特性 ノーガード。 【ウルトラサンムーン】ノーガード絶対零度【ダブル】

【ソードシールド】特性「ノーガード」の効果と、特性をもつポケモン一覧【ポケモン剣盾】

特性 ノーガード

AはストーンエッジでH4振りボルトロスを確定1発のラインを確保しつつ11n。 Sは4振りバンギラス抜き。 ポリゴン2を混乱の運次第で突破します。 技 備考 じしん 最大打点。 浮いてない電気への遂行技。 ばくれつパンチ 弱体化したとは言え追加効果狙いで打ちやすい。 ストーンエッジ 電飛複合やヒートロトムへの遂行技。 特性により必中。 れいとうパンチ 上記の技を受けに来るボーマンダやランドロスに。 4枠目はパーティにとって重いポケモンに刺さる技を選択。 この育成論ではゴルーグの地震or爆裂パンチを受けに来る氷4倍勢に刺さる冷凍パンチで考察しています。 ダメージ計算 与ダメージ じしん 無振りカプ・コケコに140〜165. 3〜117. 7〜162. 4〜89. 2〜125. 1〜77. 2〜38. 9〜120. 3〜84. 5〜120. 0〜94. 2〜100. 0~79. 5~40. これまで記事にしたニドキングやは先制技や一撃技で火力を補うのに対し、ゴルーグはそれらの要素がないため単純に殴る形になります。 と比べると、火力で劣る分耐久に優れ、技の撃ち分けが可能な点が優位点になります。 反面、氷4倍勢やギルガルドが確2になってしまいます。 格闘無効の地面タイプという個性 でも触れましたが、今作の電気無効枠としてはボルトロスのカクトウZの所持率がそこそこ高いことから格闘耐性も重要になります。 地面タイプとしては格闘技を無効化できるのはゴルーグとシロデスナの2系統のみであり、そのシロデスナはボルトロスへの有効打に乏しいため、電格無効でかつボルトロスへの高打点を持つというのはゴルーグの強みです。

次の

ノーガード (のーがーど)とは【ピクシブ百科事典】

特性 ノーガード

ただし欠点もあり• この技を使用したターンは自分も攻撃でダメージを与えられない。 1ターン無駄にしてしまうどころか、後続のポケモンが狙い放題となってしまう。 該当技:フェイント、シャドーダイブ、ゴーストダイブ、いじげんホール、いじげんラッシュ、特性「ふかしのこぶし」のポケモンが使う直接攻撃技、「キョダイイチゲキ」「キョダイレンゲキ」 大体は、、ということか。 一部の変化技は守りを無視して通常通りの効果を与えられる。 該当技:のろい、ほろびのうた、みらいよち、ないしょばなし、なかよくする、なみだめ など• つるぎのまいやじこさいせい、の様な、そもそも自分に干渉しない補助技やには意味がない。 それどころか下手をしたら1ターン猶予を与えるだけなので、かえって手を付けられなくなる危険性もある。 まもる、みきりを混ぜて使っても一緒。 該当技:こらえる、ニードルガード、キングシールド、トーチカ、ブロッキング、ダイウォール なお、ワイドガード、ファストガードは失敗しない。 ワイドガード、ファストガードの後のまもる等は成功率低下。 補助技なので、をされた後は使えない。 対戦での用途は様々で、• かえんだまorどくどくだまの効果発動を安全に行う。 特性「こんじょう」「ポイズンヒール」や状態異常時に強化される技「からげんき」を利用する為の下準備• 「」や「とびひざげり」の失敗を狙う。 特に後者は第五世代で強化された為狙い目。 ただし「いのちがけ」は単に不発に終わるだけである。 毒・火傷・「」・たべのこし等の恩恵を受ける為にターンを稼ぐ。 相手の「」や各種天候技の継続ターンが切れるまで時間を稼ぐ。 特性「」「ムラっけ」を持つポケモンが使用する事で、低リスクで能力を上げる。 を持った相手の技を固定する。 前述の通りZワザは完全に防ぎきれないが、ポジティブに考えればバトル中に一回しか使えないZワザによる負担を最小限にまで抑えられる数少ない方法である。 ……うまい! -- 名無しさん 2013-10-19 23:44:15• レストラン・ド・キワミのギャルソン 4戦目 がよく守るを使ってくるから非常にうっとおしい -- 名無しさん 2014-06-09 18:38:53• まもる系の技増えたよな -- 名無しさん 2014-07-08 00:53:29• トリプルで3匹同時に守られたら3DS投げたくなる -- 名無しさん 2014-07-12 23:15:14• 第三世代のみきり確率の研究動画ヤバかった、あれを生身でやったら死ぬ -- 名無しさん 2015-02-03 03:22:31• 今頃になってダブルがまもる当然であることすら理解できていないバカが多いよな・・・・。 ポケモン勢の多くが頭悪いと言うのは本当なのか? -- 名無しさん 2015-02-03 04:28:10• まもる抜きダブルパでもそこそこ戦えてるんですがそれは 必須レベルなのは否定のしようもないけど -- 名無しさん 2015-02-03 10:05:02• ダブルパでもパーティーによってはまもる覚えてるポケモンが1、2匹又はいないという事はありえるよ -- 名無しさん 2015-02-03 10:30:28• 守るのPPが10~16なのは多すぎるという意見がある。 ダブルバトルじゃそんなに多くは使わないし、害悪戦法を使いやすくしているからだろうか? -- 名無しさん 2015-04-03 21:50:34• 前から思うが、アニメではトレーナーがいちいち「かわせ」なんて命令しなくても大抵の攻撃はポケモン自身が目で見るなりなんなりで判断してかわせるだろって思うわ。 迫ってくるのが感じ取れない攻撃ならともかく -- 名無しさん 2015-10-19 13:07:54• 金銀ではまもるとみきり両方の技マシンがあった。 が、当時はふういんが存在しなかったので(ふういんはRSからの登場)、みきりはPPが少なく覚えるポケモンも少ない完全下位互換。 しかもみきりのわざマシンは一つしか手に入らないがまもるは購入可能。 -- 名無しさん 2015-10-19 14:06:44• -- 名無しさん 2016-12-03 12:00:54• なんどやっても2連続で成功したことがないんだが、連続で使うと必ず失敗するってわけでもないんだよな? -- 名無しさん 2017-05-17 19:46:38• TASさんが連続成功に挑むとエメラルドだと93回、ダイヤモンドだと9回連続でいけたそうな -- 名無しさん 2017-08-11 18:30:59• サンムーンはどくまもが一番簡単な主攻略方だから愛用した -- 名無しさん 2018-05-28 11:10:25• 通信ありならどの技マシンも入手数に制限なんてない -- 名無しさん 2018-05-28 11:30:30• 見切りはPPが少ないおかげでアンコールで嵌められにくいというメリットもある。 PP切れを起こすと強制的にアンコール状態が解除される -- 名無しさん 2018-07-25 11:14:14.

次の

カイリキー育成論

特性 ノーガード

弱点は多いものの、無効タイプを3つ持つため繰り出し性能は高く、 とりわけに対してはメイン無効、サブの岩技半減と優位に立てる。 とはいえれいとうパンチや技には弱いので、相手をよく見極めたい。 同複合の・とは性質が異なるので差別化の必要は無い。 では珍しい物理アタッカー気質であり、A124に加えやといった攻撃的な特性を持つ。 さらに、それらの特性と相性の良いサブウェポンを豊富に覚え、他ゴーストにはない独自の攻撃性能を持つ。 一方で、タイプ一致技と特性の相性が今一つで、最大打点は物足りない事が多い。 ゴースト特有の絡め手も「のろい」程度なので、豊富な攻撃技の打ち分けが肝になる。 第八世代ではZワザが廃止されるもののダイマックス化でゴーストダイブを溜め無しで攻撃できるようになり、 またゴーストダイブのターン稼ぎでダイマックスを枯らすアタッカーとして特性や技が類似してるとの差別化が強くなった。 そらをとぶもダイマックスのターン稼ぎ、ダイジェット化による素早さ上昇と利用価値が増し、総じてダイマックスシステムとは好相性。 他ぶきようトリックによる搦め手選択肢の増加、インファイト、ヒートスタンプ、DDラリアットなどの新たな攻撃技を習得している。 新たな同一複合としてが登場したが、種族値傾向こそ似てはいるものの特性や習得技が大きく異なる。 存在は意識しておきたいが、特に差別化を考える必要はない。 鎧の孤島では念願の高威力ゴースト物理技であるポルターガイストを習得。 発動条件があり、ゴーストダイブにはダイマックスを枯らす役割もあるので完全上位互換という訳ではない。 また、低確率ながらノーガードの個体が鎧の孤島の巣穴に出現。 全特性が剣盾のみで入手できるようになった。 ロックカット型は型として独立させる必要性が薄いのでに移動しました。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 てつのこぶし を多く覚えるため、メインからサブまで幅広く補強できる。 ダイマックス化の際は適用される技がなくなることに留意しておきたい。 他の特性がデメリットも存在するので、それらを嫌う場合も必然的にこれとなる。 ぶきよう デメリット特性だが、第八世代よりトリックを習得したことで選択肢に。 他のぶきようトリックの使い手とは種族値傾向が大きく異なるので、個性としては十分。 や対策として使えないこともないが、 ゴルーグ自身の性能を大きく劣化させる羽目になるので、やはりトリックとの組み合わせで採用したい。 なお自分がポルターガイストを使う場合・ポルターガイストを受ける場合のどちらもぶきようの影響は受けない。 ノーガード 隠れ特性。 ばくれつパンチのほか、ストーンエッジの命中不安も解消。 命中率低下や回避率上昇も無視できる。 相手の一撃技も必中になるがつのドリル・ハサミギロチンは無効。 ダイマックス時はノーガードでなくともこちらの全ての攻撃が必中になるのでメリットが薄いように見えるが、 相手のゴーストダイブ等によるターン稼ぎが不可能になる利点も。 ただし、こちらも時間稼ぎができなくなる。 また、ダイマックス中は一撃必殺技が効かなくなるので状況に応じて切り替えると使い勝手が良い。 技考察 攻撃技 タイプ 威力 鉄拳 命中 効果 解説 じしん 地 100 150 - 100 - タイプ一致技。 性能安定。 ダブルでは周囲全体攻撃。 10まんばりき 地 95 142 - 95 - タイプ一致技。 ダブルでの単体攻撃に。 シングルでもグラスフィールドの影響を受けずに攻撃できる利点があるが接触技。 あなをほる 地 80 120 - 100 溜め技 タイプ一致技。 ダイマックス枯らし。 ポルターガイスト 霊 110 165 - 90 - タイプ一致技。 相手が道具を所持していなければ失敗する。 ノーガード型のメインウェポンに、溜めがなく威力も高いので通常のアタッカー運用想定に向く。 ゴーストダイブ 霊 90 135 - 100 溜め攻撃 タイプ一致技。 まもる貫通でダイマックス枯らしにもなる。 シャドーパンチ 霊 60 90 108 必中 - タイプ一致技。 てつのこぶしで強化かつ必中。 ばくれつパンチやアームハンマーより低威力。 ノーガード型なら必須。 空振り保険とのコンボも。 ダイジェットと相性が悪いがトリパでは活きる。 鈍足なのでそんなに痛くない。 ドレインパンチ 闘 75 90 100 HP吸収 てつのこぶしで強化。 回復効果付き。 そらをとぶ 飛 90 - 95 溜め攻撃 あなをほると選択の、対ダイマックスなど用。 かみなり無効なのもポイント。 DDラリアット 悪 85 - 100 ランク効果無視 ゴースト技と役割がかぶりがち。 てつのこぶし対象外。 ノーガードなら必中。 スカーフやダイジェットとあわせて。 てつのこぶしで強化。 てつのこぶしで強化。 てつのこぶしで強化。 「ちいさくなる」相手に必中・威力2倍。 ダイマックス相手だと不発。 安定性を考えればほのおのパンチの方が優秀か。 「ちいさくなる」相手に必中・威力2倍。 ランクマッチであればを除き全フェアリーに威力120が出る。 ダイマックス相手だと不発なので注意。 自身よりは味方のサポート用。 変化技 タイプ 命中 解説 ステルスロック 岩 - サポート用。 耐性やばくれつパンチの混乱を活かして。 みがわり 無 - 補助技対策。 流し際に使えば交代先を見て技を選択できる。 のろい 霊 必中 まもる・みがわり貫通。 自主退場も狙えるため起点回避に有用。 トリック 超 - こだわりの押し付けやきせきの奪取など。 ぶきようと合わせてとつげきチョッキやかえんだまなども。 サイドチェンジ 超 - ダブル用。 3タイプを無効化できるので相性は良好。 相手の防御を徐々に削れる。 自身の特防を徐々に上げられる。 初動の威力も低め。 耐久型の強行突破にも。 インファイト 95 ばくれつパンチ アームハンマー ドレインパンチ 90 ダイロック ストーンエッジ いわなだれ 130 天候:砂嵐 対、。 地面との補完に優れる。 砂嵐でタスキ潰し。 追加効果で徐々に加速できる、最速で使えば1回で106族まで抜ける。 ダイサイコ しねんのずつき 130 場:PF ・への遂行技。 フィールドでふいうち封じ。 グラスフィールドやミストフィールドの解消にも利用できる。 相手の体重やダイマックス状態に関わらず威力固定に。 ダイバーン ほのおのパンチ ヒートスタンプ 130 天候:晴 対、。 弱点の水を半減することも出来る。 ダイアイス れいとうパンチ 130 天候:霰 対、。 基本は4倍狙いで。 ダイサンダー かみなりパンチ 130 場:EF 対・。 グラスフィールドやミストフィールドの解消にも。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックス切れを狙う。 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイソウゲン ソーラービーム 140 場:GF 威力皆無。 地震と相性最悪。 メインのじしんは勿論のこと、地面技との補完及び特性を最大限活かす上ではストーンエッジ・ばくれつパンチも確定。 基本の動きはノーガードと同じだが、あちらはより高い格闘打点を持つ一方こちらはに刺さる一致地面技を持つ点が差別化点。 確定技だけで十分な範囲が得られるため、残り1枠はピンポイントで選択。 有力候補としてはフェアリー対策のヘビーボンバーやドラゴン全般に刺さるれいとうパンチなど。 ゴースト技は等倍範囲は優秀だが、格闘無効のメジャーポケモンである・はじしんのほうがよく通る。 格闘半減の相手は追加効果で混乱させることができるため、使い勝手の悪いゴースト技を入れる必要性は薄い。 弱点が多く役割破壊されやすいこともあって、PGLでの持ち物はきあいのタスキがダントツで人気。 出落ちが防げるほか、確実に一撃耐えることで混乱の自傷と合わせて突破できる可能性が増えるため相性が良い。 続いて耐久補強のとつげきチョッキが続き、火力よりも行動回数を重視し混乱の試行回数を稼ぐことに重きをおいた構成が多い。 ノーガード型がばくれつパンチを主軸に安定行動で動くのに対し、こちらはじしんを主軸に据え相性の良いサブウェポンを組み合わせて動く。 よりサイクル戦向きであり、交代読みでうまく有効打を当てていく必要があるので多少読みが必要。 とはいえ地面技と相性の良い技が揃っているため、等倍以上のダメージを狙う事自体は容易い。 ゴルーグはノーガードばくれつパンチの印象が強いため、格闘技読みで出て来る相手に上記優先技が安定して刺さりやすい。 逆にノーガード型と違い地面技と範囲の被る格闘技の採用優先度は高くない。 アームハンマーの火力やドレインパンチの追加効果は魅力だが、 上記の通り相手はノーガードばくれつパンチを想定して動く以上半減されやすく、環境でフェアリーが台頭していることもあって一貫性が低め。 持ち物に関しても行動回数確保の持ち物より、火力アップアイテムで負荷を掛ける方がサイクルを崩しやすいため好相性。 最速スカーフで106族まで抜ける。 意表を突いて先制ばくれつパンチが決まれば運次第だが有利になる。 第七世代で混乱の自傷率が低下したのは向かい風。 無効化されないストーンエッジやれいとうパンチは撃ちやすいが火力不足気味。 ノーガードとの比較• じしんをタイプ一致で撃てるが、ばくれつパンチが不一致。 でんじは等の電気技で麻痺しないが、もう1つの特性がてつのこぶしなのでおにびを牽制できない。 一撃必殺を2つ無効化できるなど耐性が多いが、弱点も多い。 トリックでスカーフを押し付けることができる。 それぞれに利点・欠点があり、タイプも違うので差別化は不要か。 最速で抜き、準速で抜き。 ばくれつパンチが命中してしまった場合でも相手が混乱してしまうので強く交代を誘える、もしくは有利な状況のまま戦うことが可能。 初撃に関してはどちらにせよメリットではあるものの、どちらになるかは こんらんの結果含めて 完全に運であり、安定性はかなぐり捨てている。 素早さを上げたいだけならこうそくいどうを使い他の道具を持たせた方が汎用性は大きく上がり、ばくれつパンチを使いたいだけなら上記のノーガード型を選ぶ方が安定する。 運が良ければどちらのメリットも受けられるが、運が悪ければ有効な手段を引けない可能性も背負うことになるのが最大の欠点。 採用する場合には何のためにからぶりほけんを選んだのかをちゃんと明確にすること。 ミラーとはたきおとすに注意。 特にサイドチェンジはノーマル・格闘・電気の3タイプを無効化できるので、これらに弱いポケモンと組ませると有効。 攻撃技は特性に応じて選択。 トリルアタッカーとして使うなら、Sダウンが活きるアームハンマーの威力が上がるてつのこぶしが有力か。 対ゴルーグ 注意すべき点 ノーガードの場合、強力なばくれつパンチ、ストーンエッジが必中化。 てつのこぶしの場合、豊富なサブウェポンの威力が一斉に強化される。 無効タイプ3つの耐性。 でんじは無効を活かしてロックカットでの奇襲も。 対策方法 上からの弱点技。 素早さは高くないため上を取るのは難しくない。 ノーガードの場合、こちらのハイドロポンプやぜったいれいども必中。 不利対面でなければばくれつパンチが安定行動になりやすいため、ゴツゴツメットを持たせればゴルーグ側にも負荷がかかる。 イカサマを覚えたポケモンがいればゴルーグを牽制できる。 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技00 メガトンパンチ 80 85 ノーマル 物理 20 鉄拳 技01 メガトンキック 120 75 ノーマル 物理 5 技03 ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15 鉄拳 技04 れいとうパンチ 75 100 こおり 物理 15 鉄拳 技05 かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15 鉄拳 技06 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技11 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技15 あなをほる 80 100 じめん 物理 20 技19 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技20 じばく 200 100 ノーマル 物理 5 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技22 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技23 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技27 こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15 技33 あまごい - - みず 変化 5 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技43 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技44 ふういん - - エスパー 変化 10 技48 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技59 なげつける - 100 あく 物理 10 技63 ドレインパンチ 75 100 かくとう 物理 10 鉄拳 技75 ローキック 65 100 かくとう 物理 20 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技81 じならし 60 100 じめん 物理 20 技98 じだんだ 75 100 じめん 物理 10 技レコード No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技00 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技01 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 技02 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技03 ハイドロポンプ 110 80 みず 特殊 5 技04 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技05 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技06 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技07 けたぐり - 100 かくとう 物理 20 技08 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技09 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技10 じしん 100 100 じめん 物理 10 技11 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技12 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 技13 きあいだめ - - ノーマル 変化 30 技14 ゆびをふる - - ノーマル 変化 10 技15 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技16 たきのぼり 80 100 みず 物理 15 技17 ドわすれ - - エスパー 変化 20 技18 きゅうけつ 80 100 むし 物理 10 技19 トライアタック 80 100 ノーマル 特殊 10 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技21 きしかいせい - 100 かくとう 物理 15 技22 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10 技23 まきびし - - じめん 変化 20 技24 げきりん 120 100 ドラゴン 物理 10 技25 サイコショック 80 100 エスパー 特殊 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技28 メガホーン 120 85 むし 物理 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技30 アンコール - 100 ノーマル 変化 5 技31 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 技32 かみくだく 80 100 あく 物理 15 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技34 みらいよち 120 100 エスパー 特殊 10 技35 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 技36 ねっぷう 95 90 ほのお 特殊 10 技37 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技38 トリック - 100 エスパー 変化 10 技39 ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5 技40 スキルスワップ - - エスパー 変化 10 技41 ブレイズキック 85 90 ほのお 物理 10 技42 ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10 技43 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 技44 コスモパワー - - エスパー 変化 20 技45 だくりゅう 90 85 みず 特殊 10 技46 てっぺき - - はがね 変化 15 技47 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15 技48 ビルドアップ - - かくとう 変化 20 技49 めいそう - - エスパー 変化 20 技50 リーフブレード 90 100 くさ 物理 15 技51 りゅうのまい - - ドラゴン 変化 20 技52 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5 技53 インファイト 120 100 かくとう 物理 5 技54 どくびし - - どく 変化 20 技55 フレアドライブ 120 100 ほのお 物理 15 技56 はどうだん 80 - かくとう 特殊 20 技57 どくづき 80 100 どく 物理 20 技58 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技59 タネばくだん 80 100 くさ 物理 15 技60 シザークロス 80 100 むし 物理 15 技61 むしのさざめき 90 100 むし 特殊 10 技62 りゅうのはどう 85 100 ドラゴン 特殊 10 技63 パワージェム 80 100 いわ 特殊 20 技64 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技65 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10 技66 ブレイブバード 120 100 ひこう 物理 15 技67 だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10 技68 わるだくみ - - あく 変化 20 技69 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 5 技70 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技71 リーフストーム 130 90 くさ 特殊 5 技72 パワーウィップ 120 85 くさ 物理 10 技73 ダストシュート 120 80 どく 物理 5 技74 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 技75 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技76 ステルスロック - - いわ 変化 20 技77 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技78 ヘドロウェーブ 95 100 どく 特殊 10 技79 ヘビーボンバー - 100 はがね 物理 10 技80 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 技81 イカサマ 95 100 あく 物理 15 技82 アシストパワー 20 100 エスパー 特殊 10 技83 サイドチェンジ - 100 エスパー 変化 15 技84 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技85 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技86 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15 技87 ドリルライナー 80 95 じめん 物理 10 技88 ヒートスタンプ - 100 ほのお 物理 10 技89 ぼうふう 110 70 ひこう 特殊 10 技90 じゃれつく 90 90 フェアリー 物理 10 技91 ベノムトラップ - 100 どく 変化 20 技92 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 技93 DDラリアット 85 100 あく 物理 10 技94 10まんばりき 95 95 じめん 物理 10 技95 じごくづき 80 100 あく 物理 15 技96 かふんだんご 90 100 むし 特殊 15 技97 サイコファング 85 100 エスパー 物理 10 技98 アクアブレイク 85 100 みず 物理 10 技99 ボディプレス 80 100 かくとう 物理 10 過去作技マシン No.

次の