従兄弟の子供同士 続柄。 「いとこの配偶者」の呼び方(続柄)について解説

「いとこ」から見た「いとこの子ども」の呼称、その逆の呼称

従兄弟の子供同士 続柄

はとこの 意味は?図とサザエさんで例えてみる!• 人気の関連ページ!• スポンサーリンク はとこの意味は?図とサザエさん一家で例えてみよう! 「はとこ」とは、とても分かりやすく説明すると いとこの子供同士(親同士がいとこ関係) を言います。 図で説明すると、「はとこの関係性」は一目瞭然ですね! また、上の図では分かりやすく「あなたの子供」から見たはとこを説明しましたが、「あなたにとってのはとこ」は… このようになります。 「私にとってのはとこは誰だ?」と考えるときは、 「父もしくは母のいとこ」の子供を思い浮かべると分かりやすいでしょう。 ちなみにこれをサザエさん一家に当てはめて考えてみると… 画像引用: なんと タラちゃんと イクラちゃんが「はとこ関係」にあることが分かります! 初めて知った方も多いかもしれませんが、 サザエ・カツオ・ワカメの3兄弟と、 ノリスケさんは 「いとこ同士」。 そして、それぞれの子供がタラちゃんとイクラちゃんなので、2人は「はとこの関係」にあるのです。 別名や、漢字で書くと? 漢字では• 再従兄弟• 再従姉妹 などと記載されます。 その他にも、• 又従兄弟(またいとこ)• 又従姉妹(またいとこ)• 二従兄弟(ふたいとこ)• 二従姉妹(ふたいとこ) などとも呼ばれます。 スポンサーリンク はとこから見ると私は何と呼ばれる? はとこにとって、私は何と呼ばれるのか? はとこから見ると お互いがはとこです。 ですので、「あなたのはとこ」から見る「あなた」もまた、「はとこ」です。 あなたから見た「いとこの子供」は何と言うのか?• 「いとこの子供」からみたあなたは何と言うのか? についてです。 履歴書などではそれでも問題ありませんが、住民票では「子の子」「父の母」などと記載されます。 では「はとこ」の場合どうなるのかと言うと… 「父or母」の「父or母」の「兄or弟or姉or妹」の子の子 にあたりますよね? 例)父の父の兄の子の子 ただし、ここまで遠い関係の場合は 「縁故者 (えんこしゃ)」という言葉が使われます。 いとこにあたる「父の姉の子」などまではこのような表現になりますが、それ以上は「縁故者」です。 ただし現在は 「同居人」という続柄もありますので、そちらが使われることが一般的です。 ただ現実的に「はとこの続柄」を書く機会はまあ無いでしょう。 人気の関連ページ! >>.

次の

続柄の書き方は?続柄一覧表付きでご紹介!困った時はコレを見て!

従兄弟の子供同士 続柄

続柄とは? 読み方は 「つづきがら」です。 一般的に「ぞくがら」と読むことが多いですが、「ぞくがら」は俗称で、正しくは「つづきがら」です。 続柄は血縁関係や婚姻関係を示す言葉で、関係の度合いを 「親等(しんとう)」という言葉で表します。 「親等」は、自分をゼロとし、自分の親や自分の子など、最も近い人を「一親等」、自分の兄弟姉妹や孫などを「二親等」、自分の叔父や叔母などを「三親等」、その後離れて行くごとに数字も増えて行きます。 また、血縁関係や婚姻関係で繋がりのある人たちの総称を 「親族(しんぞく)」とも言い、 民法で親族は「六親等内の血族(血の繋がりのある人)、配偶者、三親等内の姻族(配偶者の血族や自分の血族の配偶者)」と定められています。 では「いとこ」と「はとこ」の意味を見ていきましょう!「いとこ」と「はとこ」は何親等にあたるのでしょうか? 「いとこ」の意味とは? 「いとこ」は、四親等の親族で、自分の両親の兄弟姉妹の子のことです。 父母の兄弟姉妹は自分からみると叔父叔母(三親等の親族)にあたり、叔父叔母の子どもが「いとこ」ということです。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、 いとこ、大叔父大叔母 「いとこ」は自分より年上か年下か、いとこ同士の性別などによって漢字表記がかわります。 いとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「いとこ」です。 自分より年上・・・従兄、従姉 自分より年下・・・従弟、従妹 いとこが複数人いる場合は以下のようになります。 この場合もすべて読み方は「いとこ」になります。 自分から見て男性同士のいとこ・・・従兄弟 自分から見て女性同士のいとこ・・・従姉妹 自分から見て男女のいとこで、男性が年長の場合・・・従兄妹 自分から見て男女のいとこで、女性が年長の場合・・・従姉弟 自分から見て男女のいとこで、どちらも年長の場合・・・従兄姉 自分から見て男女のいとこで、どちらも年少の場合・・・従姉弟 いとこを総称すると・・・従兄弟姉妹 「はとこ」の意味とは? 「 はとこ」は、六親等の親族で、自分の両親のいとこの子のことです。 自分の祖父母の兄弟姉妹が「大叔父大叔母」で、大叔父大叔母の子が「いとこちがい」、いとこちがいの子が「はとこ」になります。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、いとこ、大叔父大叔母 五親等・・・来孫、五世の祖(高祖父母の両親)、いとこちがい 六親等・・・昆孫、六世の祖(五世の祖の両親)、 はとこ 両親のいとこは自分から見ると 「いとこちがい(五親等の親族)」といい、 「いとこちがい」の子が「はとこ」です。 「はとこ」は、 「またいとこ」や 「ふたいとこ」とも言い、意味は同じです。 「はとこ」もいとこと同じように自分より年上か年下か、はとこ同士の性別、父方か母方かなどによって漢字表記がかわります。 はとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「はとこ」です。 自分より年上・・・再従兄、再従姉 自分より年下・・・再従弟、再従妹 はとこが複数人いる場合は以下のようになります。 いずれも読み方は「はとこ」です。 自分から見て男性同士のはとこ・・・再従兄弟 自分から見て女性同士のはとこ・・・再従姉妹 父方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従堂兄 父方の、自分から見て年上の女性のはとこ・・・従堂姉 父方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従堂弟 父方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従堂妹 父方の、男性同士のはとこ・・・従堂兄弟 父方の、女性同士のはとこ・・・従堂姉妹 父方の、男女同士のはとこ・・・従堂兄妹 母方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従表兄 母方の、自分から見て年長の女性のはとこ・・・従表姉 母方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従表弟 母方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従表妹 母方の、男性同士のはとこ・・・従表兄弟 母方の、女性同士のはとこ・・・従表姉妹 母方の、男女同士のはとこ・・・従表兄妹 はとこの次は? はとこの次は 「三従兄弟姉妹(みいとこ)」で、八親等の親族で、自分の両親のはとこの子、自分の高祖父母の玄孫にあたります。 更に 「よ(四)いとこ」「いつ(五)いとこ」「む(六)いとこ」と続くそうですが、民法で親族は「六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族」と定められていますので、六親等の「はとこ」までを親族として考えると良いようです。 いとこのいとことは? 「いとこのいとこ」は、自分とは血のつながりはなくなり、六親等を超えてしまうため親族とは考えず、特に呼び方もないようです。 叔父叔母の子は、自分とは「いとこ」になります。 その「いとこ」からみて「いとこ」ということは、自分の叔父叔母の兄弟姉妹の子・・・ということになるのですが、ここでは、自分の父親と叔父が兄弟として考えてみましょう。 叔父の配偶者である叔母は、自分とは血のつながりはなく、その叔母の兄弟姉妹の子が「いとこのいとこ」にあたります。 「いとこ」や「はとこ」は結婚できる? 民法では、「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」と、近親者の婚姻を禁止しています。 直系血族とは、両親、祖父母、子、孫など、自分から直線的なつながりがある人のことで、傍系血族とは、兄弟姉妹、いとこ、叔父叔母などの、自分から横につながりがある人のことです。 以上のことから、 いとこは四親等の傍系血族、はとこは六親等の傍系血族なので、結婚することが可能です。 いとこやはとこを漢字表記するとびっくりするくらい種類があるんですね。 昔は兄弟姉妹の数が多かったため、いとこやはとこの数も当然多く、自分との関係を表すために、読み方は同じでも漢字表記の数も多くなったそうですよ。 自分と親戚がどういう関係にあるのか、家系図を書きながら確認していくとわかりやすいかもしれませんね。 関連: 関連: -.

次の

「いとこ・はとこ・またいとこ」の違いは?家系図で見る親族の呼び名

従兄弟の子供同士 続柄

「続柄」の意味と読み方は? 「続柄」の意味は「関係」のこと 「続柄」とは、「関係」のことを指します。 主に戸籍や住民票で使われる言葉で、税金や社会保険などの公的な手続きの書類に記入する欄があります。 一般的には、「父」に対して「子」など、親族間の関係性を表すことが多いですが、親族でない人が同一世帯になって同じ住民票に載ることもあるため、親族以外の続柄を書くこともあります。 「続柄」の正しい読み方は「つづきがら」 「続柄」の正しい読み方は「つづきがら」です。 一般的には、「ぞくがら」と読まれていることも多いですが、「ぞくがら」は「つづきがら」の俗な読み方です。 「続柄」と「あなたとの続柄」の違いとは? 戸籍や住民票の「続柄」とは、代表者との関係性のこと 戸籍で「続柄」と書かれているときには、戸籍の筆頭者との関係性が「続柄」です。 例えば自分の父が戸籍の筆頭者だったときには、自分の続柄は「子」です。 同じく、住民票で「続柄」と書かれているときには、世帯主との関係性が「続柄」です。 戸籍や住民票では代表者との関係性を記入します。 「あなたとの続柄」とは、あなたとの関係性のこと 税金関係の書類には「あなたとの続柄」と書かれていることがあります。 「あなたとの続柄」は、あなたから見てどのような関係の人なのかを記入します。 例えば、会社員の人が年末調整のときに会社に記入するように言われる「給与所得者の扶養控除等申告書」には、扶養家族について記入する欄があります。 扶養家族に対して「あなたとの続柄」を書くので、妻を扶養していれば「妻」、子を扶養していれば「子」、母を扶養していれば「母」と続柄を記入します。 戸籍上の筆頭者や、住民票上の世帯主が誰であっても、「あなたとの続柄」は変わりません。 年末調整は「あなたとの続柄」、確定申告は「世帯主との続柄」 一般的に、年末調整に関する書類では「あなたとの続柄」と書かれており、確定申告の用紙には「世帯主との続柄」と書かれています。 例えば、世帯主が夫で、妻を扶養している場合、夫が年末調整の書類で記入する妻の「あなたとの続柄」は「妻」ですが、確定申告の用紙に記入する「世帯主との続柄」は「本人」です。 「続柄」の書き方一覧 本人や配偶者(夫・妻)の続柄• 本人の続柄は「本人」• 配偶者は「夫」「妻」• 事実婚は「夫(未届)」「妻(未届)」 事実婚とは、夫婦として一緒に暮らしており、生計なども一緒にしているが、まだ婚姻届を提出していない関係のことをいいます。 法律では「内縁関係」と呼びます。 届出をすれば、住民票では「夫(未届)」「妻(未届)」と記載できますが、戸籍上はこのような記載ができません。 娘や息子、孫との続柄• 娘や息子など、自分の子は「子」• 再婚相手の子の場合は「夫の子」「妻の子」• 事実婚で再婚した相手の子は「夫(未届)の子」「妻(未届)の子」• 届出が出せない事実上の子は「縁故者」• 孫は「子の子」 養子縁組した子は、すべて「子」になります。 つまり、再婚相手の子と養子縁組していれば「子」になり、養子縁組していない場合は「夫の子」や「妻の子」などになります。 届出が出せない事実上の子とは、何らかの理由により、養子縁組ができない子のことを指します。 例えば、結婚しているのに別の人と事実婚になっていて、その事実婚の人の子などが該当します。 結婚している人は事実婚の届出ができないために、「縁故者」という言葉を使います。 両親・義理の両親(妻/夫の母など)との続柄• 両親は「父」「母」• 妻(夫)の両親は「妻(夫)の父」「妻(夫)の母」 一般的に、姑などと呼ばれる義理の両親は、「夫の父」など具体的な表記になります。 兄弟と、義理の兄弟の続柄• 兄弟は「兄」「弟」「姉」「妹」• 妻(夫)の兄弟は「妻(夫)の兄」「妻(夫)の弟」「妻(夫)の姉」「妻(夫)の妹」 義理の兄弟は、「夫の兄」など、具体的に表記します。 兄弟が何人いても書き方は変わりません。 例えば、兄が2人いても、どちらも「兄」と記載します。 「長兄」などの書き方はしません。 祖父母との続柄• 父方の祖父母は「父の父」「父の母」• 母方の祖父母は「母の父」「母の母」 一般的には「祖父母」と呼ぶ関係も、戸籍や住民票では「父の父」などの表記になります。 父方の祖父母なのか、母方の祖父母なのかがひと目でわかります。 おじやおばとの続柄• 父方のおじやおばは「父の兄」「父の弟」「父の姉」「父の妹」• 母方のおじやおばは「母の兄」「母の弟」「母の姉」「母の妹」 その他の続柄• 子どもの夫や妻は「子の夫」「子の妻」• いとこの子どもやはとこは「縁故者」• 他人は「同居人」 まとめ 「続柄」とは関係性のことを言います。 書類などに記載しなければならない場面は多いので、「あなたとの続柄」や「世帯主との続柄」など、誰との続柄なのかを確認して記入しましょう。 また、祖父を「父の父」と記載するなど、「続柄」の書き方は独特です。 間違えて記入しないように書き方一覧を参考にしてください。

次の