バイカー ギャング。 アメリカンギャング15選!長い歴史を持ったり現在勢力を伸ばす犯罪組織達

マフィア・ギャングの有名集団一覧|世界に名前を轟かすグループ達!

バイカー ギャング

アメリカのカリフォルニア州には、メキシコ系アメリカ人によるストリートギャングの連合体「スレーニョス」が存在しますが、このスレーニョスの中で急拡大していると言われるのがフロレンシア13。 同じカリフォルニア州にある最大規模のギャング集団「エイティーンス・ストリートギャング」のライバルで、南ロサンゼルス郊外に拠点を持ち、両者の抗争は時に、ロサンゼルスを危険地帯してしまうほどです。 また、バージニアやアイオワといった州にもメンバーがいて、その影響力は他州にもまたがります。 ちなみに、強盗から薬物の販売、殺人にいたるまで、様々な違法行為に関わってきましたが、過去には、アメリカの軍人から武器を購入していたメンバーが捕まったなど、その影響の範囲は計り知れません。 アメリカのギャング2:エイティーンス・ストリート・ギャング (出典:) 南カリフォルニアで最もよく知られているスレーニョス・ギャングの1つであるエイティーンス・ストリート・ギャングは、ロサンゼルスで少なくとも1日に1件の強盗もしくは暴行事件を起こしていると言われる犯罪組織。 アメリカ国内で最も急速に拡大している犯罪組織の1つであり、その範囲はメリーランドからハワイまで32州にわたり、一説には全米最大とも言われます。 ゆるい繋がりではあるものの、そのメンバー数はロサンゼルスだけで2万人以上とも言われ、地元カリフォル二アでは誰もが恐るギャング集団となり、殺人、強奪、外国人の密入国、薬物の密輸、自動車の窃盗といった犯罪活動を行っています。 アメリカのギャング3:メキシカンマフィア メキシカンマフィアは、1957年にヒスパニック系のストリートギャング達によって結成されたメキシコ系アメリカ人を中心としたギャング集団で、元々はカリフォルニア州の刑務所内組織に起源を持ちます。 結成されてから着実に規模が成長し、アリゾナ、ニューメキシコ、そしてテキサスにまで手を広げてきました。 その活動は何百人もの現役の刑務所内の囚人達に共有されており、命令が下れば刑務所の看守や敵対するギャング達を殺すことも出来るとさえ言われます。 また、施設内では麻薬取引をしたり、様々な不正な金儲けを行っていることでも知られます。 さらに、その影響力は施設の外部にまで及び、過去には刑務所の中から発せられた命令によって、麻薬密売や殺人事件が起こり、構成員達が逮捕されたこともありました。 アメリカのギャング4:ロス・アステカ シカゴのストリートギャング集団の連合で、シカゴのサウスショア地区にいたギャング達をまとめるために1958年に結成されたのが、ブラック・P・ストーンズ(Black P. Stones)あるいはオールマイティー・ブラック・P・ストーン・ネーション(Almighty Black P. Stone Nation)と呼ばれるギャング集団。 時とともに、集団の中でアブドラ・マリク (改宗前の名前はジェフ・フォート)に率いられた急進的なイスラム派が生まれ、宗教的要素を多く含んでいるのが特徴。 構成員はおよそ8000人と見られ、殺人や麻薬取引を展開し、過去にはリビア政府のために米国内でテロ攻撃を行なった罪で起訴されたこともあります。 アメリカのギャング6:ジャガロ (出典:) 過激な音楽活動を行い、ジャンル的にはホラーコアやラップに分類される楽曲を提供し続けるグループ「 インセイン・クラウン・ポッシー(ICP)」には熱烈なファンが存在します。 ICPのファン達は「 ジャガロ」と呼ばれ、最初はただ気が狂って顔にペイントをしていただけであったものの、時間が経つのに合わせて、緩い組織構造と不明確な動機を持つ非伝統的なギャングのような存在になり、ついには2011年、FBIによってギャングと認定されてしまいました。 FBIによると、ジャガロメンバーの多くは薬物の所持や窃盗といった軽犯罪にしか手を染めていないものの、中には組織的な暴行事件や窃盗、強盗、薬物販売という、より深刻な犯罪活動を引き起こすこともあるとされ、今後の拡大が懸念されるに至ったのです。 アメリカのギャング7:オールマイティ・ラテン・キングス・アンド・クイーンズ・ネーション (出典:) 1940年代後半から1950年代前半にシカゴで結成された「オールマイティ・ラテン・キングス・アンド・クイーンズ・ネーション」は、徹底的に洗練された組織構造によって、アメリカ最大のヒスパニック系ギャングと呼ばれるまでになった集団。 アメリカにある34州に影響力を持ち、国内の構成員は5万人近くいるとされます。 また、その活動はアメリカを飛び越えて海外にまで波及し、世界全体で見ても最大規模のラテン系ギャング集団に成長しました。 アメリカ国内では主に、本家シカゴの派閥と東海岸の派閥に分かれていますが、構成員全員が「オールマイティ・ラテン・キングス・アンド・クイーンズ・ネーション」のメンバーになる上で求められる 宗教的美学に従っており、これを軸として場合によっては派閥を超えて協力し合いながら大規模な犯罪を行います。 アメリカのギャング8:マラ・サルバトルチャ マラ・サルバトルチャまたはMS-13と呼ばれるアメリカのギャング集団は、現在のアメリカ国内で最も危険なギャングの一つと言えるでしょう。 エルサルバドルを中心に、グアテマラやホンジュラスで生まれた人間で構成されたMS-13は、元々は中米で活動していましたが、今や国境を越えてアメリカの42州をまたぎ、アメリカ国内で非常に大きなギャング勢力となっています。 公式なリーダーがいない組織にも関わらず、メキシコの麻薬カルテルと仕事をしたり、刑務所に入っているメンバーと頻繁に連絡を取りあうなど、網の目を潜りながら活動を続けるのが得意で、FBIを最も悩ませるギャングとさえ言われます。 また、このギャングは暴力的なことで知られていて、あるギャングメンバーが車を少しブロックされただけで、相手の一家を殺害した事件も過去にありました。 情け容赦なく残忍で冷酷なのです。 ちなみに、組織の性格を現すこととして、加入を志願する人間は「 13秒間メンバーから袋叩きにされる」という儀式か課されます。 アメリカのギャング9:クリップス (出典:) 1969に黒人系アメリカ人を中心に地元のギャング集団として生まれ、今では世界最大の犯罪集団の一つにまで成長しているのがクリップス(Crips)。 コカインやマリファナの取引を行い、他にも殺人や強盗などの凶悪犯罪を行うことで恐れられています。 ちなみに、ブラッズなどの数多くのヒスパニック系のストリートギャングとライバル関係にあるクリップスは、帽子やバンダナ、その他の服装に 青色を用いることで差別化を図っていましたが、最近は取り締まりの強化によって目立ちにくい紺色の服装が主流になっています。 アメリカのギャング10:ブラッズ (出典:) 赤い服装とクリップスとのライバル関係で知られるブラッズ(Bloods)は、元々クリップスの一派でした。 1972年にブラッズを立ち上げてクリップスから分離して以降、クリップスの勢力3〜4万人に対して自らの勢力は9000前後と、数の上ではライバルに敵わないため、極端な暴力行為に出ることがしばしばあります。 アメリカのギャング11:トリニタリオス 過度に暴力的なことで知られるトリニタオスは、1980年代にニューヨークの刑務所内で結成された後、囚人たちが解放されるとすぐに街中に広まりました。 今ではニューヨークの5つの行政区と最低でも10の州に広まり、アメリカの隅から隅までこのギャングの影響が感じられます。 主にドミニカ系アメリカ人達によって構成され、ブラッズやクリップスと言った有名なアメリカンギャング達と敵対しています。 また、地元の若者達を積極的に勧誘していることでも知られます。 特徴としては、武器として銃だけでなく、中南米の人たちが農作業で使う大きな刃物「マチェテ」を使う点で、過去にはトリニタリオスに影響を受けたと思われる10代の若者によるマチェテ殺人事件も起こっています。 アメリカのギャング12:エルマーノス・デ・ピストレロス・ラティーノ エルマーノス・デ・ピストレロス・ラティーノは1980年代前半、テキサス州の更生施設で生まれ、今ではテキサスにある全ての刑務所を始め、多くのストリートで活動を続けている一大勢力のギャング集団。 また、メキシコの麻薬密輸業者と国境を越えて強い結束を固めている点でも知られます。 独自の規則や伝統を持ち、現役メンバーのズボンのライン上にしばしば見られる「等身大のピストルのタトゥー」は、生涯続くギャングメンバーの印を意味し、その忠誠心を高めています。 さらに、コカインとマリファナの巨大密輸販売組織としても知られていて、そこに武装強奪、カージャック、刑務所内ギャンブル、保証金取り立て、囚人の暴行、殺人などの犯罪行為が加わります。 ウィールズ・オブ・ソウルは黒人系アメリカ人が主なメンバーとなって、フィラデルフィアに本部を持つ全国的なバイカーギャング (オートバイに乗ったギャング集団)。 フィラデルフィアを含めた複数の州で犯罪活動を行い、また、残酷な暴力活動をすることでも知られています。 さらに、ウィールズ・オブ・ソウルは強盗や誘拐も行い、麻薬の製造、売買にも関わっているという話もあります。 アメリカのギャング14:ヘルズ・エンジェルス (出典:) 国外にも広がっているバイカーギャングであるヘルズ・エンジェルス(Hells Angels)は、1948年にカリフォルニア州のフォンタナで結成されたのが始まりで、現在は世界22ヵ国に活動範囲を広げています。 殺人、強盗、恐喝、売春、重火器及び違法薬物の密売によって収入を得ているとされ、一見すると他のギャング集団と同じようにも見えますが、実態はより複雑だと言われます。 というのも、ヘルズ・エンジェルスはただのオートバイ・クラブを公言していて、犯罪活動は各自が個人的に関わっているとしているからです。 アメリカのギャング15:モンゴルズ・モーターサイクル・クラブ (出典:) バイカーギャングとして知られるモンゴルズ・モーターサイクル・クラブ(Mongols Motorcycle Club)は、帰還兵を中心に1969年にカリフォルニア州で結成されたギャング集団。 今では世界中に活動範囲を広げ、ヘルズ・エンジェルスとの間で頻繁に起こる紛争のため、暴力集団としての悪名を轟かせています。 麻薬の密売や資金洗浄、強盗や殺人など、あらゆる犯罪行動に関与していると言われます。 合わせて読みたい世界雑学記事• アメリカのギャング15選!長い歴史を持ったり現在勢力を伸ばす犯罪組織達のまとめ アメリカで確認出来るギャング集団の中から、15の組織をピックアップして紹介してきました。 アメリカにはこれ以外にも、様々な犯罪行為を行うギャング集団が数多く存在しており、多くのギャングが活動する国家の一つとなっていたりするのです。

次の

海外ドラマのマフィア・ギャングもの5選

バイカー ギャング

「犯罪行為を重ねるのは全体の1%のバイク乗りだけだ」と批判されれば「俺達がその1%だぜ」と自ら「1%er One Percenter 」を名乗る老舗モーターサイクルクラブ「ヘルズ・エンジェルス」。 バイカーのイメージを作り上げたといっても過言ではない彼らの、1965年ごろの画像集です。 「ヘルズ・エンジェルス」は1948年のカリフォルニア州発祥のモーターサイクルクラブ(MC)。 その名は創立メンバーの一人、アーヴィッド・オルソンが所属していた にちなむものとされています。 こうしたモーターサイクルクラブの多くは合法的な活動を行なっていましたが、1960年ごろから「バイカーギャング」と呼ばれる非合法的なグループが目立つようになります。 エンジェルスもそうした犯罪者集団に成長。 今では世界中に支部を持ち「ビッグ・フォー」と呼ばれるアウトローバイカー集団となりました。 有名すぎるロゴ。 「Berdoo」はカリフォルニア州南部のサンバーナーディーノのこと。 現在の「バイカー」テイストのお手本となりました。 「チョッパー」と呼ばれるカスタム。 長いフロントフォークに、切断して形を変えたフレーム。 フェンダーも小型にカット。 「切り落とす(チョップする)」ので「チョッパー」と呼ばれます。 メンバーは白人のみ。 白人至上主義的なところもあるため、エンジェルスと対立するグループは、ヒスパニックが中心のものが多くなります。 また、女性を連れてはいるものの女性は正式なメンバーになることはできません。 警察に調べられるエンジェルス。 堅苦しい決まりから自由である、というくらいの意味での「アウトロー」から始まった彼らですが、いつしか本当に法律を破る人たちになってしまいました。 ただ、アメリカが生んだ偉大な文化の一つと言うことは確か。 いつの時代も彼らのフォロアーは尽きることはないでしょう。 ソース:.

次の

バイカー

バイカー ギャング

ヘルズ・エンジェルスのメンバー 1948年にで結成された非合法活動組織。 主な収入源は殺人、強盗、恐喝、売春、重火器及び違法薬物の密売 、現在でもカリフォルニアの地方支部は活発な活動を続けている。 クラブ名の「Hells Angels」は、が監督したを描いた映画『』 Hell's Angels に由来する。 世界中の22か国に300以上の支部を持ち、およそ10000人(下部組織も含めると20000人以上 )のメンバーが所属している。 非合法活動に関わっており、バイクに乗ったアメリカのギャング集団「アウトロー・バイカー」の組織で、1960年代の非合法、反体制活動の象徴として語られることが多い。 やの密売といった非合法活動から多くの資金を得たと見なされ、アメリカ国内の辺境部、特に南部および南西部では、ヘルズ・エンジェルスが()の生産および密売に深く関わっていたとの主張がある。 関係した多くの活動は不法なものと見なされ、いくつかの国ではクラブ自体が不法なものとされた。 ヘルズ・エンジェルスの最初の支部であるオークランド支部は特に悪名高く、その悪名はラルフ「サニー」バージャーとの関係によるものであった。 は自叙伝『 Hell's Angel: The Life and Times of Sonny Barger and the Hells Angels Motorcycle Club』を執筆し、同書は国際的なベストセラーとなった。 バージャーは刑務所で十年以上服役し、釈放後はオートバイ小説を執筆したが、結局は自社ブランドのを創立することとなった。 しかし、ヘルズ・エンジェルス自身は組織的に非合法活動を行ったのではなくクラブの個々人がそのような活動に個人的に深く関わっていたと主張し、ヘルズ・エンジェルス・オートバイ・クラブ Hells Angels Motorcycle Club, HAMC は単なるオートバイ・クラブであると公言している。 オルタモントの悲劇 [ ] 詳細は『』を参照 、カリフォルニア州で行われた主催による、らが出演したフリー・コンサートで、ヘルズ・エンジェルスは群衆整理として500ドル相当のビールを報酬として雇われた。 ストーンズが「アンダー・マイ・サム」を演奏しているとき、エンジェルスのメンバー、によって黒人青年のが殺害された( ())。 パサーロはその後、正当防衛(ハンターが銃を持ちステージに向けていたため)として釈放された。 ヘルズ・エンジェルスはコンサート後、メディアの注目を集めることとなった。 自身の活動を正当化し、事件におけるHAMCの立場を説明するためサニー・バージャーはカリフォルニアの地方ラジオ局に出演した。 彼は群衆がヘルズ・エンジェルスのオートバイを破壊した後は単に暴力がスタートするだけだと主張した。 1960年代、エンジェルスは海外で紛争中のに対して「奉仕」を申し入れた。 アメリカ軍はエンジェルスの申し入れを取り上げなかったが、カウンター・カルチャーの理想として彼らを認めていた大衆はこの申し入れを裏切り行為として見なすようになった。 で行われたベトナム・デイ・コミッティー行進のデモ参加者をヘルズ・エンジェルスが攻撃すると、彼らと対立する反戦文化グループとの反目はより具体的な暴力事件として明らかになった。 反戦団体「ジョン・ブラウン・ブレザレン」の6人のメンバーはカリフォルニア州でエンジェルスを攻撃し、4名を殺害した。 この事件の一部は1970年の映画『 ()』 に記録されている。 『』の「ヘルス・エンジェルズ」ではヘルス・エンジェルズ役のがアップルの用心棒になり、スティッグ・オハラ のパロディ に暴力を振った。 顔をハンカチで覆い痛そうな顔して担架に乗っているスティッグが映し出される。 カナダ支部 [ ] 紙が報じるところによれば、はアメリカ合衆国を含む他の国に比べて最も多くのヘルズ・エンジェルスのメンバーが存在するという。 ヘルズ・エンジェルスは1970年代ににおいて最初のカナダ支部を設立した。 1990年代に同じケベック州に拠点を置くロック・マシーンと抗争になっていた他、の多人種とは協定を結んでいた。 オランダ支部 [ ] はのにある高級で、オーナーはヨーロッパの麻薬王であったクラース・ブルインスマであった。 売春婦らは新聞などで募集され、中には学生もいたという。 1990年にブルインスマとその仲間であるロイ・アトキンスは、クラブで銃撃戦を行った。 原因は彼らがマフィアの思惑通りにならなかったためであった。 銃撃戦では誰も負傷せずに済んだものの、誰も警察には何も言わなかった。 その後アトキンスは殺害され、ブルインスマは翌91年に射殺された。 ヤブ・ヤムは彼の仲間サム・クレッパー、ジョン・ミーレメットとオランダのヘルズ・エンジェルスが引き継ぐことになった。 クレッパーは2000年に殺害され、ミーレメットは2002年に殺害されかけたがこれを乗り切ったものの、2005年に殺害された。 ヤブ・ヤムがヘルズ・エンジェルスとマフィアによって長い間経営されていたことが明らかになったのは、2006年の新聞2紙の記事によるものであった。 アムステルダムの市議会は2007年12月にヤブ・ヤムの認可を取り消した。 ヤブ・ヤムはこれを不服として訴えを起こしたものの、店は2008年1月7日に閉店した。 対ディズニー訴訟 [ ] 2007年3月、ヘルズ・エンジェルスは侵害でを訴えた。 訴えによれば、映画『』において、ディズニー・フィルムが許可無くヘルズ・エンジェルス・モーターサイクル社という社名とロゴを使用したとする。 映画は、、、らが出演し、彼ら中年グループがバイクを乗り回すという内容である。 脚注 [ ].

次の