マンチカン 寿命 短い。 マンチカンの子猫の選び方と飼い方|販売値段、性格、病気、寿命は

マンチカンの性格や特徴、詳しい飼い方と寿命や値段について調査

マンチカン 寿命 短い

短い足 マンチカンといえば、特徴的なのは短い足です。 ただし全てのマンチカンが短い足を持っているわけではなく、他の猫種とそう変わらない足の長さの子もいます。 特に足の短いマンチカンは、全体の2~3割程度です。 短足のマンチカンは高価で、長足のマンチカンは安価になる傾向があります。 短い足のマンチカンはたまらなくキュートですね。 しかし、長足の方が体重が足にかかる負担が少ないことを考えると、長足のマンチカンもお迎えしたあとは心配事が少なくて済むかもしれません。 好奇心旺盛で、甘えん坊 マンチカンは、好奇心旺盛な性格です。 特に子猫の頃はなんにでも興味を示し、色んなもので遊びます。 ですから、誤飲や誤食・危ないところへの立ち入りには特に気を付けましょう。 また、甘えん坊なのもかわいいところです。 普通猫はあまりベタベタと構われるのをあまり好みませんが、マンチカンには飼い主さんにたくさん構ってもらうのが好きな子が多いです。 お留守番のあとやしつけが上手くいったあとなどは、たくさん構って甘やかしてあげてください。 とはいえ、個体差もありますし、いくら甘えん坊の傾向があるといっても、あまり構いすぎると嫌がられてしまうかもしれませんが…… 臆病 マンチカンは好奇心旺盛で甘えん坊な反面、臆病な面もあります。 ですから、日頃からマンチカンを怖がらせることのないように飼育環境を整えてあげてください。 外出も必要な時以外は避けた方が良いでしょう。 しつけの時も、強い言葉や大きな声で怒るのは怖がらせてしまうだけで、効果がありません。 お留守番に向いているという側面も 日中寝ていることが特に多い猫種なので、お留守番にも向いています。 一人暮らしの人や、少しくらいは多忙な人でも飼いやすいでしょう。 とはいえ、もちろん十分なお世話は必要です。 それに、甘えん坊なので帰ってきたらたくさん構ってあげてください。 あまり長い時間家を空けっぱなしにする人は、マンチカンに限らずあまり猫を飼うのには向いていないでしょう。 短命の傾向がある 猫種の中では、短命の傾向にあります。 15歳くらいで老衰で亡くなってしまう子も多いようです。 とはいえ、お世話次第で20歳くらいまで生きる子もいるので、寿命に関わらずたくさん可愛がってあげてください。 また、寿命を縮めてしまわないようにも、病気の予防や治療はしっかりとしてあげましょう。 マンチカンを飼うときの注意点 魅力がたくさんのマンチカンですが、飼うときには具体的にどのような点に注意してあげれば良いのでしょうか。 肥満 マンチカンは体質上太りやすい猫種です。 どんな生き物でも肥満は万病のもとですが、特にマンチカンは足の短い子が多いので注意が必要です。 肥満になってしまうと短い足に負担がかかります。 普段の食事や、おやつの与えすぎには十分注意してあげましょう。 病気 マンチカンが特に掛かりやすい病気は、毛球症・椎間板ヘルニア・外耳炎です。 毛球症は、ブラッシングをこまめにすることで予防してあげましょう。 椎間板ヘルニアは、背骨との間にある椎間板が変形してしまう病気です。 体重が増えるとかかるリスクは高まります。 外耳炎は、折れ耳のマンチカンが多いためかかりやすくなっています。 十分遊んであげること 先述の通り、マンチカンは甘えん坊な性格です。 個体差もありますが、たくさん遊んで構ってあげましょう。 好奇心旺盛な性格でもあるため、放っておくと家の中にあるものにいたずらしてしまいます。 それを防ぐためにも、おもちゃなどを使ってたくさん遊んであげましょう。 マンチカンの餌 マンチカンは先述の通り肥満になりやすい猫種です。 餌は高品質かつ、低カロリーのものを与えましょう。 体重をこまめにチェックして、標準から大きく体重が離れていないかしっかりチェックしてあげてください。 体重や体型によっては(痩せ気味であれば)、高カロリーの餌を与えることにもなるかもしれません。 おやつは、与えるときは注意しましょう。 一番の肥満の原因となるからです。 しつけのご褒美や食欲が落ちたときにおやつを与えるのは大切なことですが、それ以外のときはあまりおやつを与えすぎない方が良いでしょう。 激しすぎる運動は控える マンチカンは、椎間板ヘルニアにかかりやすい猫種です。 高いところから飛び降りたり、激しすぎる運動をすると背骨に負担をかけてしまいます。 足の短いマンチカンにとって、激しすぎる運動は背骨だけでなく全身に負担がかかってしまいます。 おもちゃの選び方に注意 おもちゃを選ぶときは、二点注意することがあります。 一つは、誤飲・誤食の危険性が高いものは使わないこと。 どの猫種でもそれは同じですが、マンチカンは特に好奇心旺盛な性格のため、誤飲することが多くなっています。 小さいものや、壊れやすいものは使わないようにしましょう。 二つ目は、キャットタワーを選ぶ場合の注意点です。 マンチカンもジャンプ力は高いですが、なんといっても短足なのであまり高い段差に飛び乗ったり飛び降りたりすることは負担になります。 キャットタワーを選ぶときは、段差が低めのものを選びましょう。 マンチカンの飼い方についてまとめ マンチカンは基本的に、完全室内飼いがおすすめの猫種です。 好奇心旺盛で甘えん坊なため、飼い主さんがたくさん遊んであげることが大切です。 反面臆病なところもあるので、外出にはあまり向きません。 特に掛かりやすい病気(肥満、毛球症、椎間板ヘルニア、外耳炎)には気を付けてあげましょう。

次の

スコティッシュフォールドは長生きする? 寿命について

マンチカン 寿命 短い

【目次】• マンチカンの特徴は? マンチカンの名前は、児童文学作品であるオズの魔法使いに出てくる、マンチキンという小人たちから来ていると言われています。 マンチカンの特徴は、次のようなものがあげられます。 ・子猫のようにかわいらしい短足姿 マンチカンはその短足な姿から、大人になってもまるで子猫のようなかわいらしさを持っています。 前足も後ろ足も短いのですが、特に前足のほうが短めです。 また、短足のマンチカンは、体長と同じくらいの尻尾を持ちますので、とても目立ちます。 ・自然発生的に現れた優性突然変異 マンチカンの足の短さは、当初は病気の影響や障害ではないかと思われていました。 その後マンチカンの短い足は突然変異によるものであり、健康上に大きな問題はないと結論が出されました。 ただし、遺伝的な疾患である骨軟骨異形成を抱えていることは事実なので、関節の病気が発生する可能性は高めだと言われています。 ・マンチカンの3種類の足の長さ マンチカンの足は、中ぐらいの長さ、他の猫と変わらない長さと、3種類の足の長さがいます。 マンチカンの足の長さの種類は、短い方から 「ラグハガー」「スーパーショート」「スタンダード」となっています。 足の長さが違っても、マンチカンであることに変わりはなく、足の長さ以外の大きな違いはありません。 ・短足でも活発に運動する猫種 足が短いマンチカンでも、運動能力については他の猫と劣っているところはありません。 物理的に高いところに登れない、ジャンプできる高さが低いなどは仕方ありませんが、走ると以外にもとても速く、活発に動き回ります。 おもちゃにもよく反応し、猫同士でも追いかけっこなどをしてよく遊びます。 これは遺伝子疾患のリスクを減らすために、他の猫種との異種交配が行われてきた経緯があるという理由があげられます。 色々な見た目を持つマンチカンがいることも人気のある特徴ですが、異種交配によってより健康な体を持つマンチカンが多いと言えるでしょう。 成猫のオスは3. 0kg~4. 5kgほどで、メスはさらに小さめの体をしています。 体高が世界一小さな猫として、2014年にギネスブックに登録されたマンチカンは、体高13. 6cmであったということです。 マンチカンはしっかりした体つきになりますが、太りやすい傾向もありますので、食事の管理や適度な運動が大切です。 マンチカンの歴史は? マンチカンの基礎となったと見られる短足の猫は、1940年代にイギリスやロシア、アメリカで発見されていました。 1980年代にアメリカで発見され、保護されたメス猫から産まれた子猫の半数が短足で、この子猫たちから繁殖が始まったのがマンチカンです。 ブリーダーのもとで繁殖が行われ、ニューヨークで1990年代に開かれたキャットショーで育種されたマンチカンが初めて展示された時には、その短足の姿から、免疫力の弱さや遺伝子疾患の可能性が指摘されました。 マンチカンの短足は遺伝子の突然変異によるとされていて、健康上の問題はないとされた後も、各地で発見された短足の猫たちとの繁殖が続けられ、近親交配の危険性が低下しました。 1995年には、国際的な血統登録団体のTICA(The International Cat Association)から新しい猫種として認定されています。 今回は、マンチカンやミヌエットを始めとした、短足猫の猫種の特徴や歴史、性格についてご紹介します! マンチカンの性格は? マンチカンは人懐こく、明るく、遊ぶことが大好きで、とても活動的です。 他の生き物にも友好的で好奇心旺盛なので、飼い主さんはもちろんですが、他の家族の大人でも子供でも、一緒に飼っているペットとも良い関係を作れます。 子猫の頃は甘えん坊なところもありますが、大人になると1匹で留守番するのも問題ありません。 臆病な性格も持ち合わせているため、慣れるまでは慎重に相手をしてあげましょう。 マンチカンの迎え方、値段は? マンチカンの迎え方は、ペットショップで購入する、ブリーダーさんから譲り受ける、さらに保護されたマンチカンの里親になるという方法があります。 短足のマンチカンの値段 10万~40万 足長のマンチカンの値段 5万~20万 ブリーダーさんから譲り受けるよりは、多少高めの値段となることが多いでしょう。 また、珍しい毛色や人気の模様などの場合にも高くなります。 マンチカンは、他の純血種との交配で生まれたものはTICA(The International Cat Association)では認められていません。 マンチカン同士か、雑種の猫との交配が認められています。 さらに、短足同士のマンチカンの交配も、遺伝疾患を防ぐために認められていません。 ペットの専門店コジマでの参考価格は、15万円~40万円程度となっているようです(2019年12月現在)。 短足のマンチカンの値段 7万~40万 足長のマンチカンの値段 5万~15万 血統の良い、キャットショーでチャンピオンとなったマンチカンの子猫であれば、さらに金額が上がります。 また、大人の猫よりも子猫のほうが値段は高めとなります。 保護猫などの里親になれば、マンチカンの生体代はかからない場合がほとんどです。 ただし、不妊手術代やワクチン代、その他病院代などは払う必要があるでしょう。 里親募集をしている団体によって金額は違いますので、問い合わせしてみてください。 マンチカンの飼い方、注意点は? マンチカンを飼う上で注意することには、どのような点があるでしょうか。 特に、マンチカンによってはとても速く走るので、動けるスペースが広いといいですね。 マンチカンは足が短くても、胴が極端に長いというわけではないので、脊椎にはあまり問題が起こらないと考えられています。 ジャンプしたり、柱を登ったりするのも問題ありませんが、短足なタイプには、キャットタワーは低めのものを用意してあげた方が良いでしょう。 高い場所には階段やスロープを作り、高齢になった時には特に足や体に負担がかからないようにしてあげてください。 ただし、マンチカンは軟骨形成不全にかかりやすいと言われています。 軟骨形成不全とは、原因ははっきりとしていませんが、骨格が正常に発育しないために、身長や体長が小さいままで成長していく病気です。 また、アニコム損保が公表している「家庭どうぶつ白書2017」によると、マンチカンの寿命は 11. 2歳と一般的な猫の寿命よりも少し短めな傾向があるということです。 定期的に健康診断に連れて行き、異常がないかを診察してもらって、予防接種をしっかり受けさせるようにしてください。 健康診断によって愛猫の体調を把握したり、病気を早期発見できる場合もありますので、必ず受けておきたいものです。 では、猫の健康診断にはどんな項目があり、どれぐらい料金がかかるのでしょうか。 肥満になると、糖尿病になる可能性があるほか、足腰にかかる負担が増えるので、椎間板ヘルニアを発症する確率もあがります。 特に足が短いタイプのマンチカンは、普通の足の長さを持つマンチカンに比べて、ヘルニアになりやすいと考えられます。 普段から運動ができる環境を作る必要がありますが、キャットタワーなどは低めにして足腰に負担をかけないようにしましょう。 また、走れるような広さのある空間と、猫じゃらしなどのおもちゃで遊べるような環境を作ってあげてください。 普段のフードは適切な量を与えるようにして、体重の確認をこまめに行ってください。 一方短毛種は被毛の様子を見て、お手入れをしてあげてください。 短足のマンチカンは、うまくグルーミングができない場合もありますので、飼い主さんは体をよく見て汚れがないかを確認してあげてくださいね。 マンチカンについてのまとめ マンチカンはそのかわいらしい見た目から、とても人気のある猫です。 マンチカンは短足が特徴的な猫ですが、全てが短足なわけではなく、普通の足の長さや少し短い程度のものもいます。 足が短いものも、少し短いものから普通の長さのものまで、運動能力に大きな違いはなく、異なるのは足の長さだけです。 ただし、足の短いものは、普通の猫よりも足腰に負担がかかりやすく、高いところから飛び降りたりするのは得意ではないため、高いキャットタワーを使わないなどの配慮が必要です。 マンチカンは、ペットショップやブリーダーさんからも手に入れることができますが、保護猫を見つけて里親になるという方法もあります。 短足のいるマンチカンといっても、足の長さから、毛の長さ、毛色や模様、そして性格など、一匹一匹に個性があります。 マンチカンの個性を大切にして、大切に暮らしてあげてくださいね。 — おすすめ記事 —.

次の

マンチカンはどんな猫?性格や子猫の値段、寿命、飼い方について

マンチカン 寿命 短い

マンチカンの歴史 意外と知らない猫ちゃんの歴史。 猫ちゃんの出生の歴史を知ると、何となく性格や体の模様・体型などの謎が解けるかもしれません。 また、出生地の歴史が分かれば、飼い方についてもわかるようになりますね。 マンチカンにはどのような歴史はがあるのでしょうか? 短足猫は突然変異で誕生したとされ、最初の報告は1944年イギリスのジョーズ博士によるものだと言われていますが、第二次世界大戦の頃に姿を消してしまった様です。 その後1953年にロシアから、1964年にアメリカのニューョークで、1970年にはニューイングランドからも同じ様な足の短い猫が存在すると報告されていましたが、品種改良の直接的な原型になったのは1983年にアメリカのルイジアナ州でトレーラーの下で暮らしていた猫で、その猫は突然変異によって短足になった猫として保護され「ブラックベリー」と名付けられましたが、既に妊娠していて生まれた猫の半分が短足だった様です。 この中から1匹のオスの子猫「トゥールーズ」が繁殖家に引き取られ短足猫の研究と育種が始まります。 育種を開始した頃は、近親交配による遺伝子疾患を減らす為らに異種交配 短足猫以外の猫と が行われていました。 こうして生まれた短足猫は、オズの魔法使いに登場する小人一族からとった名前の「マンチカン」と名付けられます。 そして1991年にニューョークで開かれたキャットショーで初めて公の場に出ましたが、短足で小さなマンチカンの姿を見た人達か様々な意見が出ました。 そして遺伝子疾患や免疫力の弱さを危惧する人と、マンチカンの可愛らして姿に魅了されて健全だと思い込もうとする人達との間で論争に発展します。 しかし、このニューヨークのキャットショートの後は単なる突然変異と位置付けられますが、この出来事以降もアメリカの各地で短足猫が発見されその猫達も育種のために使用された為、近親交配よって起こる身体的リスクが低下したとして、国際的な猫血統登録団体TICAは1995年に新種猫として公認します。 マンチカンの性格や特徴 マンチカンには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。 猫ちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになります。 また、性格や猫種の特徴を知る事で適切なしつけ方が見えてきたり、病期の前兆に気づきやすくなり寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。 単頭飼いや、多頭飼いなどで多少性格は変わってきますが、大まかには同じなのでマンチカンの性格について知っておくことがいい飼い主の必須条件になります。 マンチカンの特徴や性格にはどんなものがある? マンチカンは明るくて元気な猫でとても人懐っこく、社会性を持った個体が多いと言われています。 社交性も持っているので多頭飼いでも先住猫や犬とも抵抗なく順応しますが、仲良くできない時は大きな猫が相手でも勇敢に向かっていくようです。 また、光ものが好きで収集する事があるようです。 足の長さによって、長い順からスタンダード・スーパーショット・ラグハガートに分かれていますが、長足タイプでも一般的な猫よりは足が短い様です。 前足よりも後ろ足が長いので背から肩にかけて高くなっていて、楕円形の足先はマンチカンのチャームポイントと言われています。 尻尾は長めで先が細くなっています。 体格は引き締まった筋肉質のセミフィーリンで、短足タイプのマンチカンの体高は猫種の中で一番小さい様です。 くさび形の顔は丸みがあり根元が広がった先の丸い耳をして、目は少し離れています。 瞳の色は、グリーン、ヘーゼル、ゴールド、オレンジ、ブルー、サファィヤブルー、オッドアイなど殆どのカラーが現れる様です。 被毛は短毛種と長毛種が存在しますが長毛種でもセミロング程度の長さで首回りに飾り毛があります。 そして作出の過程で様々な猫と交配された為、毛色が豊富ですが全ての毛色、毛の長さが認められています。 マンチカンのオスとメスの違い 猫種だけでなく、オス・メスによっても、甘えんぼだったり社交的だったりと性格や特徴は変わってきます。 オス・メスそれぞれの性格の違いや行動を知ることで、どんな飼い方しつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。 マンチカンの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。 オス:メスよりも活発に動きますし元気な子が多いようです。 メス:オスよりも体が小さく、穏やかな性格のようです。 マンチカンをお迎えする値段は? こんな性格や特徴を持ったねこちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか? マンチカンの価格相場は、20万円前後です。 ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。 わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。 マンチカンの特徴 猫種によって色や柄、外見はそれぞれ違いがあります。 またそのような外見の特徴を掛け合わせたミックス猫も今人気が高くなっています。 マンチカンの毛色やミックス猫にはどのような子がいるのか、見ていきましょう。 マンチカンの毛色にはどんなものがある? マンチカンの毛の色や柄にはどんなものがあるのでしょうか? レッド、クリーム、キャリコ、シルバー、カメオ、ブラック、ホワイト、ブルー、フォーン、シナモン、チョコレートなどがあります。 マンチカンのミックス猫 最近増えているミックス猫。 ミックス猫はお母さん・お父さんの猫種の性格や愛らしい部分、美しい部分を引き継いでいるため人々を魅了しています。 また、純血種はその猫特有の遺伝病を受け継ぎやすいのですが、ミックス猫の場合そのような遺伝的な病気のリスクが改善されていたり、病気になりにくくなったりと寿命が純血よりも長いという特徴もあります。 マンチカンのミックス猫にはどのような種類があるのでしょうか。 現在調査中 マンチカンに似た猫種 うちの子の種類は本当にマンチカン?そんな疑問を持ったことはありませんか? 交配の段階で枝分かれした同じ血を分かち合っているかもしれない似ている猫種もご紹介! 性格や体格、特徴がなんとなく違うかも?と思ったらこちらの猫ちゃんたちも確認してみてください。 、スクーカム、 体は小さいですが、足の長さのタイプに関係なく運動神経が良く、非常にパワフルで「猫のスーパーカー」と呼ばれるくらいのスピードで動きますし小回りも利きますので、遊びのスペースを十分に取ってあげると良いです。 好奇心も旺盛で家の中を探索することが好きで、気になるものがあると中を確かめようとしますので、ビニール袋などは頭から被ると危険ですので目の届くところには置かないように注意が必要です。 また、体が小さいので細かい場所にも危険が隠れている事がありますから、目線を低くして確認すると良いでしょう。 よく動きますが、よく寝るという性質持っていて成猫で1日15~16時間、子猫や老齢期では20時間程度寝ますので、寝ている時は邪魔しないようにした方が良いです。 被毛の手入れは短毛種は1日に1回のブラッシングで良く、長毛種は1日2回のブラッシングと月に1回シャンプーすると良いですが、シャンプーは子猫の頃から慣れさせると成猫になった時に楽です。 ただ、マンチカンは猫として珍しくお風呂好きな子が多いようです。 賢いのでトイレなどの覚が早いのでしつけ易い猫です。 しかし、いたずらが多く、時には飼い主が困ることもありますが、その時におお声や音を出したり体罰を与えてしまうと臆病な面があるので、恐怖心から信頼関係が失われてしまいますので注意が必要です。 いたずらされたら困るものは片付けたりと、飼育環境を整えるようにした方が良いです。 マンチカンは、室内で飼うことに適しています。 昔は室外で飼う事が猫本来の自由のためと言われていましたが、不運な事故や病気・怪我を防ぐため必ず室内飼いしてあげるようにしましょう。 寿命を延ばしてあげるためにも、飼い方や環境は適切なものを選んであげてください 関連記事 マンチカンにおすすめのエサ 猫ちゃんのエサというのは数えきれないほど販売されており、どれが適切なのかわからなくなってしまいますよね。 主に、体重や年齢、毛の長さや猫種ごとにも販売されています。 マンチカンの体質に合った、健康的に寿命を延ばしてくれるエサの種類を紹介します。 さらに、関節の炎症を抑え血液をサラサラにに保つオメガ3脂肪酸が豊富なフードが良いでしょう。 成分表で含有量を確認するときの目安として、1. マンチカンは肥満に注意が必要ので、低炭水化物もしくはグレインフリーのフードをお勧めします。 長毛のマンチカンは、毛玉症予防に繊維質が多いフードもありますが、繊維質が多いと腸内を傷付けたり胃腸障害を引き起こす場合がありますので、様子を見ながら与えると良いです。 また、一度病気をしてしまったことがある子は予防に効果的な餌や体調に合わせて適切な餌を与えることが重要です。 猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。 猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。 マンチカンの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均 マンチカンの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約3000円~4500円程です。 マンチカンのお風呂のペース マンチカンのお風呂のペースは、長毛種の場合は月に1度程度で良いでしょう。 体が小さい割にはジャンプ力がありますのでキャットタワーがあると良いですが、短足のためジャンプ力があると言っても一般的な猫よりは低いので、飼っているマンチカンのジャンプする高さに合ったキャットタワーを準備してあげると良いです。 おもちゃで遊ぶことも好きなので、一人で遊べるボールなどや家族と一緒に遊べる猫じゃらしなど、色々なタイプの物を用意しておくことをお勧めします。 また、退屈を嫌うので毎日留守番をさせる場合は、マンチカンが好きなパズルフィーダーを用意すると良いてす。 家具や壁で爪を研がないように側に爪研ぎ器を置いておくと良いでしょう。 長毛のマンチカンのブラッシングには、毛先の不揃いな獣毛ブラシや皮膚を傷めないようにブラシの先が保護ピンが付いているタイプのスリッカーブラシがあると抜け毛を除去するのに便利です。 仕上げ用にコームがあると被毛の表面を整えて綺麗にするのにお勧めします。 平均寿命はどのくらい?いつまで一緒にいられる? ペットとしての猫の歴史を見てみると室内外や適切な飼い方によって、飼い猫の平均寿命は延びていると言われています。 猫種によって大まかな平均寿命はありますが、適切なしつけや餌の与え方、飼い方をすることで猫の寿命は左右されます。 マンチカンの平均寿命 人間よりもとても寿命が短いねこちゃん。 2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した猫全体の平均寿命は14. 85歳でした。 その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。 ですが、猫種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。 マンチカンの平均寿命は13歳前後です。 マンチカンのかかりやすい病気 猫種の体質によって、かかりやすい病気や平均寿命は様々です。 愛猫のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。 スキンシップや、ご飯の食べるスピード・おトイレの状態など、猫ちゃんの健康状態を確認できるタイミングは多数あります。 動物は言葉を離せませんし、猫という生き物は痛みを我慢できてしまう動物です。 普段の生活に気を配り、少しでも体調が悪そうと感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。 マンチカンがかかりやすい病気 マンチカンがかかりやすい病気はこのようなものがあります。 肥満、慢性腎不全、糖尿病 マンチカンのよく使う薬・サプリ 関節疾患対策・予防にグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンなどのサプリが使われます。 マンチカンの治療平均的な値段 猫を飼うには、もちろん高い医療費がかかります。 最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。 治療費など値段を確認し満足に払えるか吟味した上でねこちゃんをお迎えするようにしましょう。 関連記事 マンチカンに関するまとめ マンチカンの歴史が分かると性格やしつけ方についても何となく見えてくる気がしませんか? ねこちゃんの特徴や性格が分かるとより愛着も沸くものです。 とても可愛らし姿と茶目っ気のある仕草で人を虜にすると言われているマンチカンは、非常に人懐っこく穏やかなとても飼い易い猫です。 社交性があるので子供や先住猫が居たり、来客の多い家庭でも無理なく飼う事ができます。 また、留守番もできるので日中仕事で留守をする家庭にも向きますが、甘えん坊なので帰宅後はゆっくり遊んであげると良いでしょう。 ただ、マンチカンは水を怖がらずに、犬かきをする様に泳いで遊ぶ子もいますので、留守番の時は必ずお風呂のお湯を抜く事と落下事故を防ぐために蓋をしておくと良いです。 また、季節よっては暖房や冷房を使用して室内温度を適切に保つように配慮すると共に、お水を23 箇所に分けて置くと良いようです。 ただし長時間の留守番は苦手なようです。 環境に順応し易いので飼い主を選ばないと言われますが、大きな声や怒鳴り声を怖がりますので注意が必要ですし、怒りっぽい方には向かないようです。 余談になりますが、日本ではマンチカンと同じくらい人気があるのが折れた耳が特徴のスコティッシュホールドですが、現在マンチカンとスコティッシュホールドを交配させた「スコマンチン」と言う猫種の人気が高まり取り扱うペットショップも増えていますが、スコティッシュホールドの折れた耳は骨の異常によってあらわますので、劣性遺伝で短足が現れるマンスチンと交配したスコマンチンの中には成長すると「骨軟骨異形成症」と言う骨の病気を発症する個体もいるため、健康面のリスクが高いと指摘させています。 スコマンチンを公認しいる団体TICAとCFA発行の血統書は存在しますが、現段階では血統書が発行されているスコマンチンは非常に稀と言われていますので、この2つの団体以外の血統書は偽物の可能性が高いので注意が必要です。

次の