スメタナ について。 学校の、音楽の宿題でスメタナについて調べてくる。というもの...

スメタナとは

スメタナ について

モルダウ・・・スメタナについてご存知ですか? 皆様 、『モルダウ』は学生時代に合唱したり、オケでもやる機会が多い曲なので多くの方がご存知だと思います。 でも、作曲者スメタナ、曲が生まれた時代背景などは余り知られていないのではないでしょうか? 何とこのたび私は、『モルダウ』のライナーノートを某オーケストラの為に書くことになりました・・・ 物書き 初仕事です。 せっかくですので、あつかましくも 『モルダウ』と『スメタナ』について皆様に教えちゃいます。 長文で退屈かと思いますが、我慢して読んでウンチクにして頂ければ幸いです! チェコ国民楽派の開祖とされる作曲者のスメタナは、1824年ボヘミア北部のリトミシュルでビール醸造技師の息子として生まれ、若い頃にピアノとヴァイオリンを学び、音楽を学ぶためにブラハヘ卦いた。 彼は、ある貴族家の音楽教師の座を獲得し作曲家フランツ・リストからの資金援助を受け、24歳にして彼自身の音楽学校を設立。 順風満帆、才能に溢れたスメタナだったが50歳の時に梅毒に起因して中途失聴者となる。 そしてスメタナが作曲活動の拠点にした、プラハのあるチェコスロバキアだが1918年オーストリア=ハンガリー帝国から独立する。 しかし、その後もナチスドイツ、ハンガリーなどの占領下にあり、第二次世界大戦後もクーデターが繰り返され悲惨な歴史を重ねつつ、1992年にチェコ共和国とスロバキア共和国に分かれ現在に至る。 そんな抑圧され荒廃した社会情勢の中、聴力を失った辛い晩年にもかかわらず、スメタナは決してあきらめる事なく迫りくる自らの死影に立ち向かいながらも、作曲活動を続け連作交響詩『わが祖国』を完成させた。 中でもニ曲目の『モルダウ』(Moldau,ドイツ語名)は一連の交響詩群の中で最も知られた作品である。 ヴルタヴァ川(モルダウ川)の、源流近くからプラハを流れ、エルベ川へ合流するまでの様子が描かれている。 楽曲の最終部分には、第1曲「ヴィシェフラド」の一節も組み込まれ、スメタナの故郷を思う強い気持ちが随所に現れている。 勇気を振り絞り果敢に作曲を続けたスメタナだが、1884年に病の進行による脳障害により正気を失い、プラハの精神病院へ収容され、この地で60年の生涯を閉じた。 尚、『モルダウ』の最初の主題は、歌詞をつけて合唱曲や歌曲にも編曲されており、ドヴォルザークの交響曲第九番『新世界より』による「遠き山に日は落ちて」と共に、日本音楽に溶け込んだボヘミア音楽一つである。

次の

モルダウ スメタナ「我が祖国」解説と試聴

スメタナ について

ドイツ語名Friedrich Smetanaでも知られる。 若い頃にピアノとヴァイオリンを学び、家族の参加していた趣味的な弦楽四重奏団で演奏していた。 父親の抵抗にも拘らず、音楽を学ぶためにプラハへ赴いたスメタナは、ある貴族の家の音楽教師の座を獲得し、1848年には作曲家リストからの資金援助を受け、彼自身の音楽学校を設立した。 1874年に梅毒に起因して中途失聴者となるが、作曲活動を続け、この出来事の後に書かれた代表的な作品に『わが祖国』がある。 1884年にスメタナは梅毒の進行による脳障害により正気を失い、プラハの精神病院へ収容され、この地で生涯を終えた。 ヴィシェフラットの民族墓地に葬られている。 スメタナは、明確にチェコの個性の現れた音楽を書いた最初の作曲家であるといわれる。 そのため、チェコ国民楽派の開祖とされる。 彼の歌劇の多くは、チェコの題材に基いており、中でも『売られた花嫁』は喜劇として最もよく知られている。 彼は、チェコの民俗舞踊のリズムを多用し、また、彼の書いた旋律は時として民謡を彷彿とさせる。 彼は、同じ様にチェコの題材をその作品中に用いた作曲家として知られる アントニン・ドヴォルザークに大きな影響を与えた。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

次の

いろいろ使えるスメタナ!【はじめて作るロシア料理】

スメタナ について

作曲家:ベドルジハ・スメタナ Bedrich Smetana ベドルジハ・スメタナ(またはベドジフ・スメタナ ベトルジヒ・スメタナ、チェコ語: Bedrich Smetana 1824年3月2日 - 1884年5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。 ドイツ語名のフリードリヒ・スメタナ Friedrich Smetana でも知られる。 スメタナは、当時、オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア帝国)によって支配されていたチェコの独立国家への願望、チェコ民族主義と密接に関係する国民楽派を発展させた先駆者である。 そのため祖国チェコにおいては、広くチェコ音楽の祖とみなされている。 国際的には、6つの交響詩から成る『わが祖国』と、オペラ『売られた花嫁』、弦楽四重奏曲『弦楽四重奏曲第1番 「わが生涯より」』で知られる。 『わが祖国』は、スメタナの祖国であるチェコの歴史、伝説、風景を描写した作品で、第2曲の「ヴルタヴァ」(モルダウ)が特に著名である。 スメタナは、元々ピアニストとして才能を発揮しており、6歳の時には既にピアノ公演も経験している。 通常の学業を修めたのち、彼はプラハでヨゼフ・プロクシュの下で音楽を学んだ。 彼の最初の民族主義的な楽曲は、彼もわずかに関係した1848年プラハ反乱の中で書かれた。 しかし、この時期にはプラハで成功することはなく、スメタナはスウェーデンへと移住した。 移住先のスウェーデン・ヨーテボリで、スメタナは音楽教師、聖歌隊指揮者として著名になった。 また、この頃から規模の大きいオーケストラ音楽の作曲を開始している。 1860年代初頭、これまで中央集権的なオーストリア帝国政府のボヘミア(チェコ)への政治姿勢が自由主義的なものへと変化しつつあったことから、スメタナはプラハへと戻った。 プラハに戻ってからは、チェコオペラという新たなジャンルの最も優れた作曲家として、人生を過ごした。 1866年に、スメタナ初のオペラ作品『ボヘミアのブランデンブルク人』と『売られた花嫁』が、プラハの仮劇場で初演されている。 前述のように、後者は後に大きな人気を得ることになる。 同年には、スメタナは同劇場の指揮者に就任しているが、彼の指揮者ぶりは論争の的となった。 プラハの音楽関係者たちのある派閥は、彼を「チェコのオペラスタイルの発展とは反目するフランツ・リストやリヒャルト・ワーグナーの前衛的なアイデアを用いる指揮者」であると考えていた。 その対立はスメタナの創作業にも暗い影を落としたばかりか、健康状態をも急速に悪化させた。 最終的に健康状態の悪化が原因で、1874年にスメタナは同劇場の職を辞している。 仮劇場を辞した1874年の末頃になると、スメタナは完全に失聴してしまうが、その一方で劇場の義務と、それに関連する論争からは解放された。 この後、スメタナは残りの人生のほとんどを作曲に費やすようになる。 彼のチェコ音楽への貢献は、ますます著名になり大きな名声を得ることになった。 しかし精神を蝕む病に侵されたことから、1884年には保護施設へと収監され、それから間もなく亡くなった。 現在でも、チェコにおいては、スメタナはチェコ音楽の創始者として広く知られており、彼の同世代たちと後継者たちよりも上に位置付けられている。 しかしながら、スメタナの作品はその内の少数が国際的に知られるのみで、チェコ国外においては、アントニン・レオポルト・ドヴォルザークがより重要なチェコの作曲家であるとされることが多い。 音楽 ニューマーチによると、スメタナが作り上げた芸術の基礎にあるものは、民族主義とリアリズム、ロマン主義である。 スメタナの後期のすべての音楽の中に通じる特徴として、叙情的な性質を挙げることができる。 オペラを除くスメタナの著名な作品すべては、プログラムのために書かれており、その多くが、明確に自叙伝体である。 スメタナの擁護者たちは、スメタナが主に影響を受けたのは、フランツ・リストやリヒャルト・ワーグナー、エクトル・ベルリオーズら、先進的であると認識されていた作曲家たちであると考えている。 しかし、そのように主張する人々は、しばしばジョアキーノ・ロッシーニやガエターノ・ドニゼッティ、ジュゼッペ・ヴェルディ、ジャコモ・マイアベーアらのような、伝統的な作曲家からの影響を軽視することがある。 ピアノ曲 ヨーテボリへ旅立つ前にスメタナが作曲したほとんどの作品がピアノ曲である。 この初期に作曲されたいくつかの作品は、音楽史家のハロルド・C・ショーンバーグによって、「リストの影響を受けた、仰々しい美辞麗句の名手」との評価を下されている。 しかしながら、ヨゼフ・プロクシュの下で、スメタナは、より上達し、1846年に作曲した『ピアノソナタ ト短調』と『ポルカ』でその成長を見せている。 1848年に発表した、『6つの性格的な小品』はリストに捧げられ、リストは同曲について、「the most outstanding, finely felt and finely finished pieces that have recently come to my note. 」と述べている。 この時期のスメタナは、フレデリック・ショパンの前奏曲の様式に従った、全ての長調と短調を用いた短い小品による、いわゆる「アルバムの綴り」と呼ばれる作品集を計画していた。 この計画は、やや混乱することになった。 それは、各曲の作曲は終了したものの、いくつかの調性が繰り返され、いくつかの調性が現れなくなっていた。 スメタナがヨーテボリから帰国した後は、スメタナはチェコオペラの開拓に主眼を置くようになってしまい、13年間ピアノ曲の作曲を行っていない。 スメタナは最後の10年間で、3つの充実したピアノ曲集を作曲している。 1つ目が、1875年に発表された、『夢-6つの性格的小品』である。 この楽曲は、ロベルト・シューマンや、ショパン、リストらのような1840年代の作曲家達をモデルにしたオマージュであり、医療費を賄うために金銭的に苦労していた、かつての弟子に捧げられた[114]。 そして、残り2つの曲集は、『チェコ舞曲集』の第1集と第2集である。 第1集が1877年、第2集は1879年に発表された。 第1集発表時には、出版社に対して、「ショパンがマズルカでのように、ポルカを理想的に表現する」という目的を持っていた。 第2集では、チェコの人々が知っているであろう"チェコに実際に存在する踊りの"タイトルが各曲につけられている。 声楽曲と合唱曲 スメタナの初期の歌曲は、ドイツ語の歌詞で、1人の歌手が歌う形式のものであった。 1848年に『自由の歌』を発表してから、ヨーテボリに滞在するようになるまでの間、スメタナは完全な合唱曲を書くことなかった。 ヨーテボリに滞在した後、Hlahol合唱協会のために数多くの楽曲を作曲するまで、完全な合唱曲を書くことはなかった。 Hlahol合唱協会のために作曲された楽曲のほとんどが、無伴奏の男声歌曲であった。 スメタナの合唱曲は、一般的に民族主義的性質であるとされる。 また、スケールも、反乱軍で同志であり友人でもあったカレル・ハヴリーチェク・ボロフスキーの死の後に書かれた、『祝典合唱曲』のような短い作品から、合唱ドラマの性質を持つ、『海の歌』のような楽曲まで幅広い。 スメタナの人生がおわにり近づくにつれて、スメタナはシンプルな楽曲を作曲する方向に回帰する。 この時期の作品としては、『夕べの歌』と題された5曲で、詩人のヴィーチェスラフ・ハーレク(英語版)の詩を使っている。 完成した最後の楽曲である、『われらの歌』では、4曲の最後にJosef Srb-Debrnovによる文章に楽曲が付けられている。 スメタナの健康状態にかかわらず、これは、チェコの音楽とダンスによる明るい祝賀曲となっている。 この楽曲は、長年の間失われていたが、1924年に再発見され、再発見後に初演された唯一の作品である。 室内楽曲 少年時代の、ヴァイオリンとピアノのための幻想曲以降、スメタナが作曲した重奏曲は4曲のみである。 しかしながら、これらそれぞれが、深い個人的な意義がある作品である。 1855年発表の『ピアノ三重奏曲 ト短調』は、娘であるベドジーシカの死の後に書かれた作品で、全体の曲調は哀調的である。 様式は、ロベルト・シューマンに近く、リストの影響も垣間見られる。 この後、スメタナが、次の室内楽曲を作曲するまでに20年の歳月が経過している。 1876年に『弦楽四重奏曲第1番 ホ短調「わが生涯より」』を発表。 同曲は、副題からも推察されるように、自叙伝的な性質を持っており、作曲者であるスメタナの芸術に対する若々しい情熱や、彼の友情や恋が描かれている。 しかし、最終楽章では、その雰囲気を一転させ、不吉な弦楽器のトレモロを用い、長く高いEを用いて、彼の難聴の発症が表現されている。 医師からの音楽活動の休止の忠告を無視して1882年から1883年の間に作曲された『弦楽四重奏曲第2番 ニ短調』は、短い時間を見つけては作曲していた作品で、「聴力を失った男の音楽の渦」である。 この曲は、スメタナの人生の挫折を表現しているが、完全に陰鬱なわけではなく、明るいポルカも含まれている。 この作品は、スメタナ最晩年の作品の一つである。 2つの弦楽四重奏曲の間には、スメタナは、ヴァイオリンとピアノの二重奏曲『わが故郷から』を作曲している。 同曲は、チェコの民俗音楽と強いかかわりのある陽気さと陰鬱さを混合させた作品となっている。 管弦楽曲 スメタナ自身は、最初に発表した大規模な管弦楽曲、『祝典序曲 ニ長調』の出来に満足しておらず、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンやフェリックス・メンデルスゾーン、カール・マリア・フォン・ウェーバー、ベルリオーズらの作品の一節を研究し、1853年に『祝典交響曲』を作曲した。 この曲は、ローザ・ニューマーチから、「ハプスブルク家の姫君への祝婚歌」であると酷評されている一方で、スメタナの伝記作家であるブライアン・ラージ(英語版)は、この曲の中の多くが、作曲者のより円熟した仕事を特徴づけていると考えている。 皇帝から受け取りを拒否された交響曲であり、その初演は生ぬるい反応をされたにも関わらず、スメタナはこの曲を破棄することはしなかった。 この曲は、1860年のヨーテボリでは好評を博し、改訂版が1882年にプラハで上演されている。 この際には、"勝利"に当たる部分を抜いたタイトルで、アドルフ・チェフの指揮で行われた。 そのため、今日では、この作品はしばしば祝典交響曲と呼ばれる。 スメタナが、ヴァイマルでリストに会った1857年夏、スメタナはリスト作曲の『ファウスト交響曲』と『交響詩 理想』を聞き、スメタナの管弦楽曲の構成の方針転換のきっかけとなった。 これらの作品は、スメタナに、管弦楽曲構成に関係する作曲上の多くの問題の解答をスメタナにもたらした。 更に、これらの作品は、スメタナに単純な音楽による装飾よりも、音楽と文章の間の統合によって、文学的な主題を表現するための手法を提示した。 これらの見識は、スメタナにヨーテボリで3つの交響詩、『リチャード三世』、『ヴァレンシュタインの陣営』、『ハーコン・ヤルル』を書くことを可能にした。 これらの楽曲において、スメタナは、主にサロンピースの作曲家から、現代的な新ロマン主義の作曲家へと変貌を遂げ、大規模編成の扱いが可能になり、最新の音楽概念を実行に移すことができるまでになった。 1862年から、スメタナはかなりの部分をオペラに費やし、いくつかの短い作品を除いて、1872年に、『わが祖国』の作曲を始めるまで、純粋なオーケストラ曲に戻ることはなかった。 彼の正規版スコアの冒頭で、フランチシェック・バルトルは、『わが祖国』とオペラ『リブシェ』を、「民族闘争達成の直接的なシンボル」としてひとくくりに扱っている。 『わが祖国』は、スメタナの円熟した大規模な作品としては最初の作品で、文章からは独立しており、以前のスメタナの作品よりも、その作品のアイデアは大胆なものとなっている。 音楽研究家のジョン・クラップハムは、その曲集について、『チェコの歴史と伝説、チェコの風景の印象の断面図であり、加えて・・・国家の偉大さや精神に対するスメタナの見解を生き生きと我々に伝えている』と述べている。 ニューマーチによれば、その民族主義的な連想にもかかわらず、この曲は、『売られた花嫁』の序曲を除く他のスメタナのどの曲よりも、スメタナの名前をはるか高みへと引き上げた。 スメタナは、『わが祖国』をプラハの街に捧げた。 この曲が1882年11月に初演された後、この曲はチェコ国家様式を正真正銘に表現しているとして、チェコの音楽愛好者たちから絶賛された。 その中でも、第2曲目、プラハを通りエルベ川へと注ぐヴルタヴァ川を描写している「ヴルタヴァ」(ドイツ語名のモルダウとしても著名)は、スメタナの管弦楽曲の中でも最も知られ、国際的にも高い人気を誇る作品となった。 歌劇 スメタナは、実質的にフランティシェク・シュクロウプに端を発するチェコオペラの断片を知らなかった。 そもそも、シュクロウプの作品は、1回か2回の上演を超えて上演され続けるものはほとんどなかった。 新たなる基準を作り上げるという課題の中で、彼の自国語とのつながりを確立するために、伝統的な民俗音楽を使うよりも、スメタナは彼の若い時代に著名だったダンス音楽、特にポルカを使うようになった。 スメタナは、存在するヨーロッパの文化、特にスラヴ文化やフランス文化を描いた。 しかしながら、アンサンブルと合唱を彼のスコアの基礎にするため、極一部にアリアを利用している。 ワーグナーが再構築したオペラのジャンルの後継者であり、スメタナはそれがオペラの救済になると考えていた。 しかしながら、スメタナは過度のワグネリズムであるという非難を一蹴し、十分に「スメタニズム」に占められていると主張した。 最初の4つのオペラの主な"愛国的"性格は、後に書かれたオペラにおいては、叙情的なロマンティシズムによってより強化されている。 特に最後のオペラ3作品は、スメタナが病に伏せていた時期に作曲された。 その最後の3作品中、最初に書かれた『口づけ』は、スメタナが苦痛を伴う薬物治療を受けていた時期に書かれたもので、ニューマーチに澄み渡った美しさを持つ作品であると評されている。 この作品の中では、涙と笑顔がスコアを通して、代わる代わる現れる。 『口づけ』の台本作家は、若きフェミニストのエリシュカ・クラースノホルスカーである。 彼女は、スメタナの最後のオペラ2作品の台本も手掛けている。 彼女は、病に臥せっているスメタナの優位に立っていた。 事実、スメタナは、主題や、声の性質やソロ、デュエット、アンサンブルの間のバランスなどについて、何一つ意見をしていない。 それにも関わらず、スメタナのチェコ語の熟達は、オペラでの言葉の使い方が、初期のオペラよりもさらに洗練されてきたことを示している一方で、評論家たちはこれらの作品について、スメタナの力の衰えをいくつかの部分で指摘している。 スメタナの8作のオペラは、チェコオペラの根本を作り上げたが、その中でも『売られた花嫁』が、スメタナの出身地外において、上演されるだけである。 1892年にウィーンで上演され、更に1895年にはロンドンでも上演されるなど、『売られた花嫁』は、急速に世界中の主なオペラ場におけるレパートリーの一つとなった。 ニューマーチは、『売られた花嫁』は、"本当の宝石"ではないが、それでも"その宝石のように、完璧にカットされ磨かれた石"であると述べている。 『売られた花嫁』の中でも特に知られる序曲は、リブレットの草稿をスメタナが受け取る前にピアノ曲として作曲されたものである。 この序曲をニューマーチは、"その向こう見ずな快活さによって、私たちの歩みを鼓舞する"と述べている。 クラップハムは、これはオペラの歴史全体における先例の要素は少ないと考えている。 スメタナ自身は、後に、自身の業績を軽視する傾向を示しており、「『売られた花嫁』は、単によどみなく書かれた子供の遊びだ。 」と述べている。 ドイツの評論家、ウィリアム・リッターの視点によると、スメタナの創作力は、3作目のオペラ『ダリボル』で頂点に達したと考えられている。 受容 スメタナの出身地においても、一般的な人々にスメタナが認知されるのには時間がかかった。 若き作曲家でありピアニストとして、スメタナは、プラハの音楽サークルの中で認知され、リストやプロクシュらのような音楽家には認められる存在であったが、一般聴衆の認知の欠落は、自身に課したスウェーデンへの出国に隠れた重要な事実であった。 帰国後、スメタナは特に真剣に考えられることもなく、新作楽曲の聴衆を集めるのにも苦労することになった。 そのため、空に近いホールでの上演や、それと大差ない1862年1月のZofin島における『リチャード三世』と『ヴァレンシュタインの陣営』の演奏会の後、彼の"名誉なき預言者"と評された。 スメタナ最初の記録すべき公での成功は、スメタナ最初のオペラ『ボヘミアのブランデンブルク人』の1866年の上演である。 この時、スメタナは既に42歳になっていた。 彼の2作目のオペラ『売られた花嫁』の初演は、普墺戦争の開戦目前という不運な時期に行われたが、その後、今でも人気を得る大成功となった。 それまでとは異なるスタイルのオペラである3作目『ダリボル』は、ワーグナーの音楽ドラマに近く、聴衆にはたやすく理解することができず、チェコオペラは民俗音楽をベースにするべきであると信じきっている評論家たちからは、激しい非難にさらされることとなった。 『ダリボル』は、数回の上演を行っただけで、その後は姿を消した。 それ以来、仮劇場の指揮者というスメタナの地位に付随する陰謀は、彼の創造的な作品が発表される1874年まで制限されることになった。 ただし、『ダリボル』はスメタナが死去してから、2年が経過した1886年に復活公演がなされると、成功を収めている。 1890年代には、ザグレブ、ミュンヘン、ハンブルクでも上演された。 作曲家であり指揮者でもあったグスタフ・マーラーは、1892年にウィーンにおいて、ダリボルの指揮を行っている。 スメタナ最後の10年は、体調の悪化に関わらず、彼の音楽家人生の中でも最も実り多い時期であり、スメタナは、遅くはなったものの、国家的に認知された。 彼の後期のオペラ、『二人のやもめ』と『秘密』は、熱烈な歓迎を受けたが、『口づけ』は"圧倒的な喝采"で歓迎された。 儀式的なオペラ『リブシェ』は、スメタナへの轟くような喝采に迎えられている。 この頃(1881年)、スメタナの音楽に関する論争は減っており、一般には、チェコ音楽の創始者としての名誉ある人であると認知されてきていた。 それにもかかわらず、明らかにリハーサル不足であった『悪魔の壁』の1882年10月に行われた上演は、混沌としたものとなった。 そして、スメタナは、"恥辱と落胆"を感じながら離れることになった。 しかし、同年11月に行われた、『わが祖国』の全曲初演に続いて送られた喝采によって、この失望がすぐに和らげることとなった。 "誰もが立ちあがり、鳴り止まない喝采の嵐が、6つの楽曲ごとに繰り返された... 「ブラニーク」(最終楽曲)の最後には、聴衆はそれ自体を忘れ、人々は作曲家と挨拶をして別れることができなかった。 " 人物と評判 スメタナの伝記作家は、スメタナを身体的に虚弱で外見も印象的ではなかったが、若いときには少なくとも、彼は、女性が明らかに魅力を感じるjoie-de-vivreを持っていたと述べている。 彼はまた激しやすく、多情多感で、頑固な人物であった。 これらが、スメタナにビール醸造者か公務員になることを望んだ父の願いを越えて、彼の苦難に満ちた音楽家としてのキャリアを決めた。 彼はキャリアを通して、自身の立ち位置を変えることはなかった。 たとえば、『ダリボル』に対する厳しい批判が起こった際には、スメタナは、よりワーグナーの音楽ドラマの形式と手法を基礎にしたオペラ『リブシェ』を作曲している。 彼の私生活は、ストレスの多いものであった。 ベッティーナとの結婚は愛情のないものであり、病気に苦しめられる時期には、完全に破たんしていた。 これは、スメタナの人生が終わりに向かうにつれて、貧困に陥っていたことも関係しているといわれる。 彼の子供たちとの関係はわずかしか記録されていない。 その記録によると、スメタナが精神病院に入った日、娘のゾフィーは「彼女の心が壊れたかのように泣いている」と記されている。 スメタナが、それまで存在しなかったチェコオペラの基準を作り、明確にチェコの個性の現れた音楽を書いた最初の作曲家であると、大多数の評論家たちの間で、広く認知されている。 そのため、チェコ国民楽派の開祖とされる。 別の視点による見解が、音楽ライターのマイケル・スティーンによって述べられている。 スティーンは、"民族主義的な音楽"は実際に存在するかどうかと疑問に思っている。 「我々は、音楽が究極的には表現であるにもかかわらず、それ自身で、具体的な物体や概念を説明することは苦手であると考えている。 彼は、多くの音楽がそう聞くように慣らされた聴き手に依存していると結論付けている。 音楽学者のジョン・ティレル(英語版)によると、スメタナは、チェコの民族主義と強い一体感を持っていた。 そして、彼の出身地において、彼の晩年の悲劇的な事情が、特に彼の仕事が評価される客観性に影響を及ぼす傾向があった。 ティレルはほとんどの象徴的な地位が、スメタナの出身地で、チェコ当局によって、彼に授与されていると主張している。 20世紀後半という時期になってさえ同様である。 この結果、チェコ音楽の見解として、同世代の作曲家や、アントニン・ドヴォルザークやレオシュ・ヤナーチェク、ヨセフ・スク(ヨゼフ・スーク)のような成功者、もしくは彼らよりは知名度の劣る作品などが軽視されて宣伝されたと、ティレルは主張している。 このチェコでの認識は、チェコ国外における認識とは異なっている。 海外においては、ドヴォルザークの方がより頻繁に演奏され、知られた作曲家である。 ハロルド・C・ショーンバーグは、「スメタナは、チェコ音楽を作り上げた一人であった。 しかし、アントニーン・ドヴォルザークは... それを普及した一人だった」と述べている。 また、1985年から1993年まで発行されていた旧チェコスロバキアの1000コルナ紙幣に肖像が使用されていた。 位置づけ スメタナは、明確にチェコの個性の現れた音楽を書いた最初の作曲家であるといわれる。 そのため、チェコ国民楽派の開祖とされる。 彼の歌劇の多くは、チェコの題材に基いており、中でも『売られた花嫁』は喜劇として最もよく知られている。 彼は、チェコの民俗舞踊のリズムを多用し、また、彼の書いた旋律は時として民謡を彷彿とさせる。 彼は、同じ様にチェコの題材をその作品中に用いた作曲家として知られる アントニン・ドヴォルザークに大きな影響を与えた。

次の