京都市 住居確保給付金。 給付金を上手に利用して住居を確保

【家賃補助】住居確保給付金の対象者から申請方法まで徹底解説|家賃がキツイときに頼る制度

京都市 住居確保給付金

ついに今日から京都府中企業者等事業再出発支援補助金の募集が開始されました。 申し込み期間は 9 月 15 日まで(当日消印有効)です。 山科民商でも補助金の相談を受け付けております。 075-592-5858 までお電話ください。 この再出発支援補助金では新型コロナ対策として買った消毒液やマスク、空気清浄機やビニール、衝立などの費用を京都府からもらえます。 今年の 4 月 1 日から 8 月 31 日までに支払いを終えて、領収書を集めてから申請をします。 申請方法はWEBまたは郵送でできます。 個人事業主(小規模事業者)の方が審査に通った場合では、経費は事業再出発支援補助金として 10 万円までは全額支給されます。 10 万円を超えた額は、中小企業者等緊急応援補助金として、補助率 3 分の 2 、上限 20 万円まで支給されます。 下記URLから詳細が見られますので、事前に補助金の対象なのか、申請に必要な資料は何か、どの費用を申請できるのかなどを確認しておいてください。

次の

困窮者家賃補助の申請急増 1カ月で1400件 京都市「リーマンショック時以上」|社会|地域のニュース|京都新聞

京都市 住居確保給付金

住居確保給付金の支給対象となる方は、次の1から8のいずれにも該当する方です。 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者または住居喪失のおそれのある者であること。 申請日において、離職、廃業の日から2年以内であること、または就業している個人の給与その他の業務上の収入を得る機会が当該個人の責めに帰すべき理由、都合によらないで減少し、当該個人の就労の状況が離職または廃業の場合と同等程度の状況にあること。 離職等の日において、その属する世帯の生計を主として維持していたこと。 申請日の属する月における、申請者および申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が、基準額に申請者の居住する賃貸住宅の家賃額を合算した額(収入基準額)以下であること。 )以下であること。 誠実かつ熱心に求職活動を行うこと。 国の雇用施策による給付(職業訓練受講給付金)または自治体等が実施する離職者等に対する住居の確保を目的とした類似の給付等を、申請者および申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと。 申請者および申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。 )でないこと。 ハローワークへの求職申し込みが不要になりました 申請書などが事前にダウンロードできます。 生活困窮者住居確保給付金支給申請書(様式1-1) (注)申請者本人が記入および押印。 住居確保給付金申請時確認書(様式1-1A) (注)申請者本人が記入および押印。 入居住宅に関する状況通知書(様式2-2) (注)表面は不動産媒介業者、裏面は申請者本人が記入・押印。 【注意事項】• 表面、裏面があります。 両面印刷ではなく、片面印刷でも問題ありませんが、必ず表面と裏面をご用意ください。 記入方法などは、生活支援課 相談支援係(075-983-1138)にお尋ねください。 上記3枚の書類の他に、本人確認書類(運転免許証、被保険者証等)、休業・離職関係書類、収入関係書類、金融資産関係書類、賃貸借契約書など必要なものがありますので、事前にお尋ねください。 申請書などは以下の添付ファイルからダウンロードできます。

次の

住居確保給付金制度のご案内

京都市 住居確保給付金

令和2年4月1日から、 「65歳未満で離職・廃業から2年以内」という 年齢要件が撤廃され、 加えて令和2年4月20日から支給対象者が拡大されます。 これまでの支給対象者である離職や自営業の廃止後2年以内の方に加えて、 今般の新型コロナウイルス感染症の影響等により 給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・都合によらないで減少し、 離職や廃業と同程度の状況にある方も対象となります。 この対象拡大の意義は非常に大きく、 従来は失業してハローワークに登録し 求職活動を厳格に問う仕組みだったが、 今回、昨日4月20日の見直しでその縛りが緩められ 勤め先がやむなく休業に至った従業員や、 勤務日数が減った派遣社員 受注が減ったフリーランスの人らも利用でき、 一定期間家賃の心配をせずに今後の生活を考えていくことができます。 今回の受給のためには、 このほか収入や資産が地域ごとの基準額をいずれも下回ることや、 世帯の生計を主として維持していたことなどの条件を満たす必要がある。 たとえば京都市内では、 月収の基準額が単身世帯12万4000円、2人世帯17万8000円 3人世帯22万4000円、4人世帯26万6000円、5人世帯30万7000円 (それぞれ家賃が住宅扶助基準額以上の場合)。 資産の基準額が単身世帯50万4000円、 2人世帯78万円、3人世帯100万円などとなっている。 支給額には上限があり京都市の場合、 単身世帯4万円、2人世帯4万8千円、3~5人世帯5万2000円 6人世帯5万6000円、7人以上6万2000円と、 居住地域の生活保護の住宅扶助特別基準額が適用される。 支給期間は原則3カ月間だが、 状況に応じて3カ月の延長が2回まで認められ 最長9カ月間受給できる可能性があります。 京都市にお住まい(又はお住まいになる予定)の方の 住居確保給付金の相談・申請は、京都市社会福祉協議会で受け付けています。 申請に必要となる書類は、京都市社会福祉協議会でお問い合わせいただくか、 京都市のホームページ ページ番号149325 でご確認ください。 申請書類の提出先 社会福祉協議会 京都市社会福祉協議会 地域福祉推進室生活支援部 住居確保給付金担当 〒600-8127京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 ひと・まち交流館京都 3階 問い合わせ先 原則郵送による申請となります。 ご不明な点がある場合は、下記の電話番号までお問い合わせください。 TEL:090-1676-9117 090-1676-9542 090-1676-9472 090-1676-9740 090-1676-9554 受付時間: 9:00~16:00 (土日祝日及び12月29日から1月3日は除く。 ) 聴覚障害の方は,FAX(075-354-8737)をご利用ください。

次の