フッ 化 水素 横流し。 フッ化水素(フッかすいそ)とは

フッ化水素

フッ 化 水素 横流し

水素とフッ素の化合物。 フッ化水素カリウムKHF 2を熱するか、蛍石 ほたるいし CaF 2に濃硫酸を加えて熱すると得られる。 常温で無色発煙性の液体。 式量が小さいのに融点や沸点が高いのは、水素結合により分子が会合しているためである。 液体は電気を導かないが、無機・有機化合物をよく溶かす。 水によく溶け、フッ化水素酸を生じる。 フッ素化剤で、フロンガス(冷媒)、ペルフルオロ化合物、フッ素樹脂、フッ素の製造原料、アルキル化などの有機合成触媒としての用途がある。 きわめて毒性が強く、吸入すると肺水腫 すいしゅ をおこす。 また気体が指にしみると爪の間が痛む。 [守永健一・中原勝儼] HF 20. 01 .フッ化水素カリウムを加熱すると得られる.工業的には,に濃硫酸を作用させてつくる.無色,特有の刺激臭のある発煙性液体.密度1.

次の

フッ化水素(フッかすいそ)とは

フッ 化 水素 横流し

概要 [ ] フッ化水素酸はフッ化水素と共に、を含む多くの薬品、(例:)およびのである。 濃フッ化水素酸は一般に SiO 2 と反応して溶かすことがよく知られている。 また、フッ化水素酸は多くのも腐食する。 特にとの混合酸は酸に対し耐食性の高いなども溶解する。 6 程度の水溶液として市販され、のに指定されている。 製法 [ ] を含むに濃を加えて加熱すると、反応してを生じるので、これを水に溶解する。 酸性 [ ] フッ化水素酸は水溶液中では他の酸と同じように解離する。 他の酸とは異なり希薄水溶液中ではとなる。 このためフッ化水素酸は通常の弱酸とは異なり、0. このイオンは純液体フッ化水素のみならず、水溶液中でも高濃度であれば生成する。 用途 [ ] 各種の原料として重要であるほか、の化学加工や、製造時の酸化膜のに用いられる。 やの被膜除去には、との混酸が使用される。 の分野でも用いられるが、毒物のため生きた人間の歯に塗布してはいけない。 危険性 [ ] 骨や血液中のイオンと容易に結合することにより、骨を侵しの原因ともなる。 応急処置には、接触部位の流水洗浄ののちが使用される。 詳細は「」を参照 主な事故・事件 [ ]• にはでから用のと間違えてフッ化水素酸をに塗布された女児が死亡するが発生した。 にはの化学工場でによりフッ化水素酸が漏出し、5人が死亡、4000人を超える健康被害が起きた()。 1月と5月、韓国の事業場でフッ酸の漏出事故が相次いで発生し、合わせて1人が死亡7人が負傷した。 2013年3月、静岡県でフッ酸を塗られた靴を履いた女性が、足の(えそ)を起こし、5本の指すべてを切断する重傷を負う事件が起きた。 これは故意に塗られたもので、犯人は容疑で逮捕された。 の判断で罪に切り替えて起訴され 、罪で有罪判決を受けた。 8月、の民間の処理施設で、総本部からごみとして出されていたポリタンクに入っていたフッ化水素酸の液体から気化したガスを吸って、作業員ら14人が軽症を負う事故が発生。 6月、神田須田町2の路上でフッ化水素酸と思われる液体250mLが路上にこぼれていた。 そのため、周囲約100メートルを通行止めにし、ガスマスクを付けたの化学機動中隊員らが2時間以上かけて処理した。 けが人はいなかった。 脚注 [ ]• 村田徳治『新訂・廃棄物のやさしい化学 第3巻 廃酸・廃アルカリ・汚泥の巻』日報出版、2004年、83-91頁。 Wagman, W. Evans, V. Parker, R. Schumm, I. Halow, S. Bailey, K. Churney, R. Nuttal, K. Churney and R. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 1982• 1982年4月22日・24日付(縮刷版)• 2013年5月2日. 朝日新聞 朝日新聞社. 2013年3月28日. の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 2013年3月29日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2013年5月8日. 2015年8月25日. 2020年6月4日. 関連項目 [ ]• () この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

もし韓国が、フッ化水素を北朝鮮やイランに横流ししていたこと...

フッ 化 水素 横流し

製法 [ ] フッ化水素は、( CaF 2 を主とする鉱石)と濃とを混合して加熱することで発生させる。 などの他のの場合に比べて性質が異なる点がある。 まず、F-H の結合エネルギーが大きいために電離し難く、希薄水溶液においてはとして振舞う。 これはのが小さいため、とのが強いことによるとも解釈される。 また、により分子間に強い相互作用を持つことから、分子量の割りに沸点が高くなっている。 また、フッ素のがあまりに大きいために、フッ化水素同士であるいはそれ以上の多量体を生成する。 溶媒としての性質 [ ] フッ化水素はであり、などと同様にが存在するが、フッ素の高い陰性により、フッ化物イオンは更に一分子のHFと結合して溶媒和する。 03 を示し、純に近い強酸性媒体である。 5 というとしての性質が現れる。 6と、水の87. ガラスとの反応 [ ] の高いによる原子との強い結合形成と、骨格へのプロトン化の相互作用により、等に含まれるケイ酸 SiO 2 と反応して、 H 2SiF 6 を生じ、これらを腐食させる。 この反応は、の製造プロセスにおいて重要である。 その他、ほとんど全ての無機を腐食する。 そのため、容器としてやのボトルが使用される。 主な用途 [ ] フッ化物の製造原料として用いられる。 フッ化水素は反応性が高く、さまざまなものを侵す。 高オクタン価ガソリンを製造するためのアルキル化処理の触媒となる ほか、電線被覆や絶縁材料、フライパン・眼鏡レンズのコーティングなどに使われるや、エアコンや冷蔵庫の冷媒として使われるの原料でもある。 これらの用途に使われるフッ化水素は99. 一方、半導体製造工程用のフッ化水素には高純度が要求され、純度99. 最先端半導体プロセスにおいては不純物の量が歩留まりに直結するため特に超高純度のものが要求され、エッチング工程など向けに 12N 99. この他、モバイル機器用ディスプレイパネルに使われるフッ化ポリイミドの原料となるなど、フッ化水素は現在のハイテク産業を支える重要な物質である。 やガス、の製造原料• の加工• 彫刻、エッチング、・のつや消し• の洗浄、物の洗浄、物質の剤等。 単体は、フッ化水素を電気分解することで得られる。 ウラン濃縮用途 [ ] 製造にあたってのために必要となるの製造過程において使用される。 毒性 [ ] ヒトの経口最小致死量は 1. 吸引すると、灼熱感、咳、めまい、頭痛、息苦しさ、吐き気、息切れ、咽頭痛、嘔吐などの症状が現われる。 また、目に入った場合は発赤、痛み、重度の熱傷を起こす。 皮膚に接触すると、体内に容易に浸透する。 フッ化水素は体内のと結合してフッ化カルシウムを生じさせる反応を起こすので、骨を侵す。 濃度の薄いフッ化水素酸が付着すると、数時間後にうずくような痛みに襲われるが、これは生じたの刺激によるものである。 また、浴びた量が多いと死に至る。 これは血液中のカルシウムイオンがフッ化水素によって急速に消費されるために、血中カルシウム濃度が低下し、しばしば重篤なを引き起こすためである。 この場合、意識は明晰なまま、を起こし死亡する。 歯科治療においては、人工歯()の製造工程にフッ化水素が使われる一方で、歯の(=虫歯)予防に NaF が使われることがある。 両方ともなので混同の危険性がある。 実際に、両者の取り違えによる死亡事故()が報告されている。 皮膚に接触した場合のとしては、直ちに流水洗浄し、を患部に塗布する。 輸出管理 [ ] フッ化水素はや毒ガスの製造にも用いられるため、の材料としての枠組みにおいて輸出が統制される品目であり、日本ではによっての許可なく輸出することが禁止されている。 法令上は、である輸出貿易管理令別表第一の三の項(一)において「軍用の化学製剤の原料となる物質又は軍用の化学製剤と同等の毒性を有する物質若しくはその原料となる物質として令で定めるもの」に該当する。 フッ化水素は、この政令にいう経済産業である輸出貿易管理令別表第一及び外国為替令別表の規定に基づき貨物又は技術を定める省令(貨物等省令)の第二条一項の「ヘ」として掲げられている。 事故・災害 [ ] 八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故 [ ]• Wagman, W. Evans, V. Parker, R. Schumm, I. Halow, S. Bailey, K. Churney, R. Nuttal, K. Churney and R. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 1982. 2019年11月2日閲覧。 コットン, G. ウィルキンソン 著, 中原 勝儼 訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年• Cox, K. Yates, Can. Chem. , 61, 2225 1983• 2019年11月2日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年7月19日閲覧。 [ ]• 日本語版. 2019年7月22日閲覧。 - 経済産業省• 内藤裕史『中毒百科』南江堂、2001年• 昭和57年(1982年)4月22日 読売新聞記事• 東京地方裁判所八王子支部昭和58年2月24日判決 日医総研 平成16年1月20日に関連情報あり• 678号60頁• 2012年10月10日13時30分閲覧 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 職場のあんぜんサイト 厚生労働省• MSDS.

次の