくは書きませんが、それ以外にも問題をいくつか起こしているので契約解除自体は妥当かもしれません。 でも、一応は和解になっています。 その分を差し引いても10年以上というのは重過ぎる気がしますね。 しかし、板尾創路に対する処分は非常に甘いです。 板尾創路は20年ほど前に未成年の女性に不適切な行為をして逮捕されました。 その後も不貞騒動がありましたが、かばうようなコメントを出していましたし、吉本興業も契約解除という処分にはしていません。 ダウンタウン派閥というのは今田耕司・東野幸治・板尾創路・ほんこん・木村祐一などの『ダウンタウンのごっつええ感じ』でレギュラーや準レギュラーを勤めていた面々です。 スポンサーリンク この伝説的な番組はそれ以降の若手芸人なら誰もが見たという伝説的な番組ですが、それを一緒に作ってきたとチームとしての一体感が、時間と共に派閥化したのでしょう。 k432. 誤解を恐れず言うと若い頃から大崎氏・岡本氏とチームを組んでやってきたダウンタウンさんや今田、東野、板尾、木村祐一などは、おそらく他の数多の芸人が感じているであろう吉本の恐ろしさをあまり知らないまま、今まで来たのだろうなと思いました。 それは仕方のないことで、もちろん上記の芸人の方々に不満や敵意があるわけではありません。 私個人としてはみんな大切な同志だと思っています。 念のため。 だからこそ、あれだけ長期間に渡っての放送をしていたのですから。 ナインティナインや極楽とんぼはその活躍や知名度や人気に比べると、やはり扱いはそこまで高くない。 ダウンタウンと比較すれば「ダウンタウンの域まで行った」とは言えませんが、ダウンタウンの成功にもある種の時代性やタイミングがあります。 相対的に見て傑出度という指数で判断した場合、ナインティナインや『めちゃイケ』はダウンタウンに迫る活躍をしたと思います。 にも関わらず、あらゆる面で冷遇されているという部分に不満を抱いていたのではないでしょうか? 吉本興業内でも成功した部類に入る彼らでさえもこの扱いだとしたら、それ以下の若手にはこの横暴はどう見えるか、想像するのは簡単ですね。 芸人が惚れる・加藤浩次と山本圭壱の凄さ 加藤浩次が強気に出ることがでれて、吉本興業を退社しても何となるという公算があるのは 「人脈の広さと人望」「片岡飛鳥の存在」だと推測します。 加藤浩次は東京の芸人の中でも兄貴的な存在で、共に『めちゃイケ』で頑張ってきたよゐこ、一般人時代からの友人であるおぎやはぎ・矢作兼、後輩のロンドブーツ、平成ノブシコブシ・吉村崇、タカアンドトシ・トシなどとも交流があります。 それよりも強力なのが相方・山本圭壱の人望です。 軍団山本として100人以上のメンバーが在籍しており、その中には武井壮、オリラジ・藤森慎吾、ロンブー・淳を筆頭に、東京の中堅から若手の芸人がたくさんいる。 そして、この動画を見てもらいたいのですが、山本圭壱の面倒見の良さや人望の高さが伺えます。 山本圭壱がいたから武井壮がいる、そしてその出会いには山本圭壱と武井壮の兄がいた。 この運命的な出会いはぜひ知っておいてください。 そして、もう1つは『めちゃイケ』の総監督でもある片岡飛鳥氏。 彼は現在、フジテレビジョン編成局制作センター第2制作室チーフゼネラルプロデューサー。 つまり、番組の制作責任者であり、全ての人材を統括し、タレント起用の実権も持ちます。 『アメトーク』や『ロンハー』で言うところの「加地さん 加地倫三氏 ですね。 加地倫三同様、日本のバラエティを牽引してきたバラエティ界の重鎮であり、明石家さんま・ウッチャンナンチャン・ダウンタウンらとも番組を制作。 そんな片岡飛鳥氏が自分が育てた加藤浩次らを何かあったとしたら、吉本興業の芸人は一部を除いて出演不可なんてことも可能性としてはゼロではないかもしれません。 実際にテレビ朝日はダウンタウンを出入り禁止にしているため、ダウンタウンの番組は10年近くありません。 その理由は様々ありますが、松本人志は 「テレビ朝日の偉い人と吉本の偉い人が揉めた」と言っており、今回もそれに近い状況になっています。 さすがに吉本興業の芸人全てを出入り禁止にすることはなくてもダウンタウン派閥は出演拒否なんてことになれば、キー局5局のうち2局での番組制作ができなくなるので、吉本興業のと影響力も落ちてしまうのではないかと思います。 まぁ、これはあくまでも僕の勝手な憶測ですが、複雑に絡んだ人間関係が表に出て、今後の展開によってはお笑いの勢力図が一気に変わっていくかもしれませんね。

次の

加藤浩次 退社覚悟の訴えの後…「やっべーことになりそうだな」占いで思わぬオチ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

加藤 浩次 退社

こんにちは、さとみんです! 会見が終了したのは19時半。 5時間半もの長時間の会見で収穫はあったのでしょうか? 私も会見を見ていたのですが、 記者の質問にしどろもどろで簡潔に答えることが少なく、 言い訳のようにしか聞こえないものも多くありました。 7月22日朝の情報番組「スッキリ」で 上層部が刷新されなければ退社する!と言い切ったMCの加藤浩次さん。 岡本社長の会見を見たであろう加藤浩次さんの今後の動向が気になりますね! 加藤浩次さんは大崎社長と23日夕方から会談し、 自宅に帰宅したのは21時30分を過ぎていたようです。 そして、7月24日のスッキリで加藤浩次さんは番組で話すと明言しました!! そこで今回は、 「加藤浩次吉本退社は保留!辞める意思は変わらない?移籍事務所はどこ?」と題して、7月22日に吉本興業の岡本社長をはじめとする上層部の辞任がなければ吉本退社!とスッキリで表明していた加藤浩次さんは退社を保留となりました。 会社を辞める意思は変わらないのか?移籍先や新しい事務所はどこになるのか?大崎会長との話合いについてまとめています。 最後までお付き合いいただけますと幸いです。 それでは早速、本題に入っていきましょう! Contents• 加藤さん 「教育に携わる会社が これでいいのか 経営者達が逃げ切って 今までと変わらない状態を 作っていくのか 僕はやっぱり 今の経営陣、全部刷新するのが 1番いいと思う 変わらないんだったら この会社にはいられません 怖がってる若手社員、若手の人間 ずっと見てきた」 — gik1005 gik1005 社長や会長が辞任しないなら、 「吉本興業を退社する」「辞める」とまで明言していた加藤浩次さんは 今回の岡本社長の会見をどんな気持ちでご覧になったのでしょうか? 7月22日14時から吉本興業の岡本社長の会見がありましたが、 質問には全て答えるということでしたが、 質問の答えがはぐらかしているように感じる部分が多く、 また、岡本社長自身の進退については辞任はしないで 大崎会長と共に、1年間50%の減俸とすることを発表しました。 加藤浩次さんの思いは経営陣のみなさんには届かなかったようで、 私も非常に残念に感じます。 スッキリの中で加藤浩次さんはご自身の進退に関して、 7月23日夕方に吉本興業の大崎会長と加藤浩次さんが話合いの場を持つことが 明らかになりました! そして、23日夕方から吉本興業の大崎会長と加藤浩次さんの会談が行われました。 内容の詳細は明らかにされていませんが、 7月24日のスッキリにて加藤浩次さんが話すと明言されています!! 7月24日のスッキリにて、 加藤浩次さんは大崎会長や上層部の刷新の要請をしたようですが、 大崎会長は今の体勢のままで立て直したいとのこと。 大崎会長の気持ちは変わらないようです。 岡本社長の会見に関しても、悪いと感じていないこと。 宮迫さんや亮さんの発言と差異があること。 加藤浩次さんご自身も吉本興業を辞める、退社すると伝えているが 待ってくれと言われており、退社は保留となっています。 今後も話し合いをする予定だと明らかになりました。 スポンサーリンク 加藤浩次の移籍先は?新しい事務所はどこ? 万が一、加藤浩次さんが吉本興業を退社すると決断したら どこの事務所に移籍するのでしょうか? 移籍に関しての芸能界の難しさについて、 スッキリコメンテーターの箕輪さんがとても素晴らしい意見を述べていました!! 今日のスッキリで1番スッキリしたところ!! — さくらもち JiRLE1dy2QEbEM7 移籍やフリーになると厳しい現実がある芸能界ですが、 加藤浩次さんの移籍先について考えてみました。 加藤浩次さんは7月22日放送のスッキリで、 と発言されています。 松本人志さんは今回の岡本社長の会見に関して、 今現在は何も発言していません。 松本さんの発言でまた色々と変わる可能性もありますが、 松本さんが経営に携わり、社長や会長などの経営陣が刷新されたら 吉本興業に残留するでしょう。 もし、このままダウンタウンの松本さんまで 吉本を退社するとなれば、ご本人もおっしゃっていたような松本興業を立ち上げ、 そこに加藤浩次さんも賛同して移籍する可能性は高いでしょう。 加藤さんには相方の山本さんがいるので、 辞めるとなると極楽とんぼのお二人で辞めるのでしょうか? 一人だけ辞めるのと、二人で辞めるのでは 事務所の移籍や新しい事務所については状況が変わってくるのではないでしょうか。 7月23日放送のスッキリでの加藤さんは吉本興業のトップの大崎会長と 話合いの場を持つことが発表されました。 この話合いで加藤さんの進退が決まるものかと思います。 あとは、岡本社長の会見を開かせるきっかけをつくってくれた松本人志さんの発言が 待たれますね。 松本さんが22日の会見後、初めてツイートしました。 寝不足芸人がいっぱいやろな〜 でもプロ根性で乗り越えましょう。 私達は生まれつきオモロイ。 加藤浩次さんが、吉本興業の大崎会長と会談するし 一旦、持ち帰らせてほしいと言われたとスッキリで話しています。 そのため吉本をやめる意思は固いが、保留となっているようです。 スッキリで加藤浩次は何を語る?大崎会長と話合い 加藤浩次さんの勢いだけではない男気。 「僕は気持ちとしてはもう決まってるんで。 吉本興業のトップの大崎会長と夕方に話し合うことが決まっているとのことですが、 その場に、岡本社長は同席されないとのことです。 もちろん会長の方が上の立場ですが、社長はなぜ同席しないのか? 疑問に感じますね。 また、田村亮さんが会見で話していた 「ファミリー」の件に関しても、 加藤浩次さんは30年間芸人をやってきて、 今まで岡本社長から家族のように声をかけてもらったことは一度もない! と発言されていました。 スポンサーリンク 岡本社長の会見を見た吉本芸人たちの反応まとめ ここでは、岡本社長の記者会見を見た吉本興業所属の芸人のみなさんの 反応をまとめてみました。 トレンディーエンジェルの斎藤さん トレエン斎藤… 吉本所属やけど視聴者を代弁してくれるね。 よっぽど社長みたいやないか。 邦正さん(山ちゃん) 山ちゃん 山崎邦正 の意見にも賛成できる!!!! あれだけ素直で優しい加藤浩次を激怒させた吉本の罪は重いぞ。 — しょう syo57011• とろサーモン久保田さん とろサーモン 久保田さん — ゆーた えなfam ゆうちゃみ推し XGLAY5• エハラマサヒロ スッキリ見てスッキリしてます。 ありがたい。 — エハラマサヒロ eharamasahiro 本当かもわからないから僕は正直否定は出来ないけども、やはり少し違和感は覚えてしまう… ギャラの事とかはトップの方は現場の事を把握できていなんだろうな…巨大会社は仕方ないのかもという印象。 みんなが憤慨しているけど嘘では無く、おそらくわかってらっしゃらないのかもと思う。 — エハラマサヒロ eharamasahiro• 学天即 奥田修二 芸人は、本気と冗談を見分けられます。 だから芸人なんやもん。 — 学天即 奥田修二 gakutenokuda 加藤浩次の吉本退社や辞める発言に関してSNSの反応 加藤浩次さんの「吉本興業を辞める」「吉本退社」発言に関して、ツイッターなどの SNSでの反応を見ていきましょう! 恩義がたくさんあるのも分かった上で吉本幹部に近い松本人志に対し大崎会長を庇う事へ釘を刺し、後輩の春菜には責任及ばないように前置きをし、変わらないなら会社を辞めるってテレビで言える勇気、今この時代に加藤浩次という男をテレビで見れて良かった。 — xyz U03Xyz 日本テレビさん スッキリのお偉い方々 お願いします。 加藤さん春菜ちゃんが今後どんな形に進んだとしても絶対降板なんて 最低な考えなさらないで下さい。 加藤さん春菜ちゃんが本音を言い合うスッキリが好きなんです。 こんなまかり通ったらテレビマスコミ信用しない。 — 袖の羽 sodenohakaz ワイドナショウで松っちゃんが大崎会長が辞めるのであれば僕も辞めるって言ってましたが、松っちゃんがそれを言った時点で後輩は何も言えなくなる。 でも反対意見を言い切った加藤さん。 こういう自分の意見を言い合える会社になるのが今の吉本興業の理想のように感じた。 — ミキ shintaroucrew5 狂犬こと加藤浩次さん もしかしたら吉本事務所本当に辞めるかもね 経営陣一掃するのは多分無理なんじゃないかな 多分この発言、吉本には変えてほしいと思ってるけど変わらないとも思ってそう だから自分の最後の覚悟なのかな — 乃木坂制作中/1期メンバー編 yuuzakaflash わー!すごい!そもそも金を渡した反社会勢力は吉本のスポンサーだったのでは問題と、社長の「キー局は吉本の株主だから大丈夫」問題までがっつり切り込んでる。 加藤さん、株主と会社の関係を的確にコメントできてる。 経済系の番組をやってることも糧になってる。 知識は武器だなー。 — tamic tamic53 男気ある加藤浩次さんの発言に共感している方々がたくさんいらっしゃいます。 もし吉本を退社してもスッキリにずっと出て欲しいと懇願している方も見られました。 加藤さんは忖度せず、きちんと意見を言うことができる数少ないMCですよね。 加藤さんが吉本を退社することで、スッキリに出られないと言うことがあれば 残念すぎますので、どんな状況になろうと加藤浩次さんには頑張ってもらいたいです。 加藤浩次は吉本退社で会社を辞めるのか?まとめ 今回は、 「加藤浩次吉本退社は保留!辞める意思は変わらない?移籍事務所はどこ?」と題して、7月22日に吉本興業の岡本社長をはじめとする上層部の辞任がなければ吉本退社!とスッキリで表明していた加藤浩次さんは退社を保留となりました。 会社を辞める意思は変わらないのか?移籍先や新しい事務所はどこになるのか?大崎会長との話合いについてまとめていますが、いかがでしたでしょうか? スッキリ放送中に 加藤浩次さんが今後について明らかにしました。 7月23日夕方に大崎会長と話し合うとのこと。 それでも会長が辞めないなら、経営陣が刷新されないなら、 会社を吉本を辞めると明言されました。 7月24日8時からのスッキリの放送で、 話し合いは平行線に終わって、加藤浩次さんも吉本退社が一旦保留されています。 持ち帰らせてほしいという大崎会長はどうされるのでしょうか? 今の段階では 加藤浩次さんは吉本興業を本当に辞めてしまいそうな気がします。 それくらい、吉本興業の対応や岡本社長の会見は見ていて残念なものでした。 それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の