浜名 湖 予想。 ボートレース浜名湖 日刊スポーツ直前予想

浜名湖競艇予想を攻略する

浜名 湖 予想

水上で描かれる航跡は1つのアート。 美学のある水上での闘いを制するのはいったい誰だ。 毒島誠選手、濱野谷憲吾選手、石野貴之選手、篠崎元志選手ら ビッグネームが敗退していることからも、 今大会はいかに 今の浜名湖に乗れているのかが、運命を分けましたね。 4日間の予選で好走し 準優1枠を獲得したのは、 深谷知博選手、松井繁選手、瓜生正義選手の3人。 深谷知博選手と松井繁選手はシリーズを通して 舟足が力強く、間違いなく今節屈指の2基。 瓜生正義選手は日増しに仕上げ、 レース足バツグンで素晴らしい伸びを手に入れました。 いずれの選手も準優で人気を背負うのは間違いないですね。 ただ勝負駆けに成功した、 前田将太選手、馬場貴也選手、森高一真選手。 エンジンパワーが戻ってきた 茅原悠紀選手に、強襲がウリの 徳増秀樹選手に、速攻野郎の 菊地孝平選手など、魅力あふれるメンバーが予選を突破していて、番組編成次第では波乱も起きるでしょう。 広大な水面を制するのはいったい誰だ。 舟足問題なく、当地相性もバツグンで、スタート勘も合っています。 先マイから一気に勝負を決めて、優出一番乗りを果たしそうですね。 2着争いが激しさを増すかもしれません。 出口の押しが強くなれば、 連圏内は確実でしょうか。 初日から好走をつづけていて、 舟足に問題は一切ないでしょう。 スタート集中からの先マイから、独り旅状態になりそうですね。 差し場を残しているのが、どう響くか。 ハイパワーの23号機を武器に、予選トップ通過を果たしました。 スタート勘が素晴らしく、コンマ0秒台を連発。 文句なしの状態ですし、連続のイン戦ならば、 死角はないか。 スタートもドンピシャで、対抗筆頭ではありますが…。 2コース戦が不得手なのを考えると、互角とはいかない印象です。 展開に合わせて、準優12Rを狙います! 【12R】3連単12点勝負 1着 1 2着 2 3 5 6 3着 2 3 5 6 浜名湖競艇「浜名湖賞 静岡県知事杯争奪戦 開設66周年記念競走」5日目 真冬の浜名湖で輝くのはだれだ 浜名湖といえば全国屈指の広水面として有名な場所。 この時期は気温が下がり、モーターの回転が上がりやすくなる特徴があります。 どこまで回転を押さえて水面に伝えられるのか、気候や水面に合わせた調整手腕が問われると思います。 また追い風時が多く、スタートは届きやすいといえるでしょう。 そのためスロー勢の活躍も増え、イン中心の舟券作戦が前提になりますね。 ただ追い風時や1マークの水面が変わると、艇が流れやすくなり、思わぬ一発で万舟券ということも。 思惑・調整・進入・調子・展開…。 さまざまな要素が複雑に絡み合うレースを的中させるには、生きたデータこそ重要なファクター。 万舟倶楽部以外にも実際に現地で収集したデータを活用して 無料で予想を展開したり、 1回のレースで100万円以上も払い戻しを獲得している予想サイトはあります。

次の

【浜名湖競艇・レース回顧】G3オールレディースHamaZoカップ

浜名 湖 予想

水上で描かれる航跡は1つのアート。 美学のある水上での闘いを制するのはいったい誰だ。 インはわずか4勝で、 万舟券が8本もでる、 大波乱となりました。 選手からすると7時の方向から、風速6mもの風が吹き内枠のスタートが届かず。 握るセンターや、ダッシュスタートからの一撃が目立ちましたね。 1マークの 水面も荒れていて、難しい水面コンディションゆえの結果と言えるでしょう。 厳しい条件のなか 好走しているのは、 一宮稔弘選手、中田竜太選手、松井繁選手、柳沢一選手、青木玄太選手ら。 番組編成や展開に恵まれたという要因もなくはないですが…。 グランプリ組を押さえて得点を積み上げていることには、警戒したいところです。 予選突破をかけた、激しいレースがつづく浜名湖。 2走とも コンマ0秒台を放ちましたね。 浜名湖は握って回れる水面である以上、スタートの差は結果に大きく響きます。 コンパクトで鋭いターンを放っていましたし、 中堅以上の舟足なのを考えても、 イン速攻を決めるのではないでしょうか。 ターンさばきと道中の動きにキレがあり、成績以上に動けている印象です。 ただ 舟足ひと息なのがネック。 こと直線系が弱く、スリットで威張れないので、 さすがに厳しいでしょうか。 水面をよく掴んでいて、ターン後の出口も強かったです。 当地巧者でもありますし、スタートも整ったと判断。 4カド自在ハンドルで、 ズバッと艇団をまくり差せると見ました。 起き足、伸び足、回り足の3拍子揃っていて、 機力では頭一つ秀でています。 2日目は受難続きのインでしたが…。 握って回れるセンターから、浮上できると思います。 水面とのグリップがピカイチで、思うようにさばけている印象があり、今走でも抜けてくるか。 この時期は気温が下がり、モーターの回転が上がりやすくなる特徴があります。 どこまで回転を押さえて水面に伝えられるのか、気候や水面に合わせた調整手腕が問われると思います。 また追い風時が多く、スタートは届きやすいといえるでしょう。 そのためスロー勢の活躍も増え、イン中心の舟券作戦が前提になりますね。 ただ追い風時や1マークの水面が変わると、艇が流れやすくなり、思わぬ一発で万舟券ということも。 思惑・調整・進入・調子・展開…。 さまざまな要素が複雑に絡み合うレースを的中させるには、生きたデータこそ重要なファクター。 万舟倶楽部以外にも実際に現地で収集したデータを活用して 無料で予想を展開したり、 1回のレースで100万円以上も払い戻しを獲得している予想サイトはあります。

次の

浜名湖の3時間天気 週末の天気【釣り場の天気】

浜名 湖 予想

浜名湖で開催されるG3スズキスピードカップ2020(準優勝戦)の競艇予想公開!! 本日からは浜名湖で開催されている G3スズキスピードカップの 事前予想に入っていきます。 出場している選手を観てみると ベテランから若手のホープまで 様々のクラスの選手が出場しています。 既に開催されいるために「舟足状況」は 明確になっていますがまだまだモーター自体のそこ力が 発揮されていないモノもあります。 この広大な水面で繰り広げられる戦いは 記念クラスに匹敵する程の 戦いになってくれるはずです!! 本日は昨日順延によって仕切り直された 「準優勝戦日」となります。 一撃必殺を繰り出してくれる選手は 誰になるのでしょうか? 昨日は悪天候により「順延」になってしまった。 天候が荒れる事で選手に怪我があっては どうしようもないですからね。 さぁ気持ちを入れ替えて勝負してきます。 終日「中止」となっている関係で 出走表の変更もなかったので、 一昨日のまま勝負して行きます!! 予定では明日から尼崎G1の 事前予想に入っていく予定になっていましたが 浜名湖の優勝戦と重なってしまいます。 進入コースが本番で入れ替わったり 1号艇がキッチリ逃げるレースになってしまった。 ただやはり舟足を評価している選手は 道中では差を縮めていましたので、 明日以降も十分に狙っていけるはずです!! 4日目を終了したG3スズキスピードカップですが、 前半戦は逃げが決まりにくい状況でしたが 後半戦は上位者が1号艇にいた事もあり 逃げ中心の結果になりました。 スタートもある程度踏み込んでいましたが それ以上に2号艇が壁役になり 外枠の出番はありませんでした。 まず勝負した1R ここでは「小松選手」軸に狙った。 1号艇には今節成績が示しているように 舟足・スタート勘にも苦労していた 寶田選手のイン戦 同じく2号艇鈴木選手も似たような成績 このレースでは吉川選手が主導権を握って 行くはずでしたが軸に狙っていたのは 小松選手の「捲り差し」です。 捲りに行って内2艇を叩いてくれることで 差し場がガラ空きになるはずでしたし 舟足的も悪くなかった!! 当然吉川選手の頭も押さえていましたが 本線はカド戦の小松選手でした。 本番では鈴木・小松選手」がピット離れで遅れ 進入隊形が大きく変わってしまった。 主導権を握るはずの吉川選手がキッチリと 寶田選手を逃す形になりました。 決着:1-3-5 配当:¥1,450 続いて3R このレースは「後藤選手」を軸に狙った。 このレースで好枠を手にしたのは 門間選手 しかしメンバーを観てみると 逃げ切る事がかなり難しそうだった 人気してくるのは3号艇宮地選手 安定した成績が物語っているように 舟足的にも自分に合った調整をしている しかしここでは浜名湖が誇る超抜機である 47号機を手にしている後藤選手 前半戦こそ苦しんでいましたが昨日に至っては ピンピンと勝率通りの成績を残している。 スタートが踏み込めていなくても 行き足が素晴らしいので伸びていきます!! ここは突き抜けても想定して勝負しますが カド受けは宮地選手になるので抵抗されれば 外枠の中村選手に大チャンスが巡ってくるはず ここが頭に来れば妙味ある配当になりそうでした。 スリットで佐川選手が「ドカ遅れ」した。 宮地選手が絞っていくと思いましたが 差しに構えた事で後藤選手が「捲り差し」に 変更して突き抜けました。 想定が「捲り展開」なので 門間選手は切っていました。 決着:4-1-3 配当:¥4,530 最後は11R このレースは静岡支部の代表格 服部選手のイン戦 今節も初日から苦しいレース展開の中 着実に三連対に絡んでくる辺りは 素晴らしいの一言です!! しかしこの番組の中では舟足上位や 予選得点率TOPの選手などがおり 一発逆転があってもおかしくなかった!! ここでは 「センター勢」を頭で狙っています。 やはり3号艇後藤選手の舟足は軽視出来ないですし 内2艇はスタートも早くなかった。 当然機力を考えれば「捲り展開」も十分にある ただ服部選手も抵抗する可能性もあり そうなればカド戦で後藤選手の展開待ちになる 杉田選手ですね。 地元水面であれば尚更展開も読みやすいはずでした。 スリットではほぼ「横一線」で差が無く ここでも2号艇竹村選手が壁の役目を果たして 服部選手が先マイして逃げ切りました!! 決着:1-4-3 配当:¥1,160 浜名湖G3スズキスピードカップ2020(準優勝戦)を予想していきましょう!! LINEの方では自信のある直前予想だったり 進入が動いた時の穴直前予想などを配信しています。 スタートこそは内2艇の方が今節良いですが 出足型のモーターに仕上げてきており ターンマークの出口からの勢いが 今節のメンバーの中でも良かった!! ここは「捲り差し」展開になるはずなので 下川選手を切るわけには行けませんが 外枠が絡んできた時には 配当も大きく変わってきそうです。 ワンチャンあるとすればカド戦になる 後藤選手も舟足はそこまで悪くなく 昨日も伸び中心に目立っていた。 ここも機力を観れば内3艇が 有力には観えてきそうですが 外枠にも伸び中心に気配が良い選手が 揃っています!! そこで 「杉田選手」を軸で狙っていく 前半戦はかなり苦しいレースが 続いていましたが昨日のレースでは 上積みに成功しているようでした。 出足・回り足が良くなっていたので スリットで先行する事が出来れば 捲り展開になってもおかしくありません。 ここも断然人気してくるはずですが このレースには Wエース機がいます。 2号艇伊藤選手は一時は予選TOPにも なっておりやはり機力が良いだけあります。 そしてダッシュ戦になる後藤選手 行き足に関しては浜名湖No1と言っても 過言ではありません。 5段階に分けた期待値で勝負レースを提供。 払い戻しはあくまでも今後の軍資金。 全額コロガシのような危険は投資は 当サイトでは一切推奨致しません。

次の