車 自 賠償 保険。 価格.com

価格.com

車 自 賠償 保険

「自賠責保険」に加入しないと処分の対象になる 「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」とは、「自動車損害賠償保障法」によって加入が義務付けられている保険で、あらゆる自動車が加入しなければなりません。 そのため、「強制保険」とも呼ばれています。 また、違反者にはきびしい罰則も設けられており、自賠責保険に加入せずに自動車を運転すると「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」、自賠責保険証明書を車に備え付けていない場合は「30万円以下の罰金」という処分が下されます。 補償範囲や補償額が限定されている 自賠責保険は、交通事故の被害者に対する最低限の救済をおもな目的とする保険です。 そのため、補償範囲は限定的で、事故の相手方の身体に関する損害しか補償の対象となりません。 つまり、相手方の物や自分の身体・物が損害を負ったとしても、保険金は支払われないのです。 また、相手方の身体に関する損害の補償額には上限が定められており、損害額が上限を超えてしまった場合は自己負担となります。 上記以外の後遺障害は75万円(第14級)~3,000万円(第1級) 死亡による損害 3,000万円 任意保険でしか補償されない損害がある 「自賠責保険」の補償は、相手方の身体に関する損害にしか適用されません。 しかし、自動車事故では、相手方の車や民家の塀を壊してしまうこともありますし、自分がケガを負ったり、最悪の場合、死亡してしまうこともあるでしょう。 また、重大な人身事故を起こしてしまうと、相手方への賠償金が多額に上るケースがあり、自賠責保険の補償上限額を大きくオーバーしてしまうことも多いのが現実。 「任意保険」とは、上記のような自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償する保険です。 任意保険のおもな補償を下にまとめたので、確認しておきましょう。 (1)対人賠償保険(相手方への補償) 交通事故で相手方の車に乗っていた人や歩行者をケガさせたり、死亡させてしまったときなど、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、自賠責保険の補償上限を超える損害賠償をカバーします。 (2)対物賠償保険(相手方への補償) 交通事故を起こして、他人の車や物などの財物に損害を与えた際に、保険金が支払われます。 (3)人身傷害補償保険(自分・搭乗者への補償) 過失割合に関わらず、保険会社の基準によって「実損害額」の保険金が支払われます。 車に乗っていた人の損害は、基本的に無条件に補償されます。 (4)搭乗者傷害保険(自分・搭乗者への補償) 自分の車に乗っている人(運転者・同乗者)が死亡・ケガをした場合に、「自賠責保険」や「対人賠償保険」などとは別に保険金が支払われます。 (5)無保険車傷害保険(自分・搭乗者への補償) 賠償能力が十分でない車の過失による事故に巻き込まれた場合に、保険金を受け取れます。 (6)自損事故保険(自分・搭乗者への補償) 運転手みずからの責任で起こした事故により、運転手自身が死亡・ケガをした場合に保険金が支払われます。 (7)車両保険(車への補償) 事故によって破損した車両の修理代が支払われます。 単独事故や当て逃げも補償するタイプや、他車との接触による損害のみを補償するタイプなど、車両保険にはいくつか種類があります。 「特約」で補償内容をカスタマイズできる 「任意保険」には補償内容をより充実させたり、補償範囲を限定することによって保険料を節約できる、「特約」が存在します。 この特約の有無によって、自分に最適な自動車保険を設計できるのです。 代表的な特約を下にまとめたので確認してみましょう。 (1)他車運転特約:他人の車を運転しているときの事故を補償する• (2)対物超過修理費用補償特約:相手方の物の時価額を超えて損害を補償する• (1)運転者限定特約:補償の対象となる運転者を限定することで保険料を抑える• (2)運転者年齢条件特約:補償の対象となる運転者の年齢を限定することで保険料を抑える 車のトラブルをサポートする「ロードサービス」 任意保険に加入すると、「ロードサービス」を利用できる場合がほとんどです。 代表的なものとして「ガス欠時の無料ガソリン給油」「キー閉込み時の開錠」「無料レッカー移動」などが用意されており、任意保険ならではの非常に便利なサービスと言えるでしょう。 ただし、注意が必要なのはサービス内容の違い。 どの保険会社でも、基本的なサービスメニューは同様なのですが、「無料ガソリン給油の回数」「無料レッカー移送の距離」など、サービスの詳細に関しては違いがあります。 保険会社選びの際は、必要なサービスが用意されているか、しっかりチェックしましょう。 「任意保険」は保険料を数万円単位で節約できる可能性がある 「任意保険」に加入する際に注意したいのが、保険会社ごとに補償内容や保険料の設定に大きな違いがあること。 特に保険料は、ほぼ同様の補償内容でも保険会社によって数万円単位で異なる場合があります。 そこで重要になるのが、複数の保険会社に見積もりを依頼して、補償内容と保険料をしっかりと比較すること。 「保険スクエアbang! 自動車保険」のような一括見積もりサービスの場合、5分程度の情報入力で最大20社前後の見積もりを一度に取ることができます。 「保険スクエアbang! 自動車保険」のユーザーアンケートによると、見積もりの比較をすることで、見積もり保険料が平均で25,000円以上安くなるという結果も出ています。 気軽に利用してみるといいでしょう。 引受保険会社により、商品名や補償内容等は異なりますので、ご契約にあたっては必ず「各社商品パンフレット」および「重要事項のご説明・契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。 また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」等をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。 ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社までお問合わせください。 【自動車保険一括見積もりについてのご注意】• 株式会社ウェブクルーが運営する「保険スクエア bang! 」などの自動車保険一括見積もりサイトでは、複数の保険会社に一括で自動車保険の見積もり依頼をすることができます。 お見積もり結果は、各保険会社または損害保険代理店からご案内いたします。 共栄火災、ソニー損害保険、チューリッヒ保険会社、SBI損害保険、アクサ損害保険、三井ダイレクト損害保険、セゾン自動車火災保険、イーデザイン損害保険は、株式会社損害保険見直し本舗と損害保険代理店 委託契約を締結しており、株式会社損害保険見直し本舗が保険契約の媒介を行います。 また、AIG損害保険、三井住友海上火災保険、楽天損害保険、東京海上日動火災保険、あいおいニッセイ同和損保は、株式会社損害保険見直し本舗と損害保険代理店委託契約を締結しており、株式会社損害保険見直し本舗が保険契約締結の代理を行います。 こくみん共済 coop、セコム損害保険に関しましては、直接お客様と保険会社との契約になります。 初めて共済に加入する際は組合員になる必要があります。

次の

自動車管理者賠償責任保険とは?補償の対象や注意点を解説!

車 自 賠償 保険

「自賠責保険」は「自動車損害賠償責任保険」の略称です。 交通事故被害者の救済を目的とした法律である「自動車損害賠償保障法」に基づき、原動機付自転車を含むすべての自動車に加入が義務付けられており、「強制保険」と呼ばれることもあります。 自動車損害賠償保障法にはさまざまな罰則規定があります。 多くのドライバーが関係する規定をピックアップして紹介します。 自賠責保険に加入していない車両を運行した場合 自賠責保険に加入していない自動車を公道などで運転した場合は、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」という処分が下されます。 同時に道路交通法の規定に従って、違反点数6点が付加され、ただちに免許停止処分となります。 「自賠責保険証明書」を自動車に備え付けずに運転した場合 自動車を運転する場合は、自賠責保険への加入を証明する「自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)」を、携帯しておかなければなりません。 これに違反すると「30万円以下の罰金」の処分が下ります。 「自賠責保険」の補償は被害者救済のためのもの 「自賠責保険」の補償は被害者救済のためのものと位置づけられており、その対象は「自動車事故によって他人の身体に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った」場合に限定されています。 たとえば、他人が所有する車や物に損害を与えてしまう物損事故や、自分の身体や車が損害を受けてしまうような自損事故・単独事故では保険金の支払いは行われません。 補償の対象に関しては、「自動車保険」と比較するのがわかりやすいので、一覧表をご覧ください。 自動車保険の補償の対象は、契約内容によって異なります。 また、補償の対象となっている、他人の身体の損害についても、下の表のように、損害の種類や程度によって保険金の支払限度額が定められています。 「自賠責保険」の保険金の支払限度額 損害の種類 保険金額(支払限度額) 傷害 120万円 死亡 3,000万円 後遺障害 後遺障害の程度に応じた階級によって75万円〜4,000万円• 神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合 常時介護:4,000万円(第1級)、随時介護:3,000万円(第2級)• 上記以外の後遺障害 3,000万円(第1級)〜75万円(第14級)• 被害者一人当たり• 2002年4月以降に発生した事故に適用 「自賠責保険」の保険料はどの保険会社で入っても同じ 「自賠責保険」には、損害保険会社やその代理店などで加入できます。 法律で加入が義務付けられているという性質上、保険料は車種と地域、保険期間によって規定されており、保険会社による差はありません。 主な車種と保険期間、保険料の関係については以下の表をご覧ください。 「自賠責保険」の保険料例 自動車保険ガイド• わからないことはこちらから• ページID: R1.

次の

補償内容:主な特約一覧

車 自 賠償 保険

原動機付自転車を含むすべての自動車は、自動車損害賠償保障法に基づき、自賠責保険(共済)に入っていなければ運転することはできません。 自賠責保険(共済)に加入せずに人身事故を起こすと、もともと自賠責保険(共済)から支払われる賠償金がすべて自己負担になります。 たとえ任意保険に加入していても、支払われるのは自賠責保険(共済)の補償限度額を超えた金額のみです。 例えば被害者が死亡した場合、自賠責保険(共済)に加入していれば3,000万円を限度額とした保険金(共済金)が支払われ、限度額を超えた金額が任意保険から支払われますが、未加入だった場合はこの3,000万円を自分で賠償しなければいけないのです。 たとえ事故を起こさなくても、自賠責保険(共済)に未加入で運行した場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金、自賠責保険(共済)の証明書を所持していなかっただけでも30万円以下の罰金が科せられます。 また無保険での運転は交通違反となり違反点数6点が付され、即座に免許停止処分となります。 加害者が自賠責保険(共済)に加入しておらず、国土交通省が損害賠償責任者(加害者や自動車の所有者など)に代わって被害者に損害のてん補を行った場合、国土交通省は、被害者が本来の損害賠償責任者に対して有する損害賠償請求権を代位取得し、損害賠償責任者に対して求償を行います。 また、被害者が国民健康保険や労働者災害補償保険などの各種社会保険を利用した場合には、国土交通省以外の政府機関からもその損害賠償額を求償されることになります。 損害賠償責任者が弁済しない場合には、国が損害賠償責任者を相手に、損害賠償請求訴訟を裁判所に提訴することになります。 その後、裁判所の判決に従い、損害賠償責任者が所持している自動車、土地や建物、給与等について差し押さえを実施し、裁判時に回収を行うことになります。

次の