鳳凰 戦 a1 リーグ。 第36期 A1リーグ 第12節成績表/プロリーグ(鳳凰戦)成績表/日本プロ麻雀連盟

第36期 A1リーグ 第12節成績表/プロリーグ(鳳凰戦)成績表/日本プロ麻雀連盟

鳳凰 戦 a1 リーグ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年1月) 鳳凰戦(ほうおうせん)は、が主催するのリーグ戦。 出場資格:日本プロ麻雀連盟所属プロ雀士。 ルール:日本プロ麻雀連盟公式ルール(一発・裏ドラ・カンドラなし、3万点からの浮き沈み式順位点変動制、までは連盟Aルール名称)。 日本プロ麻雀連盟所属プロ雀士によるプロリーグである。 A1リーグからEリーグまでの11ランクがあり、A1リーグとA2リーグが4月から9ヶ月間で争われ、B1リーグ以下は4月から8月までと9月から翌年1月までの前後期制(各5節)で争われる。 ニコ生などでは月曜日のA1リーグと火曜日のA2リーグの全対局を毎週1卓ずつ 、またB1リーグについても前期・後期ともに第4節まではセレクションとして配信卓のみ配信され、最終節は4卓を1回戦ずつ入れ替わりの対局として配信される。 5 [3]森谷健 -184. 7 [前]古川孝次 -56. 0 [1] -188. 2 [3]沢崎誠 -28. 0 [1]朝武雅晴 -93. 3 [2] -66. 7 [2]前原雄大 -13. 5 [4]朝武雅晴 -61. 7 [2] -16. 0 [前]望月雅継 -106. 1 [前]朝武雅晴 -169. 1 [1]柴田弘幸 -17. 5 [前]前原雄大 -55. 0 [3]板川和俊 -37. 5 [1]沢崎誠 -197. 5 [2]望月雅継 -185. 2 [1]藤崎智 -13. 9 [前]荒正義 -185. 6 [前]瀬戸熊直樹 -1. 3 [1]沢崎誠 -29. 2 [2] -117. 7 [1]勝又健志 -67. 4 [2]瀬戸熊直樹 -116. 8 [3]古川孝次 -83. 3 [1]瀬戸熊直樹 -111. 1 [3]古川孝次 -98. 1 [3]瀬戸熊直樹 -45. 5 [2] -51. 8 [2]勝又健志 -4. 6 [前]前原雄大 -53. 8 [前]吉田直 -159. [前]は前期鳳凰位、数字はA1リーグの順位。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

A1リーグ

鳳凰 戦 a1 リーグ

第35期鳳凰位 吉田 直 出身地(新潟) 順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 11節 12節 対局消化数 合計 1 古川 孝次 愛知 79. 9 6. 9 26. 8 31. 8 51. 8 39. 6 78. 3 13. 5 2 西川 淳 愛媛 2. 5 42. 4 26. 6 99. 4 38. 4 26. 2 63. 8 7. 2 37. 4 29. 9 95. 7 0. 0 56. 0 49. 7 4 勝又 健志 東京 12. 8 27. 4 59. 9 73. 2 39. 0 15. 5 33. 5 5. 7 23. 0 5. 5 22. 5 65. 9 6 HIRO柴田 神奈川 5. 7 25. 3 3. 4 21. 2 1. 0 9. 7 17. 1 21. 0 8. 7 24. 1 5. 2 36. 3 7. 9 77. 2 4. 7 25. 0 29. 6 11. 3 0. 6 12. 7 63. 0 85. 0 9 沢崎 誠 群馬 0. 9 40. 0 34. 4 15. 7 31. 0 65. 4 0. 7 3. 1 21. 2 6. 0 79. 8 19. 4 27. 7 0. 8 12. 3 12 前原 雄大 東京 79. 0 33. 0 16.

次の

2カ月遅れの開幕戦 沢崎誠が卓内トップ「今期も頑張ります」/麻雀・鳳凰戦A1リーグ

鳳凰 戦 a1 リーグ

「日本プロ麻雀連盟」OPENREC. tv公式チャンネルでは月額840円で日本プロ麻雀連盟がお届けする全ての番組を1080p対応の高画質でご覧いただけます。 ・麻雀日本シリーズ ・鳳凰戦A1リーグ ・鳳凰戦A2リーグ ・女流桜花Aリーグ ・十段戦 ・王位戦 ・麻雀マスターズ ・麻雀グランプリMAX ・プロクイーン また、2020年6月1日 月 より下記リーグタイトルの放送を開始いたします。 そしてOPENREC. tvでは6月中に「日本プロ麻雀連盟」OPENREC. tv公式チャンネルの月額会員に入会した方の中から3タイトルごとに5名、合計15名に参加全選手のサイン入り色紙をプレゼントさせていただくキャンペーンを実施いたします。 ぜひこの機会にお楽しみください。 スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。 日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。 また、メディア事業として動画配信プラットフォーム「OPENREC. tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。

次の