確認ありがとう 英語。 「念のため確認させてください」のビジネス英語表現集

ビジネス英語の「確認する」

確認ありがとう 英語

"check"と"confirm"の違い ビジネスシーンでは確認を意味する言葉として"check"、"confirm"がよく使われています。 "Could you check the document? " "Could you confirm the document? " 上の2つの文章はどちらも「資料を確認していただけますか?」という意味です。 状況に合わせて使い分けるようにしましょう。 "check"と"confirm"の違いは、「重要度のレベル」と「どこまでお願いされているか」がポイントです。 一度、目を通して問題がないかを確認してほしいときは"Could you check the document? "、内容について詳細に確認して承認してほしい、最終確認をしてほしいという場合は"Could you confirm the document? "を使うイメージです。 "confirm"は"check"よりも、内容について注意深く確認するといった意味があるということをふまえて、それぞれの単語の意味や使い方についてみていきましょう。 "check"と"confirm"の使い方について 軽めのお願いの"check" "check"には「正しいかどうかを調べる」の意味の他に「照合する」「点検する」などの意味があり、 「見て確認する」と軽めの確認に使うことができます。 例えば"Can we meet this Wednesday? "「今週の水曜日にお会いできますか?」と聞かれたときに"Let me check my schedule. "「スケジュールを確認してみます」と答えたり、会社の同僚などに"Please check my calculations. "「私の計算を確認してくれる?」と確認依頼をするときに使うことができます。 日本語でも「チェックして」と頼むことがあるので、意味は分かりやすいと思います。 お墨付きをもらいたいときは"confirm" "confirm"は、"reservation"「予約」や"appointment"「アポイント」などが正しく、確実であるかどうかを確認するときや、 ビジネスでの合意内容や解釈などについて間違いないかどうか念を押して確認するときに用いられる表現です。 We need to confirm the agreement in writing. 合意内容について書面での確認が必要です。 Allow me to confirm my understanding as follows. 私の理解が合っているかどうかを下記の通り確認させてください。 また、確認の重要度が高い"confirm"と「~したい」の丁寧な表現の"I would like to ~"を組み合わせて下記のようにスケジュールや予定の確認に使うことができます。 I'd like to confirm my reservation for conference room A. 会議室Aの予約について確認したいのですが。 I'd like to confirm the departure date. 出発日を確認したいのですが。 上記のように "confirm"は「確かめる」「間違いのないことを裏付ける」という意味があり、間違いがないかを明らかにするニュアンスがあります。 "check"よりも重要度が高いイメージで「(最終)確認する」「(取引などを)確定する」といった意味で使われることもあります。 メールで「ご確認ください」という場合 "Could you ~"の表現で丁寧に 日本語で目上の人や取引先に送るメールは「ご確認のほどよろしくお願いします」といった一文を添えます。 他に「お目通しください」「ご一読ください」「ご査収ください」といった表現もあります。 ビジネスメールで丁寧な表現をしたいとき"Could you ~"を使います。 目上の人や社外の人には Could you confirm that you will be attending the meeting this Wednesday? 今週の水曜日の会議に出席いただくことで間違いございませんか? Could you check the following? 以下のことについてご確認いただけませんか? "please"を使うとより丁寧な表現になりますが、"please"の位置に気を付けましょう。 "Could you check this, please? "と最後に付けると「ご確認いただけますでしょうか?よろしくお願いします」といったニュアンスで伝えることができます。 "Could you please confirm this? "は「ご確認いただけないでしょうか?」といった意味で、"Could you please ~"は「~していただけませんか?」と催促を含むニュアンスがあります。 添付ファイルの確認をお願いするときの表現は メールでは添付している資料の確認をお願いすることが多いので、下記のような表現を覚えておくと便利です。 For more information, please check the attached file. より詳しい情報については添付ファイルをご確認ください。 また、ファイルが添付されていることを伝えたい場合は"check"の他 "see"や"find"を使うこともできます。 Please see [find] the attached file. 添付ファイルをご確認ください。 内容をよく読んで最終確認をお願いするときは Could you confirm the attached file? 添付ファイルの内容をご確認いただけますでしょうか? また、確認を促すメールには、「不明点などについてお問い合わせください」「ファイルを見ることができない場合はお知らせください」という文章を添えておくのもオススメです。 If you have any questions, please let us know. もしご不明な点がございましたらお知らせください。 If you have trouble opening the attached file, please let me know. 添付ファイルを開くのに問題がある場合はお知らせください。 適切な言葉選びでビジネスをスムーズに 「ご確認ください」は会議やメールでよく使うフレーズで、ビジネスシーンには欠かせない表現のひとつです。 英語で「確認する」を表す言葉はいくつかありますが、ビジネスシーンでは"check"と"confirm"を覚えておくと、確認内容の重要度に合わせて使い分けることができます。 「見て確認する」と軽めの確認は"check"、「(最終)確認する」「(取引などを)確定する」など、お墨付きをもらいたいときは"confirm"といったイメージです。 今回ご紹介した内容をぜひ参考にして、ビジネスメールで活用してください。 この記事をシェアする•

次の

ビジネス英語の「確認する」

確認ありがとう 英語

「お忙しいところ」の使用する場面 《1》お願いをするとき 最も多く「お忙しいところ」が使われる場面としては、お願いをするときになります。 「お忙しいところ」の使い方としては、 ・お忙しいところ申し訳ございませんが ・お忙しいところ恐縮ですが、恐縮でございますが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところお手数おかけいたしますが といったようになります。 「お忙しいところ」は クッション言葉です。 相手に手間をかけ、時間を費やしてくれたことに対して申し訳なく思う気持ち・謙虚な気持ちを「お忙しいところ」を使うことによって表すことができます。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場合は、「相手に質問の返答を頼む・相手の負荷になることをお願いするとき」です。 例えば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ恐縮ではありますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします」と言います。 ビジネスメールの多くは、相手に何らかの要求をする内容になります。 なので自然と「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになります。 《2》お礼をするとき 「お忙しいところ」は感謝の意を伝えるときにも使うことができます。 使い方としては、 ・お忙しいところご足労頂き恐れ入ります。 ・お忙しいところにも関わらず、御配慮いただきありがとうございます。 ・お忙しいところ、お手数おかけして申し訳ありませんでした。 ・お忙しいところありがとうございます。 といったようになります。 「お忙しいにも関わらず〜してくれてありがとうございます」といった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表しています。 「お忙しいところ」の例文 「お忙しいところ」の例文を紹介します。 <お願いをするとき> ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認のうえ、折り返しご連絡をお願いいたします。 ・お忙しいところ大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・お忙しいところとは存じますが、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入ります。 少々お時間の方、よろしいでしょうか? ・お忙しいところ申し訳ございませんが、お返事頂ければ幸いです。 ・お忙しいとは存じますが、ぜひお越しくださいますようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、アンケートの返信をよろしくお願いいたします。 <お礼をするとき> ・皆さま本日はお忙しいところ、お集まりいただいて、誠にありがとうございます。 ・先ほどはお忙しいところ、お付き合い頂きありがとうございました。 ・お忙しいところ、ご丁寧にお答えいただき誠にありがとうございます。 ・お忙しいところ手を貸していただけて本当に助かりました。 ・お忙しいところ丁寧にご教授下さって、誠にお礼申し上げます。 「お忙しいところ」の類語 クッション言葉はいくつか覚えておくと、ビジネスシーンでも使えます。 「お忙しいところ」の類語として覚えておきたいのは「ご多忙」と「ご多用」の二つです。 二つとも忙しさを表す敬語表現であり、「お忙しいところ」と置き換えて使うことができます。 「ご多用」 まず「多用」の意味は、 「用事の多いこと・忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて「ご多用」となります。 「ご多用」は 「目上の人が用事が多くて忙しくされていること」を表しています。 「ご多用は」の使い方としては、 ・要望を出したり依頼をするとき ・感謝の意を伝えるとき になります。 「ご多用中恐れ入りますが〜」といったように、誰かにお願い事をするときに使います。 「用事が多くて忙しいときに悪いですが」という謙虚さを伝えた後に、本題に入るための言葉です。 「ご多用にも関わらず〜」といった形だと、相手に感謝の気持ちを強く述べることができます。 ・ご多用の折ですが、何卒ご参加くださいますようお願い申し上げます。 「ご多忙」 まず「多忙」の意味は、 「事が多くて忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて、「ご多忙」になります。 「ご多忙」は 「目上の人が何かと忙しくしている様子」を表しています。 「ご多忙」も「ご多用」とほぼ同じ意味で、使われる場面も一緒ですが、「ご多忙」は結婚式や葬儀の場での挨拶には相応しくありません。 理由としては、「ご多忙」の「忙」という文字が、「りっしんべん」+「亡」で構成されていて、「忙しくて心を失う」という意味になり縁起が悪いとされているからです。 こういった理由で「ご多忙」が使われないことが多いですが、ビジネスシーンでは頻繁に使われる言葉になります。 ・先日はご多忙中にもかかわらずご親切にご案内くださいまして、誠にありがとうございました。 「お忙しいところ」を使う際の注意点 「お忙しいところ」を使う際には注意しなければならない点があります。 そのようなことにならないためにも、同意義の言葉をいくつか知っておき、表現を変えて使うことが良いでしょう。 つまり「お忙しいところ〜」は本来の意味と違い、 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 しかし、どう見ても相手が時間に余裕があることが明らかな場合に、「お忙しいところ」を使うとかえって嫌味に聞こえてしまいます。 そのような場面ではなるべく使用するのは控えましょう。 ですので、その後に時間を要するようなお願いごとを要求をするのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。 例えば、ビジネスメールで「お忙しいところとは存じますが、お早めのご返信をいただければ幸いです」と伝えたり、具体的な返信期日を伝えるのは失礼に当たります。 自分の都合に合わせるように指図することは望ましくありません。 なるべく相手に合わせるようにしましょう。 また「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでし避けた方が良いでしょう。

次の

ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

確認ありがとう 英語

感謝の気持ちを丁寧に示すもう一つの言葉は、「appreciate」です。 「Thank you」と同じように、ビジネス英語でよく使われます。 「thank」が人に対する動詞なのに対して、「appreciate」は事柄に対する動詞です。 また、「thank」がすでに発生したことのみを対象としているのに対して、「appreciate」は、発生したことと発生していないこと両方を対象としています。 例文で確認してみましょう。 英文:Your patience is appreciated. 和訳: 少し待っていただければありがたいです。 英文 :I appreciate your assistance. 和訳: 手伝っていただき、ありがとうございます。 「ありがとう」を言わなくても、感謝の気持ちを表現することはできます。 例えば、「ありがとう」の代わりに「助かる」と言っても、感謝の気持ちは伝わります。 このようなニュアンスで感謝を伝える表現が英語にもありますので、ご紹介しておきます。 英文:I owe you one. 和訳:恩に着るよ。 ビジネスシーンでも使用できます。 英文:I will return the favor. 和訳:必ず恩返しします。 「return the favor」は熟語的にセットで使われることが多いので、そのまま覚えてしましましょう。 英文:What would I do without you? 和訳:あなたがいなかったらどうしようかと。 少し人と違った言い方をしたい場合に使えそうですね。

次の