デビッド ロドリゲス。 【結果・動画】エマニュエル・ロドリゲスvsジェイソン・モロニー 井上尚弥の準決勝の相手が決定! WBSS2バンタム級1回戦 IBF世界バンタム級タイトルマッチ

井上尚弥 vs. ロドリゲス:過小評価されるこのカードを世界のボクシング関係者はもっと注目すべきだ

デビッド ロドリゲス

目次リンク• これまでの情報 エマニュエル・ロドリゲスとジェイソン・モロニー これまでの情報、エマニュエル・ロドリゲス エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)18戦18勝12KO無敗、26歳。 アマチュア171勝11敗。 アメリカ,フロリダ州オーランドで活動中。 直近の試合は、イギリスで2018年5月IBF世界バンタム級王座決定戦でポール・バトラーに勝利しIBF王座獲得した試合。 これまでの情報、ジェイソン・モロニー ジェイソン・モロニー(オーストラリア)17戦17勝14KO無敗、27歳。 アマチュア歴が豊富80戦以上、13歳から初め、アマチュアで10年間、私は5つの州と4つのナショナルタイトルを獲得しました。 またオーストラリア代表として、ロシア、キューバ、米国など、の世界大会に参加した。 双子の弟アンドリュー・モロニーはスーパーフライ級世界4団体でランキング入。 直近の試合は、2018年5月19日オーストラリアで元WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平(ワタナベ)と対戦し6回終了TKO勝ちを収めている。 今回がプロでは初海外試合。 試合直前に井上尚弥にインタビュー ロドリゲスvsモロニー ロドリゲスvsモロニーの前に井上尚弥にインタビュー 井上尚弥:前回の試合は100点満点の試合だった。 予想はロドリゲス有利かな、どちらがきてもいいようにします。 Watching from ringside to find out his Semi-Final opponent-! 👊 🏆 — World Boxing Super Series WBSuperSeries 試合内容 ロドリゲスvsモロニー 試合会場のCFEアリーナの画像 The stage is set 🙌 🏆 — World Boxing Super Series WBSuperSeries 1ラウンド ジャブを出しながらプレッシャを掛け前に出るロドリゲス、足を使うモロニ-、 モロニ-から抱きつく場面多い、ロドリゲスがジャブとカウンター(ジャブに合わせ右)からの連打で優位に、 2ラウンド 足を使いながらモロニ-上半身を振りながら出入りを早くする。 前半モロニ-のボディがいい。 ロドリゲスはモロニ-のジャブに合わせ右から連打。 中盤から打ち合いでややロドリゲス優位に パワーもさほど変わらない印象、パンチスピードはロドリゲス 3ラウンド このラウンドもロドリゲスの周りをモロニ-が足を使い回る。 中盤ロドリゲスの連打にモロニ-がクリンチで逃れる 1分50秒過ぎモロニ-の右のオーバーハンドのビッグパンチがクリーンヒ 全体的にはロドリゲスだがモロニ-の右のオーバーハンドが印象的なラウンドに やはり一発のパワー はモロニ- ロドリゲス左眉を気にする切ったか? 2-1 4ラウンド このラウンドもロドリゲスの周りをモロニ-が足を使い回る。 ややモロニ-のボディを含めた連打が有効的だがどちらに降ってもおかしくない 2-2 モロニ-ペースになりつつある。 ロドリゲスの攻め方が単調。 5ラウンド このラウンドもロドリゲスの周りをモロニ-が足を使い回る。 ロドリゲスが手数連打で押す展開・。 ラスト、モロニ-のボディ攻撃が印象的。 3-2 6ラウンド 1分過ぎモロニ-が抱え込みでレフリーから注意を受ける 中盤打ち合いの中でロドリゲスの左フックがヒット 4-2 7ラウンド ロドリゲスの連打、手数が優位に見えた。 5-2 8ラウンド 前半ロドリゲスはモロニ-のジャブに合わせ右から連打が有効的 モロニーは体のパワーで前進してくる場面増える リプレイでカウンターで右のフックが入る 6-2 9ラウンド 24秒ロドリゲスのグローブのテーピングをなおす場面が、 2分20秒過ぎ接近戦でモロニーの連打を見せる。 その後すぐロドリゲスのみぎのカウンターがヒット。 ロドリゲスのシャープなカウンターがヒットしている。 リプレイ映像で確認 7-2 10ラウンド ロドリゲス連打が冴え渡る。 後半クリンチが増える。 モロニーは後半接近戦で攻める場面増える。 モロニーのジャブからのアッパーがクリーンヒット 7-3 11ラウンド プレスをかけるモロニ-、下がるロドリゲス。 中盤クリンチが増える。 モロニ-は接近戦がしたい様子。 中盤以降、接近戦であらっぽくモロニーペースか?映像が乱れてわからず 最後まで接近戦、互いに疲れが見える。 7-4 12ラウンド 最初から接近戦になりモロニーがパワー手数で押す展開、ロドリゲスたまらずクリンチに逃れる。 ロドリゲスなんとか耐えきる。 🏆 — World Boxing Super Series WBSuperSeries 試合動画(公式)ロドリゲスvsモロニー WBSS公式のフル動画が公開されていました。 (いつもは海外のみでしたが) 井上尚弥の対戦相手がロドリゲスとなった WBA王者の井上尚弥(日本・大橋)と、IBF王者エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)2019年3月ごろ対戦予定となっている。 あと数ラウンドあったらどうなっていたか.

次の

点が線で繋がった![プロボクサー デイビッド・ロドリゲス] ぴえん!みんなが信じてる[大量逮捕]って本当ですか? ニューヨークから #Debunk

デビッド ロドリゲス

🔥 The Tension Is Rising 🔥 This Saturday's Semi-Finals Are Going To Be EPIC. 確かに現在のロドリゲスに対する評価は、ウィルフレド・ゴメス、フェリックス・トリニダード、そしてミゲール・コットらには遠く及ばないが、もしロドリゲスがボクシング界で最も危険な相手に打ち勝つことがあれば、その状況も一変するだろう。 今週の土曜の夜、笑顔を絶やさないプエルトリコ人と、恐れを知らないアジア人が全てをかけてスコットランド最大の都市グラスコーにおいて対戦する。 ロドリゲス vs. 井上戦の勝者が、WBA世界バンタム級王座とIBFの同級王座を手にし、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝戦で、フィリピンの英雄ノニト・ドネアと戦う切符を手にすることになる。 ロドリゲスにとっては、昨年トニー・ベリュー vs. デビッド・ヘイ戦の前座試合で前世界王座のポール・バトラーを破って以来、2度目のイギリスとなる。 だが、今回のイギリス行きが持つ意味は全く異なる。 もっと評価されるべき"モンスター"井上尚弥 ロドリゲスの対戦相手である井上に至っては、2018年10月のWBSS一回戦におけるファン・カルロス・パヤノ戦での戦慄の70秒KO劇で世界に衝撃を与えながらも、まだボクシング界は、彼の能力は正当に評価できていない。 そういった意味で、井上はボクシング界で最も過小に評価されているファイターであると言えるだろう。 「パウンド・フォー・パウンドは誰か」とは結論の出ない議論ではあるが、その議論にもっとも相応しく、かつ無視され続けているのが井上だ。 世界3階級制覇王者であり、ボクシング界で最も破壊力のあるパンチャーでもある井上が最初に世界のベルトを獲得したのは、2014年のアドリアン・エルナンデス戦で、それは僅かデビュー後6戦目のことだった。 その2戦後には、井上は長年王座に君臨していたオマール・ナルバエスを2Rノックアウトで破り、世界にその名が知られ始めた。 その後4年間に渡って、ライトフライ級、スーパーフライ級といった階級で井上は圧倒的な戦績を残したが、その評価が上がったのは、バンタム級に階級を上げてジェイミー・マクドネル(英)を秒殺した試合だ。 その同じ年にパヤノを同様に撃破している。 彼らの名前が「世界最高のボクサーは誰か」という議論に相応しい存在であることは疑う余地がないが、井上がその議論に含まれるべきなのはさらに明らかだ。 5年以上の長期にわたって3階級で世界王座を守り続けているだけではなく、衝撃的なノックアウト勝ちを重ねてきた井上は、辛口のボクシングファンも唸らせる存在だ。 このように井上の実力は証明済みであるが、彼の名前は不当に軽視され続けてきたと言えるだろう。 疑問が残る判定でもゲンナジー・ゴロフキンに勝つ方が、井上の圧倒的な連勝より価値があるのか? どうやらボクシング界はそう考えているらしい。 では、ホルヘ・リナレスに勝つことは、井上が2人の強力な相手を1R秒殺で破ることより大きな意味を持つのか? これもどうやらそのようだ。 クロフォードはビクトル・ポストルを破って王座を統一し、ジェフ・ホーンにも勝った。 それはデビュー後8戦で世界2階級の王者になった井上より賞賛されるべきなのだろうか? 欧米のボクシング界はあまりにも井上のことを知らなすぎる。 井上がアメリカやメキシコ、イギリスではなく、日本の神奈川出身であるが故に世界の目を引かないのだろう。 井上がボクシング界から無視されているように、プエルトリコもロドリゲスを軽視している。 無敗の戦績を持つにもかかわらず、ロドリゲスの知名度は上に挙げたビッグネームには遠く及ばず、ファン・マヌエル・ロペスにさえ劣るレベルにある。 井上の猛攻をしのぐことは現在のボクシング界ではもっとも困難な仕事であるが、もしロドリゲスがそれを実行し、かつ勝利を得ることが出来れば、そのときにはこのボクシング強国の歴史上もっとも偉大な勝利とみなされるだろう。 そしてついに、ロドリゲスは毎年夏にニューヨークで行われるプエルトリコ人のパレードにおいてマジソン・スクウェア・ガーデンで輝く代表になるかもしれない。 自身を優位と評価する声に対し、井上も「そうあまくない」と語っている。 オッズもそうだか、皆んなが思ってるほど簡単な試合にはならない。 ボクシングはそうあまくない。 ゴングが鳴った瞬間に緊張感は最高潮に達するだろう。 この試合を想像するだけでワクワクが止まらない。。 もし井上が無敗の若い王者をまたノックアウトで破れば、パウンド・フォー・パウンドの呼び名がさらに高くなるだろう。 一方で、もしロドリゲスが勝てば、プエルトリコのボクシング界で確固たる地位を得るだろう。 この週末、過小評価されてきた2人のファイターのうち少なくとも1人は、長く続いた不遇から抜け出すことになる。 原文: 翻訳:角谷剛 編集:SNJ編集部.

次の

ハメス・ロドリゲス

デビッド ロドリゲス

シルバースラッガー賞(シルバースラッガーしょう)は、・の各リーグからその年のシーズンで最も打撃に優れていた選手が各ポジション1人ずつ計9人が、各チームの・コーチの投票によって選出される。 、のメーカーであるが表彰を始める。 名称は自社商品である「ルイビル・スラッガー」から採られた。 受賞者に贈られるトロフィーは高さ3フィート(約91cm)である。 とは異なり、シルバースラッガー賞は守備位置に関係なく外野手は3人選出される。 制を採用しているアメリカンリーグはの代わりに指名打者が選ばれる。 73本塁打のシーズン最多本塁打記録保持者のは、外野手として史上最多の12回のシルバースラッガー賞を受賞している。 それに次ぐ受賞回数は、捕手のと、三塁手のの10回である。 ロドリゲスは遊撃手として7回、三塁手として3回の計10回である。 ポジション別の最多受賞回数は、遊撃手はの9回 、三塁手はの8回 、二塁手はの7回 、一塁手は、、の4回 、指名打者は の7回、投手はの5回 である。 と(ともに一塁手部門)がア・リーグで2回、ナ・リーグ1回の計3回受賞 連続受賞記録 ポジション 受賞者 回数 受賞者 回数 3 4 5 5 4 5 6 5 5 5 6 10 4 5• Brewers. MLB. com. Major League Baseball. 2010年5月9日閲覧。 Louisville Slugger. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。 Google News. Agence France-Presse 2009年2月3日. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2010年5月9日閲覧。

次の