じゃがいも 料理 人気。 ジャガイモレシピ 人気1位は?簡単美味しい!つくれぽ1000以上

【超簡単】じゃがいもレシピ人気15選【つくれぽ10000越え!】殿堂・大量消費レシピ|サラダやチーズも!じゃがいもだけでおかずになる!

じゃがいも 料理 人気

第6位:オシャレで簡単「じゃがいもガレット」 まずご紹介するのは、 6位に輝いた「ガレット」。 凝った料理に見えますが、じゃがいもを切って焼くだけでできるので意外と簡単。 子どもたちにも大人気のレシピなんです! 「じゃがいもを細切りにして水溶き片栗粉で混ぜて、たっぷりと油をひいたフライパンで焼くじゃがいものガレット」( 46歳/主婦) 「じゃがいものガレット。 じゃがいもを細切りにして、バターとオリーブオイルと塩コショウのみで炒めるだけで簡単に作れて美味しい一品」( 28歳/営業・販売) 「細切りにしたじゃがいもに粉チーズ、片栗粉、コンソメ顆粒、ツナを混ぜてフライパンで焼く。 ガレットは簡単だし、副菜として出してもそれっぽくなる」( 20歳/主婦) 「じゃがいもを細切りにして、塩胡椒とウインナーと玉ねぎとチーズを混ぜて焼く。 ガレット風で箸が進みます」( 24歳/主婦) 「じゃがいもガレット。 千切りにしたじゃがいもを両面焼いてチーズをのせる」( 39歳/主婦) 第5位:もっちもちがおいしい「いももち」 第 5位は、こちらも意外な「いももち」。 もちもちの食感とじゃがいもの素朴な甘さがなんとも絶妙な美味しさ。 じゃがいもと片栗粉さえあればできるから、スーパーに行けなくても簡単に作れちゃいます。 おやつや朝ごはんとしても GOOD! 「じゃがいもをすって、汁気を絞り、焼いてソースをつけて食べる。 焼くと膨らむのでもちもちに」( 47歳/主婦) 「じゃがいもをすり、片栗粉と混ぜて焼く芋餅」( 52歳/主婦) 「いももちのチーズアレンジ」( 33歳/営業・販売) 「いももち。 朝ご飯用に作ります」( 29歳/主婦) 第4位:ホクホクおいしい「ポテトグラタン」 第 4位に輝いたのは、「ポテトグラタン」。 マカロニがなくても、じゃがいもを使ってオシャレなおかずグラタンに大変身。 じゃがいもをレンジで加熱してしまえば、あっという間に完成するのも嬉しい! 「じゃがいもをスライスして、電子レンジで加熱。 ケチャップ、マヨネーズ、塩胡椒、チーズ、じゃがいもに粉チーズをかけてオーブンで 5分くらい焼いて出来上がり」( 28歳/主婦) 「粉ふきいもをにんにくで炒めて、そこに生クリームと溶けるチーズをまぜた物を耐熱皿で焼いてつくるグラタン。 すごく簡単でおいしい」( 38歳/主婦) 「グラタン。 じゃがいもをレンジで熱してグラタン皿に敷き、薄切りベーコンとチーズをのせてオーブンで焼く」( 47歳/主婦) 「じゃがいもをレンジで加熱し、ミートソースをかけてチーズをのせグラタン風ミート」( 55歳/主婦) 第3位:おつまみにも最適な「フライドポテト」 みんな大好き「フライドポテト」が第 3位に。 特にお子さんは大好物ですよね。 カリっとしたじゃがいもの食感と程良い塩気が後を引くおいしさ! 居酒屋メニューにもあるように、お父さんのおつまみにも喜ばれます。 「細切りにして、片栗粉をつけて、油で揚げてポテトフライ。 子どもが大喜び」( 41歳/主婦) 「フライドポテト。 レンジでチンして潰したものに塩胡椒と片栗粉を混ぜてボール状にして揚げる」( 47歳/主婦) 「 5ミリ位にスライスしたじゃがいもをビニール袋に入れて、少量の片栗粉、青のり、塩を加えて振る。 フライパンに少し多めに油をひいて両面で 8分程焼く。 簡単フライドポテト」( 35歳/主婦) 「じゃがいもを塩胡椒して、皮ごと油で揚げると、フライドポテトになる。 つまみにもなるし、子どもも喜ぶ」( 31歳/主婦) 第2位:素材の味を楽しめる「じゃがバター」 第 2位は「じゃがバター」。 ホクホクのじゃがいにバターや塩で味を加えれば、ちょうど良いおいしさで止まらなくなってしまいます。 レンチンで簡単にできるので、ささっと作れちゃうお助け料理です。 「レンジで加熱したじゃがいもをバターと醤油で味付けする」( 45歳/その他) 「じゃがバター。 ホイルにじゃがいも、バター、塩胡椒をのせ、そのままオーブンで焼く」( 32歳/その他) 「じゃがいもはレンチンしてバターとマヨネーズのせて食べる」( 39歳/営業・販売) 「バーベキューでアルミホイルで包んでじゃがバターが好き」( 35歳/デザイン関係) 第1位:じゃがいも料理の王様「ポテトサラダ」 じゃがいも人気レシピランキング第 1位は、「ポテトサラダ」が堂々ランクイン。 じゃがいもおかずの大定番が 1位という結果になりました。 じゃがいもにマヨネーズを入れるだけでもおいしいけれど、カリカリベーコンや卵やたらこなどを混ぜれば、さらにほっぺが落ちるおいしさに。 いつ作っても喜ばれる家族に大人気のレシピです。 「じゃがいもとたらこを混ぜて、ポテトサラダ」( 52歳/総務・人事・事務) 「オニオンスライスとカリカリベーコン入りのポテトサラダ。 おつまみに最適。 腹持ちも良い」( 34歳/その他) 「じゃがいもをスライスしたきゅうりと玉ねぎ、めんたいこを混ぜてマヨネーズで和える。 簡単だけど夫に好評だった」( 28歳/主婦) 「じゃがいも・ゆで卵・ウインナーを炒めたものを塩・コショウ・マヨネーズで和えたポテサラ」( 40歳/主婦) 「ゆで卵をたっぷり使ったポテサラ」( 49歳/営業・販売) 番外編:じゃがいもを炒めたレシピは無限! 今回じゃがいもを炒めるという意見もたくさんいただきました。 味付けや炒める食材が無限なので、今日はどうアレンジしようか……ぜひ参考にしてください。 「細切りにしたじゃがいもをベーコンと一緒に炒める。 塩胡椒で味付け。 簡単で子どもも食べてくれておいしい」( 38歳/主婦) 「じゃがいもをひき肉と炒め、チーズを絡めたもの」( 35歳/主婦) 「細切りのじゃがいもと梅干しをオリーブ油と塩胡椒で炒める」( 30歳/主婦) 「じゃがいもをサイコロ状に切り、ベーコンと一緒に炒めてコーンとチーズで和える」( 48歳/その他) 「じゃがいもを細く切ってと玉ねぎと炒め、塩胡椒で味付けして卵でとじる」( 32歳/主婦) 「じゃがいもと牛肉の細切りを炒め、塩胡椒で味付け。 シンプルだけど美味しい」( 37歳/主婦) いかがでしたか? じゃがいもがあるだけで簡単におかずが 1品作れちゃうので、常備しておきたい食材のひとつですよね。 しかも、どのレシピも簡単で時間がないときでもさっと作れてしまうので、主婦のみなさんを助けてくれること間違いなしです! 家族に喜ばれるレシピ、ぜひ試してみてくださいね。

次の

ジャガイモレシピ 人気1位は?簡単美味しい!つくれぽ1000以上

じゃがいも 料理 人気

【材料】• じゃがいも:2個• 塩こしょう• 薄力粉• チーズ 【作り方】• じゃがいもはきれいに洗い、薄く輪切りにした後に細切りにします。 切ったらボウルに移して、塩を多めにふります。 黒こしょうを好みの量でふり、薄力粉もまぶしておきます。 全体にしっかり馴染むように、手で優しく揉みながら混ぜ合わせます。 熱したフライパンに油を多めにひき、4を半分量入れて平らに広げていきます。 5の上にスライスチースとハムをのせます。 さらに6の上に残りの4をのせ、弱火で10分ほど焼きます。 フライパンより少し大きめの皿を使って7を裏返します。 再度、裏面を焼きじゃがいもに火が通ったら完成です。 【材料】マフィン型6個分• 冷凍パイシート:1枚 160g• ハム:5~6枚• じゃがいも:3個• ピザ用チーズ:適量• 塩:少々• ブラックペッパー:適量• オリーブオイル:適量• 薄力粉:適量 【作り方】• じゃがいもは薄くスライスし、耐熱容器に入れて軽く塩をふります。 1にふんわりとラップをかけて、500Wの電子レンジで4分加熱します。 ハムを4等分にカットします。 解凍したパイシートをめん棒で厚さが2~3mmになるまで広げるように伸ばします。 コップやセルクルなど丸い型でパイシートを抜きます。 余ったパイシートもとっておきましょう。 マフィン型にオリーブオイルを塗り、5のパイシートをマフィン型にはめます。 じゃがいも・ハム・チーズの順に重ねていきます。 マフィン型いっぱいになったら、6の余ったパイシートを蓋になるように被せます。 9の上にチーズをのせてブラックペッパーをふります。 750Wのオーブントースターで7分焼き上げたら完成です。 【材料】• じゃがいも:中4個• トマト:中1個• ピーマン:1個• アスパラガス:2本• 生ハム:50g• ケチャップ:大匙2• マヨネーズ:大匙2• 塩:少々• ピザ用チーズ:適量• オリーブオイル:適量• タバスコ:お好みで 【作り方】• 玉ねぎは薄くスライスして水にさらし、トマト・ピーマンは輪切りにします。 アスパラガスは斜めに薄切りにしたあと、600Wのレンジで2分加熱します。 じゃがいもは皮を剥き、輪切りにしたあと細切りにし、塩で下味をつけます。 じゃがいもは水にさらさないようにしましょう。 油を多めにひいたフライパンにじゃがいもを入れます。 フライ返しで円形に形を整えながら、中火で焼き固めます。 焼き目が付いたらひっくり返します。 ケチャップ・マヨネーズ・1~3のトッピング・チーズ・生ハムをのせます。 仕上げに蓋をして弱火で5分ほど蒸し焼きにしたら完成です。 【材料】• じゃがいも:3個• ハムまたはベーコン:4枚• ピザ用チーズ:適量• サラダ油:大匙1 A ホワイトソース• バター:30g• 薄力粉:大匙2• 牛乳:400cc• じゃがいもは一口大にして水にさらし、水気を切って耐熱皿に並べます。 1に塩をふり、ふんわりとラップをして600Wのレンジで4分加熱します。 玉ねぎは薄切りにし、ハムは細切りにします。 鍋にバターを入れて中火で熱し、薄力粉を加えて混ぜ合わせます。 4に牛乳を数回に分けて加えその都度よく混ぜ、なめらかになるまで加熱します。 フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、玉ねぎ・ハムを入れます。 玉ねぎがしんなりするまで炒め、塩を入れ炒め合わせます。 さらに、じゃがいもとホワイトソースを加えて合わせます。 耐熱皿に入れてピザ用チーズを散らします。 【材料】2人分• じゃがいも:5個• ハムまたはベーコン:2枚• コーン缶:70g• バター 有塩 :15g• 合わせ味噌:大匙1• ベーコンは1cm幅に切り、コーン缶は余分な汁気を取り除きます。 味噌と酒は混ぜ合わせておきます。 じゃがいもは皮をむき、1cm幅の半月切りにします。 耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけてレンジ600Wで3分ほど加熱します。 フライパンにバターを入れて溶かし、ハムまたはベーコンを入れて炒めます。 焼き色がついたらコーンを加え、さらに炒めます。 4を加えて炒め、じゃがいもに焼き色がついたら、2を加えます。 汁気が飛んだら鍋肌から醤油を加え、炒め合わせます。 器に盛り付け、お好みで黒こしょうをふって完成です。 【材料】• じゃがいも:3個• 玉ねぎ:1個• にんにく:1片• ハムまたはベーコン• 塩こしょう• パセリ• 粒マスタード 【作り方】• じゃがいもはひと口大のサイズに切り、鍋で茹でます。 玉ねぎは少し厚めにスライスします。 にんにくはスライスし、ハムまたはベーコンは食べやすい大きさに切ります。 熱したフライパンにサラダ油をひいて、にんにくを入れます。 香りが立ったらハムまたはベーコンを入れて炒め、玉ねぎを加え弱火で炒めます。 玉ねぎがしんなりしてきたら、1の茹でたじゃがいもを加えます。 塩・こしょう・パセリ・粒マスタードで味付けし、全体を混ぜながら炒めます。 全体に味が馴染んだら完成です。 【材料】4人分• じゃがいも:3個• ピーマン:1個• ロースハム:3枚• 塩:少々• こしょう:少々• リーフレタス:適量 【作り方】• じゃがいもは皮を剥いてひと口大に切り、ピーマンは1cm角に切ります。 ハムは1. 5cm角に切ります。 鍋に水とじゃがいもを入れて茹でます。 じゃがいもが柔らかくなったら、ピーマンを加えてサッと茹でザルに上げます。 ボウルにじゃがいも・ピーマンを入れ粗熱を取ります。 5にハム・水気をきったコーン・コクうま・塩・こしょうを加えて和えます。 器に盛り、ちぎったリーフレタスを添えたら完成です。 【材料】3個分• じゃがいも:3個• ハム:12枚 A• 塩こしょう:少々• 酢:小匙1• マスタード:小匙1• マヨネーズ:大匙3 B• 小麦粉:適量• 卵:1個• パン粉:適量 【作り方】• じゃがいもは皮を剥き、適当な大きさに切って水にさらしておきます。 玉ねぎは薄切り、きゅうりは5mm幅の輪切り、人参は5mm幅の半月切りにします。 耐熱容器にじゃがいもを入れてふんわりラップをし、レンジ500Wで6分加熱します。 3をマッシュして、玉ねぎ・きゅうり・にんじんを加えてよく混ぜ合わせます。 粗熱を取ったらAを加えよく混ぜ、3等分にします。 2枚重ねにしたハムの上に5をのせ、さらに2枚重ねにしたハムで挟みます。 隙間ができないようにしっかりと押さえつけましょう。 小麦粉・卵液・パン粉の順に衣をつけます。 側面にもしっかりつけてください。 両面きつね色になったらバットに上げ、油を切って完成です。 【材料】1人分• にんにく:1片• ミニトマト:1個• 生ハム:4~5枚• 塩:適量• パスタ:100g• オリーブオイル:大匙2• バジルソース:大匙3• コショウ:少々• パルメザンチーズ:大匙1 【作り方】• にんにくはみじん切り、ミニトマトは4等分にカットします。 じゃがいもは1cm角にカットし茹でておきます。 鍋にお湯を沸かし塩を入れ、パスタを茹でます。 弱火でフライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを香りが出るまで炒めます。 4にパスタの茹で汁をお玉1杯加えて、バジルソースを入れます。 じゃがいも・塩・砂糖・ブイヨン・コショウを入れて味を馴染ませます。 6にパルメザンチーズを入れます。 茹で上がったパスタを入れて、全体に味を馴染ませます。 お皿に盛って、ミニトマトと生ハムを飾ったら完成です。 【材料】• じゃがいも:5個• 塩:10g• コショウ:2g• モッツァレラチーズ• ピザ用チーズ• ベーコン• パセリ• 生クリーム:240ml• 卵:2個 【作り方】• じゃがいもは縦にスライスして、塩コショウをふって味を馴染ませます。 ラザニア用の耐熱皿にじゃがいもを敷きます。 2の上にハム・モッツァレラチーズをのせています。 3の上にさらにじゃがいも・ハム・モッツァレラチーズを重ねていきます。 4の上にカリカリに炒めたベーコン・パセリ・じゃがいもをのせます。 5の上にピザ用チーズをのせます。 ボウルに生クリームと卵2個を入れて混ぜ合わせます。 よい感じに焼き色がついたら完成です。

次の

【みんなが作ってる】 じゃがいも 人気のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

じゃがいも 料理 人気

非常に早く育ちますので家庭菜園で作る場合も作りやすい品種。 そして、じゃがいもの代名詞と言えるホクホクとした食感があります。 このホクホク感を生かした料理としてコロッケがお奨めです。 ただし「じゃがいもみたいな」という比喩の典型的というべきか、でこぼこしていますので、皮がむきづらいです。 しかも煮崩れしやすいです。 また栽培するときには、大きないもに空洞が発生しやすい傾向があり、さらにじゃがいもの天敵の害虫であるジャガイモシストセンチュウにちょっと弱い部分があります。 現在、日本で最も栽培されているじゃがいもです。 煮崩れしにくいので煮物料理に向いています。 甘みが強いのも特徴。 しかし、栽培するのは「男爵」よりも難しいです。 いものの大きさがなかなかそろわず、農家にとっては歩留まりの悪い品種といえます。 家庭菜園でも、あまり小さないもは、有害物質溜まりやすいので困りものです。 その有害物質であるグリコアルカロイドが溜まりやすいという性質をもっています。 その点でも、家庭菜園で作るには、男爵よりも難易度が高いと言えますね。 そして、男爵と同じようにジャガイモシストセンチュウに弱いです。 第三位!害虫に強い「キタアカリ」 「スタークイーン」はそうか病抵抗性を持ちジャガイモシストセンチュウにも強い品種です。 「男爵」ほどではないですが多くの収穫が期待できる点では非常にすぐれています。 病気に強く、大量に収穫できる素晴らしいじゃがいもですね。 しかし、栽培には比較的時間がかかります。 この点は家庭菜園で栽培するときには注意が必要でしょう。 また、病気には強いのですが、煮崩れのしやすさはこれまた男爵以上。 なぜ、病害虫に強い品種は煮崩れに弱いのか……長期間の煮込み料理にはまったく向きません。 調理のときは、サラダやコロッケなどに使うのが一番いいです。 ただ、味は少しあっさりしています。 第五位!二一世紀生まれの「インカのめざめ」は甘みが強い! 今回は7つの品種を紹介しました。 ランキングは独断と偏見と、まあ多く出回っているのを人気として考えてみました。 ただ、この他にも、病気に強く家庭菜園に適した品種のじゃがいもや、「」だけではない変わったカラフルなじゃがいもがあります。 中々スーパーではお目にかかれない品種もありますが、最近はネットスーパーや専門店もありますので、そこでいろいろなじゃがいもを探してみるのもいいかもしれません。 じゃがいもは、食べてもおいしいです。 それに自分で作る楽しみもありますね。 また、品種によって向き不向きな調理方法もありますので、その点も気にして、おいしくじゃがいもを味わいたいですね。 ジャガイモに関する記事•

次の