お 久しぶり です 敬語。 ビジネスメールの基本!久しぶりにメールを送る際の書き方

ビジネスメールの基本!久しぶりにメールを送る際の書き方

お 久しぶり です 敬語

しばらく連絡をしていなかった相手とやり取りするときによく使う「お久しぶりです」はよく使われる挨拶言葉の一つですね。 良く手紙やメールでも使われるだけあって、あまり使い方を気にせずに使っている方も多くいらっしゃるかと思いますが、そもそも「お久しぶりです」が使える期間はどのくらいなのでしょうか? また、「お久しぶりです」は、ごく普通に色々な会話の中で使われる日常的な挨拶ですが、「お久しぶりです」は、目上や上司に使える敬語なのか、また言い換える場合の類義語は何があるのかもすぐに回答できる方は意外と少ないのではないでしょうか。 そこで、今回は 『お久しぶりですの手紙やメールでの使い方』と 『お久しぶりですは上司や目上の方に使える敬語なのか』、『お久しぶりですの言い換えや類義語』などをご紹介したいと思います。。 Topics• 「お久しぶりです」の意味 「お久しぶりです」とは「久し振り」に「お」と「です」をつけた丁寧語です。 「お久しぶりです」の意味は、「前にそのことを経験してから、再び同じことになるまでに長い日数のあったこと」を指します。 「お久しぶりです」の期間 ビジネス以外でも日常的に「お久しぶりです」を使っているかと思いますが、どれくらいの期間のことを指すのかご存知でしょうか? 日頃から顔を合わせている人に対して「お久しぶりです」と言うのはおかしいですよね。 「お久しぶりです」は、前回会ってから・前回連絡を取ってから長い時間空いてしまった時に使われる挨拶言葉で、あくまで目安になりますが、3か月くらい連絡を取っていない相手に対して、「お久しぶりです」を使います。 電話やメールでは何度か連絡はしていたけれど、直接会うのは久しぶりという場合でも、「お久しぶりです」が正しい挨拶です。 なお、前回会ってからあまり時間が経っていないうちに、「お久しぶりです」は使わないようにしましょう。 相手によっては、嫌味や失礼な発言として受け取られる可能性もありますので、注意が必要です。 手紙やメールでの「お久しぶりです」の使い方 「お久しぶりです」は、一般的に同等か目下の人に対して使います。 しばらくの間、相手と会っていなかったときに、「お久しぶりです」と声を掛けることはあると思いますが、手紙やメールでも「お久しぶりです」は使います。 手紙、メールのいずれも文章の一番最初の書き出しで使います。 以下に例文をいくつかご紹介いたします。 「お久しぶりです。 お元気ですか。 「お久しぶりです。 お変わりありませんか。 「お久しぶりです。 いかがお過ごしですか。 「お久しぶりです。 相変わらず、お忙しいでしょうか?」• 「お久しぶりです。 長らく連絡せずに申し訳ございません」 久しぶりに会う、連絡する相手が友人であれば、「お久しぶりです」だけでも再会の喜びや、連絡を取らずに申し訳ないという気持ちは十分に伝わると思いますが、 「お久しぶりです」を使う時は、「いかがお過ごしですか」、「お元気ですか」などの相手に対する気遣いや「長らく連絡せずに申し訳ございません」などの連絡をしなかったことに対する申し訳なさを伝える言葉も一緒に使うのがおすすめです。 「お久しぶりです」は、上下関係を気にしない親しい間柄の相手や友人、ビジネスシーンでは、部下や同僚にとどめておくのが無難です。 取引先や上司、目上の人に対しては、より丁寧な表現である「ご無沙汰しております」を使うのが適切です。 【スポンサードリンク】 「お久しぶりです」は上司や目上の方に使える敬語? 「お久しぶりです」は、先ほどの「意味」の部分でも説明しましたが、「久し振り」と言う単語に対する丁寧語です。 「お久しぶりです」は相手に軽い印象を与えるため、上司や目上の方に使うと失礼に当たることがあります。 また、相手に馴れ馴れしいと感じさせることもあるため、 目上の人や上司に対して「お久しぶりです」は使わないようにしましょう。 ここで使えるのは「ご無沙汰しております」という謙譲語です。 目上の人や上司から「よっ、元気でやってるか?」と、フランクな言い方で問いかけられた場合でも、自分をへりくだり謙遜して「ご無沙汰しております」と返事をしましょう。 「ご無沙汰しております」には、相手を敬い、長い期間会わなかったり、連絡をしないままでいたことを詫びる意味合いも含まてれいるため、「お久しぶりです」よりも丁寧な表現になります。 ビジネスシーンで、取引先や上司に挨拶する場合は、こちらの言葉を使えば問題ないでしょう。 ご無沙汰しておりますとの違い 「お久しぶりです」は丁寧語ですが、普段使いのカジュアルな言い方であり、目上や上司に使える言葉ではありません。 「久しぶり」に対し、 相手に敬意を表すのに一番おすすめの言葉は「ご無沙汰しております」になります。 話す相手やシチュエーションによって言葉を使い分けるように心掛けてみましょう。 「ご無沙汰しております」は目上の人に使える敬語 「お久しぶりです」と同様によく使われる「ご無沙汰しております」との違いは、丁寧語と謙譲語の違いですが、「ご無沙汰」の意味は、次の通りです。 「無」+「沙汰(さた)」からできた言葉で、「沙汰」とは「便り・知らせ」という意味で、類語では「音信(おんしん)」「通信」とも言います。 よく使われる例文で「しばらく音沙汰がない」と言う「沙汰」であり「音信不通」「通信が無い」という意味で多用されます。 つまりは、「ご無沙汰」とは「便りが無い」=連絡をしばらくの間していない、という意味になります。 「ご無沙汰しております」は相手を敬う謙譲表現で、何日か会わなかったことや連絡をしていなかったことに対して、相手にお詫びする気持ちです。 もし相手側から先に言われても、「ご無沙汰しております」とお返事する事を心掛けましょう。 その際に、以下のような文例のように気持ちを込めた一言を添えた形でお返事すると印象もグッと上がります。 こちらこそ大変ご無沙汰しておりまして申し訳ございません。 雑事にまぎれご無沙汰ばかりで心苦しく存じております。 ご無沙汰しておりますが、お変わりございませんでしょうか。 「お久しぶりです」の類語 最後に「久し振り」の類語・類義語には以下のような言い換え表現がありますので、ご紹介します。 久久 久々/ひさびさ• 久方振り ひさかたぶり• しばらくぶり 「久々」、「しばらくぶり」、「久方振り」など、「お久しぶり」と同じ意味の表現はいくつかありますが、挨拶としてはやはり「お久しぶりです」が一般的と言えるでしょう。 まとめ いかがでしょうか? 友人や目下の人に3ヵ月くらい会わなかった場合は「お久しぶりです」でも良いですが、これは丁寧語です。 同様の条件でも、目上の人やビジネスでの取引先に対しての電話やメールでの挨拶などには謙譲語の「ご無沙汰しております」をスマートに言えるといいですね。

次の

「お久しぶりです」の使い方|敬語/メール・相手別の使い方

お 久しぶり です 敬語

話し言葉でも書き言葉でも頻繁に使われており、目上の相手に対しても使うことができます。 「ご無沙汰しています」と言った後は、「お変わりありませんか?」「どうお過ごしですか?」など、連絡をとっていない期間への配慮の言葉を続けるといいでしょう。 話し方や前後の言葉で相手への伝わり方が変わってくる言葉だといえます。 私生活においては、長らく会っていなかった相手と久しぶりの再会をしたときや、しばらく連絡が途絶えていた相手に連絡をするときなどに使います。 (1)「お久しぶりです」 前回、会ったり連絡をとってから長い時間が経過しているときに使います。 【例文】 ・ お久しぶりです。 たまには一緒にご飯でもいかがかと思い連絡いたしました。 【例文】 ・ずいぶんと 久方ぶりです。 義理と人付き合いの道理から考えれば、連絡をとるべきだったのにそうしてこなかったというお詫びの気持ちを全面に押し出すときに使うことがあります。 【例文】 ・ずいぶん前にご連絡を頂いたにもかかわらず、 不義理をしてしまい申し訳ございませんでした。

次の

「お久しぶりです」の使い方|敬語/メール・相手別の使い方

お 久しぶり です 敬語

ビジネスメールは日常でやり取りするプライベートなメールと違い独自のルールがあります。 正しいと思っていた言葉遣いや言い回しも、ビジネスメールには実は不適切である場合もあります。 ここでは、久しぶりの相手に送るビジネスメールの書き方について紹介していきます。 久しぶりの相手の場合の注意点 久しぶりの相手にメールを送る場合、まずは挨拶文を冒頭に持ってくることで唐突な印象にならないように配慮しましょう。 久しぶりの相手に対する挨拶として、「ご無沙汰しています」「お久しぶり」がありますが、ビジネスメールとしては「ご無沙汰しています」を使うようにしましょう。 「ご無沙汰しています」は「ご」+「無」+「沙汰」で構成されている言葉です。 「沙汰」は「便り」や「知らせ」という意味があるため、「ご無沙汰」は、便りが知らせが無い様を表しています。 長い間、相手を訪ねなかったり、便りを出さずにいた状態を申し訳なく思い、お詫びするときの挨拶として使われます。 一方、「お久しぶり」もご無沙汰していますと同じ意味で使える言葉ですが、「ご無沙汰」よりも日常的に使える軽い言葉という印象があります。 意味としては同じでもニュアンス的な違いとして「ご無沙汰しています」の方が丁寧な印象を与えるためビジネスメールとして「お久しぶりです」は使わないように注意しましょう。 例文・テンプレート 久しぶりの相手に対するメールの例文は次の通りです。 ご無沙汰しております。 詳細は添付の資料をご覧ください。 お忙しいなか恐縮ですが、 どうぞご検討のほどよろしくお願いいたします。 久しぶりにメールをする際には、冒頭に「ご無沙汰しております」と挨拶文を入れましょう。 というように、前に会った時期や場所などを明記することで思い出しやすくなります。 書き方のNG例 書き方として相応しくないNG例は次の通りです。 しばらくぶりです。 詳細は資料をご覧下さい。 お忙しいなか恐縮ですが、どうぞご検討のほどよろしくお願いいたします。 NG:しばらくぶりです。 OK:ご無沙汰しております。 目下や同僚に使うフレーズのため、ビジネスメールとしては相応しくありません。 NG:わが社 OK:弊社 わが社は偉そうな印象を与えてしまうことから、対外的に使う言葉ではありません。 NG:下さい OK:ください 「下さい」は何かを貰いたいときに使う言葉です。 相手に何かをして欲しい場合は「ください」が正しい言葉となります。 まとめ 久しぶりの相手にビジネスメールを送るときは、「お久しぶり」ではなく「ご無沙汰しております」と挨拶するようにしましょう。 ビジネスでは多くのメールをチェックすることが多いため、簡潔で的を得た内容のメールを送るように心がけることが大切です。 顔が見えない分、言葉遣いに注意をして良い印象を持ってもらえるメールを作成しましょう。 もまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスメールの「書き出し」には、相手や状況によって使い分けが必要になってくるケースがあります。 失礼があってはなりませんし、書き出し次第で相手が受けとる印象派大きく変わってしまいます。 そこで、ここではビジネスメールの「書き出し」について「基本」と「初めての相手」、「返信の場合」を説明していきます。 基本の例 定型ともいえる基本となる書き出しが存在します。 ビジネスでの相手ですので状況などで異なってきますが、基本の書き出しは覚えておいて損はありません。 当りさわりのない、失礼のない書き出しとしてチェックしてください。 【仕事相手先(通常)】 いつもお世話になっております。 いつも大変お世話になっております。 貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 ますますご健勝 活躍 のことと存じます。 いつもお引き立ていただき、ありがとうございます。 先日はお世話さまでした。 平素よりなにかとお心にかけていただき、まことにありがたく存じます。 【しばらく合っていない相手先】 ご無沙汰しております。 ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。 ご無沙汰しておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 【電話でやりとりをした相手先】 先ほどはお電話にて失礼いたしました。 先ほどはお電話をありがとうございました。 ご不在でしたのでメールにてご連絡いたします。 (不在時) 初めての相手の場合 初めてビジネスメールを送る際は、相手先に「初めて」という旨がはっきりと伝わることが重要。 相手に「初めての人」とわかってもらえる丁寧な書き出しが、好印象を与えます。 それには、「はじめまして」と書き出しをするわけですが、この書き出しには警戒心を解くという働きもあります。 知らない人物からいきなりビジネスの話をされても不審・不安に思います。 初めてメールを送る場合は、特に注意して送信しましょう。 はじめてご連絡いたします。 突然のご連絡失礼いたします。 お世話になっております。 初めての場合は、相手先との距離感を考慮して丁寧に対応するように心がけましょう。 最初の印象が重要です。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング返信の場合 数日前に送った仕事相手先など、メールに対しての返信の場合は次のようなものがあります。 こちらも基本ですので、ビジネスシーンで利用できるように覚えましょう。 先日は、お付き合い下さり、誠にありがとうございました。 過日は、たいへんお世話になり感謝いたしております。 さっそくお返事をいただき、うれしく思います。 ご多忙のところ早速メールをいただき、とてもうれしく存じました。 お気持ちの大変こもったメール、うれしく拝読いたしました。 まとめ ビジネスメールの書き出しは、基本を覚えることでどんな状況でも対応することができます。 初めての場合でも返信の場合でも、礼を欠くような書き出しではビジネスシーンでは信用を失います。 基本をマスターしてスムーズに対応できるようにしましょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。 そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。 TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 キャリア・転職 ビジネスメールを作成するときに、承諾の意志を伝えることは意外と多いものです。 今回は、承諾メールを作成するときのポイントや使えるフレーズをまとめてみました。 ぜひ、承諾メール作成時の参考にしてみてください。 承諾メール基本の構成とポイント メールでやり取りをする上で相手に承諾の意志を伝える承諾メールは、送信する相手に合ったフレーズを使うことがポイントです。 とくに、使用頻度の高い次の3つのフレーズは使い分けることができるようにしましょう。 了解いたしました 「了解」に「いたしました」をつけたこのフレーズは丁寧語です。 そのため、顧客や上司に向けて使用することはできません。 同僚や目下の人に承諾を伝えるときに使用することができます。 承知いたしました このフレーズは承諾の意志を伝える尊敬語となります。 そのため、上司や顧客など幅広い層に使用することが可能です。 了承いたしました 「それでいいですよ」という意味合いとなるフレーズで、目上の人が目下の人に承諾の意志を伝えるときに使用することができます。 また、承諾メールは感謝の気持ちを伝えてから、前向きな姿勢で承諾の意志を伝えることが基本です。 依頼を承諾するような場面でも、今後の関係性も考えてできる限り丁寧に対応するといいでしょう。 微力ながら精一杯サポートいたしますので、なんなりとお申し付けください。 承諾の意志を伝えることと同時に「微力ながら」というビジネスフレーズを使用しているところがポイントです。 「微力ながら」は自分の能力をへり下って伝えることができる表現で、前向きな姿勢を伝えたいときに使用することができます。 この度は、講演会のご提案を頂き誠にありがとうございます。 ぜひ、直接お会いしてお話をさせて頂きたく存じます。 承諾をする内容に対して感謝の気持ちを述べてから、承諾の意志を伝えている例文です。 依頼や提案を受けるときに便利なフレーズです。 お世話になっております。 日程調整の件、わざわざご連絡ありがとうございました。 調整が難しいとのこと、確かに承りました。 相手の断りを承諾する場合でも、まずはわざわざ連絡をしてくれたことに感謝の気持ちを伝えます。 その後に、承諾の意志を簡潔に伝えるといいでしょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 承諾メールのNG例としてもっとも多いのは、送る相手に合わせたフレーズを使えていないことです。 例えば「明日の会議の時間変更の件、了承いたしました」というメールを上司に送ることはできません。 また、同じように「先日のご依頼の件、了解いたしました」というフレーズも取引先の人に向けて送ると、失礼にあたります。 承諾メールでは、相手に合わせたフレーズを選ぶということが重要です。 まとめ 今回は、承諾の意志を伝えたいときに使えるビジネスメールのフレーズやポイントについてまとめてみました。 承諾の意志をメールで伝える場面は意外と多いもの。 メールを送信する相手に合ったフレーズを選ぶことがもっとも重要です。 特に、使用頻度の高い「承知いたしました」や「了解いたしました」「了承いたしました」は使い分けることができるようにしておきましょう。 あわせて、感謝の気持ちや前向きな気持ちを織り交ぜながら一緒に送ることができると、よりイメージのいいメールを作成することができます。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 キャリア・転職 「何を書けば良いか分からない」「失礼な文書になっていないか」と不安になりがちな、昇進などのお祝いメール。 今回は社内で昇進した上司へ送る、お祝いメールの基本と書き方のポイントを紹介します。 頻繁に送るメールではありませんが、いざ上司が昇進した時にスムーズにお祝いメールを送れるよう、社会人の方も、就職活動中の方も、ぜひ参考にしてみてください。 お祝いメール基本の構成とポイント まずは、お祝いメールの構成を理解しましょう。 基本的なお祝いメールは、下記で構成されています。 宛名 挨拶 お祝いの言葉 エピソードや実績 気遣いの言葉 結びの挨拶 冒頭は基本となる宛名と挨拶です。 ビジネスメールの基本となる部分です。 続いて、昇進に対するお祝いの言葉、相手とのエピソードと気遣いの言葉を簡潔に綴り、結びの挨拶へと続きます。 次の項目では、実際にメールを送る際の例文を紹介します。 例文・テンプレート <件名>ご昇進おめでとうございます。 〇〇様 お疲れ様です。 この度は、課長への昇進おめでとうございます。 私が入社したときから、〇〇さんには、目をかけていただき感謝しております。 いつも〇〇さんの背中を追いかけ、仕事に取り組んでおりました。 これからも、〇〇さんを目標とし、私自身、成長していきたいと思います。 これから、ますますお忙しくなると思いますが、 お身体を大切に一層の活躍を祈念いたします。 取り急ぎ、メールにてお祝い申しあげます。 本文中は「さん」でも問題ありません。 また部署が異なる場合は、相手の部署名も記載すると良いでしょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 昇進をお祝いするメールですので、自分自身の感謝の気持ちを素直に綴るようにしましょう。 しかし、あくまでビジネスメールですので、親しい上司に対しても、しっかりと敬語を使いメールを送りましょう。 フランクすぎるメールはNGです。 <件名>祝・昇進おめでとうございます! 〇〇さん お疲れ様です。 課長へ昇進したと聞きました。 おめでとうございます! 自分が入社した時から、面倒見ていただき感謝してます。 いつも〇〇さんの背中を追いかけてましたよ! これからも目標にします(笑) 今まで以上に忙しくなると思いますが、 身体には気を付けて!お互い頑張りましょう。 必ずメールを送る機会は訪れますので、ぜひ頭の中に入れておいていただければと思います。 正しいお祝いメールを送ることができれば、その後の上司との関係も良好なものになりそうですね。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー どんな仕事に就いていても、社内外で提案をする機会はあると思います。 しかし、いざ提案をメールでする際に、ビジネスメールに沿った書き方を遵守して作成しなければ、相手に受け入れてもらえる提案にはならず、最悪、信用を失いかねません。 そこで、ここでは「提案メールが苦手だ」、「書き方を知らない」という人のために提案メールについて解説していきます。 構成やポイントを守って作成するようにしましょう。 提案メール基本の構成とポイント 提案メールの目的は、提案した内容を受け入れてもらうことであり、そのためには現状の問題の指摘と提案によって期待できる効果・内容等を明確に示さなければなりません。 特に取引先への提案の場合は失礼のないように、誤認や不要な摩擦が生じないよう十分な注意のもと提案メールを送信しなければなりません。 提案メールの構成は、ビジネスメールのルールに則り以下のようになります。 「レスポンシブWebデザイン」とは、パソコンやタブレット端末、 スマートフォン等の各ウインドウサイズに合わせて自動的にWebサイトのデザインを最適化する技術でございます。 レスポンシブWebデザインではない従来のWebサイトでは、 最適に表示させるにはパソコンやスマートフォンの各デバイスごとにURLを設定してHTMLをデザインしなければならず、 設定をミスするとスマートフォン端末の画面上でパソコンサイズで表示される等の問題が起こりえます。 しかし、レスポンシブWebデザインにすると最適表示されるだけでなく、 共通のURLで対応できますのでSEO対策としても効果的でございます。 また各デバイスごとのデザインも変えることができ、 将来登場するデバイスにも対応可能でございます。 僭越ながら、レスポンシブWebデザインに関する資料と費用対効果表を添付させていただきますので、 お手すきの際にご高覧頂き、ご検討をいただけますと幸甚にございます。 先にあげた構成に則り記載してあります。 構成を守ることでわかりやすいメールの文面を作ることが可能です。 また、それぞれ簡潔に且つ数字などを交えて具体性を出した記載をしています。 こういった明確で根拠も読み取りやすい文面が提案の基本形といえるでしょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 提案メールにおいてのNG例も紹介していきます。 提案メールを書いた際には必ず読み直して確認し、失礼のないように細心の注意を心がけましょう。 相手にとっての判断材料を明記しない 取引の提案等では、相手に興味を持ってもらうと同時に、判断できる材料・情報を示さなければなりません。 誤字・脱字・あまりの長文 当たり前のことですが、誤字や脱字はあってはなりません。 特に先方の会社名や名前、商品名などに誤記があっては信用に関わります。 構成にしたがって丁寧に作成しましょう。 また、長文すぎるのは読む意欲を失わせます。 その場合は資料を添付するなどの対応で、提案メール自体は簡潔・的確な内容に心がけましょう。 まとめ 提案メールは相手に失礼がないことを前提として、提案によって期待できる効果を的確に伝えなければなりません。 そのためには、構成やポイントを押さえて読みやすく伝わりやすい下地も必要です。 しっかりとした前提知識と準備をして、提案メールを作成しましょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー ビジネスにおいて様々コミュニケーションツールを用いて連絡することが当たり前になった今日。 そんな中、メールを使ったコミュニケーションを取ることが中心になり、特に「依頼」をメールで行う機会は以外に多いものです。 社内の人間に送る業務に関するもの、クライアントに送るものまで依頼メールの内容はさまざま。 今回は依頼メールの構成やポイント、例文を紹介していきます。 目次 依頼メール基本の構成とポイント 例文・テンプレート 書き方のNG例 依頼メール基本の構成とポイント ビジネスで依頼メールを送る時は、様々なシチュエーションが想定でき、それぞれ送り手と受け手で立場が異なります。 例えば、社外のクライアントや外部講師の依頼や社内の業務依頼などがあります。 この場合は送る側が「お願い」をする立場ですので、細心の注意を払った依頼メールを送る必要があります。 一方、メールを送る側がクライアントやお客様の立場となるような、見積もりや資料請求の依頼をする場合があります。 こちらがお客になってお金を払うのだからと、傲慢な態度や言葉づかいに配慮のないメールを送ることは避けましょう。 どちらがお客様であっても、大切なビジネスパートナーであることを忘れずに、丁寧な言葉遣いや態度を心がけましょう。 構成とポイント 依頼の理由をはっきり伝える 依頼理由や趣旨が不明瞭な依頼メールは、受け取る側を不審に思わせてしまう可能性があります。 依頼内容を明確にする 例えば、外部講師に講演依頼メールを送る場合、ただ「講演をお願いします」というような漠然とした内容にならないよう気をつけましょう。 講演を行う場所や日程、対象者や主催者についてはもちろんのこと、謝礼などの条件提示も不可欠です。 見積もりや資料請求に関しても、詳細をしっかりと伝えるようにしましょう。 誠実さと心遣いをもってメールを作成する 伝えたい内容を事務的に並べただけのメールであっても、相手に依頼内容は伝わります。 しかし、「お手数をおかけして恐縮ですが」「お手すきの時で結構です」など、相手に配慮した一言を添えるだけで丁寧な印象になります。 突然のメール、失礼いたします。 さて、このたびは弊社主催の研修セミナーにて、 山本先生にぜひご講演をお願いしたく、 ご連絡させていただきました。 先生が現代のアジア経済について書かれておられる ホームページは社内でも話題となっております。 先生のお話は、わが社の社員にとって 貴重なものになると確信しております。 ご多用中のところ誠に恐縮ですが、 下記のようなテ-マおよび条件にて ご講演をお願いできればと考えております。 ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 相手の協力を仰ぐ立場であるにも関わらず、依頼する側の都合で回答を急かすような内容のメールは受け取る側に不快感を与えます。 「お手間をかけて申し訳ない」という態度を示し、どうしても回答に期限を設けたい場合は、その理由を丁寧に説明しましょう。 「以前伺わせていただいた先生の講演内容には感心しました。 」「なかなかですね。 」 依頼する相手を褒めているつもりで、上から目線な表現になっていないか注意しましょう。 上記の内容を「講演内容には感激しました」「素晴らしいですね」と言い換えるだけで、相手に喜んでもらえる表現になります。 まとめ 依頼メールの構成とポイントを紹介してきました。 メールを受け取る側と自分の立場を考え、答えやすい言い回しと誠実さが感じられる文面を心がけましょう。 メールを送るだけで安心するのではなく、電話や事後のフォローを行うことも欠かせません。 様々な場面を想定して、基本のフォーマットを抑えながら受け手に配慮したメールが書けると良いですね。 また、IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 キャリア・転職 ケガや病気、災害や事故など、相手を励ます気持ちを込めてお見舞いのメールを送るときがあります。 ビジネスシーンにおいては、送る相手が上司や目上の方の場合、失礼がないようにマナーに気をつけてメールを作成することが大切。 ここではビジネスメールの書き方として、お見舞いメールについて紹介していきます。 お見舞いメール基本の構成とポイント ビジネスメールの場合、時候の挨拶などの前文をつけるのが一般的ですが、お見舞いメールの場合は省略します。 余裕のある態度でメールを送っていると感じさせないように、すぐに本題に入るのがポイントです。 本題としては、「相手を思いやる気持ち」や「援助を申し出る」、「相手の立場を理解し、励ましの言葉を述べる」といったことをベースに、相手のことを考えた内容の文章を作成しましょう。 例文・テンプレート お見舞いメールの例として、病気で入院している上司へ向けたメールの例文(本文のみ)を紹介します。 日ごろよりご多忙でいらっしゃったので、 無理をなさっていたのではないかと心配しております。 その後、お加減はいかがでしょうか。 お仕事が気にかかることとは存じますが、 ここしばらくは健康回復につとめられ、 一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。 尚、ご返信はお気遣いないようお願いいたします。 近いうちに病院へお伺いしたく存じますが、取り急ぎメールにてお見舞い申し上げます。 特に仕事上の付き合いであるため、業務が問題ないことや返信が不要なことを記載して、相手に配慮した形式を心がけましょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 お見舞いメールの内容としてふさわしくないNG例を紹介します。 病状にふれる内容 病状や病名には必要以上にふれないようにしましょう。 病状が悪いほど人には言いたくないものです。 相手の気持ちを汲んだ内容にすることが大切です。 追伸は使わない 追伸は重なるイメージがあるため、お見舞いメールとしてはふさわしくありません。 同じように、「ますます」や「いろいろ」、「たびたび」や「次々」など繰り返す言葉も避けましょう。 まとめ 病気やケガなどはいつ起きるか予想することはできません。 いつでも対応できるようにお見舞いメールの書き方を覚えておくとよいでしょう。 ビジネス上の付き合いがある相手には、仕事のことは心配しなくて済むようなひと言を添えるなど、相手の気持ちに寄り添った内容にするとよいでしょう。 弱っている相手にとって、お見舞いメールは自分を気遣ってくれているという気持ちが伝わり、嬉しくもあり、前向きな気持ちになれるきっかけになります。 マナーを守って正しく相手に気持ちが伝わるようなメールを送ることが大切です。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー.

次の