フランチャイズ 儲かる。 牛角のフランチャイズは儲かる?評判は?

一 番 儲かる フランチャイズ独立開業情報一覧|独立・開業・フランチャイズ募集の【アントレ】

フランチャイズ 儲かる

ずばり!塾の経営は儲かるの? 塾の儲けは生徒数と受講数によって変わります。 どれくらいの生徒がどういったカリキュラムを組むのかというのは、年度や学期の始めには把握できるものなので、塾経営は飲食店などと比べて売り上げの予想がたちやすいといえます。 塾を開業してからできるだけ早い段階で、損益分岐点を超えるだけの生徒数を確保することができれば、十分に儲けが期待できるでしょう。 ただ、その生徒を集めるのが一番難しいという問題があります。 塾開業には、教室となるテナント建設か住居の一室を空けて、机やイス、ホワイトボード(もしくは黒板)などを揃えるなど、ただでさえ初期投資がかかります。 テキストや顧客名簿の作成、あるいは収支を管理するうえでも、PCやコピー機なども揃えておいたほうが良いでしょう。 生徒数に応じて講師も雇わなければなりません。 社員として雇用するのか、それともアルバイトの学生などを雇うのか、人件費が高くなりすぎないように調整する必要が出てきます。 これだけの出費が求められるうえに、集客のための広告費用も確保しなければなりません。 集客の方法としては、昔ながらの新聞の折り込みチラシや看板による宣伝、それからホームページやSNSを活用しての情報発信が考えられます。 知りたい情報があるときにネット検索をすることが当たり前となった現代では、検索サイトのなるべく上位にホームページが出てくるような工夫が求められます。 また、塾の経営と一口にいっても、個人塾にするのか、フランチャイズ経営とするのか、ネット学習に特化したeラーニングのような形態をとるのか、早い段階で決めなければなりません。 塾の形態の変化や宣伝方法の多様化などは、これから塾経営に参入しようとする人にとってはビジネスチャンスと捉えることもできるかもしれません。 しかしながら、塾経営で売り上げを出していくためには、クリアしなければならないハードルが多いというのも認識しておくべきでしょう。 塾の経営者の年収とは 塾の経営者が実際にどのくらい稼いでいるのかというと、平均年収は500万円程度というのが実情のようです。 それも、開業1年目である程度生徒数が集まった場合です。 たいてい学習塾というのは、開業当初が集客にもっとも苦労して、徐々に余裕が持てるようになってから売り上げも安定するといわれています。 そのため、開業当初から順調であるほうがめずらしいのです。 1年目で十分な生徒数が確保できない場合には、年収100~300万円となる場合もあります。 塾経営者の年収が100~300万円にとどまるというのは厳しい現実です。 塾の開業には教員免許などの資格もいらないので、そのハードルはけっして高くないと思われているかもしれませんが、初期費用は個人塾で100~300万円程度、フランチャイズでは1,000万円程度かかるといわれており、十分な生徒数が集まるまで続けていける期間にも限界が出てくるでしょう。 また、学習塾に通う生徒と保護者は、一度通い始めた塾を途中で変更することに抵抗がある人も多いです。 切りが良いタイミングでの入塾となれば、生徒数を増やすチャンスは1年ごとにしかありません。 授業を体験してもらうために長期休暇中の講座を増やしてみても、大手予備校などは有名講師による値段をおさえた講座を数多く用意しており、小規模の塾が対抗するのは難しいでしょう。 低い年収が問題なのではなく、生徒数を集められなかった結果としてその年収となっているため、売り上げを伸ばすための対策がほとんど存在しないということが問題なのです。 結局のところ、どれだけの生徒数を確保できるかが塾経営の生命線となります。 独立開業はハードルが高い!フランチャイズという方法 開業当初から生徒を集めるという観点からも、すでに高い知名度を確保している塾のフランチャイズ経営はおすすめできます。 子どもを塾で学ばせたいと考えている保護者の気持ちになってみれば、評判にもなっていない無名の個人塾よりは、テレビや雑誌などの広告・宣伝でおなじみの大手塾のほうが安心できるでしょう。 フランチャイズ経営は、開業した瞬間から大手の看板を掲げて営業ができるという大きなアドバンテージがあります。 フランチャイズ経営のメリットはこれだけではありません。 テキストや授業内容、年間スケジュールなどの教育サービスがすでに確立されており、不明確な部分がほとんどありません。 また、塾経営のノウハウも蓄積されているため、疑問や問題があった場合には即座に経営支援のためのアドバイスが受けられます。 とくに開業前後の慌ただしい時期、しっかりとした経営ノウハウを持っている人がいろいろと教えてくれるというのは心強いでしょう。 開業予定の塾が地域に応じた学習内容と価格設定になっているかなどは、個人で判断するには難しい問題です。 フランチャイズの形態も徐々にですが変化しています。 これまでのように経営の多くの部分を手助けしてくれるかわりに、加盟金やロイヤリティを支払うといった契約内容ではなく、経営者側がどのくらいの関係性を求めているかによって、きめ細かく対応するような方法もとられるようになりました。 塾開業を希望している人を対象にした研修や勉強会を定期的に開いたり、ベテラン経営者との情報交換の場を提供したりといった、セミナー活動に重点を置き始めた企業もあります。 フランチャイズとなってしまうと個人経営と違い、自由がきかなくなるといった古いイメージは捨てたほうが良いかもしれません。 塾のフランチャイズ経営は儲かるのか 塾のフランチャイズ経営に多くのメリットがあることは間違いないですが、大事なのははたして儲かるのかということでしょう。 フランチャイズは経営の支援をしてもらえるかわりに、加盟金やロイヤリティを支払わなければなりません。 また、個人塾と比べると初期費用も高くなる傾向があります。 そのため、しっかりとした儲けが出なかった場合のリスクも重く受け止めなければなりません。 別業種と比べてみると、コンビニエンスストアのフランチャイズと塾は粗利率がほぼ同じというデータが出ています。 年商2,000万円の店で約400万円、年収1億円で800万円程度となっており、塾はコンビニのように仕入れの必要がないのでそのぶん利益率を高く見積もることができます。 初期費用を比べてみると、コンビニの場合は3,000万円程度かかるといわれている一方で、塾の場合には1,000万円程度。 個人塾と比べれば高くつきますが、同じフランチャイズ経営の別業種と比べると開業資金は少なくて済みそうです。 ラーメン店のフランチャイズなどは初期投資もかかりますし、薄利多売のため相当数売らなければ初期投資の回収もままなりません。 ラーメン店の開業は当たれば大きいですが、当たらなければ早い段階で閉店に追い込まれるといった、塾経営と比べるとリスクの大きい商売といえます。 塾のフランチャイズ経営は、ミドルリスク・ミドルリターンないしはミドルリスク・ハイリターンと評することができるでしょう。 個人塾に比べると知名度や教育サービス、経営のノウハウの点で先んじることが可能となり、別業種のフランチャイズと比べると初期費用や経営のリスクもほどほどといったところで十分にビジネスチャンスがあります。

次の

コインランドリーのフランチャイズ【どれくらい儲かるのか?】

フランチャイズ 儲かる

飲食店FCを成功させる秘訣は、フランチャイズ選びにアリ! フランチャイズの中でも飲食店経営には、独自のノウハウと運営方法があります。 このサイトでは実績と将来性が見込めるフランチャイズ店をピックアップして、調査した内容をまとめています。 あわせて飲食店フランチャイズオーナーの体験談や、成功させるためのポイントなどを網羅して紹介していますので、ぜひ参考になさってください。 まずは気になる飲食店ランキングトップ5の発表です!開業費用や月額費用(本部に支払う金額)、始めやすさ、収支モデル、フランチャイザーの特徴、利用者からの評判、オーナーの声を比較しています。 飲食店フランチャイズを始めたいとお考えの方の参考になれば幸いです。 約1年で初期投資額を全額回収できているビジネスモデルも。 調理初心者でも気軽に始められる。 利用者の評判 丼丸さんは500円台で海鮮丼が食べられるので、ランチでは助かっています。 会社の側にあっていつも利用しています。 「家の近くにも店舗があればいいのに…」と、いつも思っています。 海鮮丼のクオリティが高く、その上リーズナブルなので、よく利用していますよ。 本部が加盟店と共存共栄で発展していくことを、事業戦略の核に据えている。 将来の事業拡大にも期待大。 お店にオーナーそれぞれのオリジナリティがだせる。 経営委託システムを選べば、 運転資金のみで開業できる。 利用者の評判 2ケ月毎に内容が変わり品数も豊富で良い感じ。 白飯も美味しいです。 季節メニューがあり、飽きませんね。 価格がリーズナブルなのもGood! ボリューム感もあって、お得です。 ホカホカの状態で出てくるので、いつも美味しく頂いています。 利用者の評判 味も接客も文句無しです。 今での焼きとり屋とまったく違っていて、美味しかったです。 『串に刺す手間を味と値段に』という言葉は本当でした。 値段とボリュームに満足です。 居酒屋業界の中でも 競争力をもった商品スタイルを持っている。 利用者の評判 ソースがいろいろ選べるのが嬉しいです。 結構通ってますね。 気軽に食べられるファーストフード。 値段も安いのがいいですね。 たこ焼きと言えば京たこだと思ってます。 ビールにピッタリ。 プロのラーメン経営者へ着実にステップアップできる。 利用者の評判 有名人とのコラボラーメンを食べるのが楽しみ。 深夜まで営業しているので、仕事帰りによく利用しています。 創業20年で培ってきたフランチャイズノウハウを持っている。 低資金で開業でき、将来性も有望な「丼丸」が堂々第1位! 飲食店のフランチャイズの中で最もお勧めしたいのは、海鮮丼の 「丼丸」です! 丼丸は毎日買いにきてくれるお客様もいるほどの人気店。 流行り廃りがなく日本人に愛され続ける「海鮮」「寿司」が、500円均一(税別)で食べられ、味とボリュームに自信があることから、 ファンを確実に増やしている、注目のフランチャイズです。 以下で、丼丸の魅力を詳しくお伝えします。 ポイント1 初期費用が安く、始めやすい 丼丸の場合、出店するお店の物件代を抑えられるが大きな魅力。 飲食店のフランチャイズでは店舗にかかる費用がネックになりますが、丼丸は持ち帰り専門店なので、 狭くてOKなのです。 内外装の工事、什器類の購入、広告宣伝費、そして加盟金をあわせても、 500万円以内で出店できます。 しかも、ほとんどのオーナーが 開業資金を数ヶ月~1年くらいで無理なく回収しているようです。 ポイント2 月額費用(のれん代)が安く、経営の負担が少ない 丼丸はのれん代だけを、月々本部に支払うシステム。 売上に応じて支払うロイヤリティがなく、 月々固定で3万円の「のれん代」だけでOKです。 本部に支払う費用が少ないので、店舗運営や経営に負担がかかりません。 これはオーナーに成功してほしいという思いから、本部の収入は低く設定しているとのこと。 フランチャイズ本部とオーナーが共に成長していく、共存共栄の方針を貫いているからだそうです。 ポイント3 オーナーサイドの自由度が高く、お店にオリジナリティが出せる 丼丸には、出店費用もさることながら、フランチャイジー側の自由度の高さに魅力を感じて加盟するオーナーも多くいます。 たとえば地元の名産の新鮮な魚を使ったオリジナル丼を出している店舗などもあり、 メニュー開発もできます。 しかも、価格設定も本部が推奨する500円にしなくてOK。 50%を下回らなければ 原価率も自由で、仕入先もオーナー側で決められるというから驚きです。 丼丸は通常の飲食FCにありがちな、がんじがらめのマニュアル経営ではありません。 飲食店なので、衛生管理だけは、徹底するよう指導されますが、ほぼすべてがオーナーの自由なので、 「雇われている」感が少ないことは非常に魅力だといえるでしょう。 ポイント4 他の店舗と情報共有できるので、客観的な視点で経営ができる 丼丸では、月1回発行している「丼丸通信」で、フランチャイズ加盟店の情報が共有できます。 新規オープン情報、他店の売り上げ情報、原価率情報、新メニュー情報、仕入れ情報、本部による店舗の印象レポート、お客様からのクレームなど、他の店舗の情報が入ってくるため、経営の参考にできます。 ポイント5 開業前後のサポート体制が充実 オープン前はもちろん、オープン後もしっかりサポート。 困ったことがあれば、いつでも相談に乗ってもらえます。 オープンに際しての不安点は、電話やメールでいつでもアドバイス。 また、研修はわかるまで丁寧に教え、不安がある人は延長も可能とのこと。 オープン後、再研修を受けに来てもOKだそうです。 以上の点から、「丼丸」を1位に選びました。 丼丸は初期費用や運営費の負担が少ないだけでなく、将来の可能性を感じ、本部といい関係が築けるフランチャイズだと思います。 気になる方は、ぜひチェックしてみてください。 オススメの飲食店「丼丸」のフランチャイズについてもっと詳しく このサイトでは、私が独自で調査した情報をまとめています。 飲食店のフランチャイズを始める皆さんのお役に立てれば幸いです。

次の

フランチャイズオーナーの平均年収は?業種別に比較

フランチャイズ 儲かる

「飲食店経営に限らず成功するにはやるべき順番がある」で成功するにはやるべき順番があると書きました。 でも、そんな1から学ぶ時間がない、短縮したいという人に向いているのがフランチャイズです。 フランチャイズに批判の記事や内容が多いので今回の私の記事ではメリットをメインにお伝えしていきます。 成功する為の方法、手段の1つがフランチャイズだと思っていただけたらと思います。 バー業態では珍しくでを募集しています。 どうしてもフランチャイズは批判が多いイメージですが実際はどうでしょうか? ちなみに日本にあるコンビニの98%はフランチャイズといわれています。 もしフランチャイズが儲からない、詐欺だというのでしたらここまでフランチャイズの数も増えません。 まずはじめにフランチャイズは圧倒的に本部が儲かりやすいシステムだと思っていただけたらと思います。 どれくらい儲かっているか知りたいかたはでセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップなどの業績を見ていただけたらと思います。 では次からもう少し細かく何故フランチャイズが儲からない、止めた方がいいという批判が多いのか? フランチャイズの加入のメリット、フランチャイズに加入してもよい場合も含めてお伝えしていきます。 フランチャイズが儲からないと言われている理由 フランチャイズをはじめる方で、加入する理由で 「楽して儲けたい」や 「ノウハウが分からないから」という事があります。 でも実際はどうでしょうか? 楽して稼げる商売ってこの世の中存在しますか? ノウハウが全くない人が簡単に稼げる方法ありますか? そんな商売なんてないという言う方がほとんどだと思います。 全てとは言いませんがどうしてもフランチャイズに加入する方は先ほどお伝えしました「楽して儲けたい」や「ノウハウが分からないから」というこの世の中と矛盾した考え方が加入している人が多いのです。 に登録すると最後に有料のノウハウを一応販売してますが、買ったからと言って必ず成功出来るや簡単に儲けれる話ではありません。 ただ居酒屋を経営する前には何百万の費用を最大限活かす成功の確率を圧倒的に高める方法をお伝えしています。 ちなみに無料で発信しているメルマガや今あなたが見ているブログの情報だけでもきちんと実践すれば成功出来きます。 話戻りますが、 人間はポジティブな話より、ネガティブの話の方が頭に残りやすく、良い話より愚痴を話す人が多い、よってどうしてもフランチャイズは良くないという話が回ってしまいます。 逆にフランチャイズでも成功している人。 例えばコンビニを経営していて賢いオーナーさんだったら近場に新しいコンビニが出来ると売上が下がると分かっています。 だったらそのコンビニオーナーは実際に儲かっていているが周囲の人に儲かっているという事もまず言わないないですし、儲かると分かって近所の人がコンビニ経営されても売上が多少でも下がると分かっているから何も話さない。 何が言いたいかというと、 商売で上手くいく人はフランチャイズに加盟しても成功出来ますし、加盟しなくても上手くいきます。 逆に商売で上手くいかない人はフランチャイズに加盟しても成功出来ませんし、加盟しなくても上手くいきません。 フランチャイズ加入のメリット 一番はブランド名を借りれる事です。 パブリックスタンドに入店すれば何かしらの繋がりや出会いがある。 特にパブリックスタンドは利用した人が他の店舗に行きやすいシステム、その日限定ですが利用したレシート等を見せれば割引で多店舗を利用できる。 よって店舗同士が協力出来るのです。 他にはブランドである以上、パブリックスタンドを知っている人がブランドがないお店より看板を見てフラッと利用する人が圧倒的に多いです。 もちろんどれだけ知れわたっているか、ブランド力が強いのかが加入する側のメリットが変わります。 フランチャイズに向いている人 飲食店のフランチャイズで上手くいっているパターンは 本業の会社がそこそこ上手くいっているパターンです。 何業でも構いませんがその道の業界で上手くいっている人は何かしらの成功法則を知っていますし、商売の難しさも分かっています。 最大のメリットはその業界での会食や取引先にお店を利用してもらいやすい所です。 パブリックスタンドでは取引先を含めて知人や友達と利用するには凄く向いている業態だと思います。 フランチャイズに加入する基準 先ほどお伝えしましたがブランド力が強い所に加入しましょう。 なぜヴィトンが高くても売れるのか? 1枚数万円のTシャツでも売れるのか? ブランド力があるからです。 もしあなたがヴィトンという看板とヴィトンから仕入れた物を売った場合と全く知られていない商品を売る場合では売上に何十倍も差が出るはずです。 実際の飲食店でも大手と個人の売上の差は圧倒的です。 その看板を手に入れる事が出来るのがフランチャイズの良い所です。 なのでフランチャイズに加入するあなたがその看板を活用、最大限に活かせると思った場合のみ加入を検討してみましょう。 そのためにもパブリックスタンドが好きな方が加盟すべきです。 パブリックスタンドに加入したい理由の1つに 常に人と繋がりたい出会いが大好きという人には凄く向いている業種です。 安易に儲かりそうだからという考え方で加入は辞めましょう。 本当に儲かっているか確認をする フランチャイズの説明会に行くと本部が儲かっているという数字を出してきます。 パブリックスタンドでは営業利益20%という驚異的な利益率なので少なからず10%はいく可能性もあります。 ちなみに飲食業の経常利益は5%あれば優秀店舗に当てはまります。 そこで 実際の本部がやっているお店やフランチャイズのお店に行って実際の売上と本部が出している売上や利益を確認しましょう。 出来たら1回だけではなく何回も時間帯も変えたりスタッフの働き方も確認しましょう。 鋭い人だと何回かお店に通えば本当に示している数字通りか見えてきます。 契約書をよく確認する 契約というのは一度契約すると無効にすることは難しいです。 なので お金をかけてでも弁護士など契約に詳しい人にみてもらいましょう。 フランチャイズは一度の契約で1000万円以上のお金が動く事もあります。 中立の立場から見て、本部が圧倒的に有利ではないかを確認してそれでも納得できたら加入しましょう。 まとめ フランチャイズは楽して儲けれるという考えを捨てる。 フランチャイズを活用出来る人が加入する。 飲食店フランチャイズは自分が経営いている会社がそこそこ上手くいっている人に向いている。 儲かるから加入するのではなく、加入する本部のやっている事が好きだからや、看板を借りて活用出来る人が成功します。

次の