住み やす さ ランキング 2019。 「住みよさランキング2019」関東&北海道東北編

「住みよさランキング2019」関東&北海道東北編

住み やす さ ランキング 2019

面白い質問ですね!フリーの方なら金銭的にゆとりのある県で生活したいでしょうし、リタイア世帯の方なら物価が安い県の方が豊かに生活できますよね!気になるからちょっと調べてみましょうか! 都道府県の住みやすさランキングなんて良く目にしますけど、何をもって住みやすいとするのかは人によって基準が異なります。 その基準は自治体支援の充実さ、県民性の人柄、気候の良さ、都市部へのアクセスの良さなど様々です。 でもそれって、自分の年齢、家族構成、趣味・嗜好などによって求める条件は異なると思います。 どんな方でも共通して言える基準の1つに、支出が少なくて(物価が安くて)、収入がたくさんもらえる経済面での生活のしやすさではないでしょうか。 収入と支出の面から 住みやすい都道府県の1位は東京でした。 収支差は全国と比べても約2倍の差があります。 それに、4位の山口と1位~3位の収支差を比べると、山口が約9万円に対して、1位の東京は+5万円ほどの約14万円、2位の兵庫、3位の大阪は+3万円ほどの約12万円となっています。 4位以降に関しての差は数千円単位で大きな差はないのですが、1位~3位はブッチギリですね! 逆に 住みにくに都道府県の1位は奈良でした。 収入と支出の差がほとんどありません。 ワースト2位の岐阜も収支差が1万円を切っていて、収入に対して支出が大きい事が伺えます。 繰り返しになりますが、このランキングはあくまで各都道府県の平均収入と平均支出の差だけで見たものなので、自治体のサポート・県民性・気候などは加味していません。 所得税、社会保険料、組合費、購買代金等を差し引く前の金額である。 退職を事由に労働者に支払われる退職金は、含まれない。 全国の数値:毎月勤労統計調査 全 国調査の結果であって、都道府県別の 地 方調査結果の平均や合計ではありません 各都道府県の現金給与総額に関しては、データの概要から、いわゆる税引前の年収を月額で示したものだと思います。 最も収入が高いのは東京、次いで愛知、大阪の順です。 逆に 最も収入が低いのは沖縄、次いで鹿児島、青森でした。 金額を見ると東京がずば抜けて高いですね、2位の愛知県と比べるとその差は約7万円、最下位の沖縄と比べるとその差は約16万円! 平均年収が高い方が東京に一極集中している事が見て取れます。 また、全国平均以上の都道府県が7県しかないことを見ると、 地域によって収入格差が起きていることが分かります。 とは言っても、収入がいくら高くても、食費や住居費などが高くては生活にゆとりは出ませんよね。 ただし,下記に掲げる世帯等は世帯としての収入と支出を正確に計ることが難しいことなどの理由から,調査を行っていない。 1 学生の単身世帯、 2 病院・療養所の入院者,矯正施設の入所者等の世帯、 3 料理飲食店,旅館又は下宿屋(寄宿舎を含む。 )を営む併用住宅の世帯、 4 賄い付きの同居人がいる世帯、 5 住み込みの営業上の使用人が4人以上いる世帯、 6 世帯主が長期間(3か月以上)不在の世帯、、 7 外国人世帯 サンプル数:全国168の市町村の内、 二人以上の8,076世帯、単身の673世帯 消費支出:食料、住居、光熱・水道、家具・家事用品、被服および履物、保険医療、交通・通信、教育、教養娯楽、その他の消費支出(理美容サービス等、こづかい(使途不明)、交際費、仕送り金)、 いわゆる生活費のことであり,日常の生活を営むに当たり必要な商品やサービスを購入して実際に支払った金額 (税金や社会保険料など原則として世帯の自由にならない支出は含まない)、 全国の数値:人口5万以上の市の世帯を対象としました 各都道府県の消費支出はいわゆる生活費のことを指します。 もっとも生活費が高いのは石川で、次いで栃木、岐阜でした。 一方で 生活費が最も安いのは兵庫、次いで沖縄、長崎でした。 もっとも生活費が高い石川は全国平均と比べても約5万円ほど高いですし、最も生活費が低い兵庫と比べると約12万円もの差があります。 毎月の収入を12万円も増やすのは大変ですが、住む県が異なるだけで、同じような恩恵があることを考えると、どこで生活するかは重要なポイントですね。 収入に関しては大都市ほど高い傾向にあるような感じでしたが、生活費の支出に関してはそうでもないという結果でした。 金銭面での住みやすさは1位東京、2位兵庫、3位大阪• 金銭面での住みにくさは1位奈良、2位岐阜、3位大分• 大都市ほど収入が高い傾向にあるが、生活費の支出はそうでもない 自治体のサービスなど生活環境の事は考慮せずに、あくまで各都道府県の平均収入と平均支出(生活費)の差のみから住みやすさを見てみました。 東京で仕事をして生活をするのが最も金銭面で豊かな生活ができそうですが、収入が3番目に高い大阪(収入:約33万円)で仕事をして、支出が最も少ない隣県の兵庫(支出:約17万円)で生活をすると収支差は約16万円になるので、収支差14万円の東京を超えて、よりゆとりある生活ができそうです。 ゆとりある生活は引越しをして住む都道府県を変更せずとも、貯蓄を増やす、支出を減らす(見直す)ことでも実現可能です。 『』や『』などの記事も参考にしてみてください。

次の

群馬県の住みやすい街とは?おすすめの街ランキングを発表!|不動産コラムサイト【いえらぶコラム】

住み やす さ ランキング 2019

人が集まる魅力ある市区町村はどこでしょうか? Photo:PIXTA 「幸福度&住みよさ自治体ランキング」に 抱く違和感の正体 地域の幸福度や住みやすさを、経済規模、所得水準、雇用状況、歳出規模等経済的な魅力だけではなく、自然環境、地域のつながり・絆、教育、文化・教養、安心・安全等非経済的な魅力の両面から評価し、自治体の政策に役立てようとする試みとしては、古くは旧経済企画庁「新国民生活指標」が挙げられる。 そして現在では、一般財団法人日本総合研究所「47都道府県幸福度ランキング」や、東洋経済新報社「住みよさランキング」が代表的だ。 筆者は富山県魚津市の出身。 例えば、東洋経済新報社「住みよさランキング2019」では、全国で9番目に住みやすい自治体と評価されている。 故郷が高評価なのはうれしい限りではあるものの、違和感があるのもまた事実である。 具体的には、こうした指標が測定しているとする幸福度や住みよさが、そもそも誰にとっての、誰から見た幸福度や住みよさかが明らかではない点。 次に作成方法に関して、さまざまなデータが採用され試算されているが、そうしたデータの採用基準に客観性がない点。 そして一番違和感を覚えるのは、幸福度が高く住みよいはずの自治体のなかに、流入してくる人口よりも流出する人口の方が多い、つまり社会減となっている自治体も多くある点である。 暮らしやすい自治体から、わざわざ暮らしにくい自治体や幸福度が低くなる自治体に移動するとは通常考えられない。 自治体間の幸福度比較には意味がない ある人が現在居住している自治体を出て別の自治体に移るのには、なにか必ず理由があるはずだ。 つまり、人は自らの価値観(自治体の経済的な魅力や非経済的な魅力をそれぞれどの程度重視するのかしないのか)に照らし合わせて、その価値観に合った居住自治体を選択すると考えられる。 したがって、現在の居住自治体を出てほかの自治体へ移住する場合もあれば、元の自治体にそのまま住み続ける場合もある。 つまり、現居住自治体に満足しない者は自らの満足度をより高められる自治体に移動しつつ、家族を形成するなどして、次第に定着していく。 これは、一般的に、進学や就職、結婚、子育て(就園・就学)などに際して若い時ほど移動し、年を取るほど移動しなくなることと整合的である。 経済学でいう「足による投票」だ。 要するに、人が居住自治体を変えるのは、その人の幸福度や住みやすさを向上させるためである。 もちろん、移住にはさまざまなコストがかかるので、潜在的な移住希望者が全員移住できるとは限らないものの、総じて見れば、それぞれの自治体に残っている人の幸福度にはそれほど違いがないと考えるのが妥当である。 そこで、筆者の所属する中部圏社会経済研究所では、自治体の魅力を測る際に、幸福度や住みよさという極めて主観的で人のさまざまな基準に依存するのではなく、自治体間の人口移動と自治体内の人口構造に着目した「地域力指標」を開発した。 地域力指標とは、地域の人を惹きつける魅力を示す「地域力フロー指標」と、地域の持続可能性を示す「地域力ストック指標」を総称したものである。 地域力フロー指標と地域力ストック指標の算出方法は後述するとして、まずは「地域力フロー指標」から導き出した、人を惹きつける本当に魅力ある自治体ランキングを見てみよう。

次の

関西198全市町村から選んだ!住みたい街ランキング2019

住み やす さ ランキング 2019

面白い質問ですね!フリーの方なら金銭的にゆとりのある県で生活したいでしょうし、リタイア世帯の方なら物価が安い県の方が豊かに生活できますよね!気になるからちょっと調べてみましょうか! 都道府県の住みやすさランキングなんて良く目にしますけど、何をもって住みやすいとするのかは人によって基準が異なります。 その基準は自治体支援の充実さ、県民性の人柄、気候の良さ、都市部へのアクセスの良さなど様々です。 でもそれって、自分の年齢、家族構成、趣味・嗜好などによって求める条件は異なると思います。 どんな方でも共通して言える基準の1つに、支出が少なくて(物価が安くて)、収入がたくさんもらえる経済面での生活のしやすさではないでしょうか。 収入と支出の面から 住みやすい都道府県の1位は東京でした。 収支差は全国と比べても約2倍の差があります。 それに、4位の山口と1位~3位の収支差を比べると、山口が約9万円に対して、1位の東京は+5万円ほどの約14万円、2位の兵庫、3位の大阪は+3万円ほどの約12万円となっています。 4位以降に関しての差は数千円単位で大きな差はないのですが、1位~3位はブッチギリですね! 逆に 住みにくに都道府県の1位は奈良でした。 収入と支出の差がほとんどありません。 ワースト2位の岐阜も収支差が1万円を切っていて、収入に対して支出が大きい事が伺えます。 繰り返しになりますが、このランキングはあくまで各都道府県の平均収入と平均支出の差だけで見たものなので、自治体のサポート・県民性・気候などは加味していません。 所得税、社会保険料、組合費、購買代金等を差し引く前の金額である。 退職を事由に労働者に支払われる退職金は、含まれない。 全国の数値:毎月勤労統計調査 全 国調査の結果であって、都道府県別の 地 方調査結果の平均や合計ではありません 各都道府県の現金給与総額に関しては、データの概要から、いわゆる税引前の年収を月額で示したものだと思います。 最も収入が高いのは東京、次いで愛知、大阪の順です。 逆に 最も収入が低いのは沖縄、次いで鹿児島、青森でした。 金額を見ると東京がずば抜けて高いですね、2位の愛知県と比べるとその差は約7万円、最下位の沖縄と比べるとその差は約16万円! 平均年収が高い方が東京に一極集中している事が見て取れます。 また、全国平均以上の都道府県が7県しかないことを見ると、 地域によって収入格差が起きていることが分かります。 とは言っても、収入がいくら高くても、食費や住居費などが高くては生活にゆとりは出ませんよね。 ただし,下記に掲げる世帯等は世帯としての収入と支出を正確に計ることが難しいことなどの理由から,調査を行っていない。 1 学生の単身世帯、 2 病院・療養所の入院者,矯正施設の入所者等の世帯、 3 料理飲食店,旅館又は下宿屋(寄宿舎を含む。 )を営む併用住宅の世帯、 4 賄い付きの同居人がいる世帯、 5 住み込みの営業上の使用人が4人以上いる世帯、 6 世帯主が長期間(3か月以上)不在の世帯、、 7 外国人世帯 サンプル数:全国168の市町村の内、 二人以上の8,076世帯、単身の673世帯 消費支出:食料、住居、光熱・水道、家具・家事用品、被服および履物、保険医療、交通・通信、教育、教養娯楽、その他の消費支出(理美容サービス等、こづかい(使途不明)、交際費、仕送り金)、 いわゆる生活費のことであり,日常の生活を営むに当たり必要な商品やサービスを購入して実際に支払った金額 (税金や社会保険料など原則として世帯の自由にならない支出は含まない)、 全国の数値:人口5万以上の市の世帯を対象としました 各都道府県の消費支出はいわゆる生活費のことを指します。 もっとも生活費が高いのは石川で、次いで栃木、岐阜でした。 一方で 生活費が最も安いのは兵庫、次いで沖縄、長崎でした。 もっとも生活費が高い石川は全国平均と比べても約5万円ほど高いですし、最も生活費が低い兵庫と比べると約12万円もの差があります。 毎月の収入を12万円も増やすのは大変ですが、住む県が異なるだけで、同じような恩恵があることを考えると、どこで生活するかは重要なポイントですね。 収入に関しては大都市ほど高い傾向にあるような感じでしたが、生活費の支出に関してはそうでもないという結果でした。 金銭面での住みやすさは1位東京、2位兵庫、3位大阪• 金銭面での住みにくさは1位奈良、2位岐阜、3位大分• 大都市ほど収入が高い傾向にあるが、生活費の支出はそうでもない 自治体のサービスなど生活環境の事は考慮せずに、あくまで各都道府県の平均収入と平均支出(生活費)の差のみから住みやすさを見てみました。 東京で仕事をして生活をするのが最も金銭面で豊かな生活ができそうですが、収入が3番目に高い大阪(収入:約33万円)で仕事をして、支出が最も少ない隣県の兵庫(支出:約17万円)で生活をすると収支差は約16万円になるので、収支差14万円の東京を超えて、よりゆとりある生活ができそうです。 ゆとりある生活は引越しをして住む都道府県を変更せずとも、貯蓄を増やす、支出を減らす(見直す)ことでも実現可能です。 『』や『』などの記事も参考にしてみてください。

次の