よだれ 臭い 原因。 枕・布団のよだれが臭い!黄色くなったシミの原因と対策

唾液が臭いのはなぜ?口臭予防は唾のにおい対策から

よだれ 臭い 原因

マスクが臭い原因 口臭 自分自身の口や息が臭いかもしれません。 マスクで口臭のチェックをする方法もあって、長時間の使用でマスクの内側が臭かったり、マスクがこもった時のニオイなどで判断する方法です。 どちらにせよ、ニオイが臭い場合は 口臭がキツイということです。 マスク以外にも口臭をチェックする方法もありますのでこちらの記事をご参考下さい。 唾液の99,5%は水分で出来ていて残りの0,5%は酵素やたんぱく質などで出来ております。 唾液は細菌やウイルスの増殖を防ぐ抗菌作用や、食べ物を分解、消化するなどの消化作用があります。 通常であれば、唾液は臭くないのですが、唾液が乾くと抗菌作用のある酵素が少なくなり、細菌が増殖してニオイが臭くなるのです。 マスクに付着した唾液は乾いていますので、ニオイの原因となるということです。 また歯周病や虫歯、歯垢などがある場合は、唾液中の細菌が増殖しやすく唾液の臭いもキツイ場合があります。 これらは口臭の原因ともなりますので、早めに歯医者さんに行くことをおススメします。 ドライマウス ドライマウスの人は、唾液が少なく口の中の細菌が増殖して臭いがキツイ可能性があります。 前述したように唾液には抗菌作用がありますので、その唾液が少なくなると細菌などが増殖してしまいニオイの原因となってしまうのです。 ドライマウスについてはこちらの記事をご参考下さい。 特に風邪を引いている時や体調の悪い時には、くしゃみや咳が多いと思いますが、 その中にいる細菌やウイルスがマスクに付着して臭いの原因となっているのです。 細菌のついたマスクを長時間使用したり、使い回しすることで細菌は増殖しますので臭いはキツくなっていきます。 スポンサードリンク マスクの臭い マスク自体が臭っている場合があります。 最近のマスクは色々な種類や品質商品があり、 独自の素材を使ったものや 酢酸殺菌してあるものを使用している物もあります。 個人差にはなりますが臭いに敏感な人ほど、それらの臭いがキツく感じる事があるのです。 今では、ミントやバラの香りといったマスクもありますので、自分に合ったマスクを使用するのもいいかもしれませんね。 使い回し マスクの使い回しは絶対ダメです。 マスクに付着した細菌はどんどん増殖していきますので、臭いの原因にもなります。 衛生的にも良くないですので、 最低でも1日1回は取り替えましょう。 汗や皮脂 汗や皮脂などがマスクに付着することが原因で臭う場合があります。 汗などで細菌が繁殖したり、皮脂などが酸化すると悪臭を発生するようになるのです。 マスクは蒸れやすいので、汗や皮脂の分泌量は多くなりやすく、臭いも付着しやすくなります。 特に汗っかきや脂性肌の人は、臭いやすい可能性がありますので注意しましょう。 対策 マスクをこまめに替える マスクをこまめに取り替えるという方法です。 マスクが臭くなっているという事は、マスクに付着している細菌が増殖している証拠です。 衛生的にも使い回しや長時間使用して臭くなったマスクをしているのは良くないので、臭くなったら取り替えるようにしましょう。 1日2~3回ぐらいが良いみたいです。 高いマスクを使用する 安いマスクは安いだけあって臭くなりやすいそうです。 少し高めのマスクや 活性炭入りなどのマスクを使用すると、マスク自体の臭いを消臭する効果もあります。 マスクの内側にキッチンペーパーなどを挟む マスクを何度も交換するのはもったいないけど、衛生的には良くないしどうしようと思っている方は、マスクの内側にキッチンペーパーなどを挟んで臭くなったら取り替えるようにしましょう。 ガーゼやティッシュでも代用できます。 口の中を清潔にする。 口の中が不衛生だと、細菌を増殖して臭くなりますので、口の中を清潔に保つのもとても大切です。 歯磨きを丁寧にすることやデンタルケアで歯と歯の間の掃除などを徹底して、食べ物のカスなどが残らないようにしましょう。 また、歯医者さんにも定期的に通い、虫歯や歯周病がないかチェックしてもらいましょう。 スポンサードリンク 鼻で息を吸う 口呼吸をしている人は鼻呼吸にしていきましょう。 口呼吸をしていると、唾液の分泌量も減り細菌が増殖して唾液が臭くなります。 それを鼻呼吸に変えることで、細菌やウイルスの繁殖を防いだり口腔内を洗浄してくれたりと唾液本来の働きをするようになって、口腔内が清潔に保たれます。 出来るだけ意識して鼻呼吸をするようにしましょう。 レモン水を飲む 鼻が詰まってどうしても口呼吸になってしまう場合は、レモン水などを飲んで、唾液の分泌量を増やしましょう。 梅干しなどの酸っぱい物を食事で取るのも効果的です。 アロマスプレーを使う アロマスプレーを使うと普通のマスクがおしゃれに大変身してくれます。 ミントやバラといった香りでリラックス効果に加えて、精油が抗菌してくれることで菌が増殖しにくくなります。 内側だと臭いがキツくなりますので、マスクの外側にスプレーを吹きかけて下さい。 まとめ いかがでしょうか? 口臭以外にも唾液やドライマウスといった事が原因でマスクは臭くなりますので、原因を理解した上で、きちんと対策をするといいですよね。 やはり基本となるポイントの、 ・口内を清潔に保つこと ・鼻呼吸を意識すること ・最低でも、1日1回はマスクを交換すること は大切ですね。 関連記事としてはこちらをご参考下さい。

次の

よだれの臭いが気になる!嫌な臭いを撃退する3つの対策!

よだれ 臭い 原因

口腔内のトラブル 口臭がひどい 口臭には大きく分けて5つの種類があります。 生理的口臭 誰にでもあるにおいで、起床直後 起床時口臭 、空腹時 飢餓口臭 、緊張時 緊張時口臭 は特に口臭は強まります。 これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物 VSC がたくさん作られるためです。 しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少し、食事をしたり、水分を積極的に補給するようにすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。 したがって生活習慣の改善でよくなり、治療の必要がありません。 また女性の生理・妊娠時などホルモンバランス変化に伴う口臭、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、それぞれの年代固有の臭気 加齢臭 、民族的な口臭もあります。 生理的口臭の特徴• 病的口臭ではないので常に周囲の人たちを不快にするわけでなく、時々不快にする事がある程度• 極端に近づいた場合に感じる口臭周囲の人たちが不快感を感じる距離は、おおむね相手の顔からの距離は30cm以内である。 通常の会話距離では、わかりにくい。 口臭は、あったりなかったりする。 身体のコンディション・ストレスに対する感受性の違い 個性 ・会話条件・生活習慣になどによって、発生したり発生しなかったりする。 多くの場合は、病的口臭と異なり、本人も気が付かない事がある。 口臭が気になり不安になると、より感じるようになる。 飲食物・嗜好品による口臭 ニンニク、ネギ、酒、タバコ等による口臭は一時的なもので、時間の経過とともに臭いも無くなりますので治療の必要はありません。 病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、治すことができますので診断を受けてください。 ストレスによる口臭 ストレスにより唾液の量が少なくなると口の中が臭くなります。 心理的口臭 自分自身で強い臭いがあると思い込む人がいます。 口臭の原因となる主な病気 1. 歯周病 歯ぐきからの出血 初期においては痛みもなく自覚できません。 ほっておくと静かに進行する病気です。 一見何でもないようでも、歯をみがくなど、ちょっとした刺激で容易に出血があることがよくあります。 病気が進行すると歯ぐきからの出血に膿が混じってくるようになり、口臭もひどくなってきます。 むし歯 むし歯は独特の臭いを持っています。 歯垢 しこう が付着してくると歯を磨いてもなかなかきれいにとれません。 そのためにむし歯ができます。 食べかすやむし歯菌が、虫歯の穴の中にたまり臭いがきつくなり、口臭の原因になります。 小さなむし歯で口臭が強くなることはありません。 しかしむし歯が進行してくると次第に口臭がきつくなってきます。 神経まで侵され神経が腐ると、強烈な臭いがします。 歯垢 しこう プラーク 歯の表面に付着する柔らかい堆積物でほとんどが細菌のかたまりです。 食べ物の残りかすを栄養とする微生物とその代謝産物からなり、長期間たつと歯石を作っていきます。 むし歯や歯周病の原因になります。 歯石 歯垢が作ったかたく固まった石灰分です。 歯石がたくさん付くようになると口臭もひどくなってきます。 また歯石が付くことにより歯周病を進行させます。 舌苔 ぜったい 体調が良くないときなどには、舌の表面に白っぽいものが付着することがあります。 これは舌苔 ぜったい と呼ばれているもので、歯垢と同じような細菌の固まりです。 これも口臭の原因になります。 舌をきれいにすると口臭も軽減します。 唾液の減少 唾液は口臭予防に大切なものです。 口の中を洗い流す作用、細菌の増殖を抑える作用、口の中の粘膜を保護する作用などがあります。 唾液の分泌が少なくなると口の中が不潔にむし歯や歯槽膿漏になったり、口の中が乾燥して口臭が強くなったりしやすくなります。 プラスチックの人口歯 義歯 入れ歯 のプラスチック部分は色やにおいを吸着しますので、毎日きれいに清掃し、消毒剤に浸しておくことをお勧めします。 一度吸着した色や臭いはなかなか取れません。 不良な冠、かぶせた金属の腐食 歯にかぶせた金冠が古くなって穴が開いたり、すき間ができたりすると汚れがたまり易くなります、また歯にかぶせた金冠の金属材質が体質に合わない場合があります。 これらがあると口腔内が不潔になります。 痛みがないために悪くなっていても気がつきません。 意外と口臭の原因になっている場合が多いものです。 口腔ガン 口の中の癌 舌癌、頬粘膜 きょうねんまく 癌など により口臭が発生することがあります。 鼻やのどの病気 鼻は口とつながっているため、副鼻腔炎 蓄膿症 や咽頭炎、喉頭炎などの炎症があると、たんぱく質を含む血液や膿が口の中に出てきて、口臭が起こります。 その他呼吸器系の病気、消化器系の病気 全身症状が原因となって口臭が発生することがあります。 原因となる病気を診断して治療することで口臭は軽減されます。

次の

枕・布団のよだれが臭い!黄色くなったシミの原因と対策

よだれ 臭い 原因

耳垂れとは? 耳垂れとは、耳の穴から出てくる液体の総称です。 「耳漏(じろう)」ともいいます。 耳垂れには、様々なタイプがあります。 おおまかによくある耳垂れの態様から分類すると、以下のようなものがあります。 漿液性 外耳道湿疹や、外耳道の傷などが原因で起こる耳垂れです。 外耳では、微細な傷の場合血の代わりに漿液が出るので、漿液性といいます。 粘性は低く、さらさらで、透明です。 例えば、 耳かきのしすぎなどがあります。 粘膿性 細菌感染などによる炎症により出る耳垂れです。 粘性があり、色や臭いがあることが多いです。 字にもあるように、「膿(うみ)」が混じっています。 例えば、 急性中耳炎などがあります。 血性 炎症が進行する、或いは癌などにより組織破壊が起こっている場合には、血性の耳垂れが出ることがあります。 しかし、 耳内の傷が深いために血が混じっている場合もあるので、鑑別のためにも耳垂れに血が混じっている場合には耳鼻科を受診して下さい。 耳垂れの原因と対策は? 耳垂れの原因と対策について、もう少し詳しく病気別に見てみましょう。 外耳道湿疹 外耳とは、鼓膜より外側の耳のことを言います。 その 外耳が傷ついたり、アレルギーなどにより湿疹になったりしたものが外耳道湿疹です。 慢性の外耳道炎も似たような症状を示します。 耳垂れは透明の漿液性のことが多いです。 乳児の場合、寝ている間によだれや食道を逆流してきたミルクなどが口から流れて耳に入ってしまい、外耳道湿疹となってしまう場合があります。 治療は、経過観察(自然治癒)を中心に薬(内服や外用)を使います。 急性外耳道炎 耳に出来た傷に細菌が入り込み、炎症がひどくなったものです。 細菌が繁殖しているため、耳垂れは黄色がかったり臭いがあったりする場合もあります。 治療は、抗生物質を使います。 炎症がひどく膿が溜まっている場合には、切開して膿を排出する場合もあります。 急性中耳炎 口と鼻、耳は喉の奥で繋がっています(耳が詰まったときに行う耳抜きも、奥で繋がっているからできる芸当ですね)。 そのため、 風邪などをひいて鼻水や喉の炎症が起きている場合には、菌が喉の奥から伝って耳に侵入してくる場合があります。 そうして 侵入してきた菌が中耳(鼓膜の少し内側)で繁殖したものが急性中耳炎です。 耳垂れは粘膿性で、これが鼓膜の内側に溜まるため、耳が痛くなります。 鼓膜に穴が開いて、耳垂れがどんどん排出されれば、耳の痛みが軽減されることもあります。 治療は、抗生物質や鎮痛消炎薬の内服が中心ですが、2,3日で自然軽癒することも多いため、必ずしも医者にかかる必要はありません( 子どもの場合、免疫力をつけるためにも何でもかんでも抗生物質に頼むのはよくないでしょう)。 但し、 持病などがある場合、耳垂れが出ている場合、よく中耳炎になる場合、2,3日経っても症状が軽くならない場合などは、受診をおすすめします。 youtube. この場合、 慢性的に耳垂れに悩まされることが多く、また、鼓膜の穴は開いたままになるため難聴も続いてしまいます。 治療は、抗生物質や鎮痛消炎剤、ステロイドなどの内服が中心です。 真珠腫性中耳炎 鼓膜が内側に入り込んでしまい、そこに老廃物などが溜まり炎症をおこしたものです。 耳垂れが溜まっているだけでなく、老廃物まで溜まっている(これが真珠のようにみえるため「真珠腫」という名になっています)ため、難聴の度合いも高くなっています。 老廃物が溜まっている上に細菌感染を起こしているため、耳垂れの臭いは相当なものでしょう。 この病気の怖いところは、炎症が進むと周囲の組織(骨まで!)を破壊していくことです。 ひどくなれば、顔面麻痺や意識障害なども起こりうる、恐ろしい病気です。 耳垂れの臭いや難聴の度合いがあまりにひどいは、必ず受診しましょう。 軽度のうちならば内服で治療しますが、ひどくなると外科的手術を行います。 耳垂れが止まらない場合には・・・ 受診が一番です。 受診するまでに注意すべき点としては、耳垂れをとることに躍起になって、かえって耳を傷つけたりしないように気をつけてください。 ぬぐうときは柔らかい布などで優しくぬぐいとりましょう。 また、 耳垂れが粘性を持つ場合には、炎症が起きていることが多いため、耳垂れや耳の痛みをとりあえずマシにするために、市販の鎮痛消炎薬を服用するのもよいでしょう。 但し、この薬は「治す」ための薬ではありません。 「辛さを軽減する」だけですので、過信しないようにしてください。 薬の種類として無難なものは、タイレノールなどのアセトアミノフェンを主成分とする薬です。

次の