ディルムッド オディナ。 ディルムッド・オディナ〔セイバー〕

ディルムッド・オディナ〔セイバー〕

ディルムッド オディナ

概要 [ ] 「」の。 略歴 ディルムッド・オディナ〔セイバー〕の幕間の物語『双剣、来たる』でカルデアに召喚される前のディルムッドが登場。 人物 の別側面。 忠義に篤く、誠実さを有する高潔な英霊。 基本的にはランサー時と同一人物だが、セイバーとして召喚されたディルムッドは強敵との戦いを楽しみ、求めている自分自身を憚らない「騎士」としての自覚が強くなっている。 また、自覚的なのか無自覚的なのかランサーの時よりも自己肯定感がやや強い。 そのせいか脳筋気味で猪突猛進なキャラとなっている。 能力 「神話・伝説の英雄」としての側面が強調され、神の手になる宝具を複数所有している。 さらに、彼にとっての厄介の種であった「愛の黒子」の効果がある程度制御できるようになっている。 セイバーの霊基では性能がランサーの時より増しているものの、召喚に対するコスト・難易度がランサーの時よりも上昇している。 その上召喚者の技量がどれほど優れていようと、特定の条件が揃わなければ霊基として成立せず、雲散霧消するとされる。 詳細は「」を参照。 一撃必殺、初撃必勝。 抜き放たれた魔剣はディルムッドに確実な勝利を与え、敵対者に敗北と死をもたらす。 運命をも操るが如き魔剣モラ・ルタはケルトにおける海と異界の神マナナンによって授けられた。 マナナンこそは太陽神ルーに宝具フラガラック等を与えた神性であり、数多くの宝具を所有・提供する存在であった。 真名解放時にはセイバーのクラスでの現界によって顕れたディルムッドの人智を超えた超跳躍を利用した落下攻撃を遂行する。 この時モラ・ルタは伝説に語られる「マナナン神の脚」にも似て、三本の刃となって敵を寸断する。 防御系宝具。 海神マナナンに授かった武具のひとつ。 ディルムッドはこの剣を主武器としてではなく、副武器として使用する。 真名:ディルムッド・オディナ [ ] ディルムッド・オディナ。 二本の魔槍、二振りの魔剣を駆使する屈強の騎士。 妖精王にして愛の神オインガスと海神マナナンに育てられた絶世の美男子。 を盟主とするフィオナ騎士団随一の騎士であり、妖精王アヴァータと騎士団との共同戦線において大いに活躍した。 逸話によれば、真に生死を懸けた冒険へと赴くディルムッドは魔剣モラ・ルタと魔槍ゲイ・ジャルグを持ち歩き、危険は少ないと判断した際には魔剣ベガ・ルタと魔槍ゲイ・ボウを持ったという。 ディルムッドが死した時、身に付けていた装備はベガ・ルタとゲイ・ボウであった。 モラ・ルタとゲイ・ジャルグを持って山に入っていれば魔猪は倒され、フィオナ騎士団最強の騎士ディルムッド・オディナは命を永らえていたかもしれない。 その時の記憶がよほど鮮明に残っていたのか、何かと彼女との再戦を望んでいる。 とある世界の聖杯戦争に召喚された際、世界を渡り歩いている彼女と遭遇。 彼女からカルデアの事を教えられ、興味が湧いた為に聖杯戦争後、思念がカルデアに転移した。 カルデアのマイルームでも彼女から(剣士的な意味で)熱視線を向けられており、「逆ナン」と微妙に勘違いしている。 ケルト神話において先輩にあたる英霊。 敬称の一つである「光の御子」と呼び、一緒に戦えることをとても喜んでいる。 ちなみに彼の幕間後半で、せっかくだからカルデアを楽しんでもらいたいという主人公の提案により『カルデア英霊三番勝負』が急遽開催されるのだが、その初戦相手が槍持ちのクー・フーリンである。 両者それぞれの幕間で共演しており、剣の手ほどきを受けている事が窺える。 生前 [ ] ダナンに存在した妖精王。 巨人ギラ・ダッカーを名乗りディルムッドに挑戦し、戦いの末敗北し、フィオナ騎士団と同盟を結んだ。 ランサー時同様、生前の主。 上記する性格の為か、こちらでは逆にフィンが対応に困り果ててしまう様子。 第五特異点『北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム』のTVCMでと戦う形でひと足早く登場していたが、肝心のシナリオにはランサーが登場し、実装されたのはそれから 約2年後のことであった。 全盛期の姿がランサーの方の彼と同じ頃である為か、服装や髪型の細部を除き 外見が全く同じという珍しいサーヴァントでもある。 若干迂闊なところがあり、期間限定イベント『雀のお宿の活動日誌~閻魔亭繁盛記~』では「用途不明のお供え物の料理に手をつける」等の行動を取ってしまっている 西洋基準でも危険。 しかし、これはメタ的なことを言えば所謂ムードメーカー、コミックリリーフ的な立ち振舞いであり、あそこで真面目に敵の罠に引っ掛かった等といった具合にシリアスにし過ぎても話が堅苦しくなる可能性が大きかったとも考えられる。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

ディルムッド・オディナ〔セイバー〕

ディルムッド オディナ

概要 [ ] 「」の。 略歴 ディルムッド・オディナ〔セイバー〕の幕間の物語『双剣、来たる』でカルデアに召喚される前のディルムッドが登場。 人物 の別側面。 忠義に篤く、誠実さを有する高潔な英霊。 基本的にはランサー時と同一人物だが、セイバーとして召喚されたディルムッドは強敵との戦いを楽しみ、求めている自分自身を憚らない「騎士」としての自覚が強くなっている。 また、自覚的なのか無自覚的なのかランサーの時よりも自己肯定感がやや強い。 そのせいか脳筋気味で猪突猛進なキャラとなっている。 能力 「神話・伝説の英雄」としての側面が強調され、神の手になる宝具を複数所有している。 さらに、彼にとっての厄介の種であった「愛の黒子」の効果がある程度制御できるようになっている。 セイバーの霊基では性能がランサーの時より増しているものの、召喚に対するコスト・難易度がランサーの時よりも上昇している。 その上召喚者の技量がどれほど優れていようと、特定の条件が揃わなければ霊基として成立せず、雲散霧消するとされる。 詳細は「」を参照。 一撃必殺、初撃必勝。 抜き放たれた魔剣はディルムッドに確実な勝利を与え、敵対者に敗北と死をもたらす。 運命をも操るが如き魔剣モラ・ルタはケルトにおける海と異界の神マナナンによって授けられた。 マナナンこそは太陽神ルーに宝具フラガラック等を与えた神性であり、数多くの宝具を所有・提供する存在であった。 真名解放時にはセイバーのクラスでの現界によって顕れたディルムッドの人智を超えた超跳躍を利用した落下攻撃を遂行する。 この時モラ・ルタは伝説に語られる「マナナン神の脚」にも似て、三本の刃となって敵を寸断する。 防御系宝具。 海神マナナンに授かった武具のひとつ。 ディルムッドはこの剣を主武器としてではなく、副武器として使用する。 真名:ディルムッド・オディナ [ ] ディルムッド・オディナ。 二本の魔槍、二振りの魔剣を駆使する屈強の騎士。 妖精王にして愛の神オインガスと海神マナナンに育てられた絶世の美男子。 を盟主とするフィオナ騎士団随一の騎士であり、妖精王アヴァータと騎士団との共同戦線において大いに活躍した。 逸話によれば、真に生死を懸けた冒険へと赴くディルムッドは魔剣モラ・ルタと魔槍ゲイ・ジャルグを持ち歩き、危険は少ないと判断した際には魔剣ベガ・ルタと魔槍ゲイ・ボウを持ったという。 ディルムッドが死した時、身に付けていた装備はベガ・ルタとゲイ・ボウであった。 モラ・ルタとゲイ・ジャルグを持って山に入っていれば魔猪は倒され、フィオナ騎士団最強の騎士ディルムッド・オディナは命を永らえていたかもしれない。 その時の記憶がよほど鮮明に残っていたのか、何かと彼女との再戦を望んでいる。 とある世界の聖杯戦争に召喚された際、世界を渡り歩いている彼女と遭遇。 彼女からカルデアの事を教えられ、興味が湧いた為に聖杯戦争後、思念がカルデアに転移した。 カルデアのマイルームでも彼女から(剣士的な意味で)熱視線を向けられており、「逆ナン」と微妙に勘違いしている。 ケルト神話において先輩にあたる英霊。 敬称の一つである「光の御子」と呼び、一緒に戦えることをとても喜んでいる。 ちなみに彼の幕間後半で、せっかくだからカルデアを楽しんでもらいたいという主人公の提案により『カルデア英霊三番勝負』が急遽開催されるのだが、その初戦相手が槍持ちのクー・フーリンである。 両者それぞれの幕間で共演しており、剣の手ほどきを受けている事が窺える。 生前 [ ] ダナンに存在した妖精王。 巨人ギラ・ダッカーを名乗りディルムッドに挑戦し、戦いの末敗北し、フィオナ騎士団と同盟を結んだ。 ランサー時同様、生前の主。 上記する性格の為か、こちらでは逆にフィンが対応に困り果ててしまう様子。 第五特異点『北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム』のTVCMでと戦う形でひと足早く登場していたが、肝心のシナリオにはランサーが登場し、実装されたのはそれから 約2年後のことであった。 全盛期の姿がランサーの方の彼と同じ頃である為か、服装や髪型の細部を除き 外見が全く同じという珍しいサーヴァントでもある。 若干迂闊なところがあり、期間限定イベント『雀のお宿の活動日誌~閻魔亭繁盛記~』では「用途不明のお供え物の料理に手をつける」等の行動を取ってしまっている 西洋基準でも危険。 しかし、これはメタ的なことを言えば所謂ムードメーカー、コミックリリーフ的な立ち振舞いであり、あそこで真面目に敵の罠に引っ掛かった等といった具合にシリアスにし過ぎても話が堅苦しくなる可能性が大きかったとも考えられる。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

ディルムッド・オディナ(剣)/コメント

ディルムッド オディナ

ディアルムド・ウア・ドゥヴネ(Diarmuid Ua Duibhne)はの登場人物。 で語られるの一員。 の息子。 若さの神、妖精王、海神を育ての親に持つ。 ディルムッド・オディナ、 ダーマッド、 ディアミッド・オダイナなどとも呼ばれ表記される。 ディルムッドは優れた戦士で、美しい容姿である上に、女性を虜にしてしまう魔法の黒子を、妖精によって額(または頬)に付けられていた。 ディルムッドは二本の槍と二本の剣を持っていた。 それぞれ、ゲイ・ジャルグ( Gae Dearg 赤槍)とゲイ・ボー( Gae Buidhe 黄槍)、モラルタ( Mor-alltach 大なる激情)とベガルタ( Beag-alltach 小なる激情)という。 フィアナ騎士団の英雄の3番目の妻となるはずだった婚約者は、ディルムッドと恋に落ち、ディルムッドは彼女を連れて逃避行をする。 フィンは最も信頼していた部下の不義に遭い怒り狂うが、数年の放浪の後、ディルムッドは不義を許され、館を構えグラーニアと正式に結婚し、4人の息子に恵まれる。 ベン・ブルベン ディルムッドは ()の山での狩で、妻の忠告を聞きいれずにゲイ・ジャルグとモラルタではなく、ゲイ・ボーとベガルタを持ち、犬のマック・アン・フィル( Mac an Chuill)を連れて行くが、異父弟の化身である耳と尾のない大きな魔猪に瀕死の重傷を負わされてしまう。 居合わせたフィン・マックールは、すくった水で傷を治すことのできる癒しの手をもっており、ディルムッドと彼の親友であるフィンの孫オスカに救命を懇願されるが、グラーニアについての恨みから、泉からすくった水をディルムッドのもとに運ぶまでに2度もこぼし、3度目になって、ようやくたどり着いた時には既にディルムッドは事切れていた。 ディルムッドとグラーニアの物語にある「若い男、若い女と壮年の男との三角関係」というテーマは、他のケルト神話のエピソードにも登場していて、このテーマは、のととの物語にも見られる。 脚注 [ ] []• ベルンハルト・マイヤー『ケルト事典』創元社、2001年、p83、pp149-150。 プロインシァス・マッカーナ『ケルト神話』青土社、1991年、pp224-229。 ヤン・ブレキリアン『ケルト神話の世界』中央公論社、1998年、pp115-117、pp395-404。 登場作品 [ ]• 「」 - 双槍を携えたランサーのサーヴァントとして召喚される。 関連作である「」では、双剣を携えたセイバーとしても登場。

次の