脂肪抽出。 迅速かつ安全な粗脂肪および総脂肪分析用、初の全自動ソックスレー装置

脂肪滴抽出キット

脂肪抽出

抽出物に含まれるショウガの辛み成分である6-ジンゲロール等に同様な作用が認められる。 キーワード:ショウガ、6-ジンゲロール、脂肪細胞分化、核内受容体、PPAR• 担当:近中四農研・産学官連携推進センター 兼・野菜茶機能性研究チーム• 代表連絡先:電話0877-62-0800• 区分:近畿中国四国農業・作物生産、野菜茶業・野菜品質・機能性• 分類:研究・参考 背景・ねらい 脂肪細胞はメタボリックシンドロームや生活習慣病などの病態に深く関与している。 肥大した脂肪細胞は生活習慣病を引き起こす。 一方、小さな脂肪細胞はそれらを予防することが知られている。 したがって、脂肪細胞分化を促進することで小さな脂肪細胞を作り出すことが健康維持に重要である。 そこで、農作物中にもチアゾリジン誘導体に似た性質を持つものがないか検討する。 成果の内容・特徴• ショウガから超臨界抽出法にて成分を抽出する。 抽出物は脂肪細胞分化の指標となるグリセロール-3-リン酸脱水素酵素活性の上昇 図1 と細胞内中性脂肪の増加を引き起こし形態的にも脂肪細胞の特徴が観察される。 したがって抽出物には脂肪細胞分化促進作用が認められる。 6-ジンゲロールが加熱等で6-ショウガオールに変換されると活性が強くなる 図4。 成果の活用面・留意点• 本成果は培養細胞を用いて得られた結果であるので基礎データとして活用できる。 具体的データ その他• 研究課題名:野菜・茶の免疫調節作用、生活習慣病予防作用を持つ機能性成分の評価法と利用技術の開発• 課題ID:312b• 予算区分:基盤研究費、委託プロ 食品プロ• 研究期間:2006~2010 年度• 研究担当者:関谷敬三、吉田隆一 富士フレーバー 、齋藤武• 発表論文等:関谷敬三ら 2010 漢方と最新治療、19 3 :241-246.

次の

食品学の実験レポート

脂肪抽出

脂肪組織は、エネルギー貯蔵機能に加え、内分泌や炎症に関連する重要な器官として認識されています。 そのため、脂肪組織中のタンパク質の分離・解析は、生理学的または病理学的状態の解明に必要とされています。 しかしながら、脂質含有量が高く、タンパク質含有量の低い脂肪組織(WAT/BAT)からタンパク質を分離して解析する方法は、技術的に困難です。 101 Bio社は、独自の表面特性を有するフィルターと界面活性剤を含まない抽出バッファーを使用して、脂肪組織ホモジネートのエマルジョンからタンパク質を迅速に抽出する手法を開発しました。 組織内のタンパク質存在比にバイアスをかけることなく抽出することができます。 脂肪組織(WAT/BAT)のタンパク質抽出方法• 50〜80mgの新鮮組織または凍結組織を、重ねたペーパータオルにはさみ、親指と中指で押すようにして組織の油の一部を取り除きます。 ピンセットを使って、付属の1. 5mLチューブの底に組織を入れます。 他のチューブでは、乳棒の形状と合わない場合があります。 付属の乳棒を使用して、1〜2分間程度かけて組織を破砕します。 チューブに蓋をして、2,000 rpmで1分間遠心します。 コレクションチューブにセットしたフィルターカートリッジに、上清を移します。 インキュベート後、蓋を開けたまま2,000 rpmで2分間遠心します。 フロースルーに脂肪組織由来のトータルタンパク質が含まれます。 抽出されたタンパク質は、水不溶性の細胞成分の影響でわずかに白濁します。 水溶性タンパク質の検出のために、希釈してELISAに直接使用することができます。 または、水不溶性タンパク質を溶解するために、付属のバッファーBまたはバッファーCで再懸濁することができます。 変性タンパク質溶液を得ることができます。 SDS-PAGE、ウェスタンブロット、その他のアプリケーションに最適です。 非変性タンパク質溶液を得ることができます。 免疫沈降(IP)、ELISA、その他のアプリケーションに最適です。 培養脂肪細胞のタンパク質抽出方法• 50 X 10 6〜100 X 10 6 の培養脂肪細胞を、低速で遠心して回収します。 5 mLチューブ内の細胞に 1 mLの冷却PBSを加えて再懸濁し、 100mgのタンパク質抽出粉末を加えます。 卓上遠心機で、3,000 rpm、3分間遠心します。 上清を完全に除去した後、乳棒を使用して1〜2分間ホモジナイズします。 2,000 rpmで1分間遠心し、上清をコレクションチューブにセットしたフィルターカートリッジに移します。 インキュベート後、蓋を開けたまま2,000 rpmで2分間遠心します。 フロースルーに脂肪細胞由来のトータルタンパク質が含まれます。 抽出されたタンパク質は、水不溶性の細胞成分の影響でわずかに白濁します。 水溶性タンパク質の検出のために、希釈してELISAに直接使用することができます。 または、水不溶性タンパク質を溶解するために、付属のバッファーBまたはバッファーCで再懸濁することができます。 変性タンパク質溶液を得ることができます。 SDS-PAGE、ウェスタンブロット、その他のアプリケーションに最適です。 非変性タンパク質溶液を得ることができます。 免疫沈降(IP)、ELISA、その他のアプリケーションに最適です。

次の

全自動粗脂肪抽出装置 ソクスサーム

脂肪抽出

JUGEMテーマ: 食品学実験B 1 : 油脂に関する実験 粗脂肪の定量 1. 目的 ソックスレー抽出器の構造および正しい操作を理解し、食品中に含まれる粗脂肪の量を求める。 また、実験結果で求められた粗脂肪の量と食品成分表に記載されている脂肪量の差を確認する。 器具・試料 使用器具 ソックスレー抽出器、電気恒温湯煎器、円 筒ろ紙、 電気低温乾燥器 使用試薬 l ジエチルエーテル(無水硫酸ナトリウムで脱水蒸留したもの) 試料 l たたみいわし 3. 7483g l かつお節 3. 4570g l 煮干し 3. 5461g l ビーフジャーキー 3. 9818g 3. 原理 脂肪は水に溶けないため有機溶媒であるジエチルエーテルを使用し、試料から粗脂肪を抽出させる。 抽出のためソックスレー抽出器を使用する。 ソックスレー抽出器にて、ジエチルエーテルをAに入れ、A,Bおよび冷却水を通したCを連結する。 Aを電気恒温湯煎器で加温するとA内のジエチルエーテルが蒸発し、Eを通ってCに達して冷却され、B内の円筒ろ紙上に滴下し、B内にたまり、試料中の脂質が抽出される。 ジエチルエーテルの液面がFの上部に達すると、B内のジエチルエーテルは抽出した脂質とともにFを通ってAに流れ込む。 図1:ソックスレー抽出器 4. 実験方法• 試 料3〜4gを正確に秤量し、円筒ろ紙に入れる• 円筒ろ紙の上部に脱脂綿を詰めてソックスレー抽出器の中間部に挿入する• ソックスレー抽出器の定量びんは十分に洗浄乾燥し恒量とする• ソックスレー抽出器の定量びんを中間部と連結する• 中間部の上部よりジエチルエーテルを入れる• ジエチルエーテルをできるだけ回収し、残余のジエチルエーテルは蒸発させる• 定量びんを秤量する 5. 実験結果 1. 以下の通り秤量した フラスコNo. 1 2 3 4 試料名 たたみいわし かつお節 煮干し ビーフジャーキー 試料重量 g 3. 7483 3. 4570 3. 5461 3. 9818 フラスコ重量 g 84. 2321 86. 6878 112. 1659 86. 7684 乾燥 第1回目 重量 g 84. 4340 86. 8542 112. 3185 86. 8507 乾燥 第2回目 重量 g 84. 4316 86. 8493 112. 3124 * 86. 8462 乾燥 第3回目 重量 g 84. 4306 86. 8477 * 112. 3127 86. 8460 乾燥 第4回目 重量 g 84. 4303 * 86. 8482 112. 3129 86. 8450 * 乾燥 第5回目 重量 g 84. 4305 86. 8484 112. 3129 86. 8451 注1:「*」がある値を粗脂肪の計算に使用する結果値とする 2. 3 4. 6 4. 1 1. 9 食品成分表中に記載された脂肪量(注 2 ) 5. 6 2. 9 6. 2 7. 下記、計算過程• 考察 今回の実験では、試料である食品中に含まれる粗脂肪の定量を量ることができた。 実験で得られた粗脂肪量と食品成分表に記載されている脂肪の量に差が生じていることを確認できた。 また実験を通じてソックスレー抽出器の正しい使用方法について確認することができた。 資料である食品中に含まれる素脂肪量の定量実験は、ジエチルエーテルを使用して抽出した。 これは脂肪が水に溶けないため有機溶媒を使用した。 有機溶媒のため中性脂肪の他に遊離脂肪酸、レシチン、コレステロール、ロウ、色素などもジエチルエーテルに抽出されるので得られた結果値は純粋な中性脂肪の定量ではなく粗脂肪の定量である。 たたみいわしは、実験結果は「5. 両者の値の差は「0. 両者の値は近い結果となり実験は正しく行われたと考える。 かつお節は、実験結果は「4. 両者の値の差は「1. 両者の値は近い結果となり実験は正しく行われたと考える。 煮干しは、実験結果は「4. 両者の値の差は「2. 両者の値は近い結果となり実験は正しく行われたと考える。 上記の試料3つについては実験結果で得られた粗脂肪量と食品成分表の値が近い結果となったが差は生じていた。 この差は食品成分表が各食品の成分値ごとに変動幅がある特徴のため生じた差であると考える。 差が生じてしまう理由は、食品は春夏秋冬の季節などの旬や原産地、天然なのか養殖なのか、養殖に使用する餌の成分など様々な要因によって食品の成分が変化してしまうためである。 ビーフジャーキーは、実験結果は「1. 両者の値の差は「5. 前述の他の3つの試料と比べ値の差が近いとはいえない結果となったが実験は正しく行われたと考える。 上記は実験結果で得られた粗脂肪量と食品成分表の値の差は前述の食品成分表の特徴に加えて食品加工中の過程中に使用される材料や添加物により差が生じたと考える。 ビーフジャーキーのような食品の場合、食肉につなぎなどを加えていることがある。 使用された材料や添加物については不明である。 これらのことからビーフジャーキーは実験結果で得られた粗脂肪量と食品成分表の値の差が生じやすい要因が多いため前述の他の3つの試料と比べ値の差が近いとはいえない結果となったが実験は正しく行われたと考える。

次の