読書 感想 文 中学生 おすすめ。 中学生の読書感想文におすすめの本ランキングTOP13

中学生の読書感想文 本のおすすめは?選んではいけない本も紹介!

読書 感想 文 中学生 おすすめ

出版当時、ベストセラーになったお笑い芸人の麒麟・田村さんの自叙伝です。 家も保護者もないホームレス中学生…… 本を読んでいる自分と対比させればスラスラと筆も進むと思います。 日常の大切さ、親兄弟や周囲の人たちの愛情の尊さなどに気付かされる一冊です。 主人公は中学生よりも一つ年下の小学六年生。 小学生最後の夏休みを過ごす少年たちとおじいさんの物語です。 夏休みの宿題にぴったりですね。 生きること、死ぬことについて考えさせられます。 主人公は中学生になった女の子です。 読書感想文の本としては定番ですが名作なのは間違いありません。 「いちばん大切なのは、意志の力。 自分で決める力、自分で決めたことをやり遂げる力」生きるのに大切なことを教えてくれます。 中学生という多感な時期の女の子には特におすすめの本です。 この本は戦争、広島の原爆について書かれています。 戦争の悲惨さ、戦争後も苦しむ人々の姿が日記調で描かれています。 題材が暗く、中学生には少し取っつきにくいかもしれませんが、この機会にぜひ一読して欲しい本です。 文章量はかなりありますが、映画と合わせて読むと分かりやすいと思います。 14歳の少女が書いた日記をまとめたものですが、本を読んでいる中学生と変わらない年齢なので共感できる部分や、今現在の自分の境遇と比べて考えさせられることも多いと思います。 実は前述した「ホームレス中学生」「西の魔女が死んだ」「夏の庭」「黒い雨」なども映像化されています。 「君の膵臓をたべたい」という題名は読んでみたいと思わせるインパクトがありますね。 心の成長や生きるということが描かれた恋愛青春小説で、中学生でもすらすらと読めるでしょう。 アニメを見ず小説だけでも楽しめますが、合わせて見るとより分かりやすく、頭に映像が浮かびやすくなると思います。 美しい情景描写と切ない恋の物語です。

次の

中学生の読書感想文 本のおすすめは?選んではいけない本も紹介!

読書 感想 文 中学生 おすすめ

こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、「 聖 さとし の青春」です。 若くして亡くなった将棋の棋士を、描いた ノンフィクション作品でとてもリアリティが有り、あっという間に読んでしまいますよ。 2016年の秋に映画化がされ、今年の読書感想文にも人気があります。 物語は、将棋棋士として有名な、 羽生善治名人と並んで天才と称された、 村山 聖さんの生涯が描かれています。 筆者もご本人と交流があったので、細かい描写まで描かれています。 将棋に興味がない方でも、 天才と称された方の考え方や 思考・哲学が知れる中学生の読書感想文におすすめの本です。 この世でいちばん大事な「カネ」の話|中学生の読書感想文におすすめ3 こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、「 この世でいちばん大事な「カネ」の話」です。 物語の主人公である、貧乏な街で育った作者の西原さんは、「 貧乏は病気だ」と言い切ってしまうほど小さな頃から貧乏に苦しでいました。 物語の内容は、実の父はアルコール依存症で西原さんが物心がつく前に、ドブにはまって死んでしまいました。 新しいお父さんはギャンブルに狂い、お母さんの貯金まで手を付けるようになってしまいます。 あんなに優しかったお母さんも、気持ちが荒んでしまっていつも怒ってる人になってしまった。 周りの子も全員貧乏で、不良ばかり、物を盗み、シンナーを吸い、人の物を借りパクする女の子がいる。 そのうち 『貧乏』と『暴力』は、 仲良しだということを知った筆者が、荒んだ過去から描いた原風景は大人の一面を知れるキッカケになる中学生の読書感想文におすすめの本です。 こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、「 杜子春 とししゅん 」です。 国語の教科書に必ず出てくる、 芥川龍之介の短編小説です。 テレビアニメとして映像化され、子供にも理解が及びやすい様に、アレンジされた小説でとても読み易い内容に仕上がっています。 物語の内容は、主人公である杜子春が、仙人になる修行のため口を開かないよう指示されます。 何があっても口を開かなった主人公は、虎や蛇に襲われたり、地獄へ突き落とされてもその指示を守り通していました。 しかし、自身の母が畜生道に堕とされて、鬼にひどい仕打ちを受けている姿を見て主人公は思わず・・・。 この続きは、作品で確認下さい! 芥川龍之介の作品に触れれる、中学生の読書感想文におすすめの本です。 夜のピクニック|中学生の読書感想文におすすめ5 こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、朝井リョウの小説「 桐島、部活やめるってよ」です。 2012年に映画化され、今を煌めく若手俳優や女優が出演し 日本の主演映画を総なめ受賞した事でも、とても有名ですよね。 物語の内容は、男子バレーボール部の桐島が、部活を辞めるという出来事をキッカケに、同級生たちの身に起きる些細な変化を描いたお話です。 それぞれの生徒が属する、スクールカーストや、同じ仲良しグループに属する生徒同士の人間関係などが、丹念に描かれています。 学園生活を中心に描いた物語は、中学生の心にスッと入ってくる、中学生の読書感想文におすすめの本です。 西の魔女が死んだ|中学生の読書感想文におすすめ7 こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、「 蜘蛛の糸」です。 芥川龍之介の代表的な短編小説で、学校の国語の授業で習った事がある方も数多くいらっしゃると思います。 蜘蛛の糸は児童向けに書いてありますが、小学生の子供には、その描写があまりにもリアルで恐怖心を感じる事があると思います。 非常に読み易い内容かつ、 日本が生んだ名作・代表作なので一度は読んで下さいね。 極楽と地獄の概念が、どういったものか絵を使って描かれた、中学生の読書感想文におすすめの本です。 こちらの記事を読まれた方は、下記の記事も参考にしています。 だからこそ、少しでも読み易く、 共感し易い書籍をご両親と共に一緒に選んで下さいね。 今は個人メディアの時代とも言われ、 自らの言葉で情報や意見を 発信できる時代になっています。 読書感想文と通じて、人間の心情や言葉使い、何より自分で考えるという思考を身に付けて下さいね。 今回は、 中学生の読書感想文におすすめの本15選を紹介しました。

次の

読書感想文の本でオススメは?感想が書きやすいものや短編もご紹介!

読書 感想 文 中学生 おすすめ

こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、「 聖 さとし の青春」です。 若くして亡くなった将棋の棋士を、描いた ノンフィクション作品でとてもリアリティが有り、あっという間に読んでしまいますよ。 2016年の秋に映画化がされ、今年の読書感想文にも人気があります。 物語は、将棋棋士として有名な、 羽生善治名人と並んで天才と称された、 村山 聖さんの生涯が描かれています。 筆者もご本人と交流があったので、細かい描写まで描かれています。 将棋に興味がない方でも、 天才と称された方の考え方や 思考・哲学が知れる中学生の読書感想文におすすめの本です。 この世でいちばん大事な「カネ」の話|中学生の読書感想文におすすめ3 こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、「 この世でいちばん大事な「カネ」の話」です。 物語の主人公である、貧乏な街で育った作者の西原さんは、「 貧乏は病気だ」と言い切ってしまうほど小さな頃から貧乏に苦しでいました。 物語の内容は、実の父はアルコール依存症で西原さんが物心がつく前に、ドブにはまって死んでしまいました。 新しいお父さんはギャンブルに狂い、お母さんの貯金まで手を付けるようになってしまいます。 あんなに優しかったお母さんも、気持ちが荒んでしまっていつも怒ってる人になってしまった。 周りの子も全員貧乏で、不良ばかり、物を盗み、シンナーを吸い、人の物を借りパクする女の子がいる。 そのうち 『貧乏』と『暴力』は、 仲良しだということを知った筆者が、荒んだ過去から描いた原風景は大人の一面を知れるキッカケになる中学生の読書感想文におすすめの本です。 こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、「 杜子春 とししゅん 」です。 国語の教科書に必ず出てくる、 芥川龍之介の短編小説です。 テレビアニメとして映像化され、子供にも理解が及びやすい様に、アレンジされた小説でとても読み易い内容に仕上がっています。 物語の内容は、主人公である杜子春が、仙人になる修行のため口を開かないよう指示されます。 何があっても口を開かなった主人公は、虎や蛇に襲われたり、地獄へ突き落とされてもその指示を守り通していました。 しかし、自身の母が畜生道に堕とされて、鬼にひどい仕打ちを受けている姿を見て主人公は思わず・・・。 この続きは、作品で確認下さい! 芥川龍之介の作品に触れれる、中学生の読書感想文におすすめの本です。 夜のピクニック|中学生の読書感想文におすすめ5 こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、朝井リョウの小説「 桐島、部活やめるってよ」です。 2012年に映画化され、今を煌めく若手俳優や女優が出演し 日本の主演映画を総なめ受賞した事でも、とても有名ですよね。 物語の内容は、男子バレーボール部の桐島が、部活を辞めるという出来事をキッカケに、同級生たちの身に起きる些細な変化を描いたお話です。 それぞれの生徒が属する、スクールカーストや、同じ仲良しグループに属する生徒同士の人間関係などが、丹念に描かれています。 学園生活を中心に描いた物語は、中学生の心にスッと入ってくる、中学生の読書感想文におすすめの本です。 西の魔女が死んだ|中学生の読書感想文におすすめ7 こちらの 中学生の読書感想文におすすめの本は、「 蜘蛛の糸」です。 芥川龍之介の代表的な短編小説で、学校の国語の授業で習った事がある方も数多くいらっしゃると思います。 蜘蛛の糸は児童向けに書いてありますが、小学生の子供には、その描写があまりにもリアルで恐怖心を感じる事があると思います。 非常に読み易い内容かつ、 日本が生んだ名作・代表作なので一度は読んで下さいね。 極楽と地獄の概念が、どういったものか絵を使って描かれた、中学生の読書感想文におすすめの本です。 こちらの記事を読まれた方は、下記の記事も参考にしています。 だからこそ、少しでも読み易く、 共感し易い書籍をご両親と共に一緒に選んで下さいね。 今は個人メディアの時代とも言われ、 自らの言葉で情報や意見を 発信できる時代になっています。 読書感想文と通じて、人間の心情や言葉使い、何より自分で考えるという思考を身に付けて下さいね。 今回は、 中学生の読書感想文におすすめの本15選を紹介しました。

次の