アングロ サクション ミッション。 アングロサクションミッションについて最近知りました。まだよくわからないの...

アングロサクソンミッション

アングロ サクション ミッション

アングロサクソン・ミッションの目的とは アングロサクソンミッションの目的とは、ずばり 人口削減。 ビルさんが証言者に聞いたところ、 世界の人口の50%を削減することが目的だと答えたそうです。 しかし、この会議が行われた時点の 2005年の世界人口を見てみると64億人でした。 その半分は32億人。 当時おこなわれた会議では、32億人がリミットだったのでしょうか? 現時点で人口を50%削減したとしても32億人には届きません。 人口は5億人以下を維持すると書かれている石板について 彼らは何に怯えているのか? 証言者が言うには、彼ら支配者層の人間は、 大規模な「地球物理学的事件」が起きると信じているそうです。 この言葉から推察するに• 天変地異• ポールシフト• 氷河期• 隕石衝突 などが思い当たります。 つまり、将来的に地球の環境が変わってしまう出来事におびえているようです。 世界中にある地下施設 世界中には、使用目的の分からない地下施設が莫大な予算を投じて作られています。 世界中の植物の種子を集めている保管施設 世界中の植物や農作物の種子も集められ、ノルウェー北部の花崗岩で出来た地下貯蔵庫に厳重に保管されています。 まるで、これらの種子が地上から無くなることを知っているような予防措置ですよね。 ちなみに、花崗岩はジョージアガイドストーンにも使われており、衝撃に強い石材だと言われています。 アレクサンドリア図書館に秘蔵の書物があった 1万5千年ごとに繰り返される地球物理学的事件があり、これまでイルミナティの内部情報として伝わっているようです。 現在では、その書物のほとんどが復元されて バチカン図書館に保管されているという噂があります。 もちろん、この情報は公になっていない情報で内部関係者だけがアクセスできるかも知れない情報です。 そして、ビルさんは「このような事を本気で信じていて自分たちの目的を達成するために行動している人々がいる」という事を知ることが重要だと言っていました。 新しき日の夜明け(ニューワールド) 彼らは破壊と再生後の1つになった世界を 「新しき日の夜明け」と呼んでいました。 この「新しき日の夜明け」は陰謀論で語られる新世界秩序(ニューワールドオーダー)や世界統一政府(ワンワールド)と同じ意味でしょう。 これらの人類と地球の危機的な出来事をきっかけにして、アングロサクソン(白人)主導によりニューワールドを再生することが最終目的だろうと思われます。 アングロサクソン・ミッションについての個人的考察 最後にアングロサクソン・ミッションについての僕の勝手な考察というか想像です。 このビルさんのYouTube動画の中に出てくる「人口削減計画」について気になった所は以下の5つです。 地上に住めなくなる• 地下施設に避難する• 作物の種は地下に持っていく• 全人口の避難は不可能• まあ、地上にいる人間全部は入りきらんということですね。 なので、できれば地下施設に入り切る人数まで人口を削減したい。 なので、何事もなく平和的にすみやかに地下への避難を実行するための人口削減計画なのではないかとしょうもない空想話をしてみました。 関連記事はこちらです.

次の

アングロサクション・ミッション

アングロ サクション ミッション

スポンサーリンク 現在のは、正式名称がグレートブリテン及び北アイルランド連合王国とされる4つの王国の連合型国家で、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドで構成されています。 この4つの中でもイングランドは、グレートブリテン島の歴史の中で最も強大な力を持ち、また最大の領土を獲得した国ですが、このイングランドの基盤を作ったと言えるのがアングロサクソンと呼ばれる人々。 現在のイギリスの根幹をなし、イギリス人について、また、イギリス史を語る上では絶対に無視することのできない存在です。 このアングロサクソン人とはどんな人々だったのか? その特徴や意味、そして歴史を知る手がかりを見ていきます。 アングロサクソン人とは? アングロサクソン人とは、簡単に一言で言ってしまえば、 現在のイギリス国民の中心または根幹をなす民族 のこと。 現在の北部ドイツ、デンマーク、スカンディナヴィア南部地帯に広がる大に住んでいたに含まれる、 アングル人、 ジュート人、 サクソン人の3つの部族の総称です。 ブリタニア (グレートブリテン島とその周辺地域)を5世紀初頭にローマ帝国が放棄すると、後世にはイングランド人となるゲルマン系民族が、小規模な複数のグループに分かれてグレートブリテン島に渡り、同地に住んでいた ブリトン人 (ケルト系の先住民)を支配すると、そこへいくつかの王国を築きながら分かれていきました。 しかし、アゼルスタン王 (895〜939年, 在位924年~939年)の下で、これらの小王国はイングランド王国として政治的に統一されます。 そして、アングロサクソン系のイングランド王国は、1066年に最後の王ハロルド2世がヘイスティングスの戦い (ノルマンディー公ギヨーム2世とイングランド王ハロルド2世との間で戦われた戦い)でノルマン人に殺されるまで続きました( ノルマン・コンクエスト)。 ちなみに、ローマ帝国によるブリタニア放棄からノルマン・コンクエストまでの間の期間は、「 アングロサクソン期」と呼ばれることもあります。 アングロサクソン人の特徴や意味そして歴史を理解するために抑えておきたい6つのこと アングロサクソン人がグレートブリテン島に侵入してきた理由とは? アングロサクソン人がグレートブリテン島に侵入してきた理由についての一つの説として、気候変動説が存在します。 しかし、気温上昇は北極の氷を溶かすことになり、低地とくに現在のデンマーク、オランダ、ベルギーなどでは洪水が頻発。 この状況に追い詰められた北部ヨーロッパの住人達(主にゲルマン系民族)は、洪水の起きない地域を求めるようになっていき、その候補の一つがグレートブリテン島だったのです。 そしてローマ帝国の軍隊がいなくなったグレートブリテン島は防衛力が弱まったこともあり、移住にはうってつけの場所と考えたゲルマン人の一部が、この地へ移ってきたと言われます。 一方で、このゲルマン系民族の南下を誘発したのは、アジア系遊牧騎馬民族の フン族が西側へ移動してきたことによるものとも言われます。 とにかく、このゲルマン人の南下は、複数の要因が重なって引き起こされた「 ゲルマン民族の大移動」と呼ばれる動きの一部として起き、その過程でゲルマン系の一派がグレートブリテン島へ進出していったのです。 アングロサクソン人の広がりと多民族との混合 アングロサクソン人はまず、現在のイングランド東部に住み着き、そこから西部や北部に拡大していったと考えられています。 一方で、上でも触れた通り、アングロサクソン人が移り住んだ時、この地にはすでにブリトン人が居住していたわけですが、多くのブリトン人はアングロサクソン人の侵攻によって文化的に駆逐されたり同化させられていきました。 これは、• アングロサクソン人は長年ブリテン島のローマ軍の中で傭兵として活動していたため、この地域についての知識があった• 彼らの侵入は時間をかけて行われ、実際にはローマ軍がこの地域を離れる前からすでに始まっていたとも言われる• アングロサクソン人は初めのうちこそ少人数だったが、すぐにその数が 増えていった• 当初は抵抗したブリタニアの住民には強力な防衛手段がなかった といった背景によって後押しされたと考えられます。 しかし、現在のイギリスを構成する国の一つであるウェールズ地方は、ブリトン人の影響力が強いまま残り、またイングランド北西部のカンブリア地方やイングランド南西端のコーンウォール地方は、他の地域が続々アングロサクソン人に支配されていく中、長いこと抵抗を続けたことで知られます。 このように、ゲルマン系民族人がグレートブリテン島に到達した時にはすでにブリトン人がいたことから、その後にイングランド人と呼ばれていくアングロサクソン人達は、元々のゲルマン系民族とブリトン人の混合だと考えられます。 さらに、 アングロサクソン人達の祖先は実際のところ、3つのゲルマン民族「アングル人、サクソン人、ジュート人」が祖先と言われるほど単純なものではなかったようです。 これは、グレートブリテン島へ来る以前から大陸において他の民族やゲルマン系の部族とかなり混交していたと考えられるからです。 アングロサクソン人の言語 アングロサクソン人は、 古英語と呼ばれる言語を話しました。 これは今日の英語の先祖で、最も近いのは、古フリジア語、古ノルド語、古高地ドイツ語などのゲルマン系の言語です。 また、地域によって、西サクソン方言、ノーサンブリア方言、メルシア方言などの、異なる方言が話されていたようです。 一方で、アングロサクソンが支配した地域であっても、若干ながら他の言語が話されていたこともあったと言われます。 例えば、教会と学問の言語であるラテン語、コーンウォール語、初期の伝道師が使用したアイルランド語などで、9世紀にヴァイキングがイングランドに上陸して以降は、北部や東部で古ノルド語が多くはなされた時期もありました。 アングロサクソン人の宗教 彼らが当時信仰していた宗教に関しては非常に情報が限られていますが、5世紀および6世紀にかけて最初にグレートブリテン島に定住したアングロ・サクソン人達は、 キリスト教徒ではない異教徒だったことが分かっています。 例えば、初期のアングロサクソン人達は、キリスト教で実践される土葬よりも火葬を好んでいたことが明らかになっています。 また、アングロサクソン神話に登場する数々の王国や支配者は、ゲルマンの神「ウォドン (Woden:北欧神話ではオーディンとして知られる)」の血筋を引いているとされていました。 その後の6世紀後半、ローマ教皇グレゴリウス1世 (在位590年~604年)は、ケント王国 (ジュート人の王国)のエゼルベルト王 (560年頃〜616年)をキリスト教徒に改宗させるため、イタリア人修道士アウグスティヌスを同地へ派遣。 これ以降、アングロ・サクソンの小王国達は数々の小競り合いを経ながらも、ローマの宣教師団とアイルランドの修道士の影響の下、翌世紀までの長い時をかけてキリスト教を受容していき、キリスト教国イングランドの基盤が出来上がっていったのです。 アングロサクソン七王国 グレートブリテン島にアングロサクソン人達が侵入後、彼らは同島の南部から中部にかけて幾つかの小王国を建国していきました。 このアングロサクソン七王国に含まれる国々は以下の通りです。 ケント王国• イングランド南東部にあった主にジュート人による国• 同王国のエゼルベルト王は595年頃、アングロサクソン人の王として初めてキリスト教に改宗したことで知られる• マーシア王国• イングランド中央部の広大な領土を支配したアングル人による王国• 最盛期の同国を治めたオッファ王は、ウェールズとの境界にオッファの防塁と呼ばれる歴史上稀に見る長大な城壁を築いたことで知られる• ノーサンブリア王国• イングランド北東部を支配したアングル人による王国• 現存する最古のイングランドの通史である「英国民教会史」が、同国出身の僧侶ベーダによって8世紀初頭頃に記される• イースト・アングリア王国• イングランド南東部のイーストアングリア地方にあったアングル人の王国• 現在のノース・フォークとサウス・フォークで構成されていた• エセックス(イースト・サクソン)王国• イングランド南東部に存在した• 991年にバイキングとの間で有名なモルドンの戦いが行われた• ウェセックス(ウェスト・サクソン)王国• イングランド南西部に存在した王国• アングロサクソン期における最大の王で大王と呼ばれたアルフレッド大王に率いられた• サセックス王国• イングランド南部に建国された王国 1066年にアングロサクソン人達に何が起こったのか? アングロ・サクソン期のイングランドは、11世紀中に一度でなく二度の征服を経験しました。 デーン人 (現在のデンマークおよびスウェーデンのスコーネ地方に居住した北方系ゲルマン人の一派)の王「 クヌート1世」は1016年、アングロサクソン人の王朝を追い出し、クヌート1世およびその息子が1042年までイングランドを治めました。 続いて、イングランドのサクソン系の王である エドワード懺悔王 (エドワードざんげおう)が一時期実権を握った後、最後のアングロサクソン系の王「 ハロルド2世」が1066年10月14日、ヘイスティングスの戦いで殺害されました。 生き残ったイングランドの諸侯にハロルド2世の後継者としてエドガー・アシリング (1126年頃没)が選ばれましたが、実権を握ることも王に即位することもなく、ヘイスティングの戦いに勝利したノルマンディー公に続く ノルマン朝がその後、一世紀近くもイングランドに君臨することになります。 しかしだからと言って、これ以降、アングロサクソン人が消滅してしまったということではありません。 アングロサクソン人達は、引き続きイングランド最大の人口を占める民族であり続け、他の民族と混合しながら現在のイギリス人の基盤となっていったのです。 合わせて読みたい世界雑学記事• アングロサクソン人は、イギリスについて全般を理解する上では、絶対に知っておきたい人々だと思います。

次の

【アングロサクション・ミッション】MI6「中国どころか世界が風邪を引いてしまいました」→計画者「とにかく人が死ねば良いんだよ」 : Kazumoto Iguchi's blog 3

アングロ サクション ミッション

それはイスラエルのイラン攻撃で始まります。 中国で生物兵器がばら撒かれます。 彼らは中国の国民を遺伝的に標的にした インフルエンザのようなウィルスを撒くつもりです。 これは人種的に中国人を標的にしています。 これは山火事のように拡散するべく 大量の中国人が罹患するべく計画されているのです。 彼らは「中国が風邪を引くんだよ」と言ったそうです。 「中国が風邪を引くんだよ」というのが彼らのことばです。 そしてこの生物兵器が中国国民に大打撃を与えることについて 笑っていたのです。 それではその後事実上欧米にも同様に伝染病が 世界を渡って広がるような可能性があるでしょうか? この証言者には「はっきりはわからない」ということでした。 中国の報復があるかもしれないし、 あるいは人種的なものを標的にしていようがいまいが 広がるうちに制御不可能となってしまうかもしれないとも言いました。 突然変異があるということです。

次の