チョッキアシレーヌ。 アシレーヌの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

[剣盾s4構築]ナットアシレサイクル[最終90位]

チョッキアシレーヌ

アシレーヌの育成論 アシレーヌの育成論はこのようになります。 性格:ひかえめ or れいせい• 特性:げきりゅう• 持ち物:こだわりメガネ、しんぴのしずく、いのちのたま、とつげきチョッキなど• 努力値:HC252 A4• そのため、 素早さの上がる『おくびょう』よりも特攻の上がる『ひかえめ』がおすすめです! また、トリル下での運用を考えている場合や『アクアジェット』の火力を少しでも盛りたいといったケースでは、攻撃ではなく素早さに下降補正のかかる『れいせい』も候補となります。 特性は『げきりゅう』がおすすめ! アシレーヌの特性は通常特性の『げきりゅう』と夢特性の『うるおいボイス』の2種類が存在します。 結論から言うと、シングル勢は『げきりゅう』一択となります。 『うるおいボイス』はスキン系の特性のような火力アップ効果はないため、ダブルバトルで味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』を水タイプで撃ちたいケースでのみ採用される特性となります。 『うるおいボイス』はダイマックスとも相性が悪いので、基本的には『げきりゅう』を選ぶのが良いでしょう。 持ち物は火力を伸ばすものがおすすめ! アシレーヌは火力を押しつけていくポケモンであるため、『いのちのたま』や『こだわりメガネ』などの火力アップ系の持ち物がおすすめです。 『アクアジェット』を採用する場合には、HPを消耗せずに火力アップの期待できる『しんぴのしずく』や撃ち合いに強くなれる『とつげきチョッキ』なども候補となります 努力値はHCベースで! アシレーヌは素早さよりも耐久を活かした戦い方を得意とするので、HCベースの配分が基本となります。 必要に応じて低い防御を補強したり、素早さの調整をすると良いでしょう。 おすすめの技 アシレーヌのおすすめの技を紹介します。 ハイドロカノン・ハイドロポンプ ダイマックスエースとして運用したいケースでは、水技は威力の高い『ハイドロポンプ』や『ハイドロカノン』を選ぶと良いでしょう。 通常時には使いづらい『ハイドロカノン』を採用する場合は、ダイマックス前提の形にするのが望ましいです。 うたかたのアリア・ねっとう・ハイパーボイス・みずのちかい 積極的にダイマックスをさせない構築であるなら、水技は『うたかたのアリア』や『ねっとう』などの使いやすいものを採用すると良いでしょう。 ダブルバトルならコンビネーションわざを狙える『みずのちかい』や味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』も候補となります。 意外かもしれませんが、『だくりゅう』は覚えることができません。 ムーンフォース・マジカルシャイン・ドレインキッス フェアリー技はシングルなら『ムーンフォース』ほぼ一択となります。 ダブルで全体技を求めている場合には『マジカルシャイン』、瞑想型などで攻撃しながら回復したいようなケースでは稀に『ドレインキッス』が採用されることもあります。 れいとうビーム・ふぶき・こごえるかぜ アシレーヌの苦手な草タイプを意識したい構築では、氷技も候補となります。 ダイマックス前提なら『ふぶき』、命中安定で使いやすい『れいとうビーム』、素早さを落としながら攻撃できる『こごえるかぜ』から好きなものを選ぶと良いでしょう。 『ダイアイス』で襷を潰せるのも魅力です。 エナジーボール 草打点が欲しい方は『エナジーボール』も覚えるので採用するといいかもしれません。 アクアジェット 先制技が欲しい方は『アクアジェット』も採用すると良いでしょう! アシレーヌ自体が遅いポケモンであることもそうですが、攻撃種族値も74とそこまで低くはなくタイプ一致で撃てるのもあって、役に立つ場面は多いはずです。 めいそう アシレーヌは『めいそう』と相性が良く、一度でも積めればダイマックスで一気に制圧できるほどの火力を手に入れることができます。 アシレーヌの弱点である電気、草、毒はいずれも特殊技が主体であるため、瞑想を積むことで弱点を突かれても倒されにくくなるのも強みと言えるでしょう。 ちなみに、7世代以前の作品では『めいそう』を覚えることができません まもる ダブルでは『まもる』があると動きやすくなります。 ほろびのうた 扱いの難しい技ではありますが、『ほろびのうた』も便利な技です。 ダブルでは相手より先に2体処理した後にカウントダウンを押し付けるのが強力ですし、シングルでも耐久系の積みポケモンなどを流せたりと便利です。 アシレーヌの対策 アシレーヌは種族値が高くタイプも優秀なので対策は少し難しいです。 物理アタッカーで戦う アシレーヌは特殊相手には強いですが、防御の種族値が低いため物理を相手にするのは苦手です。 高い攻撃を誇る物理アタッカーであればアシレーヌに有利を取れるでしょう。 上から一撃で倒していけるパッチラゴンや行動保証のついているミミッキュなどがおすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

チョッキアシレーヌ

アシレーヌの育成論 アシレーヌの育成論はこのようになります。 性格:ひかえめ or れいせい• 特性:げきりゅう• 持ち物:こだわりメガネ、しんぴのしずく、いのちのたま、とつげきチョッキなど• 努力値:HC252 A4• そのため、 素早さの上がる『おくびょう』よりも特攻の上がる『ひかえめ』がおすすめです! また、トリル下での運用を考えている場合や『アクアジェット』の火力を少しでも盛りたいといったケースでは、攻撃ではなく素早さに下降補正のかかる『れいせい』も候補となります。 特性は『げきりゅう』がおすすめ! アシレーヌの特性は通常特性の『げきりゅう』と夢特性の『うるおいボイス』の2種類が存在します。 結論から言うと、シングル勢は『げきりゅう』一択となります。 『うるおいボイス』はスキン系の特性のような火力アップ効果はないため、ダブルバトルで味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』を水タイプで撃ちたいケースでのみ採用される特性となります。 『うるおいボイス』はダイマックスとも相性が悪いので、基本的には『げきりゅう』を選ぶのが良いでしょう。 持ち物は火力を伸ばすものがおすすめ! アシレーヌは火力を押しつけていくポケモンであるため、『いのちのたま』や『こだわりメガネ』などの火力アップ系の持ち物がおすすめです。 『アクアジェット』を採用する場合には、HPを消耗せずに火力アップの期待できる『しんぴのしずく』や撃ち合いに強くなれる『とつげきチョッキ』なども候補となります 努力値はHCベースで! アシレーヌは素早さよりも耐久を活かした戦い方を得意とするので、HCベースの配分が基本となります。 必要に応じて低い防御を補強したり、素早さの調整をすると良いでしょう。 おすすめの技 アシレーヌのおすすめの技を紹介します。 ハイドロカノン・ハイドロポンプ ダイマックスエースとして運用したいケースでは、水技は威力の高い『ハイドロポンプ』や『ハイドロカノン』を選ぶと良いでしょう。 通常時には使いづらい『ハイドロカノン』を採用する場合は、ダイマックス前提の形にするのが望ましいです。 うたかたのアリア・ねっとう・ハイパーボイス・みずのちかい 積極的にダイマックスをさせない構築であるなら、水技は『うたかたのアリア』や『ねっとう』などの使いやすいものを採用すると良いでしょう。 ダブルバトルならコンビネーションわざを狙える『みずのちかい』や味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』も候補となります。 意外かもしれませんが、『だくりゅう』は覚えることができません。 ムーンフォース・マジカルシャイン・ドレインキッス フェアリー技はシングルなら『ムーンフォース』ほぼ一択となります。 ダブルで全体技を求めている場合には『マジカルシャイン』、瞑想型などで攻撃しながら回復したいようなケースでは稀に『ドレインキッス』が採用されることもあります。 れいとうビーム・ふぶき・こごえるかぜ アシレーヌの苦手な草タイプを意識したい構築では、氷技も候補となります。 ダイマックス前提なら『ふぶき』、命中安定で使いやすい『れいとうビーム』、素早さを落としながら攻撃できる『こごえるかぜ』から好きなものを選ぶと良いでしょう。 『ダイアイス』で襷を潰せるのも魅力です。 エナジーボール 草打点が欲しい方は『エナジーボール』も覚えるので採用するといいかもしれません。 アクアジェット 先制技が欲しい方は『アクアジェット』も採用すると良いでしょう! アシレーヌ自体が遅いポケモンであることもそうですが、攻撃種族値も74とそこまで低くはなくタイプ一致で撃てるのもあって、役に立つ場面は多いはずです。 めいそう アシレーヌは『めいそう』と相性が良く、一度でも積めればダイマックスで一気に制圧できるほどの火力を手に入れることができます。 アシレーヌの弱点である電気、草、毒はいずれも特殊技が主体であるため、瞑想を積むことで弱点を突かれても倒されにくくなるのも強みと言えるでしょう。 ちなみに、7世代以前の作品では『めいそう』を覚えることができません まもる ダブルでは『まもる』があると動きやすくなります。 ほろびのうた 扱いの難しい技ではありますが、『ほろびのうた』も便利な技です。 ダブルでは相手より先に2体処理した後にカウントダウンを押し付けるのが強力ですし、シングルでも耐久系の積みポケモンなどを流せたりと便利です。 アシレーヌの対策 アシレーヌは種族値が高くタイプも優秀なので対策は少し難しいです。 物理アタッカーで戦う アシレーヌは特殊相手には強いですが、防御の種族値が低いため物理を相手にするのは苦手です。 高い攻撃を誇る物理アタッカーであればアシレーヌに有利を取れるでしょう。 上から一撃で倒していけるパッチラゴンや行動保証のついているミミッキュなどがおすすめです。

次の

ポケモン剣盾S5最高25位最終260位【アシレナットサイクル】

チョッキアシレーヌ

S5お疲れ様でした。 今シーズンは自己最高の結果を残すことができましたが、目標としていたのは2桁だったので少し悔しいですね。 ただ、同じヒトムナット軸でも前シーズンよりも完成度の高い構築が組めた点には満足しています。 少しでも参考になれば幸いです。 )と思いの採用を決めた。 他にもゴーストの一貫を切れたのも良かった。 ・それに伴いとの両方の役割を果たせるチョッキを採用して完成。 最終日というギリギリでの変更ではあったが、変更後のほうが明らかに強い構築だと思います。 7~122. 7~49. 7 (火傷時身代わりが確定耐え) 与ダメ:ドラゴンアローで耐久無降りドラパ確定1発 ドラパミラーと対欠伸を強く意識した鬼火ドラパ。 また、身代わりによってドヒドヌオーも崩せる。 身代わりは本当に便利な技で、これを自然に採用できるのもこの型の強みだと思う。 (鬼火ドラパでは鈍い型はみれない為)他にも瞑想ピクシー等の積みポケやヌオー・といった受けポケに対してもトリックを打った。 トリックは非常に強かったが、守るでトリックを打っているか見られたり、相手に利用されてしまうケースもあるので打つタイミングがかなりシビアではあった。 ドラパに受け出されるキッスに対して後投げする。 岩技持ちキッスは正直しんどい。 岩技を打たれるタイミングでを投げればなんたかなるが、、、 ステロが滅茶苦茶きついなのででステロを撒かれないようにしたり繰り出す回数を極力減らしたりする必要がある。 皆さんもトリックを採用する際は無補正性格にミント使用は妥協しないように。 やっぱり技構成はこれしかない。 には体力半分あれば対面勝てる。 (大文字はやめてください) 鉄壁積んでGダルマのフレドラ耐えて勝った試合もあった。 バケモン。 ナットミラーで強いのも実はかなり大きいポイント。 ステロを撒かれた試合でナットに対してヒトムを受け出すサイクルをしてしまうと不利なので、ナットに対してナットを後投げをするケースがしばしばあった。 のダイストリームとも相性が良い。 4~49. なお、ドラパルトの型が判明する前に対面したときは羽休めから入ることを推奨する。 最終日付近に襷ステロナットが増えたが、挑発がほとんど警戒されず挑発でステロを防ぎ叩きでナットの襷を削るor後続に負荷をかけることができるので強かった。 4~98. 7~45. それ故にと同じような使用感にしたかったため極力耐久をに近づけた。 (特殊耐久はほぼ同じ) ヒトムナットがきついに鬼強いのが偉い。 入りには絶対選出。 水技は鬼火とので波乗り。 が欲しくなる場面もなかったのでこれでいいと思う。 実況者のいろはさんが使用されてるのを見て強いと感じ、そのまま使わせてもらった。 AやDが上がった状態ならが切れた後でもした状態のトップ5とミトムに勝ちうる。 ダイウォールは必須、元技は有利対面で打てるとサイクル有利になるステロ。 特にヒトム対面やキッス対面で撒けるとおいしい。 を選出した際は中盤以降にを切って暴れつつ能力をあげて全抜きを狙っていくようにした。 この構築と戦うときに意識していたのはを機能停止させることとの1貫を作るという2点。 相手ののを交換等で枯らすこととをトリックで機能停止or受け出し時に零度の試行回数を稼ぐことを意識していた。 《全般的に心がけること》 ・序盤にを切っても全く強くない構築なので、相手にを先に切らせて枯らすことをイメージ。 ・数的不利は取られたくないので、相手の初手やへの炎技は必ずケアすること。 (例えば初手ドラパとこちらのが対面したら引いて炎技の有無を確認する) ・が刺さっている構築ではにを切ってパワーアップさせて全抜きする。 鬼火を入れられないよう注意。 《きつかった点》 ・相手の、行動に合わせて動かすパーなので相手に大きく左右される。 特に相手がを切るタイミングを読み間違えると即負けにつながりやすい。 ・上に関連して不意の初手がキツイ。 に初手を切られたら涙目。 ・をに変更したことで、が重い。 (はあるが、裏のドヒド等に通らない。 ならとドン対面で零度も打てた。 特殊方面は本当に硬くミトムとも殴り合える。 物理耐久もそこそこ。 特性は個人的には貯水一択。 例えば水ポケとこちらのヒトムが対面した際にボルチェンで殴りつつを回復させる立ち回りができる。 有利対面で相手のカビ引きが読める場面は積極的に零度を押した。 相手にを先に切らせることもできるので零度は非常に強力だった。 水技は鬼火とので波乗り。 パーに一人は欲しい先制技持ち。 正直適当に入れた。 ここまでご覧いただき本当にありがとうございました🙏 taroimo131.

次の