ウイイレ オリバー カーン。 【ウイイレアプリ2020 攻略】最強選手・クラブランキング|おすすめの若手は?

オリバー・カーン

ウイイレ オリバー カーン

経歴 [ ] 祖父母は出身。 父もそこで生まれ、第二次世界大戦後にドイツへ来た。 16歳の時にはクラブチームの加入試験にことごとく落ちる。 に加入するまでは筋力トレーニングなど雌伏の時期を過ごした。 カールスルーエでは数年かかって正GKの座を確保した。 やでの活躍が認められ、1994年、名門へ移籍。 初年度は味方のと衝突し膝の十字靱帯を切断したためシーズンを棒に振たが、翌年からは活躍を見せた。 コンスタントにレベルの高いパフォーマンスを見せ、バイエルン・ミュンヘンのGKコーチ、ゼップ・マイヤーの下でワールドクラスのGKに成長した。 1998-99シーズンの決勝は 大会史上に残る名勝負となったが [ ]、終了直前の3分間に2失点を喫し、に敗れた。 1999-00シーズン以降、4年連続で欧州最優秀ゴールキーパーに選出されている。 またドイツサッカー雑誌「」の選手ランキングでも幾度も「ワールドクラス」の評価を得ており、1999年から2003年頃までドイツの各テレビや雑誌では世界ナンバーワンGKと紹介された。 2000-01シーズンには自らの活躍により、バイエルンをUEFAチャンピオンズリーグ優勝に導き、2年前の雪辱を果たした。 後は、 私生活の問題もあってコンディションを落としたが、2004-05シーズンには完全復活した [ ]。 バイエルン・ミュンヘンとの契約が切れた2008年限りで現役を引退。 2008年9月2日、で引退記念試合が行われ、21年間の現役生活に終止符を打った。 ドイツ代表 [ ] では、を4回経験している。 しかし、には、にはと、共に世界レベルのゴールキーパーの存在が大きくサブに甘んじ、正キーパーとして出場できたのは2002年大会のみである。 2006年大会では、守備範囲が広くハイボールに強いとの正ゴールキーパーのポジション争いに敗れ、サブGKとして参加。 3位決定戦のみの出場となった。 代表のレギュラーとして初めて国際大会に出場したのは。 しかし、この大会では実力を発揮することができず、ドイツはグループリーグで敗退した。 にはキャプテンとして参加した。 ドイツは2001年9月1日にミュンヘンで行われた日韓ワールドカップ地区予選、戦でのハットトリックなど5失点を喫し1-5で完敗するなど、苦戦の末の本大会出場ということもあって下馬評は高くなかった。 しかし、ワールドカップ本選ではカーンはファインセーブを連発し、準優勝の好成績を収めた。 なかでも枠内シュートセーブ率93パーセントという数字を残した [ ]。 自身は決勝戦においてブラジル代表のとの接触プレーにより損傷の怪我を負うが、そのままプレーを続行する気迫を見せた。 ワールドカップでゴールキーパーとして初のMVPを獲得した。 また、この年に自身3度目となる世界最優秀ゴールキーパー賞を受賞した。 カーンにとって実質3度目の国際大会となるでは、実力を発揮したものの、ドイツは2大会連続のグループリーグ敗退となった。 EURO2004後に就任した監督の方針により、代表GKはローテーション制となり、ドイツワールドカップに向け長年のライバルであった()と正GKの座を争う形となったが、、クリンスマン監督から正式にレーマンが正GKであると発表があった。 これにより「正GKとしてワールドカップに出場できないのなら代表を引退する」と公言していたが、「冷静に考えてから答えを出す」とコメントし熟慮の末、代表に参加した。 実質最後のワールドカップといわれた地元開催のでは、正GKとなったレーマンの控えとなったが「たとえ試合に出られなくても貢献できることはある」と自身でコメントしたように、延長戦ではレーマンを含めた他のチームメイトを励ますなどチームを盛り上げる姿を見せた。 そして(日本時間9日)に行われた3位決定戦では先発出場。 ケガのため欠場したバラックに代わって主将を務めると共に、好セーブを連発してチームの勝利に貢献した。 この試合終了後、代表引退を正式に表明した。 選手としての特徴 [ ] 相手のシュートに対する反応の鋭さ、味方への正確なロングパス、チームメートを引っ張るリーダーシップを持つなど、優れたゴールキーパーであり、存在感もあった。 エピソード [ ]• に行われた対バイエルン・ミュンヘンの試合において、が上げたを手でゴールを決めて、2枚目のを貰ってした。 ドイツでの彼の人気を物語るものとして、彼をモチーフにした曲「OLLI KAHN(オリ カーン)」がある。 旧・東ドイツの都市・出身の音楽グループの によるこの曲は2002 FIFAワールドカップの頃に発売された。 2006 FIFAワールドカップでは、のに横っ飛びしてキャッチしているカーンの巨大アーチ看板が作られた。 これはミュンヘン空港からスタジアムに向かう道をまたいでおり、観戦客はカーンの体の下を通過してスタジアムに向かうこととなった。 個人成績 [ ] シーズン クラブ リーグ リーグ カップ UEFA主催 合計 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 1987-88 2 0 0 0 - 2 0 1988-89 2 0 0 0 - 2 0 1989-90 0 0 0 0 - 0 0 1990-91 22 0 0 0 - 22 0 1991-92 37 0 2 0 - 39 0 1992-93 34 0 5 0 - 39 0 1993-94 31 0 3 0 10 0 44 0 1994-95 23 0 2 注1 0 5 0 30 0 1995-96 32 0 2 0 12 0 46 0 1996-97 32 0 4 0 2 0 38 0 1997-98 34 0 8 0 8 0 50 0 1998-99 30 0 8 0 13 0 51 0 1999-00 27 0 5 0 13 0 45 0 2000-01 32 0 4 0 16 0 52 0 2001-02 32 0 5 0 14 0 51 0 2002-03 33 0 6 0 6 0 45 0 2003-04 33 0 5 0 8 0 46 0 2004-05 32 0 7 0 10 0 49 0 2005-06 31 0 6 0 7 0 44 0 2006-07 32 0 3 0 9 0 44 0 2007-08 26 0 7 0 9 0 42 0 通算 557 0 82 0 142 0 781 0 注1 の記録を含む。 代表での出場記録 [ ] 年 出場 得点 1995 2 0 1996 3 0 1997 3 0 1998 7 0 1999 6 0 2000 10 0 2001 10 0 2002 15 0 2003 9 0 2004 11 0 2005 7 0 2006 3 0 通算 86 0 獲得タイトル [ ] クラブ [ ]• 2001• 2000-01• 1995-96• ブンデスリーガ 8回(1996-97, 1998-99, 1999-2000, 2000-01, 2002-03, 2004-05, 2005-06, 2007-08)• ドイツカップ 6回(1997-98, 1999-2000, 2002-03, 2004-05, 2005-06, 2007-08)• ドイツリーグカップ 6回(1997, 1998, 1999, 2000, 2004, 2007) 代表 [ ]• : 個人 [ ]• 2002ワールドカップ最優秀選手• 2002ワールドカップ最優秀ゴールキーパー• : 1999,2001,2002• : 1999,2000,2001,2002• : 1999,2000,2001,2002• : 2000,2001• ドイツ最優秀ゴールキーパー : 1994,1997,1999,2000,2001,2002• FIFAフェアプレー賞 : 2001 著書 [ ]• 「オリバー・カーン自伝 ナンバーワン」("Nummer Eins" 監訳、) 脚注 [ ]• 田嶋幸三『これだけは知っておきたい(30) サッカーの大常識』株式会社ポプラ社、2006年、109ページ、 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

【ウイイレアプリ2020】アイコニックオリヴァーカーン(2002/11/09)の能力と使い方|ゲームエイト

ウイイレ オリバー カーン

なるほど、32歳のコンディションが反映されているようです。 ワールドカップの時かな。 能力値を見て行きましょう。 レベル1時 32 年齢 188身長 cm 85体重 kg 40オフェンスセンス 60ボールコントロール 47ドリブル 61グラウンダーパス 65フライパス 48決定力 60プレースキック 47カーブ 69ヘディング 46ディフェンスセンス 40ボール奪取 89 キック力 64スピード 71瞬発力 83ボディバランス 71ジャンプ 63スタミナ 93GKセンス 93キャッチング 91クリアリング 90コラプシング 91ディフレクティング 1逆足頻度 2逆足精度 8コンディション安定度 3ケガ耐性 めちゃくちゃほしいですね!!! オリバーカーンとノイアーの能力値の比較 現役最強の ノイアー が隣にいたんで比較してみます。 ううむ コンディションも安定してますね! キック力や瞬発がノイアー選手より秀でている感じですね。 全体的な数値は ノイアーが高いかもしれません。 しかし、 タイプが決定的に違うようです。 スキルの闘争心やプレースタイルが守備的GKとなっています。 ことを踏まえると狙って損じゃないかもしれません。 それではちょっとガチャやってきます!!.

次の

【ウイイレアプリ2020】選手のプレースタイルを徹底解説!【中・上級者向け】

ウイイレ オリバー カーン

バルセロナやユヴェントスなどの公認クラブが多数登場している。 今回は、ウイイレ2020の最強レート選手や有望な若手プレーヤーを紹介していく。 ウイイレ2020:最強選手• ウイイレ2020:若手優秀選手• ウイイレ2020:最強のレジェンド• ウイイレ2020:最強チーム• ウイイレ2021:最新情報 ウイイレ2020:最強選手 リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドは毎年世界最強の称号を争っているが、ウイニングイレブンの世界では2人に同じレートが与えられ、優劣をつけない判断がされている。 メッシとロナウドはウイニングイレブン2020でも最高のプレイヤーだ。 2人には総合値94が与えられている。 ネイマールはこの2人に次いで高い92。 今回は18人の選手に90以上の総合値がつけられている。 最強クラスの選手の多くはアタッカーだが、センターバックのファン・ダイクやジェラール・ピケ、セルヒオ・ラモスも今年のトップ10にランクインしている。 Ranking Player Rating 1 リオネル・メッシ 94 2 クリスティアーノ・ロナウド 94 3 ネイマール 92 4 エデン・アザール 91 5 セルヒオ・アグエロ 91 6 ルイス・スアレス 91 7 フィルヒル・ファンダイク 91 8 セルヒオ・ラモス 90 9 ジェラール・ピケ 90 10 ロベルト・レヴァンドフスキI 90 11 ダビド・デ・ヘア 90 12 アントワーヌ・グリーズマン 90 13 ヤン・オブラク 90 14 ケヴィン・デ・ブライネ 90 15 ハリー・ケイン 90 16 モハメド・サラー 90 17 アリソン 90 18 キリアン・ムバッペ 90 19 マヌエル・ノイアー 89 20 ルカ・モドリッチ 89 21 セルヒオ・ブスケツ 89 22 ラヒーム・スターリング 89 23 エデルソン 89 24 サディオ・マネ 89 25 マルク・テア・シュテーゲン 89 26 ダビド・シルバ 88 27 カリム・ベンゼマ 88 28 エディンソン・カバーニ 88 29 マッツ・フンメルス 88 30 トニ・クロース 88 31 ピエール・オーバメヤン 88 32 クリスティアン・エリクセン 88 33 チアゴ・アルカンタラ 88 34 ポール・ポグバ 88 35 エンゴロ・カンテ 88 36 カリドゥ・クリバリ 88 37 ベルナルド・シウバ 88 38 サミール・ハンダノヴィッチ 87 39 ヨシュア・キミッヒ 87 40 ウーゴ・ロリス 87 41 ジョルジョ・キエッリーニ 87 42 ディエゴ・ゴディン 87 43 ギャレス・ベイル 87 44 イヴァン・ラキティッチ 87 45 ミラレム・ピャニッチ 87 46 ジョルディ・アルバ 87 47 マルコ・ロイス 87 48 フィリペ・コウチーニョ 87 49 ラファエル・ヴァラン 87 50 ティボー・クルトワ 87 トップへ ウイイレ2020:若手優秀選手 ウイニングイレブン2020でも、キリアン・ムバッペが21歳以下の最優秀選手であることは驚きではないだろう。 パリ・サンジェルマンに所属するこのFWは、若手の中で唯一総合値90を超える選手だ。 ムバッペ以外では、総合値において全体の50位以内にランクインした若手選手はいなかった。 ユヴェントスのCBマタイス・デ・リフトは総合値86で若手2位、トレント・アレクサンダー=アーノルドとジャンルイジ・ドンナルンマが85で続いている。 選手レートはエーリング・ホーランドがCLで猛威を振るう前に設定されたものであり、ホーランドの総合値は80にとどまっている。 次回作「ウイニングイレブン2021」ではより高いレートになることは間違いない。 Ranking Player Rating 1 キリアン・ムバッペ 90 2 マタイス・デ・リフト 86 3 トレント・アレクサンダー=アーノルド 85 4 ジャンルイジ・ドンナルンマ 85 5 ジョアン・フェリックス 84 6 ジェイドン・サンチョ 84 7 マルティン・ウーデゴール 83 8 エデル・ミリトン 83 9 カイ・ハフェルツ 82 10 フェドル・チャロフ 81 11 ヴィニシウス・ジュニオール 81 12 クリスティアン・プリシッチ 81 13 ホセ・イバン・デ・パウラ 81 14 ニコロ・ザニオーロ 81 15 メイソン・マウント 81 16 マッテオ・グエンドゥジ 81 17 フセム・アワール 81 18 ラウタロ・マルティネス 81 19 アクラフ・ハキミ 81 20 アルバン・ラフォン 81 21 エーリング・ホーランド 80 22 オドソンヌ・エドゥアール 80 23 フェラン・トーレス 80 24 ジョナタン・イコネ 80 25 エセキエル・パラシオス 80 26 フェデリコ・バルベルデ 80 27 デクラン・ライス 80 28 ジュール・クンデ 80 29 モイーズ・キーン 79 30 ロドリゴ 79 トップへ ウイイレ2020:最強のレジェンド サッカー界に名を轟かせたアイコンたちもウイニングイレブン2020に収録されている。 たとえばブラジルのロマーリオ、リヴァウド、ロナウジーニョも選手として起用することができる。 この3人は全員総合値87以上に設定されており、ロマーリオはレジェンドの中で4番目の高レートとなっている。 W杯優勝を経験したアルゼンチンのスーパースター、ディエゴ・マラドーナはレジェンドトップの総合値97を誇る。 マラドーナのレートはデフォルトの選手としてゲーム中最高値となっており、メッシやクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている。 オリバー・カーンはウイニングイレブン2020の中で最高レートを持つGKだ。 一方、同じドイツのフランツ・ベッケンバウアーはレジェンド内では最高のDFだ。 Ranking Player Rating 1 ディエゴ・マラドーナ 97 2 ヨハン・クライフ 93 3 ジーコ 92 4 ロマーリオ 91 5 カール・ハインツ・ルンメニゲ 91 6 ロナウジーニョ 91 7 フランツ・ベッケンバウアー 91 8 オリバー・カーン 91 9 イニエスタ 90 10 ガブリエル・バティストゥータ 89 11 アドリアーノ 89 12 ルート・フリット 89 13 デビッド・ベッカム 89 14 パベル・ネドベド 89 15 パトリック・ヴィエラ 89 16 フランチェスコ・トッティ 88 17 アレッサンドロ・デル・ピエロ 88 18 ルイス・フィーゴ 88 19 リヴァウド 88 20 フランク・ランパード 88 21 アンドレア・ピルロ 88 22 ハビエル・サネッティ 88 23 ロベルト・カルロス 88 24 パオロ・マルディーニ 88 25 フランコ・バレージ 88 26 デニス・ロー 87 27 アルバロ・レコバ 87 28 ライー 87 29 ポール・スコールズ 87 30 カフー 87 トップへ ウイイレ2020:最強チーム バルセロナ、マンチェスターB、マドリー・チャマルティンBの3チームが総合値86で最強の座を分け合っている。 コナミがプレミアリーグの公認を得ていないため、マンチェスター・シティはゲーム上では「マンチェスターB」として登場している。 同様に、レアル・マドリーは「レアル・マドリー・チャマルティンB」と表記されている。 ウイニングイレブン2020はバイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、ナポリ、PSGの公認を受けており、これらのクラブは実名で登場している。 ブンデスリーガはウイニングイレブン2020には登場しない。 そのため、バイエルンは「他の欧州クラブ」のセクションで登場する。 レヴァークーゼンやシャルケも同様となる。 Team Overall Defence Midfield Attack バルセロナ 86 85 84 88 マンチェスターB 86 84 87 88 マドリーチャマルティンB 86 85 87 86 バイエルン・ミュンヘン 85 83 85 87 ユヴェントス 85 85 84 87 PSG 85 83 84 89 リヴァプールR 84 85 82 86 マドリーロサスRB 84 82 84 84 ナポリ 83 83 83 83 トッテナムWB 83 82 82 85 トップへ ウイイレ2021 最新情報•

次の