ジーン デザイン。 味の素グループ、核酸医薬品の製造受託会社(株)ジーンデザインの全株式を取得~同社の経営資源を活用し、オリゴ核酸の受託事業の拡大を加速~

株式会社ジーン|ブランディング&デザイン

ジーン デザイン

株 ジーンデザインは、2000年に創業し、現在、受託開発・製造事業を手掛ける、国内有数のオリゴ核酸のCDMOです。 同社は核酸医薬品の製造に必要とされている固相合成法に関連する高度な技術や、厳格な品質管理・ノウハウを有していることから、国内の製薬メーカーや研究機関など幅広い顧客から高い評価を得ています。 核酸成分の4種類の塩基あるいはその誘導体を疾患標的に対して有用な機能を持つように設計し、数個~百数十個の核酸成分を化学合成法により直鎖状につなげたもの(=オリゴ核酸)。 これまでの低分子医薬や抗体医薬が標的とすることができない遺伝子に直接作用することが特徴であり、標的や作用機序が明確で特異性も高いことから、副作用が少ない次世代の医薬品として期待されている。 液相合成法は、一般的な合成法「固相合成法」に比べて大量生産に優れている。 左図は固相合成法の模式図、右図は液相合成法の模式図。 通常、オリゴ核酸やペプチドの製造は、高分子ビーズ(Resin)等の固相表面に核酸(またはアミノ酸)鎖を順次結合伸長させていく固相合成法が用いられている。 一方、液相合成法においては、固相合成法における高分子ビーズにかえて、有機溶媒によく溶ける保護基(Anchor)を用いる。 Anchorを用いることで、オリゴ鎖(オリゴ核酸、ペプチド)が延びても均一溶液として存在するので、合成の高効率化に優れているだけでなく、Anchorの性質を利用した単離・精製を可能にし、製品の高純度化に優れている。 液相合成法は固相合成法で必要な特殊な設備が不要で大量生産に適している。 一方で、固相合成法は少量多品種の生産に適している。 米国のFDA(Food and Drug Administration、米国食品医薬品局)の医薬品等の製造、試験に適用される品質管理システムのこと。

次の

株式会社ジーンデザイン

ジーン デザイン

Googleロゴ 2020年4月1日 この日、「オーストラリア」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。 「オーストラリア」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。 「デイム・ジーン・マクナマラ」さんって?? Dame Jean Macnamara:デイム・ジーン・マクナマラ 「Dame」は叙勲の称号です。 オーストラリアの女性医師です。 ポリオ(灰白髄炎:小児麻痺)の分野で、医学の進歩に大きく貢献しました。 「1899年4月1日」に生まれて、「1968年10月13日」に逝去されています。 そのため、生誕121周年になります。 オーストラリアのビクトリア州ビーチワースで生まれます。 7歳の時にメルボルンに移住し、奨学金を受けて進学し、メルボルン大学で医学を学びます。 卒業後、メルボルンの小児病院の医師となりました。 そこで働いている時に、ポリオ(灰白髄炎:小児麻痺)の流行がありました。 彼女は、ポリオについて研究を行い、複数のウイルスが存在することを発見します。 さらに研究を続け、1型、2型、3型の3種類のポリオウイルスがあることが明らかになります。 この発見は、その後のワクチンの開発に大きな影響を与えました。 また、患者の子供達と向き合い、より良い治療法の提案、また、リハビリ法の確立など、小児麻痺の分野で大きく貢献しました。 その功績をたたえられ、1935年には、「Dame:デイム」(男性のナイトに相当)の叙勲を受けています。 他には、「兎粘液腫」の研究で知られています。 当時、イギリスから持ち込まれたウサギがオーストラリアで大量に繁殖し、生態系と農業に大きな打撃を与えるようになっていました。 ウサギは「害獣」と指定され、処分が行われましたが、捕殺では繁殖のスピードに追いつ家内状況でした。 そこで、彼女は「兎粘液腫」(兎の感染ウィルス)を用いて処分をする研究を行い、成果を上げています。 関連する過去のロゴ 「ポリオウイルス」は、 「カール・ラントシュタイナー」さんによって発見されました。 彼は、「ABO式血液型」を発見したことでも知られており、過去にロゴにも取り上げられました。 よろしければご確認ください。 「Google」の文字も見受けられます。

次の

デイム・ジーン・マクナマラ 生誕121周年

ジーン デザイン

Googleロゴ 2020年4月1日 この日、「オーストラリア」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。 「オーストラリア」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。 「デイム・ジーン・マクナマラ」さんって?? Dame Jean Macnamara:デイム・ジーン・マクナマラ 「Dame」は叙勲の称号です。 オーストラリアの女性医師です。 ポリオ(灰白髄炎:小児麻痺)の分野で、医学の進歩に大きく貢献しました。 「1899年4月1日」に生まれて、「1968年10月13日」に逝去されています。 そのため、生誕121周年になります。 オーストラリアのビクトリア州ビーチワースで生まれます。 7歳の時にメルボルンに移住し、奨学金を受けて進学し、メルボルン大学で医学を学びます。 卒業後、メルボルンの小児病院の医師となりました。 そこで働いている時に、ポリオ(灰白髄炎:小児麻痺)の流行がありました。 彼女は、ポリオについて研究を行い、複数のウイルスが存在することを発見します。 さらに研究を続け、1型、2型、3型の3種類のポリオウイルスがあることが明らかになります。 この発見は、その後のワクチンの開発に大きな影響を与えました。 また、患者の子供達と向き合い、より良い治療法の提案、また、リハビリ法の確立など、小児麻痺の分野で大きく貢献しました。 その功績をたたえられ、1935年には、「Dame:デイム」(男性のナイトに相当)の叙勲を受けています。 他には、「兎粘液腫」の研究で知られています。 当時、イギリスから持ち込まれたウサギがオーストラリアで大量に繁殖し、生態系と農業に大きな打撃を与えるようになっていました。 ウサギは「害獣」と指定され、処分が行われましたが、捕殺では繁殖のスピードに追いつ家内状況でした。 そこで、彼女は「兎粘液腫」(兎の感染ウィルス)を用いて処分をする研究を行い、成果を上げています。 関連する過去のロゴ 「ポリオウイルス」は、 「カール・ラントシュタイナー」さんによって発見されました。 彼は、「ABO式血液型」を発見したことでも知られており、過去にロゴにも取り上げられました。 よろしければご確認ください。 「Google」の文字も見受けられます。

次の