履歴書 添え状 書き方。 【履歴書の封筒の書き方】宛名の書き方、添え状、封筒選びなどの郵送マナーガイド│#タウンワークマガジン

パート履歴書を郵送するときの《添え状の書き方と例文》手書き?

履歴書 添え状 書き方

初対面の人に対するあいさつ文• 送付書類の内容を伝えるため 面接で履歴書や職務経歴書を手渡しするときに「〇〇です。 こちらが提出書類です。 ご確認よろしくお願いします。 」という本来、 対面であなたがする作法を企業担当者への挨拶、依頼を添え状・送付状が代行している役割を果たしています。 送付書類の内容を伝えることで、受領した採用担当者が提出書類に不足がないかどうかを確認する資料になります。 1-2.添え状・送付状を添付するメリット ビジネスマナーが身についていることをPRできる 添え状・送付状の中には、ビジネス文書を作成するうえで必要な記法が含まれており、それらの知識を既に習得しているということを間接的に伝えることができます。 特に書類選考の場合、受け取る担当者は人事部や総務部の担当者であることが多く、経歴に加え、面接までの全てのやり取りでビジネスマナーが身についているかどうかをチェックしています。 文書作成スキルをPR するチャンスとなりますので、添付するようにしましょう。 2.人事採用責任者がおすすめする添え状・送付状のテンプレート 添え状・送付状は実は、決まった記法を押さえておけば非常に簡単な書類です。 下記よりファイル(Word版)をダウンロードして、活用してください。 それぞれの記法に関する一般常識をご説明します。 頭語結語の記法を入れる• 時候の挨拶は入れなくてよい 添え状・送付状には頭語(本文の前に使われる表現:拝啓~~。 )と結語(本文の末尾に使われる表現:敬具)を入れます。 ビジネス文書として形式的にいれる記法です。 こちらのページのテンプレートをそのまま利用しておけば問題ありません。 時候の挨拶を入れる方がいますが、必要ありません。 季節ごとに表現が違いますので、普段使い慣れていない人にとって、使い間違うリスクもありますので、控えておきましょう。 5.経緯 応募に至った経緯について、求人媒体と求人職種を記載します。 この記載があれば使いまわしをしているという印象を持たれにくくなりますので入れておきましょう。 6.概要 概要欄に 簡単な経歴の概要を記載しておきましょう。 ここで採用担当者の興味を引かせるように、応募企業の職種との接点があるように書きましょう。 「応募する職種に活かせる経験をしているかもしれない。 」という印象を持たせることです。 あくまで簡単に記載するようにしましょう。 文字数にすると200文字程度です。 それ以上は、過度なPR文として扱われ、逆効果となります。 7.依頼 書類選考の時に書くべき内容は以下の2点です。 書類の内容確認のお願い• 面接機会のお願い 気を付けておくことは「謙虚さ」のある表現であることです。 「面接の機会をいただけましたら~~」というようにへりくだる表現にしておきましょう。 8.結語 頭語「拝啓」につづき、「敬具」と結語をいれておきましょう。 ページ右揃えにすることを忘れずに配置しましょう。 9.記書き ビジネス文書において、書類の中で見てほしい個所を記書き(しるしがき)「記」を入れて記載します。 頭語と結語がセットで使用されるのと同様に、「記書き」と「以上」はセットで使用します。 10.同封書類 記書きに続き送付書類で最も目を通してもらいたい内容を書く項目です。 以下の2点に注意しましょう。 ページ右揃えにする• 最後の行から「1行」改行する 4.添え状を書くときにやってはいけないNG事例 必要以上に自己PRを書いてしまう 添え状・送付状の役割はあくまで「あいさつ文と同封書類の内容を伝える」ための書類です。 そのときに必要以上に自己PRを書いてしまうとマイナスの印象を持たれてしまいます。 「書類の目的を理解していないのでは?」 「過剰な自己主張がある人なのでは?」 というように履歴書と職務経歴書に目を通す前から、評価が下がってしまいますので注意しておきましょう。 どこの会社でも通用してしまう定型文 使いまわしの文書だと思われてしまうと、企業の採用担当者の印象は良くありません。 「数多く応募した内の一つの会社に過ぎず、うちの企業に入りたい気持ちがあるのか?」というように応募企業に優先的に入りたいという意欲が伝わりにくくなります。 添え状・送付状の「経緯」欄に応募職を記載し、使いまわしの印象を回避していきましょう。 職務経歴書と同じ内容を書いてしまう 簡単な自己紹介として「概要」欄に良くありがちなNG事例として、職務経歴書に書いてある「職務経歴要約」、「自己PR」、「志望動機」の3つの項目のいずれかとほぼ同じ内容になってしまうことがあります。 あいさつ文で簡単な自己紹介をしていき、職務経歴書で詳しく書くというスタンスで記載しましょう。 5.採用担当者の印象を良くするためのテクニック 1.手書きでなく、PCで作成する 応募書類である履歴書、職務経歴書、添え状についてはPCで作成することをおすすめしています。 手書の方が丁寧な印象になるのでは?と考えがちですが、あくまで評価ポイントは「決まった記法が使いこなせているか?」、「誤字脱字は無いか?」などを確認していきますので、丁寧さについて評価対象になりません。 職務経歴書についても同様です。 手書きとPCで迷われている方は以下のページで、詳しく解説していますので参考にしてみてください。 2.面接など訪問する時に履歴書・職務経歴書を直接手渡しする時は不要 直接手渡しする場合は、直接対面で添え状の役割であるあいさつと書類の確認を行いますので必要ありません。 3.A4用紙1枚でシンプルに書く 職務経歴書と同じサイズのA4用紙でシンプルに記載します。 空白の多い書類ですが、テンプレートで紹介した文章量が適正です。 4.応募書類に目を通してもらいやすいように、企業との接点をいれる 「概要」欄に記載するときに、自己PRの簡略版として「次の職場で活かせるスキルをもった人材」ということを伝えることが重要です。 企業の採用担当者は、日々何十名という書類に目を通しているため、興味を引くキーワードを入れるように心がけましょう。 短い文章で採用担当者の興味を引くために書き方として、こちらのページを参考にしてみてください。 6.まとめ 添え状・送付状は形式的な記法にそって述べるだけの書類となりますので、あまり力入れて作成する書類ではありません。 テンプレートを活用していけば問題ないでしょう。 送付するための封筒の書き方や送り方についてはこちらのページを参考にしてみてください。 その他、履歴書や職務経歴書など企業への提出書類で不安のある人は、転職相談として転職エージェントを利用することをおすすめしています。 こちらの記事が皆様の転職活動のお役に立てれば幸いです。

次の

履歴書の書き方&郵送マナー~看護師向け見本例・テンプレート付き

履歴書 添え状 書き方

総務職へ応募の件 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 必要書類を送付いたしますので、ご査収の上ぜひ面接にてお話しする機会をいただけたら幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 敬具 記 同封書類 1. 履歴書 1通 2. 職務経歴書 1通 以上 考えてみてほしい。 コピーし中身のない添え状を付けて、なぜ採用確率が上がるのかを。 インターネットに書いてある最悪な例は「時候の候(そうろう)を付けるの更に印象UPします」なんて書いてある。 時候の挨拶とは例えば ・初春の候 ・残暑の候 こんな言葉ね。 「おれは作家になるのか?」と言いたい。 なぜ「時候の候 」付ければ採用されると考えるのか? 俺にはちっとも分からないよ。 というか面接官を経験した立場から言うと「面接官がコピーを真面目に読むわけない」 はっきり言おう。 コピーの添え状なら付けない方が良い。 履歴書が送られて来るのが一通ならばいい。 何十通も来るんだ。 あなたが思う転職したい会社は、他の人にとっても入社したい会社。 そんな状態で意味のない添え状はゴミとなる。 よく本に書かれている添え状の意味と役割。 真に受けちゃいけない。 インターネットはウソが多い。 「添え状はビジネスマナーとしての習慣だから必須です」と書いてある。 15年以上働いて1000通ぐらいは郵便物のやり取りをしてきたが、添え状を見たのは10通ぐらい。 実社会では添え状は、まったく習慣化されてない。 なぜ習慣になっていないか? それはビスネスとして、ほとんど効果がないからだよね。 添え状があったらといって「この人はビジネスマナーがある」なんて思われない。 ましてやビジネスマナーがあるから、この人から買おう、なんて誰も思わない。 添え状はほぼ履歴書にしか使われない特有なものと思ってもいいぐらいだよ。 礼儀正しさとマナーは書類じゃ伝わらない 礼儀のためにコピーであっても「添え状はあった方が良い」と思う人はいるかもしれない。 「仕事によっては、礼儀やマナーも重要な採用基準じゃないのか?」と。 確かに接客業や営業等のお客と接する仕事には、結構大切な要素のひとつだと思う。 しかし、 礼儀が重要な仕事ほど履歴書や職務経歴書で判断せずに面接を重視する。 書類じゃ人の持つ雰囲気や印象は伝わらない。 文通みたいに何十通もやり取りするなら話は別だけど、たった一通の文章で伝わるわけもない。 もし自分のウリが礼儀や印象であるならば、それを職務経歴書の自己PRに直接書いた方がいいよ。 「私が人より長けているところは、礼儀正しさや私の持っている印象です。 」とはっきり伝え、それによって得られた成果や成功体験を書くことをオススメする。 その仕事が礼儀を重視するのであれば「そこまで自信を持って言うなら面接してみようか」って気持ちになる。 百聞は一見にしかずではなく、百文は一見にしかずだよ。 (上手いこと言った?) 添え状の本来の役割は礼儀でもマナーでもない 添え状の役割はマナーでも礼儀正しさを伝えるためではない。 転職において添え状の使い方は「自己PRのため」にある。 というか 履歴書も職務経歴書も志望動機もすべて自己PRのためだけに使うもの。 他に理由なんてないんだよ。 だって転職するために書くものなのだから。 よく職務経歴書は「職務の経歴を書けば良い」と思っている人がいる。 それは見当ハズレで「職務の経歴を使って、自分の出来る事を並べ転職先にアピールできるように書く」のが正解。 それは添え状もまったく同じ話。 どうすればいい?添え状の書き方。 以前に転職回数が多い人は能力のアピールの他に、辞めない人材と思わせるアピールが必要だと書いた。 これは転職が初めての人も使えるテクニック。 上記のリンク先では「コツとして、家族の環境の変化から「今後は辞めにくい人材」であることをこっそり書くこと」をオススメした。 この「辞めにくい人材」を志望動機や自己PRに違和感なく忍ばせるのは、文章の能力が必要になる。 ここで登場するのが添え状の存在。 自己PRや志望動機を書いていると、文章が長くなりすぎるケースがよくある。 A4用紙にびっしり書いてあると読んでもらえないと思って削除する。 こういった残念ながら書ききれないことを添え状に書くといい。 あとは、自分のデメリットをフォローするために使うのもいい。 例えば• 年齢制限がオーバーしている求人に応募する。 転職の回数が多い。 無職の期間が長い。 未経験者が「3年以上の経験者のみ」と書いてある求人に募集する。 こういったハンディキャップがあることは、実は熱意を伝えるチャンスでもあるんだ。 年齢制限がオーバーしているなら これまで7年間営業という仕事に従事してきたことで、コミュニケーション能力や商品や自分自身をお客様にPRすることには自信があります。 ぜひ面接の機会を頂き採用可否の判断をお願いします。 こんな感じの文章を添え状に書き加える。 そして自分にはコミュニケーション能力への自信を伝えることによって「面接で会ってみるか」になる。 こういった自己PRはハッタリでも良い。 自分を大きく見せると「プレッシャーになるから嫌だよ」っと思う人は、今の職場にいることが一番プレッシャー少ないよ。 そもそも転職する人はみんなハッタリのだらけ。 そんな人と勝負して勝たなければならないんだよ。 はっきり言って、転職して最初の半年・一年は大変だよ。 新卒の時のように隣で教えてくれる会社は少ない。 「最近まで学生だからしょうがないよね」というスタンスは二度と来ない。 愚痴を共有する同期もいない。 転職して初めにつまづいてしまうと「なんだ。 こいつ大したことないな」とレッテルを張られる。 転職者は「同世代の新卒から数年仕事をやっている人」と比較され「仕事ができるorできない」を判断されてしまう。 これって辛いよね。 けど、踏ん張らなきゃならない環境が得られることが、実は転職の一番のメリットだったりするんだ。 踏ん張った後は自分の成長を感じられる時が来る。 そう思って自己PRはハッタリをかます。 そして添え状は「自己PRだと思って文章を考えて書く」ことが大切だよ。 まとめ• 添え状は送り状じゃない。 コピーを送っても無意味。 添え状にはアピールしきれない事柄や、ハンデをフォローするといい。 転職はハッタリだらけ。 プレッシャーに勝たないと転職できない。 そもそも添え状は読まれないこともありうる。 だから最も大切なアピールは自己PRに書くべき。

次の

履歴書の封筒の書き方や選び方に関する注意点|ハタラクティブ

履歴書 添え状 書き方

(4)現住所・連絡先 住所は略さずに都道府県から始め、アパートやマンション名まで記入します。 連絡先は、自宅の固定電話と携帯電話の番号を両方記入するのが理想ですが、ない場合は携帯電話だけで構いません。 採用する病院や会社は、この欄に明記された電話や住所に連絡をします。 日中に連絡の取りやすい連絡先にしましょう。 また、書き間違えのないよう、くれぐれも気を付けてください。 メールアドレスを記載する欄がある場合、スマートフォンやフリーメールのアドレスは極力避けて、パソコンの固定アドレスを記すようにすると信頼感が増すでしょう。 アルファベットと数字で似ているものがある場合には、フリガナを振っておくと間違いが防げます。 学歴は、中学校卒業から書きはじめ、略さずに、学部・専攻名まで必ず記載しましょう。 職歴は、病院やクリニックの場合、「入社」ではなく「入職」とし、退職についても「退社」ではなく「退職」とします。 さらにこのとき、役職や担当科目・病棟か外来か、などを記載しておくと、採用担当者への自己PRになり、より自分を理解してもらうことができます。 退職の場合、履歴書に理由を一言書き添えますが、詳細に記す必要はありません。 自分の都合であれば「一身上の都合により退職」、勤務先病院の倒産・経営悪化による事業縮小などの理由であれば「病院都合により退職」などとし、面接時に必要に応じて口頭で話しましょう。 (7)免許・資格 看護師免許を取得した年月は、必ず記載します。 看護師免許を取得した年月は、必ず記載してください。 専門看護師、認定看護師、保健師、助産師などの資格・免許も必ず記入しましょう。 取得が早いものから順番に、取得年月日とともに記入します。 その他の資格も、原則すべて記入しますが、もし書ききれないほどたくさんの資格がある場合は、看護・医療など応募する求人に関連する資格に絞った方がいいでしょう。 逆に資格が少なく、現在取得予定(勉強中)のものがある場合は、下記のように記入することをおすすめします。 例)ケアマネジャー(介護支援専門員)資格取得のために、現在勉強中(または受講中) 資格欄は、面接時に面接官が注目する場所の一つでもあります。 ぜひ充実させておきたいところです。 (8)志望動機・自己PR 志望動機・自己PRは、特に注目され印象に残る項目です。 採用担当者が知りたいのは、「なぜウチを選んだのか?どんな気持ちで、どんな風に働いてくれるのか?」ということです。 「将来性にひかれました」などのありきたりな言葉では担当者の心に響きにくいでしょう。 また「休日の多さや給与に魅力を感じました」もあまりおすすめではありません。 好条件であることは職場選びの大切な要素ですが、志望動機として答えると「この人にとってウチの魅力は条件だけか…」と感じさせてしまいます。 求人情報の募集要項や応募先の情報を事前にしっかり調べ、その応募先に沿った志望動機を書くようにしましょう。 また、自己PRもとても大切な項目です。 「がんばります」「やる気があります」ではなく、具体的に何ができるのかを書きましょう。 採用担当者が、採用後のメリットを想像できる内容が効果的。 周囲からの評価や、得意な看護技術などを記してアピールするのもいいでしょう。 *で詳しく紹介しています。 封筒表面(宛名)の書き方 住所は略さずに都道府県名から正確に記入。 その際に、(医)(株)などという略称は失礼にあたります。 略さずに正式名称で記入してください。 宛名が個人名の場合は「様」、法人名や部署名などの場合は「御中」とつけます。 また、中の書類が何であるかがわかるように、封筒の左下に赤ペンで「履歴書在中」または「応募書類在中」と記入し、四角で囲みましょう。 その際、文字を囲む線は定規を使ってまっすぐ引いてください。

次の