した まぶた 赤い。 まぶたが赤い。いつものアイメイクが原因?対処法を伝授

まぶたの裏に小さな粒 =異物感あれば手術を―結膜結石|医療ニュース トピックス|時事メディカル

した まぶた 赤い

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... ふと子供の顔を見たときに、「あれ?目が腫れている?」と気づいて心配になったことがあるママやパパは多いでしょう。 鼻水や咳といった風邪のような症状には慣れていても、目の腫れはあまり経験することがないので、「何かの病気では?」と不安を感じてしまうかもしれません。 今回は、子供の目の腫れについて原因や対処法などをご紹介します。 子供の目が腫れるのは病気が原因のことも? まぶたの皮膚は薄いので、腫れてくると、赤くなって厚みが増し目立ちます。 さらに腫れてくると、目が開きにくくなり、半目のような状態になります。 それでは、子供の目が腫れる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?まずは目が腫れる病気と、その対処法をご紹介します。 眼瞼炎の治療には、原因に合わせた服用薬や点眼薬が用いられます。 ものもらい 子供の目の腫れの原因のひとつに、ものもらいがあります。 治療法としては、症状に合わせた抗菌作用のある目薬を使用して対処していきます。 それでも改善がなければ、切開して膿を出すこともあります。 関連記事 涙嚢炎(るいのうえん) 涙の通り道である鼻涙管が閉塞すると、涙嚢というところに涙が溜まり、細菌感染が起きることがあります。 涙嚢炎は、抗生物質の内服や鼻涙管閉塞を改善するブジー(管状の内臓器官を広げるための医療器具)で治療していきます。 小児ネフローゼ症候群 小児ネフローゼ症候群は2~6歳の子供に多く発症し、目の周りや顔など柔らかい場所のむくみから気づきやすい病気です。 そのほかにも、下痢や食欲の低下、腹痛など消化器系の症状があらわれ、病気が進行すると腹部の膨満感や腸のむくみによる腹痛や胸水が溜まって呼吸困難を引き起こします。 小児ネフローゼ症候群の治療は基本的に入院し、ステロイドなどの内服あるいは注射をして、治療を行っていきます。 関連記事 子供の目はアレルギーや虫刺されでも腫れる? 子供の目は病気以外でも腫れることがあります。 病気以外で腫れる原因とその対処法は、以下の通りです。 アレルギー 食物や薬品、ハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を体内に取り入れ、アレルギー反応として目が腫れることがあります。 原因がアレルギーの場合は目の腫れだけでなく、体の他の部分にも湿疹が現れることがあります。 アレルギーの対処法としては、アレルゲンを避けることが大切です。 誤ってアレルゲンを食べたり、アレルゲンに触れたりした場合は、一般的に抗アレルギー薬などを用いて症状を軽減させていきます。 関連記事 虫さされ 蚊やノミ、ダニなどにまぶたを刺されて、目が腫れることがあります。 腫れと一緒に強いかゆみが伴う場合は、虫刺されの疑いがあります。 ひどいかゆみが出ている場合は、冷たくしぼったタオルなどで冷やしてあげると、かゆみが和らぐことがあります。 子供が患部を搔き壊し、化膿してしまったら、医師に診てもらいましょう。 打撲 モノにぶつかるなどして目に強い衝撃がかかると、まぶたが赤く腫れることがあります。 打撲による目の腫れが起こったときは、患部に濡れタオルなどを優しく当てて冷やすようにしましょう。 外から見ただけでは分からない目の障害が起きている可能性もあるので、目をぶつけて腫れが生じたときは、念のため病院を受診するようにしてください。 子供の目の腫れに気づいたら、病院に連れて行くべき? 子供の目の腫れに気づいても、原因が分からない段階では、むやみに触らないようにしましょう。 そして、子供が目をこすって症状が悪化しないように気をつけてください。 そのうえで、目の腫れ以外の症状が現れていないかを確認します。 主には、目やにや涙は出ているか、かゆみはあるか、目以外に湿疹やむくみが現れているかなどです。 子供が頻繁に目を掻こうとしているときは、ものもらいや虫刺されの可能性があります。 また、目以外の体の部分に湿疹が現れている場合は、アレルギーが疑われます。 目の腫れ以外に何の症状も出ておらず、腫れ自体もそれほどひどくないときは少し様子を見てみましょう。 目の腫れがひどかったり、食欲がなく、ぐったりとしていたりする場合は、小児科か眼科を受診してください。 病院では原因に合わせた治療法が行われるので、きちんと医師の指示に従って対処してください。 どのタイミングで薬を飲ませるのか、お風呂に入れてもいいのかなど、日常生活で気になることがあれば受診時に確認しておくようにしましょう。 子供の目が腫れる前の状況を把握しよう 子供の目が腫れていると、びっくりするかもしれませんが、目が腫れる前に子供が何をしていたのかを思い出し、記録しておくことが大切です。 目が腫れる前は外で遊んでいたのか、家で寝ていたのか、何かを食べたり触ったりしたのか、状況によって、予想される目の腫れの原因は異なります。 病院を受診した際に、目の腫れの前に子供がしていたことを伝えると、原因究明につながり、診察がスムーズに進められますよ。

次の

まぶたに赤い腫れが出る原因とは!何科を受診する?

した まぶた 赤い

眼瞼の腫瘍 まぶたの腫瘍 できもの まぶたは皮膚、筋肉、筋膜、結膜、軟骨(瞼板)、皮脂腺、汗腺、毛といったさまざまな組織から構成されているため、いろいろな腫瘍ができやすいのが特徴です。 このページでは代表的な腫瘍をいくつか紹介し、また治療法について解説します。 良性腫瘍 ものもらい ものもらいは、まぶたが腫れて痛みやかゆみがでてくる疾患です。 2種類あります。 麦粒腫(ばくりゅうしゅ) まぶたにある脂腺や汗腺に細菌が入り、感染をおこして腫れたものです。 細菌感染症ですので、治療は抗菌薬の軟膏や点眼液の塗布、内服薬の服用です。 霰粒腫(さんりゅうしゅ) まぶたにある脂腺(マイボーム腺)にあぶらがたまり、炎症をおこしたものです。 治療は、手術が必要です。 部分麻酔(局所麻酔剤の注射)にて皮膚側、またはまぶたの裏側から切開して、たまったあぶらをかき出します。 左が術前、右が術後です。 眼瞼黄色腫 皮膚内に、脂質(あぶら)を食べた細胞が増えることにより発生する淡黄色の良性腫瘍です。 平坦で、境界がはっきりしており、上まぶた内側に、左右対称性に発生します。 高脂血症と関係があるといわれています。 治療は、局所麻酔にて摘出します。 左が術前、右が術後です。 乳頭腫 皮膚の角質が増殖した良性腫瘍です。 まぶたのふちに好発します。 手術により治療します。 局所麻酔の注射を行い、切除します。 左が術前、右が術後です。 脂漏性角化症 加齢により出現する良性腫瘍です。 治療は、手術にて切除します。 汗管腫 思春期以降の女性のまぶたによくできる良性腫瘍です。 治療は、数が少ない場合は一個ずつ表面を削るか、液体窒素にて凍結させます。 大きい場合は切除が必要です。 皮様嚢腫/類皮嚢腫 まぶたの上外方によくできる、幼少児に多い良性腫瘍です。 母体内のうちに、皮膚が奥にめり込んでしまうことで発生すると言われています。 手術にて切除します。 幼少児では全身麻酔の手術となります。 ほくろ 母斑 皮膚にメラニン色素を含む細胞(メラノサイト)が集まってできている腫瘍です。 生まれつきのものや、加齢により徐々に出現するものもあります。 治療は手術が基本となりますが、レーザー治療を併用することもあります。 局所麻酔、または全身麻酔で治療します。 数mm程度の小さいものは単純にくりぬいても傷あとはあまり目立たずに治ります。 大きいものは切除後、周囲の皮膚を切開してずらしたり(皮弁)、他の部位から皮膚を移植したりして(皮膚移植)機能的・整容的に問題がないように治療します。 悪性腫瘍 基底細胞癌 表皮を構成する基底細胞が増殖した腫瘍で、まぶたの悪性腫瘍のなかでは最も多い腫瘍です。 遠隔転移はまれで、比較的悪性度の低い腫瘍です。 治療 手術による全切除が必要です。 放射線治療を併用することもあります。 とても良く似ていますね?違いはわかりますか? 左の写真は良性の脂漏性角化症(イボ)、中央も同じく良性のほくろですが、 右は悪性の基底細胞癌です。 とても似ているできものだと、専門家のわれわれでも見分けがつかない場合もあります。 また、見た目以外に、イボやほくろは長年あまり大きさが変化しないのに対し、悪性腫瘍は数ヶ月、数週間の間に急に大きくなる、という特徴があります。 見た目はただのほくろやイボでも、よく似た癌の可能性もありますので、このようなできものが出来た場合は、専門機関の受診をお薦めします。 扁平上皮癌 表皮の角化細胞から発生する悪性腫瘍です。 悪性度が高く、発育は早く、進行するとリンパ節・遠隔臓器に転移します。 治療 転移がない場合は手術により切除しますが、転移がある場合は化学療法や放射線療法を併用します。 脂腺癌 まぶたの皮脂腺(Moll腺、Zeis腺)から発生する悪性腫瘍です。 悪性度は高く、リンパ節に転移しやすい傾向があります。 脂漏性角化症に似ていますが、成長速度が違います。 1-2ヶ月で急に大きくなることが多いできものです。 治療 手術により、周囲皮膚も含めて全切除を行います。 まぶたの再建手術が必要です。 また、放射線治療を行うこともあります。 メルケル細胞癌 皮膚の感覚を司る細胞のひとつであるメルケル細胞から発生する悪性腫瘍です。 赤く、盛り上がった腫瘍が徐々に大きくなります。 悪性度は高く、リンパ節に転移しやすい腫瘍です。 治療 手術により、周囲の皮膚を含めて切除します。 欠損部が大きくなる場合は、まぶたを再建する必要があります。 手術後、リンパ節に対して放射線治療が適応になります。 Copyright C 2012 Dept. of P. Sapporo Med. Univ. All Rights Reserved.

次の

眼瞼の腫瘍

した まぶた 赤い

目の周りの赤い腫れの主な原因 近年、目の周りの皮膚炎の症状を訴える方が増えています。 具体的な症状としては、かさつきやかゆみ、赤み、ただれなどです。 これらの原因は皮膚のアレルギーであり、原因物質となる物は非常に多いです。 例えば、化粧品やシャンプー、石鹸以外にも、食品や金属、ゴムでもアレルギーになります。 目の周りの皮膚は非常に薄く、そのため顔全体に塗る薬とは別の物を使用するべきです。 これを怠って、体に塗っているステロイド軟膏や自宅保管のオロナイン軟膏を塗ると、目の周りが真っ赤に腫れ、目が開かない状態になってしまう方もいます。 長期間アトピー性皮膚炎を患っていて、ステロイド軟膏やかゆみ止め軟膏を目の周りに塗っていた方は、「ステロイド酒(しゅ)さ」という目の周りが赤く腫れる症状や、「カポジ水痘様発疹症状(すいとうようほっしんしょう)」というヘルペスウイルス感染が原因の水泡が多発する皮膚炎になってしまいます。 「ステロイド酒さ」は眼科用の軟膏に変える事で治まり、「カポジ水痘様発疹症状」は一刻も早い受診をおすすめします。 長期間目の周りにステロイドを使用していると、緑内障や白内障の原因にもなりますので、気を付けて下さい。 まぶたの皮膚が厚く硬くなっている人は、結膜炎も発症してる可能性が高いです。 目の表面は点眼で治療し、目の周りの皮膚は眼科用の軟膏で治療すればかなりよくなります。 目の周りの皮膚は非常に薄いので、顔のマッサージをする時でも、目の周りは優しく行ってください。 強くこすりすぎると、筋肉が伸び切ってしまい、眼瞼下垂(がんけんかすい)というまぶたの開きが悪くなる症状が出ます。 スポンサードリンク 目もとの肌が荒れる原因と対処法 目の周りなどの皮膚の薄い部分は、顔のかゆみや赤みが出やすい場所です。 このような部位は皮膚が薄く、乾燥しやすく、バリア機能が弱いです。 他の部分だと花粉は皮膚の中へ侵入できませんが、目の周りなどの皮膚の薄い部分はバリア機能が弱いため、花粉が皮膚の奥まで入り込み、かゆみや赤みなどの症状となって現れるのです。 このような症状が出ると、肌はより敏感になり、今までなんともなかった化粧品がしみたり、湿疹の原因になります。 化粧品以外でも、柔軟剤やアルコール成分も刺激が問題になる事があります。 また、意外な事に同じ化粧品を長期間使い続ける事でアレルギー反応が出る場合があります。 花粉症もそうですが、特定の物質が許容範囲を超えた時アレルギーとして現れるのです。 昔から使っていた化粧品が合わなくなったのは、そういう理由かもしれません。 肌荒れの症状から、花粉が原因か化粧品が原因かを特定するのは難しいです。 症状が出たら、次のような対処法を試してみましょう。 かゆみは冷やすと治まるので、ハンカチで保冷剤をくるんで優しく患部に当てましょう。 症状の出た洗顔料や化粧品は使用をやめ、保湿はたっぷりと普段の倍くらいしましょう。 刺激の原因となるメイクは薄目にするか、保湿してからするとメイク崩れしにくい。 汗が出た時は、ハンカチやタオルで優しく拭く。 chuoh-eye-clinic. 麦粒腫 ばくりゅうしゅ ・霰粒腫 さんりゅうしゅ 麦粒腫とは、まつ毛の根元近くの皮脂腺や汗腺に細菌が感染して起こる病気です。 通称ものもらいと言われる症状で、膿が貯まるため、しこりが出来て赤くなり、強い痛みやかゆみが出ます。 一方で霰粒腫は、まつ毛の根元近くの脂腺が詰まって、分泌物が滞留して腫れます。 麦粒腫と違い赤みや痛みはありません。 結膜炎 結膜とはまぶたの裏側や白目の表面の粘膜の事で、結膜が炎症を起こすと、まぶたの外側も赤くなります。 結膜炎の原因としては、アレルギーやウイルス感染、異物によるけがが考えられ、症状としては目ヤニ、充血、かゆみなどがあります。 眼瞼炎 がんけんえん これはまぶたの炎症の事です。 原因としては、細菌やウイルス・カビによる感染、虫刺されなどがあり、症状としては赤みや腫れ、痛みが出ます。 眼瞼皮膚炎 まぶたの皮膚に接触皮膚炎(かぶれ)、アトピー性皮膚炎などがある場合は、眼瞼皮膚炎と呼ばれます。 原因としては、乾燥や皮脂の不足でバリア機能が低下する事です。 帯状疱疹 たいじょうほうしん ヘルペスウイルスの一種に水痘帯状疱疹ウイルスというものがあり、黒目や白目・まぶたにできものを作ります。 水痘帯状疱疹ウイルスはみずぼうそうを引き起こすウイルスでもあり、みずぼうそうを経験した人は、体の中に潜んだこのウイルスが何らかのきっかけで活性化すると、帯状疱疹の症状が出ます。 体のどの部位でも起こり得る病気で、ピリピリとした痛みや赤みと水疱ができます。

次の