ヘアカラー インナーカラー。 3ヶ月前に染めたインナーカラーの次はどう染めたら良いの?

インナーカラーをすることで得られる【メリット】【デメリット】を解説します。

ヘアカラー インナーカラー

インナーカラーを簡単に解説 ここ最近で急増してきたインナーカラー人気。 詳しくはこちらからどうぞ。 簡単にいうと、普通のカラーのように根元から毛先までキッチリ染めるわけではなく、かといってグラデーションカラーのように毛先だけを染めるのでもない。 本来髪で隠れているインナーの部分に色を入れるというカラーの手法で、この全面に押し出していないカラーがとてもおしゃれなため女性にものすごく人気!なのです。 長さはボブからロングまで問わずに出来て、かつ適度にカジュアルさもアップするので、アクセント的なカラーが出せるんです。 どちらかというと髪を耳にかけたとき、風が吹いたときといったふとした場面でカラーが見えて『あっ!オシャレ!』って感じるものです。 そのため、工夫しだいで 派手すぎないイメージでカラーを楽しむことが出来るんです。 逆に根元から毛先までしっかりブリーチをして色をいれるダブルカラー。 あれこそ仕上がりのインパクトは良くも悪くもしっかりしたものがありますし、色が抜けた際のハイトーン感はどうしても気になってくるでしょう。 つまりそういったアフターケア的な意味も含めておすすめできるんです。 髪へのダメージが最小限で済む インナーカラーは基本的にブリーチを使いますが、染める部分の面積が狭いため髪のコンディションにも悪影響を与えにくいです。 大人世代は髪質の変化を感じている方も多いため、髪が傷むということにかなり過敏になっているケースが多々あります。 そういった場合でもトライしやすいのがメリットなんです。 『カラーシャンプー』ってなんですか?? 『カラーシャンプー』とは、ヘアカラーの色落ちを緩やかにしてくれるシャンプー。 カラーシャンプーには色素が含まれているので、髪を洗いながらカラーを補充してくれるんです。 インナーカラーはほとんどの場合ブリーチを使うことになります。 ブリーチ後は、何もしないと 2週間ほどで元の金髪に戻ってしまうのでものすごくもったいないんですよ。 出来るだけヘアサロンでの仕上がりの色味はキープしておきたいですもんね…。 逆に、『カラーシャンプー』を使ってるお客さまは、キンキンの金髪にはならずにキレイなベージュやブラウンを保っていることが多いです。 この差が大きいんです! しかも毎日使う必要もないため、1本あればかなり長持ちしてコスパもイイです。

次の

インナーカラー【人気色&やり方】ヘアアレンジや色落ちしない方法もご紹介!|MINE(マイン)

ヘアカラー インナーカラー

インナーカラーを簡単に解説 ここ最近で急増してきたインナーカラー人気。 詳しくはこちらからどうぞ。 簡単にいうと、普通のカラーのように根元から毛先までキッチリ染めるわけではなく、かといってグラデーションカラーのように毛先だけを染めるのでもない。 本来髪で隠れているインナーの部分に色を入れるというカラーの手法で、この全面に押し出していないカラーがとてもおしゃれなため女性にものすごく人気!なのです。 長さはボブからロングまで問わずに出来て、かつ適度にカジュアルさもアップするので、アクセント的なカラーが出せるんです。 どちらかというと髪を耳にかけたとき、風が吹いたときといったふとした場面でカラーが見えて『あっ!オシャレ!』って感じるものです。 そのため、工夫しだいで 派手すぎないイメージでカラーを楽しむことが出来るんです。 逆に根元から毛先までしっかりブリーチをして色をいれるダブルカラー。 あれこそ仕上がりのインパクトは良くも悪くもしっかりしたものがありますし、色が抜けた際のハイトーン感はどうしても気になってくるでしょう。 つまりそういったアフターケア的な意味も含めておすすめできるんです。 髪へのダメージが最小限で済む インナーカラーは基本的にブリーチを使いますが、染める部分の面積が狭いため髪のコンディションにも悪影響を与えにくいです。 大人世代は髪質の変化を感じている方も多いため、髪が傷むということにかなり過敏になっているケースが多々あります。 そういった場合でもトライしやすいのがメリットなんです。 『カラーシャンプー』ってなんですか?? 『カラーシャンプー』とは、ヘアカラーの色落ちを緩やかにしてくれるシャンプー。 カラーシャンプーには色素が含まれているので、髪を洗いながらカラーを補充してくれるんです。 インナーカラーはほとんどの場合ブリーチを使うことになります。 ブリーチ後は、何もしないと 2週間ほどで元の金髪に戻ってしまうのでものすごくもったいないんですよ。 出来るだけヘアサロンでの仕上がりの色味はキープしておきたいですもんね…。 逆に、『カラーシャンプー』を使ってるお客さまは、キンキンの金髪にはならずにキレイなベージュやブラウンを保っていることが多いです。 この差が大きいんです! しかも毎日使う必要もないため、1本あればかなり長持ちしてコスパもイイです。

次の

インナーカラーに年齢は関係ない!むしろ大人におすすめしたい理由3つ!

ヘアカラー インナーカラー

軽快さや知的さが魅力のショートヘア。 シルエットを生かすカラーも重要なポイントです。 今回は、かわいいショートヘアスタイルのカラーに注目。 それぞれのトーンを紹介します。 サロンオーダーにも使えますよ。 【目次】 ・ ・ ・ ショート&ベリーショートにおすすめヘアカラー カシスブラウンならショートヘアでもキュートな大人女子に 【How to カラー】 カラーは7トーンのカシスブラウン。 ピンク系のカラーは最近のトレンド。 ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せます。 ショートボブには愛されカラーのオレンジベージュ 【How to カラー】 カラーは8レベルのオレンジベージュに。 元気な印象を与えて愛されカラーで、ツヤ感をもたらす色味。 透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。 流した時にサイドと馴染むように調整します。 透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。 ショートヘアはフォギーベージュで柔らかい雰囲気に 【How to カラー】 カラーはピンクMIXのフォギーベージュに。 柔らかさのあるブラウンで女性らしい雰囲気のある色味。 赤みがなく、暗めのカラーリングでクールな印象を与えてくれます。 ツヤのあるブラウンベージュで大人ショートヘアに 【How to カラー】 カラーは7トーンのブラウンベージュ。 ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出します。 フォギーアッシュで柔らかな髪質感のショートヘアを演出 【How to カラー】 カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。 寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。 ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出します。 落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えません。 色持ちがよく、トレンドに敏感な人にイチオシのカラーです。 ハンサムショートでもオレンジ系なら柔らかい雰囲気に 【How to カラー】 カラーリングは旬なオレンジベージュに染める。 派手に見えがちのオレンジ系でも、品があり柔らかいイメージの色味。 透明感があり、柔らかい雰囲気に仕上がるカラーです。 温かみのあるブラウンとミルクティーのようなベージュをミックスした色味で、ツヤ感をもたらし顔色をぱっと明るく見せてくれます。 サイドの髪を耳にかけたときにフリンジのように見えるインナーカラーが、さりげなくておしゃれ! カラーポイント べースはやや明るめのフレッシュベージュ。 耳上の髪のみ、ハイトーンのベージュに。 ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色です。 ハイライトで動きを出しながら、肌の色をキレイに見せる温かみのあるベージュブラウンに仕上げます。 アッシュブラウンにハイライトを入れた大人カジュアルショートヘア 【How to カラー】 10レベルのフォギーベージュでハイライトを入れながら、ベースを6レベルのアッシュブラウンに染めます。 アッシュブラウンは、肌色をキレイに見せてくれる赤みを抑えたブラウンです。 アッシュベージュにハイライトで柔らか雰囲気のショートヘアに 【How to カラー】 カラーは11レベルのアッシュベージュ。 細めのハイライトを入れて柔らかさと動きをプラス。 赤みをおさえた外国人風の人気カラーです。 全体に細くハイライトを入れると軽さが出ます。 オリーブアッシュとハイライトでスタイリッシュなショートヘアに 【How to カラー】 ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色である10レベルのオリーブアッシュをオン。 ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出します。 暖かみがあって柔らかい質感、さらには活発な雰囲気のある色味となっています。

次の