鍵山 優 真 全日本 ジュニア。 鍵山優真★ 日本スケート界の未来を担うサラブレッド!【フィギュアスケート男子】

鍵山優真全日本選手権2019のショート・フリーの曲名は?振付は誰?

鍵山 優 真 全日本 ジュニア

概要 [ ] 歴史 [ ] (11年)、・で日本初の日本スケート会主催の全日本競技会が開催され、(大正14年)には学生によるが開催された。 (昭和5年)に全日本・フィギュアー・選手権大会として第1回全日本フィギュアスケート選手権が開催された。 による中止と直後の未開催を挟み、(昭和22年)から再び開催され現在に至る。 戦時中は第13回、第14回が中止となった。 これは(昭和16年)9月の全国大会停止令により今後は連盟主催として開催できず、加えて11月厚生省によりフィギュアスケート競技は除外されたため、神宮国民体育大会でもフィギュア競技会が開催できなかったためである。 終戦直後の第15回は、第1回と兼ねて実施された。 続く第16-18回は第3-5回国民体育大会と同じ会場で続けて開催された。 第20回は、日本スケート連盟内の紛争によって時期はずれの5月開催となり、参加者1名であったため流会となった。 各種目の実施は、男子シングルは第1回、女子シングルは第6回、ペアは第21回、アイスダンスは第25回から始まった。 開催時期は当初1月~4月に設定されていたが、(昭和41年)から11月~1月に開催することになった。 同年のみ経過措置として3月に第34回大会が、11月に第35回大会が開催された。 参加資格等 [ ] 現在の参加資格は、男女シングル、ペア及びアイスダンスで開催年度の7月1日までに15歳に達していること、男女シングルはバッジテスト7級以上、アイスダンスはパートナーのいずれかがプレゴールド以上を保有している必要がある。 ペアには制限はない。 ただし、15歳未満でもフィギュア委員会にて出場を認められた選手は参加資格を有する。 予選と本戦 [ ] 東北・北海道ブロック、関東ブロック、東京ブロック、中部ブロック、近畿ブロック、中四国・九州ブロックの6つのブロックで予選が行われ、各ブロックの上位選手と予選免除者はそれぞれ東日本ブロックと西日本ブロック大会へと進む。 東日本ブロックと西日本ブロックの上位選手と予選免除者が本戦となる全日本フィギュアスケート選手権へ出場することができる。 なお、前年の同大会で好成績を残した選手は予選が免除される。 メダリスト・オン・アイス [ ] 本大会終了の翌日には全日本選手権と全日本ジュニア上位入賞者によるエキシビション『オールジャパン メダリスト・オン・アイス』が開催されており、が特別協賛されている。 またイベントは実行委員会とが主催し、日本スケート連盟が共催する。 1978-1979シーズンから2002-2003シーズンまでは系列が放送し大会に杯争奪大会の冠が付いていた。 2003-2004シーズンからは系列がISU選手権(スピードスケート含む)と一括で放映権を取得して放送している。 原則として男女シングルは前半はCSで放送。 後半は地上波で生中継。 エキシビション(メダリストオンアイス)は当日深夜1時間ダイジェスト放送。 なお後日で2時間版が放送される。 ペア・アイスダンスも関東ローカルでダイジェスト放送。 脚注 [ ] []• 『毎日新聞』 昭和27年5月29日 4• 『日本のスケート発達史』p. 389• はで実施• 2位以下は規定の得点が規定に達しなかったため、選手権順位はあずかりとされた。 全員の規定の得点が規定に達しなかったため、選手権順位はあずかりとされた。 規定得点が規定に達しなかったため、選手権あずかりとされた。 「日本のスケート発達史」pp. 386-389• 163• オープン実施• 「日本のスケート発達史」pp. 386-389• ただしネット配信は著作権の都合上配信されない。 出典 [ ]• 日本スケート連盟編『日本のスケート発達史』 1981. 11 pp. 386-389(歴代メダリストの第49回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

鍵山優真★ 日本スケート界の未来を担うサラブレッド!【フィギュアスケート男子】

鍵山 優 真 全日本 ジュニア

フィギュアスケート日本男子に光り輝く新星がふたり、出現した。 鍵山優真と佐藤駿だ。 ともに高校1年生で、今季はお互いにライバルとして意識しながら好勝負を繰り広げている。 全日本選手権で3位となった16歳の鍵山優真 ジュニアグランプリ(GP)シリーズでは、鍵山が2大会とも自己ベストを更新して優勝と2位。 佐藤も得点源のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に優勝と3位。 それぞれ好成績を出してジュニアGPファイナルに初進出を果たした。 今季の大きな舞台での両者の対決を振り返ってみよう。 11月の全日本ジュニア選手権では鍵山に軍配が上がった。 ショートプログラム(SP)で首位に立つと、フリーでは4回転トーループの連続ジャンプと単独ジャンプをしっかりと決め、トリプルアクセルからの3連続ジャンプも成功させるなど、ほぼノーミス演技を見せ、国際スケート連盟(ISU)非公認ながらジュニア世界最高得点(当時)を上回る合計251. 01点を叩き出して初優勝した。 これに対して佐藤は、SP3位からのフリーで、果敢に4回転ルッツに挑んだが、空中で回転がばらけるミスを出し、ほかのジャンプの着氷も乱れて得点が伸びず、総合2位で終えた。 鍵山にとっては自信をつけた試合となった一方で、佐藤は悔しさを募らせた表情が印象的だった。 続いて迎えたのが12月のジュニアGPファイナルだ。 悔しさを糧にして練習を積んできたという佐藤は、ここで気を吐く演技を披露した。 SPではすべてのジャンプを決めて3位発進。 フリーでは冒頭の4回転ルッツを初めて試合で成功させると、2本の4回転トーループと2本のトリプルアクセルを次々と決め、ジュニア歴代1位となる177. 86点をマーク。 合計でもジュニア歴代最高得点となる255. 11点で初優勝を成し遂げ、日本人4人目のジュニアGPファイナル王者となった。 GPファイナルには憧れの羽生も出場しており、同じリンクに立てた佐藤は「羽生選手の演技に学ぶことはたくさんあった。 全日本ジュニアの悔しさがあったので練習では4回転の確率を上げたり、4回転ルッツを跳べるようにしたりしてきた。 ここまで得点が出るとは正直思わなかったので驚いています」と喜びを語った。

次の

全日本フィギュアスケートジュニア選手権

鍵山 優 真 全日本 ジュニア

概要 [ ] 歴史 [ ] (11年)、・で日本初の日本スケート会主催の全日本競技会が開催され、(大正14年)には学生によるが開催された。 (昭和5年)に全日本・フィギュアー・選手権大会として第1回全日本フィギュアスケート選手権が開催された。 による中止と直後の未開催を挟み、(昭和22年)から再び開催され現在に至る。 戦時中は第13回、第14回が中止となった。 これは(昭和16年)9月の全国大会停止令により今後は連盟主催として開催できず、加えて11月厚生省によりフィギュアスケート競技は除外されたため、神宮国民体育大会でもフィギュア競技会が開催できなかったためである。 終戦直後の第15回は、第1回と兼ねて実施された。 続く第16-18回は第3-5回国民体育大会と同じ会場で続けて開催された。 第20回は、日本スケート連盟内の紛争によって時期はずれの5月開催となり、参加者1名であったため流会となった。 各種目の実施は、男子シングルは第1回、女子シングルは第6回、ペアは第21回、アイスダンスは第25回から始まった。 開催時期は当初1月~4月に設定されていたが、(昭和41年)から11月~1月に開催することになった。 同年のみ経過措置として3月に第34回大会が、11月に第35回大会が開催された。 参加資格等 [ ] 現在の参加資格は、男女シングル、ペア及びアイスダンスで開催年度の7月1日までに15歳に達していること、男女シングルはバッジテスト7級以上、アイスダンスはパートナーのいずれかがプレゴールド以上を保有している必要がある。 ペアには制限はない。 ただし、15歳未満でもフィギュア委員会にて出場を認められた選手は参加資格を有する。 予選と本戦 [ ] 東北・北海道ブロック、関東ブロック、東京ブロック、中部ブロック、近畿ブロック、中四国・九州ブロックの6つのブロックで予選が行われ、各ブロックの上位選手と予選免除者はそれぞれ東日本ブロックと西日本ブロック大会へと進む。 東日本ブロックと西日本ブロックの上位選手と予選免除者が本戦となる全日本フィギュアスケート選手権へ出場することができる。 なお、前年の同大会で好成績を残した選手は予選が免除される。 メダリスト・オン・アイス [ ] 本大会終了の翌日には全日本選手権と全日本ジュニア上位入賞者によるエキシビション『オールジャパン メダリスト・オン・アイス』が開催されており、が特別協賛されている。 またイベントは実行委員会とが主催し、日本スケート連盟が共催する。 1978-1979シーズンから2002-2003シーズンまでは系列が放送し大会に杯争奪大会の冠が付いていた。 2003-2004シーズンからは系列がISU選手権(スピードスケート含む)と一括で放映権を取得して放送している。 原則として男女シングルは前半はCSで放送。 後半は地上波で生中継。 エキシビション(メダリストオンアイス)は当日深夜1時間ダイジェスト放送。 なお後日で2時間版が放送される。 ペア・アイスダンスも関東ローカルでダイジェスト放送。 脚注 [ ] []• 『毎日新聞』 昭和27年5月29日 4• 『日本のスケート発達史』p. 389• はで実施• 2位以下は規定の得点が規定に達しなかったため、選手権順位はあずかりとされた。 全員の規定の得点が規定に達しなかったため、選手権順位はあずかりとされた。 規定得点が規定に達しなかったため、選手権あずかりとされた。 「日本のスケート発達史」pp. 386-389• 163• オープン実施• 「日本のスケート発達史」pp. 386-389• ただしネット配信は著作権の都合上配信されない。 出典 [ ]• 日本スケート連盟編『日本のスケート発達史』 1981. 11 pp. 386-389(歴代メダリストの第49回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の