鳥取市 佐治。 佐治小学校(鳥取県鳥取市)

鳥取市の宿泊施設 ペンション コスモスの館

鳥取市 佐治

鳥取県南東部、八頭郡 やずぐん にあった旧村名(佐治村 そん )。 現在は鳥取市の南西部を占める地域。 2004年(平成16)国府 こくふ 町、河原 かわはら 町、用瀬 もちがせ 町、気高 けたか 町、鹿野 しかの 町、青谷 あおや 町、福部 ふくべ 村とともに鳥取市に編入。 旧村域は、南西部を岡山県と接し、古生層山地と東西17キロメートルに及ぶ狭長な谷からなる。 ほぼ中央を東流する佐治川は水石・庭石用で有名な佐治石の産地。 佐治川沿いに国道482号が通じる。 県下有数のナシ生産地として知られ、二十世紀ナシや豊水をはじめいろいろな品種の栽培が盛ん。 岡山県境に近い佐治川の原流、谷奥の辰巳峠 たつみとうげ 付近には堆積 たいせき 型ウラン鉱床、景勝地山王 さんのう 滝や猿渡 さるわたり 渓谷がある。 県指定の天然記念物や文化財に田岡神社のツバキ樹林、細尾 ほそお の獅子 しし 舞、余戸 よど の雨乞 あまごい 踊、因州 いんしゅう 佐治みつまた紙などがある。 盛時には550戸を数えた和紙製造は、近年では約30の事業所で画仙紙を中心とした因州和紙(因州紙)の生産が行われている。 製紙用具などが特色の佐治民俗資料館がある。 [岩永 實].

次の

佐治川ダム/とりネット/鳥取県公式サイト

鳥取市 佐治

鳥取県南東部、八頭郡 やずぐん にあった旧村名(佐治村 そん )。 現在は鳥取市の南西部を占める地域。 2004年(平成16)国府 こくふ 町、河原 かわはら 町、用瀬 もちがせ 町、気高 けたか 町、鹿野 しかの 町、青谷 あおや 町、福部 ふくべ 村とともに鳥取市に編入。 旧村域は、南西部を岡山県と接し、古生層山地と東西17キロメートルに及ぶ狭長な谷からなる。 ほぼ中央を東流する佐治川は水石・庭石用で有名な佐治石の産地。 佐治川沿いに国道482号が通じる。 県下有数のナシ生産地として知られ、二十世紀ナシや豊水をはじめいろいろな品種の栽培が盛ん。 岡山県境に近い佐治川の原流、谷奥の辰巳峠 たつみとうげ 付近には堆積 たいせき 型ウラン鉱床、景勝地山王 さんのう 滝や猿渡 さるわたり 渓谷がある。 県指定の天然記念物や文化財に田岡神社のツバキ樹林、細尾 ほそお の獅子 しし 舞、余戸 よど の雨乞 あまごい 踊、因州 いんしゅう 佐治みつまた紙などがある。 盛時には550戸を数えた和紙製造は、近年では約30の事業所で画仙紙を中心とした因州和紙(因州紙)の生産が行われている。 製紙用具などが特色の佐治民俗資料館がある。 [岩永 實].

次の

鳥取市の宿泊施設 ペンション コスモスの館

鳥取市 佐治

概要 2020年6月1日現在、全国の県庁所在地の中では一番人口が少なく、また平成の市町村合併により面積が拡大したこともあり、人口密度ものに次いで低い。 同じ中国地方ののからは陸路で300km離れているが、一方でのから180km、のから190km、のから220kmの距離に位置している。 の中では特に京阪神地方との結び付きが強いことから山陰地方における東の玄関となっている。 鉄道ではJRとの分岐点に当たり、からは経由で山陰両県唯一の京阪神直通特急が走る。 道路ではで大阪市・神戸市と、で・のと結ばれ、近年中にはでの・とも結ばれる予定である。 またからは首都圏とも結ばれている。 は国持の大大名の治めるのだった。 現在では・やなどを有する地方拠点都市となっている。 山陰両県の中では・がある。 観光地としてはやなどがある。 気候 鳥取市は全域がで、となっている。 春から秋は好天の日が多く、冬は曇りや雪、雨の日が多い。 海から幾分内陸寄りに都市が開けているため、他の山陰の日本海沿岸の都市と比べると積雪は多く、過去最深積雪は2月22日の129cmである。 2月18日の105cm以来、積雪が1mを超えていないが平成以降でも50〜70cm程度の積雪となることが多く、2月10日には91cmと34年ぶりに1m級の大雪となった。 7 45. 9 8. 5 47. 3 12. 4 54. 3 18. 4 65. 1 23. 3 73. 9 26. 6 79. 9 30. 4 86. 7 32. 2 90 27. 4 81. 3 22. 0 71. 6 16. 4 61. 5 11. 0 51. 8 19. 7 67. 0 39. 2 4. 4 39. 9 7. 5 45. 5 13. 0 55. 4 17. 7 63. 9 21. 7 71. 1 25. 7 78. 3 27. 0 80. 6 22. 6 72. 7 16. 7 62. 1 11. 6 52. 9 6. 8 44. 2 14. 9 58. 8 33. 4 0. 7 33. 3 2. 8 37 7. 5 45. 5 12. 5 54. 5 17. 6 63. 7 22. 1 71. 8 22. 9 73. 2 18. 7 65. 7 12. 3 54. 1 7. 3 45. 1 3. 1 37. 6 10. 7 51. 3 mm inch 202. 0 7. 953 159. 8 6. 291 141. 9 5. 587 108. 6 4. 276 130. 6 5. 142 152. 1 5. 988 200. 9 7. 909 116. 6 4. 591 204. 0 8. 031 144. 1 5. 673 159. 4 6. 276 194. 4 7. 654 1,914 75. 354 cm inch 88 34. 6 72 28. 3 17 6. 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 37 14. 6 214 84. 3 平均月間 70. 2 79. 5 124. 3 177. 3 197. 4 158. 2 163. 0 206. 8 139. 9 148. 5 108. 8 89. 5 1,663. 2 出典: 歴史 『』には「鳥取郷」が記されており、麓一帯に存在したと考えられている。 3年()の東大寺関連文書には「主張鳥取高俊」の署名があり、鳥取の地名を名乗る豪族が存在していたことが指摘されている。 (同年9月2日付「因幡国高草郡公文預東大寺領高庭庄坪付注進状」)中世には「鳥取吉方郷」の名が史料に見えるも、詳細は不明である。 に編纂された『』には、久松山麓一帯の古地名として沢市場の名が記されている。 江戸時代まで• (11年) - が慈覚大師により創建される。 (2年) - がを築き因幡を支配する。 (6年) - が下向、公家文化が栄える。 (14年) - 久松山にが築かれる。 以降、の形成が進められる。 (天正8年)の羽柴秀吉による第一次鳥取城攻めの際には城下の町屋などが焼き払われていることから、少なくともこの頃には小規模な城下町が存在していたと考えられている。 (9年) - による鳥取城攻め。 鳥取城の開城後、が入る。 (5年) - で西軍に属したがされ、が入部。 城下の整備を行う。 (3年) - が因幡・伯耆32万石を与えられ、入部する。 (元和5年) - 城下の大規模な整備が行われ、城下町の形がほぼ完成する。 (9年) - 国替えによりが入部し、まで続くが成立する。 (3年) - 主により、の作庭が開始される。 明治維新以降• (4年) - により鳥取県が成立し、が設置される。 (明治7年) - 開拓移住のため鳥取(105戸513人)が賀露港を出帆。 鳥取村(現在の鳥取地区)を開墾開拓。 (明治9年) - との合併により県庁が松江に移動する。 その後、旧鳥取藩士を中心にが行われる。 (明治14年) - 現在まで続く鳥取県が再置され、県庁が再び置かれる。 (明治22年) - 施行により、の一部から鳥取市が発足。 (明治40年) - が竣工。 皇太子(のちの)の山陰行啓時の宿泊施設となる。 (12年) - 富桑村を。 (7年) - 岩美郡稲葉村を編入。 (昭和8年)• - 岩美郡中ノ郷村を編入。 10月1日 - 岩美郡美保村を編入。 (昭和12年) - 賀露村を編入。 (昭和18年) - 発生。 第二次大戦以降• (昭和27年) - により中心市街地の大半が焼失。 (昭和28年) - 岩美郡倉田村・面影村、気高郡湖山村・千代水村・松保村・大郷村・末恒村・吉岡村・大正村・豊実村・明治村・・・大和村・神戸村の15ヶ村を編入。 (昭和30年) - 岩美郡米里村を編入。 (昭和38年) - 岩美郡津ノ井村を編入。 (7年) - 開館。 (平成12年)7月1日 - (やまびこ館)開館。 (平成16年) - 岩美郡・、気高郡・・、・・の8町村を編入。 気高郡が同日消滅。 (平成17年)10月1日 - 山陰初のに指定される。 平成28年 - 発生。 (平成30年) - 同市がへ移行。 市長: - (平成26年) 04月15日就任、2期目 歴代市長 歴代 氏名 就任年月日 退任年月日 初代 1889年(明治22年)11月15日 1890年(明治23年) 05月23日 02 1890年(明治23年) 05月23日 1901年(明治34年) 03月31日 03 1901年(明治34年) 07月 01日 1904年(明治37年) 04月17日 04 1904年(明治37年) 08月16日 1906年(明治39年)10月14日 05 1906年(明治39年)12月11日 1916年(大正 05年)12月10日 06 1916年(大正 05年)12月12日 1918年(大正 07年) 07月22日 07 1919年(大正 08年) 02月 03日 1919年(大正 08年) 03月25日 08 1919年(大正 08年) 07月18日 1923年(大正12年) 07月17日 09 1923年(大正12年)11月 01日 1927年(昭和 02年)10月31日 10 1927年(昭和 02年)12月20日 1939年(昭和14年)10月29日 11 1939年(昭和14年)12月20日 12 1943年(昭和18年)12月20日 13 1947年(昭和22年) 04月 08日 14 1949年(昭和24年) 05月 09日 15 1951年(昭和26年) 03月12日 16 1959年(昭和34年) 02月26日 17 1971年(昭和46年) 02月26日 18 1983年(昭和58年) 02月26日 19 1990年(平成 02年) 04月16日 2002年(平成14年) 04月14日 20 2002年(平成14年) 04月15日 2014年(平成26年) 04月14日 21 2014年(平成26年) 04月15日 現職 本庁• 庁舎棟・市民交流棟がある。 (元年)に駅南庁舎から庁舎棟へ財産経営課・情報政策課が移転したのを皮切りに順次移転し、2019年(令和元年)に駅南庁舎・旧本庁舎(旧市民課証明コーナー)からの庁舎棟へ窓口業務が移転、に庁舎棟への移転が完了し、市民交流棟がオープンした。 駅南庁舎:〒680-8571 鳥取市富安二丁目138番地4 市町村合併による業務拡大に伴い、旧鳥取駅南店を購入して改装した。 通常の窓口業務はこちらで行っていたが、2019年(令和元年)10月15日に新本庁舎へ移転した。 その後、改装工事を行い、(令和2年)に鳥取県東部庁舎から駅南庁舎へ鳥取市保健所生活安全課が移転し、2020年(令和2年)にさざんか会館から駅南庁舎へ鳥取市保健所が移転した。 下水道部庁舎:〒680-0902 鳥取市秋里903番地 かつて使用されていた庁舎等• 旧本庁舎:〒680-8571 鳥取市尚徳町116番地 (39年)に建設された。 新本庁舎の庁舎棟への移転に伴い、2019年(令和元年)をもって閉鎖された。 旧市民課証明コーナー:〒680-8571 鳥取市尚徳町116番地 合併前は構内にあったが、窓口業務が駅南庁舎に移転したため、代わりに行政サービスコーナーを旧本庁舎に移転した。 その後、(平成19年)に市民課証明コーナーとなった。 2019年(令和元年)10月15日に新本庁舎の庁舎棟へ移転し、駅南庁舎から移転した市民課と統合された。 旧第二庁舎:〒680-8571 鳥取市上魚町39番地 旧鳥取市時代に本庁舎が手狭になったため、旧ビルを購入して改装した。 新本庁舎の庁舎棟への移転に伴い、2019年(令和元年)11月1日をもって閉鎖された。 福祉文化会館:〒680-8571 鳥取市西町二丁目311番地 選挙管理委員会事務局・監査委員事務局が入居していたが、2019年(令和元年)11月5日に新本庁舎の庁舎棟へ移転した。 鳥取県東部庁舎:〒680-8571 鳥取市立川町六丁目176番地 中核市移行に伴い、鳥取県から生活環境部門の大部分を引き継ぎ、業務を行っていた。 鳥取市保健所生活安全課以外は2019年(令和元年)10月15日、新本庁舎の庁舎棟へ移転、鳥取市保健所生活安全課も2020年(令和2年)4月27日、駅南庁舎へ移転した。 さざんか会館:〒680-0845 鳥取市富安二丁目104番地2 中核市移行に伴い、鳥取県から保健福祉部門の大部分を引き継ぎ業務を行っていた。 2020年(令和2年)5月7日、駅南庁舎へ移転した。 総合支所 合併前の町村役場に設置されている。 ただし、「村」は「町」に変更された。 国府町総合支所:〒680-0197 鳥取市国府町宮下1221番地 (平成25年)に旧殿ダム工事事務所へ移転した。 福部町総合支所:〒689-0102 鳥取市福部町細川668番地• 河原町総合支所:〒680-1221 鳥取市河原町渡一木277番地• 用瀬町総合支所:〒689-1201 鳥取市用瀬町用瀬832番地• 佐治町総合支所:〒689-1313 鳥取市佐治町加瀬木2519番地3• 気高町総合支所:〒689-0331 鳥取市気高町浜村282番地1• 鹿野町総合支所:〒689-0405 鳥取市鹿野町鹿野1517番地• 青谷町総合支所:〒689-0592 鳥取市青谷町青谷667番地 その他 住民票(本人または同一世帯)、戸籍(本人または同一戸籍)及び印鑑登録(本人のみ)に関する証明の発行業務を下記の(貯金・保険窓口)に委託している。 鳥取湖山北郵便局:〒680-0941 鳥取市湖山町北六丁目235番地• :〒689-0216 鳥取市気高町宝木826番地7• 宝木郵便局は(平成18年)から取り扱い(宝木行政サービスコーナーがをもって廃止されたため)。 地域と地区 鳥取市では本庁・総合支所の管轄区域を 、市立・のを としている。 市内を3つ(中東部・南部・西部)の(大区分)に分け、本庁・総合支所の管轄区域ごとに地域(小区分)、市立・のごとにを設定している。 地域(大区分):3地域• 地域(小区分):9地域• :13学区• 学区:39学区• 湖南学園・福部未来学園も義務教育学校となった。 詳細は「」を参照• 定数:12名• 任期:2019年(令和元年)5月8日~2023年(令和5年)5月7日 議員名 会派名 備考 福浜隆宏 銀杏泰利 鳥取県議会議員団 浜崎晋一 鳥取県議会 島谷龍司 鳥取県議会自由民主党 市谷知子 鳥取県議会議員団 尾崎薫 会派民主 所属党派は 浜辺義孝 公明党鳥取県議会議員団 藤縄喜和 鳥取県議会自由民主党 坂野経三郎 会派民主 所属党派は 中島規夫 鳥取県議会自由民主党 山口雅志 鳥取県議会自由民主党 常田賢二 鳥取県議会自由民主党 衆議院• 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (鳥取市、、、、) 11 選挙区 空港• ANA• 鉄道路線• 中心となる駅: (JR西日本)• - 鳥取駅 - - - - - -• 鳥取駅 - - () - - - - バス路線• (日交バス)• (日ノ丸バス)• (中心市街地を循環する100円バス。 赤・青・緑コースがある。 (鳥取砂丘や鳥取港などの観光地を巡る周遊バス)• (鳥取市社会福祉協議会に運行委託)• (翼運輸に運行委託)• (ニュー青谷タクシーに運行委託) タクシー路線• (鳥取空港 - 鳥取砂丘間乗合タクシー、鳥取駅南口 - いなば墓苑間。 日交バスの一部区間をタクシー代行。 (鳥取空港 - 鳥取砂丘間乗合タクシー)• (日ノ丸バスの一部区間をタクシー代行)• (日ノ丸バスの一部区間をタクシー代行)• (日ノ丸バスの一部区間をタクシー代行)• (鳥取空港 - 鳥取砂丘間乗合タクシー)• (鳥取空港 - 鳥取砂丘間乗合タクシー)• (会員制。 OMUが運行。 ) 道路• : (八頭郡智頭町) - 6 - 7 - 8 - 9• まで全線開通しているため、関西方面へはこの路線を使う。 四国・岡山方面へはで流出してを経由して向かうのが便利。 () : 9 鳥取IC - 1 - 2 - 3 - 4 - 5• 山陰自動車道() : 5 青谷IC - (東伯郡湯梨浜町)• () : 福部IC - (岩美郡岩美町)• : 鳥取市内を東西に貫く。 バイパスも含めて重要な幹線道路である。 方面や方面へは、この道を使う。 : 市内を南に抜け、へ至る。 : 中心街の重要な道路でもあり、南へ向かう。 へ至る。 : 鳥取市内は、国道53号と重複区間となっている。 瀬戸内・太平洋側の主要都市へは、主にこの道路からを経由して向かう。 兵庫県のへ至る。 鳥取駅に展示されているしゃんしゃん傘• 獅子舞(鳥取県指定無形民俗文化財)• 獅子舞(鳥取県指定無形民俗文化財)• 鳥取砂丘イリュージョン - 12月中旬から下旬にかけて開催される光の祭典。 砂丘の、イルミネーションツリーなど。 市民納涼花火大会 - 毎年に行われる。 に鳥取市の14村との合併記念と千代川改修工事にちなんで「千代川感謝祭り」とし、盆の仏送りに合わせて行われた。 現在では後に始まったしゃんしゃん祭のフィナーレを飾っている。 - 毎年8月中旬に行われる。 14日には、中心街の主要道路を利用して、地元の各団体が鈴の付いた傘を使い、きなんせ節など4曲を鳥取の唄に合わせて踊る。 江戸時代末の雨乞いに起源を持つ鳥取県無形民俗文化財の「因幡の傘踊り」をアレンジしてに始まった。 出身人物 政治家• - 初代鳥取市長、初代議長、元衆議院議員• - 元鳥取市長• - 元鳥取市長• - 元鳥取市長• - 元鳥取市長• - 元鳥取市長• - 元、元、元長、元学長• - 元鳥取県知事、元衆議院議員、元• - 元衆議院議員、元鳥取県会議員• - 元参議院議員• - 元衆議院議員、元鳥取県議会議長• - 元衆議院議員• - 元参議院議員、元鳥取県議会議長• - 元教育委員長、元米子市会議員• - 元鳥取県議会議長• - 元鳥取県議会議長• - 元鳥取県会議長• - 元鳥取市会議員、鳥取県会議員 官僚• - 駐、• - 、議員• - 京都府知事(最後の官選知事) 実業家• - 創業者• - 初代社長• - 鳥取銀行会長• - 鳥取銀行会長、鳥取商工会議所会頭• - 取締役社長• - 社長• - 株式会社の初代社長• - 株式会社の第3代社長• - 社長、テレビプロデューサー• - 丸由百貨店設立 法曹• - 鳥取県弁護士会長 軍人• - 、最後の艦長• - 、命名者• - 、鳥取四十連隊長 教育者・学者• - 県立鳥取二中初代校長。 - 鳥取裁縫女学校初代校長。 - 日野郡立農林学校初代校長。 - 鳥大教授。 - 県公立師範校長。 - 県下初等教育界の第一人者。 - 教育者。 - (のちの明治大学)創立者のひとり、判事、会長。 (憲法行政法学者)-。 名誉教授。 京都市名誉市民。 (漢学者、漢詩人)• (歴史学者)• - 東京帝大教授、拓大総長。 - 文部大臣、東大医学部教授。 - 立命館大学 情報理工学部 メディア情報学科 教授。 (数学者) - のとき死亡した東大女子学生のの曽祖父。 (倫理哲学者)• - 鳥大・九大名誉教授。 米子市名誉市民。 我が国の精神医学界に大きな足跡を残した。 - 伊藤病院長。 - 佐々木病院開設。 県検疫医。 県医師会長。 - 郡是製糸会社郡是病院長。 - 県医師会設立に尽力。 - 日本口腔外科学会会長。 - 寛政8年()最初の蘭和辞典『』を完成させる。 文化人 作曲家• - 創設者• 日本画家• 洋画家• 歌人、俳人、詩人• - 詩人• - 俳人• - 俳人• - 歌人、俳人 漫画家、イラストレーター• - 漫画家、イラストレーター• - 漫画家• - イラストレーター その他• - 医師、民芸運動家• - 白磁作家• - 陶芸家• - 文芸評論家、翻訳家• - 書家 スポーツ 野球• - 元選手• - 元、• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手 その他• - 女子・元選手(日本代表)、現監督・• - 選手(日本代表)• - 選手(日本代表)• - 力士()• - 芸能 俳優、女優、タレント• - 女優、タレント• - 女優• - タレント、のリーダー• - で出演中のというお笑いコンビ。 音楽家・ミュージシャン• - 元、元• - 、女優• - 、旧出身• マスコミ• - 元アナウンサー、故人• - 元アナウンサー• - アナウンサー、旧国府町 その他• - 鉱山技師• - 社会福祉の実践家。 創立者• - 鳥取二十世紀梨生みの親• - 日本初の託児所を開設• - 酒造技術者• - イメージアップコンサルタント、第一印象評論家、フリーアナウンサー、講師 ゆかりある人物 文化人• - 画家、書家• - 俳人 居住経験者• - 元プロ野球選手• - 政治家• - 官僚、政治家・元鳥取県知事• - 弁護士、政治家• - 官僚、政治家・鳥取県知事• - 、十六世永世名人(旧鹿野町に生後1ヶ月だけ居住。 旧鹿野町名誉町民)• - 実業家・元会頭、日ノ丸総本社会長• (出身地・モンゴル) その他 合併後の地名は以下の通りとなった。 旧鳥取市は従前のとおり(元々「大字」は付かない)。 -例-• ただし、天気予報はいずれも 0857-177である。 0857(20〜89)エリア(鳥取MA) - 鳥取市(河原・用瀬・佐治地域を除く)・• 鳥取寺町2収容局(鳥取市) 20〜27、29、36、37(0〜2千番台)、38(2千番台)、39(0〜8千番台)• 鳥取賀露収容局(鳥取市) 28、31、32(0〜4千番台)、37(3千番台)、38(3、8〜9千番台)、39(9千番台)• 鳥取叶収容局(鳥取市) 37(4千番台)、38(4千番台)、51(4〜9千番台)、53(0〜7、9千番台)• 鳥取津ノ井収容局(鳥取市) 37(8千番台)、38(6千番台)、52(0〜8千番台)、75(6〜9千番台)• 鳥取神戸収容局(鳥取市) 38(7千番台)、55(0千番台)• 鳥取吉岡収容局(鳥取市) 54(0、5〜9千番台)、57(0千番台)• 末恒収容局(鳥取市) 37(9千番台)、59(0〜2、6〜9千番台)• 鳥取明治収容局(鳥取市) 38(5千番台)、56(0千番台)• 中河原収容局(鳥取市) 58(0〜1千番台)• 福部収容局(鳥取市) 38(1千番台)、74(3、6〜9千番台)、75(2千番台)• 浜村収容局(鳥取市) 37(6千番台)、82(0〜4、6〜9千番台)• 鳥取鹿野収容局(鳥取市) 38(0千番台)、84(1〜3、6、8千番台)• 青谷収容局(鳥取市) 37(7千番台)、85(0〜2、5〜9千番台)• 青谷日置収容局(鳥取市) 86(0、6千番台)• 青谷勝部収容局(鳥取市) 87(0、6千番台)• 岩美収容局(岩美町) 37(5千番台)、72(0〜3、8千番台)、73(0〜1、5〜9千番台)• 岩美蒲生収容局(岩美町) 76(0〜1千番台)• (収容局によらない) 30、50、60• その他• 35、77• 70、88• 空き番号 34、40〜49、61〜64、66、68〜69、71、79〜81、83、89• 0858(70〜89)エリア(郡家MA) - 鳥取市(河原・用瀬・佐治地域)・・・• 郡家収容局(八頭町) 72(0〜3、6〜9千番台)、73(0千番台)、76(0、7千番台)• 郡家船岡収容局(八頭町) 73(6、8千番台)• 私都収容局(八頭町) 74(0、6千番台)、76(8千番台)• 八東収容局(八頭町) 76(4千番台)、84(1〜3、6、8千番台)• 若桜収容局(若桜町) 76(5千番台)、77(3千番台)、82(0〜2、5〜6、8千番台)• 郡家池田収容局(若桜町) 83(0、6千番台)• 河原収容局(鳥取市) 76(3千番台)、77(2千番台)、85(0〜3、5〜9千番台)• 用瀬収容局(鳥取市) 76(2千番台)、87(2〜3、6、8千番台)• 佐治収容局(鳥取市) 76(6千番台)、77(0千番台)、88(0千番台)、89(1千番台)• 智頭収容局(智頭町) 75(0〜4、6、8千番台)、76(1、9千番台)• 那岐収容局(智頭町) 78(0、6千番台)• (収容局によらない) 71• その他• 80、86• 空き番号 81 の管轄は以下の通りとなっている。 :鳥取・国府・福部地域• ():河原・用瀬・佐治地域• :気高・鹿野・青谷地域.

次の