バークシャー ハサウェイ 株価。 外国株式・海外ETF|SBI証券

外国株式・海外ETF|SBI証券

バークシャー ハサウェイ 株価

バークシャー・ハサウェイ Berkshire Hathaway Inc. 市場情報 : : 本社所在地 68131 ファーナムストリート 3555 設立 [ ] 事業内容 代表者 (・) 資本金 800万ドル 発行済株式総数 A種株式:69万2880株 B種株式:13億9100万株 2020年6月 売上高 2,421. 3億ドル 2017年) 営業利益 209. 0億ドル(2017年) 純利益 449. 4億ドル(2017年) 純資産 3,482. 9億ドル(2017年) 総資産 7,020. 9億ドル(2017年) 従業員数 37万7000人(2017年) 決算期 12月 主要株主 FMR A種、4. )は、に本社を置くである。 もともと綿紡績事業であったが、戦後に原料価格が下がり世界中で競争が起こったので、の判断により保険業を足場とするへ転換した。 バークシャー・ハサウェイの本社が置かれているキューイット・プラザ が会長兼CEOを、が副会長を務める。 バークシャー・ハサウェイには現在15人の取締役及び役員がおり、様々な子会社、関連会社、株式等を所有している。 実質的に会長兼CEOで筆頭株主であるウォーレン・バフェットと、副会長のチャーリー・マンガーの2人が運営するの形態をとったと言われている。 バフェットは「という形態をとっていても、バークシャーはパートナーシップであると私たちは考えている」 「私たちの長期的な財政上の目的は、バークシャー株のの一株当たり平均年間収益率を最大限に高めることである」と表明している。 バフェットは、内在価値と乖離した高い株価を好んでおらず、「バークシャーの株価は内在価値を反映した妥当な水準であること」を望んでいる。 歴史 [ ] 、によってハサウェイ製造会社が綿紡績事業として創立された。 この会社は最初の10年は成功したが、後は綿織物産業の全体的な衰退に苦しんだ。 この時、ハサウェイ製造会社はによって経営されていた。 不況の後収益性が改善した。 、ハサウェイ製造会社は、19世紀初期から事業をしていた綿織物会社と合併した。 このようにしてバークシャー・ハサウェイは設立された。 一時、バークシャー・ハサウェイは15ヵ所の工場を所有し、120万ドル以上の収入があり、また1万2000人以上の労働者を雇用していた。 また本社はにあった。 しかしながら、これらの工場の内の7ヵ所は次の10年間の間に閉鎖された。 巨大な一時解雇も行われた。 、はこの会社が本当の価値よりも安値で取引されていると確信してバークシャー・ハサウェイの株を買い始めた。 スタントンの家族と衝突の後に、バフェットは十分な株を取得し、この会社を支配した。 バフェットは、バークシャー・ハサウェイの中核ビジネス、綿織物紡績業を維持したが、までに投資業に事業を拡大していった。 の終わりにバークシャー・ハサウェイは、今日バークシャーの投資業の主要な資金源である を取得し、今日の投資業のスタイルとなった。 、バークシャー・ハサウェイの歴史的中核事業である綿紡績事業が閉じられた。 発行株式 [ ] バークシャー・ハサウェイはA種株式とB種株式を発行している。 B種株式の発行価格はA種株式の1500分の1である。 B種株式はA種株式の議決権の10000分の1の議決権が与えられている。 バークシャー・ハサウェイは1月20日に実施するまでを行ったことがないという特徴を持つ [ ]。 2010年1月20日の株式分割は、B種株式に対して1:50の比率で行われた。 かつて、バークシャー・ハサウェイの株式は値嵩株で、株式を買いたくても買えない人はたくさんいた。 バークシャー・ハサウェイは高値でも株式分割をしなかったが、その理由は、投機の防止と長期保有できるグレードの高い投資家にだけ保有して欲しかったからである。 しかし会社が小口の資金を集め、それをバークシャー・ハサウェイ株に投資しようとした。 それに対し、バークシャー・ハサウェイはバークシャー・ハサウェイの株価に連動する金融商品を販売するユニット型投資信託会社の設立を阻止するためにB種株式の発行に踏み切った。 しかし、バフェットはB種株式を発行することについて乗り気ではなかった。 最終的には、B種株式は要求されただけ売り出したので、かなりの発行株数になった。 、バフェットは株主への手紙で以下のように発言している。 「最近出現した"ユニット型投資信託会社"はバフェットの目標に反抗するものである。 この金融商品は多額の手数料を得るために働いている仲介人によって売られ、大きなコストを彼らの顧客に押し付け、洗練されておらず我々の過去の株価の履歴や広告、バークシャー・ハサウェイと私が最近手にした成果に紛らわされがちな買い手に対して大量に市場で売り出される見込みである。 多くの投資家を失望させる結果となることは間違いない。 バークシャー・ハサウェイの副会長もまた十分な株式を持っていた。 バークシャー・ハサウェイの年次報告書に株価指数とバークシャー・ハサウェイの株価を比較する統計が載っている。 これは複利計算で年率で約22. 取締役 [ ] 9月現在のバークシャー・ハサウェイののは15人いる。 ウォーレン・バフェット -会長兼• チャーリー・マンガー -副会長• マーク・ハンブルグ -最高財務責任者• グレッグ・アベル -副会長、非保険部門取締役• アジット・ジェイン -副会長、保険部門取締役• ハワード・バフェット -取締役、ウォーレン・バフェットの息子• ロナルド・オルソン -取締役• スティーヴン・バーク -社外取締役• スーザン・デッカー -社外取締役• -社外取締役、元会長• デイビット・ゴッテスマン -社外取締役• シャーロット・ガイマン -社外取締役• トーマス・マーフィー -社外取締役• ウォルター・スコット -社外取締役• メリル・ウィットマー -社外取締役 経営成績 [ ] 2016年、バークシャーの収益は保険その他が175,223、鉄道・公益・エネルギーが37,542、ファイナンスが10,839であった。 コストは保険その他が156,427、鉄道・公益・エネルギーが28,836、ファイナンスが5,597であった 単位は百万ドル。 財務状況 [ ]• 2014年12月31日 - 現金及び現金同等物: 633億 米ドル• 2014年12月31日 - 有形固定資産: 1,372億 米ドル• 2014年12月31日 - のれん代: 608億 米ドル• 2014年12月31日 - 純資産: 2,402億 米ドル• 2014年度 - 売上高: 1,946. 73億 米ドル• 2014年度 - 法人税: 79億 米ドル 主要子会社 [ ] 多岐な事業分野にわたる子会社を所有している。 GEICO Auto Insurance ガイコオートインシュランス• General Re ジェネラルリー• Acme Brick Company アクメブリックカンパニー• Berkshire Hathaway Automotive バークシャー・ハサウェイ・オートモーティブ• 3G Capitalと共同出資、25%• TTI, Inc. など63社。 買収 [ ] 保険業・再保険業・再々保険業 [ ] 保険業と業においてバークシャーが所有する子会社は多数あり、それら子会社は国内外に70以上の拠点を置いて事業を展開している。 バークシャーは、元々は主にアメリカ国内で損害保険および再保険ビジネスを展開してきたが、1998年12月に再保険大手のを買収したことにより、生命保険・健康保険・事故(傷害)保険に対する再保険分野に新たに進出するとともに、損害再保険の分野についても国際的な拠点を持つ大手となった。 近年でも、外国企業の買収や、新たに(金融保証保険)分野に参入するなどの手法により事業を拡大している。 バークシャーの保険部門は、非常に高い資本力を維持していることで知られる。 この資本力を生かして、再保険のみならず、他の再保険会社の保険金支払いを保証する再々保険ビジネスも展開している。 バークシャーは世界最大の再々保険会社も所有している。 高い資本力と、再々保険の引き受けによる再保険市場への絶大な影響力によって、バークシャーの保険事業部門は業界内でも他の保険会社と一線を画した強さを持っている。 バークシャーの保険事業部門全体の剰余資本(アメリカの保険業法に定められている)は、2004年12月31日時点でおよそ480億米ドルにのぼっており、バークシャーの主要な保険事業子会社は、その財務信用力について社から最高ランクAAAの格付けを獲得している。 また、保険会社を専門とする格付け会社であるA. - 1月に買収され、バークシャーの傘下入り。 全米で事業を展開しており、子会社は「ダイレクト・レスポンス・メソッド」と呼ばれる消費者が電話、メール、インターネットを通じて直接会社に保険契約の申し込みを行うという手法を採っている。 - 12月に買収され、バークシャーの傘下入り。 とのに拠点を置いている。 ジェネラル・リーは、1994年よりドイツのケルン再保険(Cologne Re)と連合して事業展開をしてきたが、2010年7月1日をもってケルン側が社名を「ジェネラル・リインシュアランスAG」に変更し、名実共に同一企業となっている。 ジェネラル・リーとその子会社は、現在世界約72都市で再保険業務を展開しており、グローバルに業務を展開している。 ジェネラル・リーは主に、北米地域での損害再保険ビジネス、国際規模の損害再保険ビジネスと生命保険・健康保険に対する再保険ビジネスを展開している。 ジェネラル・リーは、純保証保険料と資本に基づく世界で最大の再保険会社である。 NRG - 元はの大手金融グループの傘下で再保険事業を展開していた。 2007年12月に買収され、バークシャーの傘下入り。 バークシャー・ハサウェイ・アシュアランス - 12月に新たに設立されたモノライン(金融保証)保険を専門とする企業。 などで免許を取得し、事業を展開している。 ニューヨーク州の働きかけで設立されたとも言われている。 エネルギー業 [ ] バークシャーはエネルギー業でも多数の子会社を所有している。 バークシャーは、エネルギー事業を展開するの株式のうち83. ミッドアメリカン・エナジー・ホールディングス社は、に創業されたカルエナジー・ジェネレーション社(CalEnergy Generation Company)を源流とし 、同業他社の買収を重ねながら成長し、に持株会社体制への移行による組織再編で現在の組織体制となった。 さらにこの年にバークシャーなど三者からなるグループによって買収が開始され 、2000年に買収が完了した。 しかし、当時はによって、電力業者または都市ガス業者といった公益事業者が発行する10%以上の証券を保有する州際持株会社は、(SEC)への登録が義務付けられ、また合併・証券発行・買収・資金調達・資本構成などについてSECから規制を受ける立場にあったため 、バークシャーの出資にも大きな制約が伴った。 しかし、2005年に公益事業持株会社法が廃止されたことで、現在はこのような複雑な出資形態を脱している。 2014年4月30日、ミッドアメリカン・エナジー・ホールディングス社は社名を「バークシャー・ハサウェイ・エナジー」に変更した。 ミッドアメリカン・エナジー・ホールディングスは、傘下企業を通じてアメリカおよびイギリスで発電事業や電力供給事業、ガス供給事業などを展開している。 以下に、ミッドアメリカン・エナジー・ホールディングスの主要な子会社(バークシャーから見て孫会社)や関連会社を挙げる。 ミッドアメリカン・エナジー・カンパニー - ミッドアメリカン・エナジー・カンパニーは、に本社を置き、電力・ガス事業を展開している。 ミッドアメリカン・エナジーはアイオワ州最大のエネルギー事業者であり、アイオワ州を中心に隣接する、、の3州でも事業を展開し、その事業範囲は面積にして約10,600平方マイル(約27,454平方キロメートル )に及ぶ。 また顧客数で見れば、電力事業においては・・の3州あわせて約73万件の顧客を、ガス事業においてはアイオワ州・イリノイ州・サウスダコタ州・ネブラスカ州の4州あわせて約71万件の顧客を抱えている(2010年度時点での数値)。 同社は現在、電源別に見れば総発電量の半分強をに頼っているが 、近年ではの開発に注力しており、アイオワ州内にある同業他社の風力発電設備の買収を検討したり 、大規模な風力発電開発プロジェクトや発電用タービンの大量導入を進めるなどの戦略をとっており 、日本のも同社向けに発電用を納入した実績がある。 パシフィコープ• ノーザン・パワーグリッド• インテグレイテッド・ユーティリティ・サービシーズ UK• カルエナジー・ジェネレーションズ• カーンリバー・ガス・トランスミッション・カンパニー• ノーザン・ナチュラル・ガス・カンパニー• ホームサービシーズ・オブ・アメリカ• 繊維業・履物業 [ ]• バークシャー・ハサウェイは繊維業、履物業の子会社も所有している。 、、 とは衣料品の製造と流通を行なっている。 とは履物業を展開している。 製造業 [ ]• 8月、バークシャー・ハサウェイは、を買収した。 アクムはに本部があり、粘土レンガ アクムブリックス 、コンクリートブロック フィーザーライト の製造、流通と石灰 テキサスクオリーズ の切り出しをしている。 12月、バークシャー・ハサウェイはを買収した。 ベンジャミン・ムーアはに本部があり、主にアメリカとカナダで利用できる建築上のコーティングの製造、小売を行っている。 2月、バークシャー・ハサウェイはを買収した。 ジョンズ・マンビルは建築製品を約150年間にわたって供給してきている。 パイプ、ダクト、設備絶縁製品と同様に家・商業用建築物の壁、屋根裏、床のファイバーグラスウール絶縁製品を製造している。 ミテックは、に本部があり、製品、エンジニアリングソフトウェアの製造とサービスの提供を行っている。 そして、建築構成要素産業のトラスの製作区分に機械装置の製造を行っている。 は、箱詰めのチョコレートと菓子類を生産している。 、バークシャー・ハサウェイはを買収した。 ショー・インダストリーズはに本部があり、世界で2番目に大きなカーペット製造会社である。 ショー・インダストリーズはウールのカーペットと住居用のラミネート床と30ブランドの製造をしている。 建築業 [ ]• 、バークシャー・ハサウェイはを取得した。 クレイトン・ホームズはの近くに本部があり、垂直的に統合した住宅供給会社である。 末、クレイトン・ホームズは12の州で32ヵ所の製造工場を稼動させていた。 クレイトン・ホームズの家屋は1,540の小売ネットワークを通して48州で売られている。 このうち391ヵ所の事業所は会社が所有している販売センターである。 賃貸業 [ ]• 9月、バークシャー・ハサウェイはを買収した。 エクストラはに本部があり、輸送機器の賃貸を行っている。 エクストラは多様な約105,000個の輸送集団を管理している。 にバークシャー・ハサウェイはを買収し、株式の80. 米国内の家具、装飾品の供給、家具レンタルを行っている。 フライトサービス [ ]• 、バークシャー・ハサウェイはを買収した。 フライト・セーフティー・インターナショナルの本社は、のにある。。 フライト・セーフティー・インターナショナルは、プロの航空訓練サービスを提供する企業である。 、バークシャー・ハサウェイはを買収した。 運送業 [ ]• 5月、バークシャー・ハサウェイはからを買収した。 マクレーンは卸売り流通と米国50州とでディスカウントの小売業者、、、、、などの顧客に運送サービスを提供している。 小売業 [ ]• バークシャー・ハサウェイは、ネブラスカ・ファニチュア・マート・R・C、ウィリー・ホーム・ファーニッシング、スター・ファニチュア・カンパニー、ジョーダンズ・ファニチュアを通じて家具事業を展開している。 に、バークシャー・ハサウェイはアメリカで最大の台所用品を販売しているを買収した。 本社はである。 その他の業種 [ ]• は、多様な製品の製造、流通を行う、21の事業を持つ複合的企業グループである。 これらの事業の中で最も大きな2つの事業はカービー・ホーム・クリーニング・システムズとキャンベル・ハウスフェルド・プロダクツである。 は、3版を土曜日と日曜日に出版して、8版をそれぞれの曜日に出版している。 は、およそ6,000の店舗にデイリークイーンという名前のシステムを提供している。 オレンジ・ユリウスとカルメルコーンは多様なデザート、飲料、ブレンドフルーツジュース、、その他の食品を提供している。 、バークシャー・ハサウェイはを買収した。 アルベッカはに本部があり、主にラーソン・ユールの名前で事業をしている。 、バークシャー・ハサウェイはを買収した。 CTBはに本部があり、の肉、卵、豚の生産をしている。 ピークの売上高は第2と第3四半期である。 製品はアメリカとヨーロッパで生産されている。 保有株式 買収企業を除く [ ] 保有株式の取得コストが102. 最近ので、報告された目立った保有株式は以下の通りである。 株式保有金額TOP10• 0 数字の単位は10億ドル 保有割合• A株0. B株1. バークシャー・ハサウェイでは企業として寄付を行う場合は寄付先を株主が持ち株に応じて決定できるという寄付事業計画をから行っている。 そのため相反する主張を行う団体の両方に寄付を行っていることもある。 [ ] 脚注 [ ]• Berkshire Hathaway 2020年. 2020年2月25日閲覧。 Yahoo! ファイナンス 2020年. 2020年2月25日閲覧。 Yahoo! ファイナンス 2020年. 2020年2月25日閲覧。 Yahoo! ファイナンス 2020年. 2020年2月25日閲覧。 Berkshire Hathaway 2020年. 2020年2月25日閲覧。 2018年4月10日閲覧• 「バフェットからの手紙」 2000 54項• 「ウォール街のランダムウォーカー 原著第9版」 2009 454-455項• 「バフェットからの手紙」 2000 54項• 庄司貞矢 「バフェットの謎」 2000 85-86項• Berkshire Hathaway 2014年. 2020年2月25日閲覧。 22177• ロイター 2020年. 2020年2月25日閲覧。 Berkshire Hathaway 2016年. 2020年2月25日閲覧。 Yahoo! ファイナンス 2020年. 2020年2月25日閲覧。 Berkshire Hathaway 2020年. 2020年2月25日閲覧。 (英語) ガイコ社の企業紹介ページ。 (英語) ガイコ社の自社保険商品紹介ページ。 に掲載された記事。 2010年6月3日掲載、2012年2月27日閲覧。 ロイター通信の記事。 2007年12月29日掲載、2012年2月27日閲覧。 ロイター通信の記事。 2008年1月11日掲載、2012年2月27日閲覧。 ブルームバーグの記事。 2008年2月6日掲載、2012年2月27日閲覧。 1999年10月25日発表• バークシャー以外の出資者は、ミッドアメリカン社の個人筆頭株主であったウォルター・スコットと、ミッドアメリカン社のCEOで後にバークシャーにも取締役として加入した インサイダー取引疑惑によって2011年にバークシャーを退社。 「経済財政分析ディスカッション・ペーパー」2003年第4回分 内閣府・政策統括官 経済財政分析担当 発行、2003年7月公開• (英語) ミッドアメリカン・エナジー社が公表している2010年度の電力事業・ガス事業における実績。 顧客件数や料金体系などが示されている。 (日本語) ブルームバーグ日本語版の記事。 2009年6月2日掲載、2012年3月18日閲覧。 2010年12月29日掲載、2012年3月18日閲覧。 (日本語) 三菱重工業のホームページより。 Berkshire Hathaway 2018年. 2020年2月25日閲覧。 CNBC. 2018年4月3日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• 中国鉄道建築総公司• 太平洋建設集団• 100. 出典:,• 100. 万科企業.

次の

バークシャー・ハサウェイ

バークシャー ハサウェイ 株価

世界最大の投資持株会社であるのであり、同社の兼を務める。 を受章している。 概要 [ ] バフェットは等を通して多額の株式投資を行い、資産を増やした。 という形態はとっていても、バークシャー・ハサウェイはであるとバフェットが表明している。 バークシャー・ハサウェイはバフェットとが運営するに近い性質を持っていると言われている。 バークシャーは、一株当たりのを最大限に高めることを目的としている。 一方で内在価値と乖離した高い株価も好んでおらず、株価は内在価値を反映した妥当な水準であることを望んでいる。 毎年の有価証券報告書 Form 10-K には、とバークシャー・ハサウェイの株価の比較が載っている。 誌によるの長者番付ではに5位に入って以降、毎年ベスト10内に入り続けている(現在)。 ではがから13年連続で1位となり 、バフェットは2位であることが多かった。 バフェットは、に前年から資産を100億ドル増加させ、620億ドル(約6兆4360億円)となり初めて1位になった(米国内の長者番付ではに1位になったことがある)。 バフェットの資産は、主に自身がCEOを務めるバークシャー・ハサウェイの株式を通じて形成されている。 バフェットの生活は、基本的にお金を使わず、に31,500ドルで購入したの郊外の住宅に今でも住んでいる。 バフェットは、バークシャー・ハサウェイから「報酬」として、年間10万ドルを受け取り暮らしている。 バークシャー・ハサウェイは、バフェットが経営権を握って以来「無配当」を貫いているため、バフェットは同社から配当金は貰っていない。 寄付のうち約310億ドル(当時B株1000万株)は、からバークシャーの社外取締役を務める 親交の深いが関わるに 、残りは4つの財団に寄付される。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] バフェットはにで系のハワード・バフェットとレイラ・バフェットとの間に生まれた。 バフェットは幼い頃からビジネスを始めていた。 祖父からを6本25セントで購入し、それを1本5セントで売ったり、の配達のアルバイト、のボール拾い、のの販売などを行っていた。 バフェットは、11歳の時に初めてを購入した。 姉のドリスと共にのを1株38ドルで3株購入したのだが、その後、1株27ドルまで下落した。 バフェット達は1株40ドルまで値を戻したところで売却したが、シティ・サービス株は長期的に上昇し続け、200ドルになった。 この経験から、バフェットは忍耐を学んだと後に述懐している。 を営む父が、にに当選したために引っ越したが、当時12歳のバフェットは新しい生活になじめず、祖父の家からの学校に中学2年まで通うことになった。 にを仕事の経費としてし、13歳で初めてを申告した。 中学ではをしたが、一つ上の友達とうまくなじめなかった。 また成績は芳しくなかったが、新聞配達は継続していた。 中学を卒業したバフェットはワシントンD. に戻り、高校に進学した。 高校3年のときに友人と中古のを1台25ドルで購入し、それをに置くというビジネスを始めた。 このビジネスは成功し、最終的には週50ドルの利益を稼ぎ出すまでになった。 その後、この事業をに1,200ドルで売却した。 にファイナンス学科に入学したが中退し、に編入した。 ネブラスカ大学を卒業後、に入学しようとしたが断られた。 で著名な証券アナリストであり『賢明なる投資家』の著者のとが教職についていることを知ったバフェットはコロンビア大学のに進学し、投資について学んだ。 グレアムが保険会社の重役であることを知ったバフェットは、電車に乗ってワシントンD. のGEICO本社へ向かった。 門前払いをされそうになったが、中に入れてくれるまでドアを叩き続けたという。 そこでバフェットは当時の副社長そして後の友人であり影響を受けたロリマー・デビッドソン Lorimer Davidson に会った。 に大学院でを取得後、で働こうとするが、父とグレアムに反対された。 バフェットはグレアムの下でただでもいいから働きたいと懇願するが、のための雇用を確保しておきたいというグレアムの事情により断られた。 グレアムはユダヤ人で、当時はユダヤ人の就職が困難という社会的な事情がその背景にはあった。 バフェットは故郷に戻り、として父の証券会社で働いた。 後に失敗した投資の1つとして語っている。 また、人前で話をする訓練のためにの演説コースを受講した。 学んだ知識を使いネブラスカ大学夜間クラスで平均年齢が彼の2倍以上の受講生に"投資原理"を教えた。 この頃にスーザン・トンプソンとデートをするようになる。 に長女スーザン・アリスをもうけ、翌年には2人目の子供が生まれた。 若き投資家 [ ] パートナーシップの運営 [ ] により電話でパートナーシップでの仕事の誘いがあり、資産運用会社グレアム・ニューマンに証券アナリストとして入社した。 初任給は年間12,000ドル。 ここでは後に著名な投資家になると共に働いた。 にグレアムは引退し、会社は解散した。 グレアムはバフェットを評価しており、1970年代の後半に『賢明なる投資家』の改訂を行っていたグレアムが入院した際に手伝いをバフェットに依頼した。 バフェットは根本部分は変更せずにインフレや企業分析について改訂を提案したが、退院したグレアムは自分で改訂作業を行った。 当時バフェットの貯金は9,800ドルから140,000ドル以上になっていた。 バフェットは故郷オマハに帰り、合計105,000ドルを7人の家族と友人から集めて投資のパートナーシップであるバフェット・アソシエイツ株式会社を設立。 自身は100ドルだけ出資した。 この後、年内に2つのパートナーシップをつくり、パートナーシップは合計で3つになる。 にさらに2つのパートナーシップを追加でつくり、合計5つパートナーシップを運営した。 バフェットはパートナーシップの運営を自宅で行っていた。 妻のスーザンが第三子(次男ピーター)を身ごもっていたので、1957年にファーナム通りにある漆喰作りで5つの寝室を備えた家を31,500ドルで購入した。 この家にバフェットは現在も住んでいる。 、後にバークシャーの副会長となるに出会い、2人はすぐに意気投合した。 彼は会社の成功の要になる。 にはパートナーである1人の医師に、10,000ドルを投資する気がある医師を10人見つけてきてほしいと頼み、11人を紹介してもらう。 この中には現在まで投資している家族 本人は死去したが、遺族が相続した があり、当時投資した1万ドルは現在では5億ドル程度になっている。 、パートナーシップの資産が数百万ドルを突破し、風車の製造会社に対して初めて100万ドル規模の投資をした。 にへ出かけ、古い友人から数十万ドルの資金を集めた。 パートナーシップの資産が720万ドルになる。 多数あったファンドをバフェット・パートナーシップにまとめ、最小投資規模を25,000ドルから100,000ドルに変更した。 運営拠点をバフェットが「機能的で華美でない」と称する(地元オマハの名士ピーター・キューイットの名にちなむ )に移す。 バフェットとスーザンはそれぞれ100万ドル以上の資産を保有していた。 マンガーに製造会社デンプスターに投資すべきか相談すると、ハリー・ボトルのほうが良いと言われる。 バフェットはこの助言に従い、ハリー・ボトルに投資、一時解雇、コスト削減等の経営改善策を会社に実現させ、大きな利益を出す。 1963年、バークシャー・ハサウェイの筆頭株主になる。 デンプスターを購入時の3倍の株価で売却。 ほとんど価値のない企業で構成したポートフォリオは200万ドル以上の価値を持っていた。 翌年、が倒産の危機のある子会社に対して法的義務のない状態で資金を融通しようとしたスキャンダルによって同社の株価が暴落したときに、バフェットは解決可能な問題であると判断し 、逆に株を買った。 1965年にに出会い、株を買い始める。 1株48セントになったときに売却したが、後に買い戻すこととなる。 このことについて、売却は失敗だと認めている。 1967年、バフェットのパートナーシップの資産が6500万ドルになる。 バフェットはこのパートナーシップに初めて10セントの配当を出した 1969年、バフェットはパートナーシップの解散を行った。 ブルーチップ・スタンプスとの関わり [ ] 1956年に9つの会社によって設立された・スタンプは、小売店の販売促進のための景品スタンプ事業を行っていた。 バフェットは割安であると判断して株を購入し、情報交換していた友人のとも別個に購入していた。 マンガー、ゲーリン、バフェットはブルーチップの取締役となり、景品事業によって生まれる準備金の運用を行った。 1972年には製菓業のを帳簿価格の約3倍の価格で買収して子会社とした。 はブルーチップを通じたウェスコ株の取得を中心にバフェットたちの投資活動の調査を行った。 ブルーチップの株が複雑な形で保有されていたこともあり、SECは何らかの不正を行っているのではないかという疑惑を持っていた。 最終的にはウェスコの合併中止後も株を高値で買ったことが株価を操作したと判断され、問題になった。 バフェットたちは同様の過ちを今後行わないことを明言し、1975年にSECはブルーチップからウェスコの株主へ11万5000ドルの支払いを命じた。 この件の影響でバフェットたちは組織の簡略化に取り組むことになった。 マンガーのパートナーシップは1974年の暴落から回復した1975年に解散し、マンガーはバークシャーの副会長に就任した。 ダイバーシファイド・リテーリングはバークシャーに吸収された。 ブルーチップも1983年にバークシャーとの株式交換によって合併し、複雑な株主構成は解消された。 バークシャー・ハサウェイの経営 [ ] にバフェットは繊維業のバークシャー・ハサウェイの経営権を創業家との衝突の後に取得し、新社長にを指名した。 バフェットはからバークシャー・ハサウェイの会長として、現在では有名となっている株主への年次報告書を執筆し始める。 バークシャー・ハサウェイはに株を買い始める。 ワシントン・ポストとその機関紙を支配していると親友になり、バフェットはワシントンポストの社外取締役となる。 バークシャー・ハサウェイ株が下落し始め、バフェットの純資産はには半減する。 バフェットの指示にて、バークシャー・ハサウェイは資金の借り入れを行う。 、ブルーチップを通じて3250万ドルでを買収した。 新たに日曜版を開始し、既存の平日版の読者に4週間無料で、店頭では特別価格で販売した。 このことでライバルのから反トラスト法にて訴訟を起こされ、解決まで5年を要した。 にABC株を1株当たり290ドルで購入した。 この頃のバフェットの純資産は1億4000万ドル近くとみられている。 年間5万ドルを給与を貰い生活を続けていた。 バークシャー・ハサウェイの株価が年初775ドルから年末に1,310ドルにまで上昇した為、バフェットの純資産は6億2000万ドルとなり初めて誌に名前が載る。 副会長のマンガーの発案によりからバークシャー・ハサウェイが利益の一部を寄付する際に、寄付先を株主が持ち株に応じて決定できるという慈善事業計画を策定した。 、家具屋のネブラスカ・ファーニチュア・マートを6000万ドルで買収した。 バフェットはオーナーが同社の売却を考えていることを知り、オーナーの息子と事前に下交渉をしていた。 その上でバフェットは店を訪ねてオーナーの老婦人と直接交渉し、会計の監査やの調査をせずに、言い値に対して即払いで購入した。 1983年のバークシャーの持つポートフォリオは13億ドル程度の価値と評価されるまで成長していた。 一方で本来のは不振を続け、1985年にバフェットはバークシャーの繊維部門の再建を断念して工場を閉鎖した。 優秀な生え抜きの経営陣と資本を注ぎ込んだが、最後の9年間累計で売上が5億3000万ドル、1000万ドルの赤字であった。 当時すでにアメリカにおいて斜陽産業であった繊維業を再建することはできなかった。 1985年、3億1500万ドルで世界書籍百科事典などを製造しているを買収した。 1985年にABCとキャピタル・シティーズの合併の成功を助ける。 連邦裁判所からキャピタル・シティーズとワシントン・ポストの両方で取締役であることを認められなかったため、ワシントン・ポストの取締役を辞任した。 、670万ドルで社用ジェット機を購入した際に、かつて他社のジェット機購入を批判したことに絡めて冗談交じりに「THE INDEFENSIBLE」(言語道断号)と名づけた。 1987年にアメリカ最大規模の証券会社はによる敵対的買収の対象となっていたため、CEOのジョン・グッドフレンドはバフェットに助けを求めた。 バフェットは証券業界を好ましく思っていなかったがグッドフレンドを評価していたため7億ドルを投資し、マンガーと共にソロモンの取締役に就いた。 1991年にソロモンの債券トレーダーのポール・モウザーが財務省証券の入札での買占めをはじめとする複数の違法取引を行ったスキャンダルが発覚した。 グッドフレンドとソロモン副会長のジョン・メリウェザーがこの事実を知りながら取締役会や監督省庁に隠し続けていた為、やをはじめとする多くの機関から重大事件とみなされた。 最終的にグッドフレンドとソロモンの社長であるトーマス・ストラウスと法律顧問が辞任したが、それだけでは解決されないほど問題が大きかったためバフェットが暫定CEOに就任した。 バフェットは信用があり、法律問題にも積極的に取り組んだ結果ソロモンが2億9000万ドルの罰金を支払うことで事件は終結した。 2億ドル相当で買った。 1989年バークシャーの株価は4,800ドルから8,000ドル以上に上昇し、バフェットの純資産は約42億ドルになる。 1996年ニューヨークのCardozo Law Schoolに参加してThe Essays of Warren Buffettを編集、発行することとなる。 からにかけて、1あたり4. 6から4. 8ドルで約1億3000万オンスのを投資として購入した。 2006年に売却した。 2010年9月29日にビル・ゲイツとともに自身が出資するの(BYD)の工場を訪れ 、「M6」発売のセレモニーにゲイツとともに出席した。 2011年3月21日にへ初来日し、自身が間接的に投資を行う大手切削工具メーカーの新工場完成式典(3月22日開催)への出席が予定されていたが 、のため完成式典も来日も延期された。 その後、新工場の完成式典が行われる11月21日にあわせて工場のあるを来訪した。 2012年2月に自らの後継者を特定したとしたが具体的な名前は明かさなかった。 同年4月17日に初期のであることを明らかにした。 人物・投資 [ ] の家庭に育った。 現在はだとインタビューに応えている。 バフェットは、長期投資を基本スタイルとし、1965年から1995年に渡ってバークシャー・ハサウェイに高い運用成績をもたらしている。 地元を中心とした生活を送っているため、1997年にニューヨークタイムスから「 オマハの賢人」 Oracle Sage of Omaha とも呼ばれる。 毎年開催されるバークシャー・ハサウェイのでは、バフェットと同社の副会長の話 を聞くために、2009年5月に中から数万人にのぼる株主が参加すると報道されている。 朝鮮日報によると1950年代から同じ家に住み、週に3回はのチキンナゲットで昼食を取る。 投資手法は固定の拘りが強く、新規業界より既存業界を好む。 1990年代のドットコムブームではテクノロジー株を蜃気楼だとして、投資しなかった。 しかし、バフェットも、2016年にアップル株を大量に買い付けた。 更に「これまでアマゾンに投資しなかった自分は馬鹿だった」と過去のテクノロジー株への偏見があった反省を述べた。 アマゾン株も買っている。 バフェットの投資に関する考え方はの理論をベースにしている。 株式が企業の一部であることを意識し、市場に惑わされず、安全余裕率を忘れないことが重要な要素だとしている。 その他にの影響も受けている。 当初は()が1未満の株がの水準に価格修正される傾向があることから、PBRが1よりも小さい株を買い、価格修正されたところで売却し、差益を得るという方法が主流だった。 しかし、失敗した投資経験やの意見によって、バフェットは単に割安な企業よりも数字に表れないものを含めた内在価値が高い事を重視するようになり、普通の企業を格安で買うよりも優れた企業を相応の価格で購入するべきだとしている。 バフェットが投資する条件として、事業の内容を理解できる、長期的に業績が良いことが予想される、経営者に能力がある、魅力的な価格であるという4つを挙げている。 事業の内容が自分にとって複雑すぎる分野には手を出さないため、基本的に分野の企業などには投資をしていないがとには高配当などから投資した。 長期的な業績を計るためには、ブランド力や価格決定力を持つことを重視している。 企業は事業拡張や多角化の際の誤った判断によって容易にその価値を失いトラブルを発生させてしまうため、尊敬できる有能な経営者が必要である。 しかし、有能な経営者でも悪化したビジネスは立て直すことはできないと考えている。 バフェットはを行わず、基準を満たす優れた企業を買収あるいは株式を大量に取得するという集中的な投資を行う。 買収した企業では元の経営陣がそのまま経営を続ける。 バフェットは資本の安定と適正な役員報酬によって経営者が安心して運営できる環境を提供する。 バフェットの方針は経営を続けたいが企業を売却したいオーナー経営者を惹きつけた。 バークシャー・ハサウェイを買収した際は新社長を登用して繊維事業の改善を図るなど、経営に介入したが上手くいかず最終的には工場を閉鎖せざるを得なくなった。 失敗の一方で、元々優秀なビジネスを行っていたシーズ・キャンディーの買収は成功したことから現在のスタンスが確立した。 バフェットは長期投資が最も望ましいとしているが、基準を満たす投資先がない場合はも行う。 合併や買収などが公表された企業の株価と計算上の株価に差があれば、実現される可能性と期間を考慮して取引を行う。 バフェットは裁定取引の場合でも少数の大規模な案件を扱う。 ビットコインについては「殺鼠剤の二乗」と表現し否定的な見解を示している。 バフェットは個人に対する株の投資先についての推奨は一切行っていない。 一般投資家はインデックスファンドを購入すべきだと主張し、手数料の高いアクティブ運用型投資信託に手を出すべきでないとしている。 上記の通り、かなりの家である。 の当時のトップだったが、ニューヨークの自宅にバフェットを招待し食事を運ばせた際、次から次に出てくる20品に一切手をつけなかったと言われる。 タンガロイの新工場の竣工式典に出席した際、ある種類のとある種類のしか食べないという事前情報を手に入れたタンガロイ側は、のから具材を全て抜き、も味付けも無い、完全にでを挟んだだけのものを用意した。 コカ・コーラが大好物で、しかもものすごく甘いしか飲まない。 それを1日に何本も飲む。 6本程度飲んでしまうことは珍しくなく、がの際に、彼の食生活を聴いた際、そのあまりの偏食ぶりに「がよほど頑張らなければ、常人ならとっくに死んでいる」と驚きを交えて評した。 自家用車に関しては、高価な車両を何台も所有することはない。 の株を所有しているにも関わらず、一時期はのを所有した。 その後継には、を選択した と報道されたが、その後、自身の上で「人生でに乗ったことはないよ。 (愛国者なので)キャデラックを新調したよ」と否定した。 家族 [ ] バフェットの父・ハワードは証券業を営み、1930年からのを務めた。 バフェットは父から多くを学び、短期間だが父の証券会社で共に働いていたこともある。 バフェットは3人兄弟で、姉のドリスと妹のバーティーがいる。 祖父はオマハに食料雑貨店を持っており、はこの雑貨店で働いていたことがあるがこの間にバフェットと出会うことは無かった。 1952年にスーザン・トンプソンと結婚し、スーザンとの間に長女スーザン・アリス(リトル・スージー)、長男、次男ピーターの3人が生まれた。 1977年に子育てを終えたスーザンはバフェットと別れて暮らすようになった。 しかし離婚はしておらず、バフェットもスーザンの自由な生き方を支持していた。 バフェットの遺産を受け継ぐことになっていた が、2004年に先立たれたために資産を複数の財団へ寄付することになった。 バフェットは子供達を甘やかすことは本人のためにならないとして厳しく育て、自立させた。 長男ハワードはバークシャーの役員を務めており、また次男ピーターは作曲家で映画に楽曲を2曲提供している。 1978年からバフェットは妻のスーザンから紹介されたアストリッド・メンクスという女性と同居していた。 2004年にスーザンが亡くなり、2006年にバフェットはアストリッドと再婚した。 語録 [ ]• 1ドルのものを40セントで買うを学んだ。 リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに起こるものです。 他人が慎重さを欠いているときほど、自分たちは慎重に事を運ばなければならないということです。 株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。 これに尽きます。 ルール その1:絶対に損をするな。 ルール その2:絶対にルール1を忘れるな。 風見鶏を見ているだけでは金持ちにはなれません。 時代遅れになる原則はそもそも原則ではありません(バリュー投資について)。 尊敬できる人のもとで働きなさい(に関するアドバイス)。 ウォーレンはカラーテレビのような人です。 みなが白黒なのに彼にはカラーに見えるの(妻スーザンがバフェットを評して)。 ロケット工学で博士号を取る必要はありません。 投資とは、知能指数160の人間が130の人間を倒す ゲームではないからです。 合理的かどうかが問題です。 に亡くなった妻の個人資産であった26億ドル相当の土地はこのバフェット財団に寄付されている。 そのうち310億ドルはに寄付することとなった。 より、と「」と称する寄付推奨活動を開始した。 ランチオークション [ ] 毎年、バフェットとステーキランチを食事する権利がオークションにかけられ、1億円以上で落札されている。 落札金は全額グライド財団に寄付される。 脚注 [ ] []• 『』 2018年3月8日• The White House 2010年. 2020年2月26日閲覧。 「バフェットからの手紙」 2000 54項• 「ウォール街のランダムウォーカー 原著第9版」 2009 454-455項• ローレンス・A・カニンガム 「バフェットからの手紙」 2010 57項• 庄司卓矢『バフェットの謎』技術評論社、2010年。。 85-86項• 庄司卓矢『バフェットの謎』技術評論社、2010年。。 93頁• バフェットの株主総会. エクスナレッジ. 14-17頁• ジャネット・ロウ 1999 170-175頁• ITmedia 2007年3月9日. 2008年11月12日閲覧。 フォーブス 2008年. 2012年9月18日時点のよりアーカイブ。 2008年11月12日閲覧。 ロイター 2008年3月6日. 2008年11月12日閲覧。 2008年5月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年11月12日閲覧。 2011年9月3日閲覧。 ジャネット・ロウ 1999 222-223頁• USATODAY. com 2004年12月14日. 2008年11月12日閲覧。 pdf 2006年6月10日. 2008年11月12日閲覧。 2008年11月12日閲覧。 CNTE Japan 2006年6月27日. 2008年11月12日閲覧。 ジャネット・ロウ 1999 125頁• ジャネット・ロウ 1999 124頁• フォーブス 2008年3月5日. 2008年11月12日閲覧。 ジャネット・ロウ 1999 125-126頁• AskMen. com. 2008年11月12日閲覧。 CNBC. com. 2008年11月12日閲覧。 Roger Lowenstein. Buffett: The Making of an American Capitalist. ジャネット・ロウ 1999 86頁、179頁。 ジャネット・ロウ 1999 146-147頁• ジャネット・ロウ 1999 15-16頁• フォーブス 2008年3月5日. 2008年11月12日閲覧。 ジャネット・ロウ 2001 162-164頁• ジャネット・ロウ 1999 214頁• カニンガム 170-171頁• ジャネット・ロウ 1999 87頁• ジャネット・ロウ 2001 235-241頁• ジャネット・ロウ 2001 296-302頁• カニンガム 88-95頁• ジャネット・ロウ 1999 193-196頁• カニンガム 81-87頁• ジャネット・ロウ 2001 392-417頁• ジャネット・ロウ 1999 173頁• ジャネット・ロウ 2001 382-384頁• 2010年9月29日. 2018年8月27日閲覧。 2010年9月29日. 2018年8月27日閲覧。 2012年3月9日. 2012年5月13日閲覧。 2012年5月13日閲覧。 2012年11月22日. 2012年5月13日閲覧。 ロイター. 2012年2月27日. 2012年5月13日閲覧。 ロイター. 2012年4月18日. 2012年5月13日閲覧。 2020年6月9日閲覧。 バークシャーの保有する一株あたりの資産は1965年から30年間に年率33. カニンガム 12頁• Sullivan, Aline; Tribune, International Herald 1997年12月20日. The New York Times. (2009年5月1日 16:06(JST)配信,2009年6月4日閲覧)• archive. is 2019年12月20日. 2019年12月26日閲覧。 カニンガム 130-131頁• ジャネット・ロウ 1999 5-6頁、74頁、188頁• マンガ ウォーレン・バフェット(森生文乃 講談社)• ジャネット・ロウ 1999 14頁• カニンガム 148-151頁 170-174頁• カニンガム 152頁• ジャネット・ロウ 1999 47-52頁、91-102頁• カニンガム 169-172頁• カニンガム 25-26頁• ジャネット・ロウ 2001 279-282頁• カニンガム 119-129頁• 2018年5月11日閲覧。 Berkshire Hathaway 2020年. 2020年2月26日閲覧。 上原好人 2012年5月29日. プレジデント 2012年4月30日号. 2013年11月8日閲覧。 SEEK DRIVE. 2014年7月10日. 2014年7月15日閲覧。 Forbes. 2014年7月15日. 2017年1月4日閲覧。 ジャネット・ロウ 1999 179、185-187頁• ジャネット・ロウ 2001 77-79頁• ジャネット・ロウ 1999 214-215頁• ジャネット・ロウ 1999 211-213頁、216-219頁• ニューヨークタイムズ. 2008年11月12日閲覧。 ジャネット・ロウ 1999 8頁より。 元の出典はRobert Dorr Investor Warren Buffett Views Making Money as 'Big Game,' Omaha World-Hearld 1985年3月24日• ジャネット・ロウ 1999 33頁より。 元の出典はJim Rasmussen Buffett Talks Strategy with Students Omaha World-Hearld 1994年1月2日 p. 178• ジャネット・ロウ 1999 19頁より。 元の出典はAnthony Simpson The Midas ouch New York:Dutton 1990 p. ジャネット・ロウ 1999 58頁より。 元の出典は Warren Buffett Triples Profits, 1994年5月14日• ジャネット・ロウ 1999 5頁より。 元の出典は The Forbes Four Hundred Billionaires 1986年10月27日フォーブス400• ジャネット・ロウ 1999 20頁より。 元の出典は1994年のバークシャー・ハサウェイの年次報告書• ジャネット・ロウ 1999 6頁より。 元の出典は1988年のバークシャー・ハサウェイの年次報告書• ジャネット・ロウ 1999 129頁より。 元の出典は Warren Buffett Talks Business The University of North Carolina,Center for Public Television,Chapel Hill 1995年• ジャネット・ロウ 1999 215頁より。 元の出典はAndrew Kilpatrick, Of Permanet Value:The Story of Warren Buffett, Birmingham:APKE,1994 p. 508• Warren Buffett Speaks: Wit and Wisdom from the World's Greatest Investor• BERKSHIRE HATHAWAY INC.. 2008年11月12日閲覧。 参考文献 [ ]• ローレンス・A. カニンガム『バフェットからの手紙』増沢浩一監訳、パンローリング、2000年。。 ジャネット・ロウ『ウォーレン・バフェット』平野誠一訳、ダイヤモンド社、1999年。。 ジャネット・ロウ『投資参謀マンガー』増沢和美訳、パンローリング、2001年。。 ロバート・G・ハグストローム『株で富を築くバフェットの法則[最新版]』小野一郎訳、ダイヤモンド社、2014年。。 ロバート・G・ハグストローム『株式投資最強の黄金律 バフェットの法則』FPO、2019年。。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• warrenbuffett -.

次の

外国株式・海外ETF|SBI証券

バークシャー ハサウェイ 株価

2014年9月8日(月)現地約定分(予定)から、ニューヨーク証券取引所に上場の「バークシャー ハサウェイ クラスB株(ティッカー:BRK B 」の取扱いを開始いたします。 バークシャー ハサウェイは、世界の著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏が会長兼最高経営責任者として経営している投資持株会社です。 同社は元々、紡績事業を中心に行う事業会社でしたが、ウォーレン・バフェット氏が同社を買収後、自動車保険会社GEICO等に出資し、保険業を中心としたビジネスに事業モデルを転換しました。 現在は、保険産業をビジネスの中核としつつ、コカコーラ、P&Gなど、幅広い上場企業に投資する投資会社としても有名です。 また、米国オマハで毎年開催される株主総会は世界中から数万人にのぼる株主が参加し、ウォーレン・バフェット氏を中心とした一大イベントとして有名です。 今回、楽天証券で取り扱いを開始する株式はバークシャーハサウェイ クラスB株になります。 同社は現在、クラスA株とクラスB株の2種類の株式を発行しています。 クラスB株の発行価格はクラスA株の1500分の1ですが、クラスB株の議決権がクラスA株の1万分の1に設定されています。 今回の銘柄追加により、米国株式の弊社取扱い銘柄数は、合計で1,238銘柄となります。 (2014年9月8日現在) バフェットの書籍が当たるキャンペーン実施中! 2013年12月31日時点、バークシャー ハサウェイの保有株には、コカ・コーラやプロクター・アンド・ギャンブル、ウェルズ・ファーゴなどがあります。 また、その中にはバークシャー ハサウェイが筆頭株主となっているものもあります。 ティッカー 会社名 バークシャーハサウェイ社の保有率 購入代金 百万米ドル 時価総額 百万米ドル AXP アメリカン・エキスプレス 14. 米国株式(ETF,ADR含む)は日本円または米ドルからお取引いただくことができます。 米国株式のご注文は、1口単位で承ります。 米国株式の取引チャネル 外国株式のリスクと費用について 外国株式等の取引にかかるリスク 外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。 また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。 上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。 外国株式等の取引にかかる費用 1回のお取引金額で手数料が決まります。 分類 取引手数料 米国株式 約定代金の0. 45%(0. 495%)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:20米ドル(22米ドル) 中国株式 約定代金の0. 5%(0. 55%)・最低手数料:500円(550円)・上限手数料:5,000円(5,500円) アセアン株式 約定代金の1. 00%(1. 詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。

次の