にんべん 夢 読み方。 「付」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

「怜」を使った名前一覧

にんべん 夢 読み方

「伶」の意味や由来は? 「伶」は 「俳優、音楽を演奏する人」という意味をもつ漢字です。 「亻(にんべん)」は人の意味で、ツクリの「令」はお辞儀をして神様にお願いをする様子を表すので、2つを組み合わせて「神に仕える人」を表現します。 古来、神に仕える人は踊りや音楽を通じて奉仕していたので、そこから「音楽を演奏する人」という意味が生まれました。 また、音楽を演奏しながら人々が踊り舞い、神様を楽しませることを「わざおぎ」と呼んでいました。 その言葉に、近い意味をもっていた「伶」が当てられ、ここから「伶」は「俳優」の意味で使われるようになりました。 名付けで使い勝手の良い「伶」 「伶」は「レイ」の響きや、頭文字だけ読ませて「レ」の響きで使われます。 「レイ」や「レ」の響きは 様々な漢字と組み合わせられるので、男の子なら伶翔(レイト)、伶一郎(レイイチロウ)、女の子なら純伶(スミレ)、伶奈(レナ、レイナ)、伶美(レミ)などが考えられます。 男女ともに「レイ」の響きで一文字名前として使われることもあります。 ほかにも「リョウ」という響きもあるので、伶平(リョウヘイ)や伶太(リョウタ)などの男の子の名前で活用できますよ。 また、「伶」には似たような漢字に「」や「」があります。 どれも「レイ」の響きがあるので、画数や意味を元にどれを使うかを選びましょう。 これらの 違いを理解して、どの「レイ」を使うか検討してみてください。 「伶」にはどんな願いや想いが込められる? 「伶」がもつ意味からイメージを広げると、名前に願いや想いを込められますね。 俳優や音楽家がもつ「芸術に優れた」イメージを活かして 「芸術に秀でたクリエイティブな人になるように」という願いを込められます。 また、俳優や音楽家がもつ「人々を楽しませる」「感情を揺さぶる」という特徴を活かして 「人々を魅了するような人に成長してほしい」「感動を与えられる人になってほしい」という願いも表現できますね。 「伶」の漢字を使ってぜひ素敵な名前をプレゼントしてあげてください。 【組み合わせて使われる漢字】 伶(リョウタ) 伶平(リョウヘイ) 伶(レイト) 伶一郎(レイイチロウ) など 伶(スミレ) 伶(レナ、レイナ) 伶(レナ、レイナ) 伶(レミ) など.

次の

「佑」という名前の意味!佑の漢字の男の子と女の子の名前も紹介

にんべん 夢 読み方

にんべんに有の「侑」 にんべんに有と書く漢字は「侑」です。 部首が「人(じん)」の漢字を「人部」といいます。 「人部」とは、人を部首にもつ漢字の集まりのことです。 「侑」は、人部+6画の人部6画の漢字になります。 「侑」の総画数は8画になります。 JIS漢字水準は、JIS第2水準になります。 漢字検定は漢字検定1級で、日本語能力検定は「JLPTN1」になります。 「侑」の意味には、たすける・すすめる・飲食をすすめるなどがあります。 「侑」の固有の識別コードである文字コードは、「Unicode/UCS」・「JISX0213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」にあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは、「U+4F91」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-48-50」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「007060」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+4F91」になります。 次に、「侑」の熟語・「侑」の音読みや訓読み・「侑」を含む名前を紹介します。 「侑」の熟語と訓読み・音読み にんべんに有と書く「侑」の意味には、たすける・すすめる、などがあります。 「侑」の文字を含む熟語には、侑觴・侑酒・侑食などがあります。 侑觴の読みは「イウシャウ」です。 觴(さかずき)を侑(すす)めることです。 侑酒の読みは「ゆうしゅ」です。 酒をすすめる・お酌する意味があります。 侑食の読みは「イウショク」です。 飲食の興を添えてすすめる意味があります。 「侑」の音読みは、「ウ」と「ユウ」になります。 「侑」の訓読みは、「すす(める)」・「たす(ける)」・「むく(いる)」・「ゆる(す)」になります。 次に、「侑」を含む名前を紹介します。 「侑」を含む名前 「侑」の文字を使った名前を紹介します。 男の子の「侑」を含む名前には、 ・侑(あつむ)・厚侑(あつゆき)・歩侑(あゆ)・和侑(かずゆき) ・邦侑(くにゆき)・禎侑(さだゆき)・実侑(さねゆき)・茂侑(しげゆき) ・志侑(しゅう)・思侑(しゆう)などがあります。 女の子の「侑」を含む名前には、 ・愛侑(あいゆ)・亜侑(あゆ)・吾侑(あゆ)・杏侑(あゆ)・亜侑加(あゆか) ・亜侑花(あゆか)・亜侑桂(あゆか)・亜侑可(あゆか)・亜侑子(あゆこ) ・亜侑菜(あゆな)などがあります。

次の

亻(にんべん) Chinese characters List|Japanese Kanji Dictionary

にんべん 夢 読み方

にんべんに夢の「儚」 にんべんに夢と書く漢字は「儚」です。 部首が「人(じん)」の漢字の「儚」は「人部」です。 人を部首にもつ漢字の集まりの「人部」に「儚」があります。 「儚」は、人部+13画の人部13画の漢字になります。 「儚」の総画数は15画になります。 JIS漢字水準は、JIS第2水準になります。 漢字検定は漢字検定1級になります。 「儚」の意味には、おろか・くらい・はかない・不確か・頼りにならない・長続きしないなどがあります。 「儚」の固有の識別コードである文字コードは、「Unicode/UCS」・「JISX0213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」にあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは、「U+511A」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-49-19」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「014020」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+511A」になります。 次に、「儚」の熟語・「儚」の音読みや訓読み・「儚」の使い方を紹介します。 「儚」の熟語と訓読み・音読み にんべんに夢と書く「儚」の意味は、 はかない・不確か・長続きしないなどです。 「儚」の文字を含む熟語には、「儚儚」があります。 「儚儚」の読みは「ボウボウ」です。 「儚儚(ぼうぼう)」とは、夢うつつでわけが分からなくなっている様になります。 「儚」の音読みは、「ボウ」と「モウ」になります。 「儚」の訓読みは、「くら(い)」・「はかな(い)」・「はかな(む)」になります。 次に、「儚」の使い方を紹介します。 「儚」の使い方 にんべんに夢と書く人部の漢字の「儚」の熟語には、「儚儚(ぼうぼう)」があります。 「儚」の音読みは「ボウ」・「モウ」で、訓読みは「くら(い)」・「はかな(い)」・「はかな(む)」です。 「儚」の文字を使った例を紹介します。 ・いかに儚・寂しい儚・時の儚・真実を儚・泡より儚・この世を儚・玉蜀黍は儚 ・真実を儚・泡より儚・此の儚・無力と儚・陽射しは儚・結果世を儚・人間意志の儚 ・英子に儚・私が儚・ところの儚・人間それ自身の儚・世を儚・運命の儚・彼女の儚 ・へんに儚・悩みと儚などがあります。

次の