兼松 エレクトロニクス 株式 会社。 兼松エレクトロニクスの「企業分析[強み・弱み・展望]」 OpenWork(旧:Vorkers)

日本オフィス・システム株式会社(兼松エレクトロニクス グループ)の新卒採用・企業情報|あさがくナビ2021

兼松 エレクトロニクス 株式 会社

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の

日本オフィス・システム株式会社(兼松エレクトロニクス グループ)の新卒採用・企業情報|あさがくナビ2021

兼松 エレクトロニクス 株式 会社

1974. 4 東京都中央区京橋において資本金1億円にて株式会社兼松コンピューターシステムとして設立 兼松株式会社の情報処理(システム開発、システム運用業務)を一括受託 1993 本社を東京都港区に移転 NTT移動通信網とツーカーセルラー東京の一次代理店となり携帯電話機器の販売ビジネスに参入 2000. 8 資本金を350百万円に増資 2001. 3 資本金を425百万円に増資 2001. 4 社名を「兼松コミュニケーションズ株式会社」に変更し、本社を東京都新宿区に移転 2006. 7 モバイルコンテンツ関連ビジネスを分社化し兼松グランクス株式会社を設立 2006. 12 中国上海に携帯電話販売会社 携翔貿易(上海)有限公司(現 兼松通訊商貿(上海)有限公司)を設立 2007. 3 法人営業本部がISMS認証を取得 2013. 5 福岡県久留米市の株式会社BDホールディングス(現 兼松BDコミュニケーションズ株式会社)を買収 本社を東京都渋谷区に移転 2013. 7 資本金を1,425百万円に増資 2013. 9 個人情報保護体制に対する認証制度であるプライバシーマークを取得 2015. 3 本社にて環境マネジメントシステム認証を取得 2017. 4 株式会社ダイヤモンドテレコムと合併 2020. 3 健康経営優良法人2020(大規模法人部門)の認定を取得.

次の

兼松エレクトロニクス(株) 8096 株式データ/株主優待/配当金/権利確定日・株プラザドットコム

兼松 エレクトロニクス 株式 会社

回答者 3. 6 強み: 企業の基幹インフラをメインフレームの時代から見てきており、ITインフラ部分の知見は同業他社と比較しても非常に高い。 特に仮想化関連の技術は優秀なSEが多く強みである。 また、中堅以上の社員の業務スキルレベルは非常に高い。 特に営業部門の役職者の営業スキルの高さは目を見張るものがある。 弱み: クラウドが主流になってきたころだが、ようやくその波に乗ろうとしたアクションを始めている。 ただ、そういった取り組みは基本的に現場発信・現場主導で経営としてはさほど動けているとは言えない。 また、退職者も毎月のように出ており、優秀な人材の流出もしばしば見られる。 事業展望: 設備投資だけでなく、パートナー企業との事業連携を強化し、業界の様々な変化に耐えるための環境整備に勤しんでいる。 カスタムクラウドといった新たな事業も本格的に開始している。

次の