助演 男優 賞。 ナイナイ岡村、優秀助演男優賞で「日本アカデミー賞にまさかの忖度?」指摘!

岡村隆史、アカデミー賞優秀助演男優賞に喜びの声 スピーチで“リベンジ”誓う

助演 男優 賞

第43回日本アカデミー賞15部門の各優秀賞が15日、都内で発表され、優秀助演男優賞は綾野剛(37)、伊勢谷友介(43)、柄本佑(33)、岡村隆史(49)、佐々木蔵之介(51)、吉沢亮(25)の5人に決まった。 吉沢は日本アカデミー賞では初受賞となる。 また、優秀助演女優賞は天海祐希(52)、小松菜奈(23)、高畑充希(25)、長澤まさみ(32)、二階堂ふみ(25)の5人。 小松と高畑の受賞も初めて。 優秀助演女優賞は天海祐希、小松菜奈、高畑充希、長澤まさみ、二階堂ふみの5人。 優秀主演男優賞は笑福亭鶴瓶、菅田将暉、中井貴一、松坂桃李、GACKTの5人に決まった。 優秀主演女優賞はシム・ウンギョン、二階堂ふみ、松岡茉優、宮沢りえ、吉永小百合の5人。 優秀作品賞は「キングダム」「新聞記者」「翔んで埼玉」「閉鎖病棟-それぞれの朝-」「蜜蜂と遠雷」の5本に決まった。 優秀アニメーション作品賞は「空の青さを知る人よ」「天気の子」「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」「ルパン三世 THE FIRST」「ONE PIECE STAMPEDE」の5本。 各最優秀賞の発表と授賞式は3月6日午後4時からグランドプリンスホテル新高輪で行われる。 フリーの羽鳥慎一アナウンサー(48)と女優の安藤サクラ(33)が司会を務める。 日本テレビ時代にインタビュアーとして関わった羽鳥アナの司会は初めて。 「最近は俳優さんもバラエティー番組に、たくさんお出になられて気さくな人柄が伝わってくる。 以前(私が日テレ時代にインタビューした頃の俳優さん)は口数も少なくあまりお話をされない時で正直大変でした」と振り返った。

次の

Creepy Nuts 助演男優賞 歌詞&動画視聴

助演 男優 賞

お笑いコンビ・のが、16日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に生出演。 2019年の1年間に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する『第43回日本アカデミー賞』において、『決算!忠臣蔵』で優秀助演男優賞にノミネートされたことを受けて、喜びの声を寄せた。 番組冒頭で「知らなかったんですよ、こんなことなっているって。 何をおめでとうございますって騒いでいると思ったらなー。 ごめんね。 先にみんなの方が知っていたのかな。 スマホに連絡が来ていると思ったら、アカデミー賞、優秀助演男優賞、なんか取っていたみたい」とコメント。 ファンファーレが鳴る中「なんかね、ちょっとホンマに知らず知らずのうちにこんなことなっていて。 みなさんには(リスナー投票ができる)話題賞の方に呼びかけていたんですけど、アカデミー会員の方が先に投票していたみたい」 続けて「また、そうそうたるメンバーで。 綾野剛さん、伊勢谷友介さん、佐々木蔵之介さん、吉沢亮さん、柄本佑さん、そして岡村隆史さん。 たぶん、だからその日ズラッと並ぶんやろうね。 この中からひとり、最優秀助演男優賞がもらえるらしいけど、この時点で取っているからね。 最優秀じゃないけど。 今、吉本の方にオファー殺到しているんやないかな。 霜降り明星が『M-1』取った時みたいに」とうれしい悲鳴を上げた。 さらなる野望があるようで「2冠狙っているから。 言うても話題賞も取るから。 2回まったく同じスピーチするから、現場は騒然となるよ」とまさかの構想を披露。 「失笑を買ったスピーチ(『甚だ簡単ではございますが、うれしいお言葉とさせていただきます』)を2度と流されないように、受賞の時に決めたい。 これを上塗りしますから」と意気込みながら、昨年12月にORICON NEWSが密着取材に訪れていたことにも触れ「オリコンさん、なにしているんですか、こういう時こそ取材に来てくれないとアカンし。 こういう時こそ、ちゃんと僕にインタビュー取ってほしいんですけど、誰も来ない」と嘆いていた。

次の

CreepyNuts(クリーピーナッツ)「助演男優賞」助男ダンスが熱い!

助演 男優 賞

年 受賞者 ノミネート 2019 <ミュージカル部門> アンドレ・デ・シールズ 「ハデスタウン」• アンディ・グロテルーション 「トッツィー」• パトリック・ペイジ 「ハデスタウン」• ジェレミー・ポープ 「エイント・トゥー・プラウド」• イフライム・サイクス 「エイント・トゥー・プラウド」 <演劇部門> バーティ・カーヴェル 「インク」• ブランドン・ウラノヴィッツ 「BURN THIS 焼却処分」• ベンジャミン・ウォーカー 「オールマイソン」• ロビン・デ・ヘスース 「真夜中のパーティー」• ギデオン・グリック 「アラバマ物語」 2018 <ミュージカル部門> アリエル・スタチェル「迷子の警察音楽隊」• ノーバート・レオ・バッツ「マイ・フェア・レディ」• アレクサンダー・ジェミニャニ「回転木馬」• グレイ・ヘンソン「ミーン・ガールズ」• ギャビン・リー「スポンジボブ」 <演劇部門> ネイサン・レイン「エンジェルス・イン・アメリカ」• アンソニー・ボイル「ハリー・ポッターと呪いの子」• マイケル・セラ「ロビー・ヘロ」• ブライアン・タイリー・ヘンリー「ロビー・ヘロ」• デヴィッド・モース「氷人来たる」 2017 <ミュージカル部門> ギャヴィン・クリール「ハロー・ドーリー!」• マイケル・ファイスト「ディア・エヴァン・ハンセン」• アンドリュー・ラネルズ 「ファルセットズ」• ルーカス・スティール「ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」• ブランドン・ウラノヴィッツ「ファルセットズ」 <演劇部門> マイケル・アロノフ「オスロ」• ダニー・デヴィート「代価」• ネイサン・レイン「フロント・ページ」• リチャード・トーマス「子狐たち」• ジョン・ダグラス・トンプソン「ジトニー」 2016 <ミュージカル部門> ダヴィード・ディグス「ハミルトン」• ブランドン・ヴィクター・ディクソン「シャッフル・アロング」• クリストファー・フィッツジェラルド「ウェイトレス」• ジョナサン・グロフ「ハミルトン」• クリストファー・ジャクソン「ハミルトン」 <演劇部門> リード・バーニー「ザ・ヒューマンズ」• ビル・キャンプ「るつぼ」• デヴィッド・ファー「ノイゼズ・オフ」• リチャード・ゴールディング「チャールズ3世」• マイケル・シャノン「夜への長い旅路」 2015 <ミュージカル部門> クリスチャン・ボール「サムシング・ロッテン!」• アンディ・カール「20世紀号に乗って」• ブラッド・オスカー「サムシング・ロッテン!」• ブランドン・ウラノウィッツ「巴里のアメリカ人」• マックス・ヴォン・エッセン「巴里のアメリカ人」 <演劇部門> リチャード・マッケイブ「ザ・オーディエンス」• マシュー・バード「スカイライト」• K・トッド・フリーマン「エアライン・ハイウェイ」• アレッサンドロ・ニヴォラ「エレファントマン」• ナサニエル・パーカー「ウルフ・ホール」• ミカ・ストック「イッツ・オンリー・ア・プレイ」 2014 <ミュージカル部門> ジェームズ・モンロー・アイグルハート「アラジン」• ダニー・バースタイン「キャバレー」• ニック・コルデロ「ブロードウェイと銃弾」• ジョシュア・ヘンリー「バイオレット」• ジャロッド・スペクター「ビューティフル - ザ・キャロル・キング・ミュージカル」 <演劇部門> マーク・ライランス「十二夜」• リード・バーニー「カーサ・ヴァレンティーナ」• ポール・チャヒーディ「十二夜」• スティーヴン・フライ「十二夜」• ブライアン・J・スミス「ガラスの動物園」 2013 <ミュージカル部門> ガブリエル・エバート「マチルダ・ザ・ミュージカル」• シャール・ブラウン「モータウン: ザ・ミュージカル」• キース・キャラダイン「ハンズ・オン・ア・ハードボディ」• ウィル・チェイス「ドウィン・ドルードの謎」• テレンス・マン「ピピン」 <演劇部門> コートニー・B・ヴァンス「ラッキー・ガイ」• ダニー・バースタイン「ゴールデン・ボーイ」• リチャード・カインド「ザ・ビッグ・ナイフ」• ビリー・マグヌッセン「ヴァーニャ・アンド・ソニア・アンド・マーシャ・アンド・スパイク」• トニー・シャルーブ「ゴールデン・ボーイ」 2012 <ミュージカル部門> マイケル・マクグラス「ナイス・ワーク・イフ・ユー・キャン・ゲット・イット」• フィリップ・ボイキン「ガーシュウィンの『ポーギーとベス』」• マイケル・サーヴェリス「エビータ」• デイヴィッド・アラン・グリア「ガーシュウィンの『ポーギーとベス』」• マイケル・カンプスティ「虹の彼方に」• トム・エデン「一人の男と二人の主人」• アンドリュー・ガーフィールド「セールスマンの死」• ジェレミー・シェイモス「クライボーン・パーク」 2011 <ミュージカル部門> ジョン・ラロクエット「ハウ・トゥー・サクシード」• アダム・ゴドリー「エニシング・ゴーズ」• フォレスト・マクレンドン「ザ・スコッツボロ・ボーイズ」• ローリー・オマリー「ザ・ブック・オブ・モルモン」 <演劇部門> ニッキー・M・ジェームズ「ザ・ブック・オブ・モルモン」• ローラ・ベナンティ「神経衰弱ぎりぎりの女たち」• タミー・ブランチャード「ハウ・トゥー・サクシード」• ヴィクトリア・クラーク「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」• パティ・ルポーン「神経衰弱ぎりぎりの女たち」 2010 <ミュージカル部門> リーヴァイ・クライス「ミリオンダラー・カルテット」• ケヴィン・チェンバーリン「アダムス・ファミリー」• ロビン・デ・ヘスース「ラ・カージュ・オ・フォール」• クリストファー・フィッツジェラルド「フィニアンの虹」• ボビー・ステガート「ラグタイム」 <演劇部門> エディ・レッドメイン「レッド」• デヴィッド・アラン・グリア「レース」• スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン「フェンス」• ジョン・マイケル・ヒル「シュペリオール・ドーナツ」• スティーヴン・カンケン「エンロン」 年 受賞者 ノミネート 2009 <ミュージカル部門> グレゴリー・ジェバラ「リトル・ダンサー」• デヴィッド・ボローニャ「リトル・ダンサー」• マーク・クディッシュ「9時から5時」• クリストファー・シーバー「「シュレック」• ウィル・スウェンソン「ヘアー」 <演劇部門> ロジャー・ロビンソン「ジョー・ターナーズ・カム・アンド・ゴーン」• ジョン・グローヴァー「ゴドーを待ちながら」• ザック・グルニエ「33 ヴァリエーションズ」• スティーヴン・マンガン「ノーマン・コンクエスツ」• ポール・リッター「ノーマン・コンクエスツ」 2008 <ミュージカル部門> ボイド・ゲインズ「ジプシー」• ダニエル・ブレイカー「パッシング・ストレンジ」• ダニー・バースティン「南太平洋」• ロビン・デ・ヘスース「イン・ザ・ハイツ」• クリストファー・フィッツジェラルド「ヤング・フランケンシュタイン」 <演劇部門> ジム・ノートン「海をゆく者」• ボビー・カナヴェイル「モーリシャス」• ラウル・エスパルザ「帰郷」• コンレス・ヒル「海をゆく者」• デヴィッド・ピトゥ「イズ・ヒー・デッド?」 2007 <ミュージカル部門> ジョン・ギャラガー・ジュニア「春の目覚め」• ブルックス・アシュマンスカス「マーティン・ショート:フェイム・ビカムズ・ミー」• クリスチャン・ボール「キューティ・ブロンド」• ジョン・カラム「110イン・ザ・シェイド」• デヴィッド・ピトウ「ラヴムジーク」 <演劇部門> ビリー・クルーダップ「コースト・オブ・ユートピア」• アンソニー・チゾルム「ラジオ・ゴルフ」• イーサン・ホークス「コースト・オブ・ユートピア」• ジョン・アール・ジェルクス「ラジオ・ゴルフ」• スターク・サンズ「旅路の終わり」 2006 <ミュージカル部門> クリスチャン・ホーフ「ジャージー・ボーイズ」• ダニー・バースタイン「ドロウジー・チャペロン」• ジム・デイル「三文オペラ」• ランドン・ヴィクター・ディクソン「カラー・パープル」• マノエル・フェルシアーノ「スウィニー・トッド」 <演劇部門> イアン・マクダーミド「フェイス・ヒーラー」• サミュエル・バーネット「ヒストリー・ボーイズ」• ドムナル・グリーソン「ウィー・トーマス」• マーク・ラファロ「目覚めて歌え!」• パブロ・シュライバー「目覚めて歌え!」 2005 <ミュージカル部門> ダン・フォグラー「スペリング・ビー」• マーク・クディスチ「チキ・チキ・バン・バン」• マイケル・マグラス「モンティ・パイソンのスパマロット」• マシュー・モリソン「ザ・ライト・イン・ザ・ピアッツァ」• クリストファー・シーバー「モンティ・パイソンのスパマロット」 <演劇部門> リーヴ・シュレイバー「グレンギャリー・グレン・ロス」• アラン・アルダ「グレンギャリー・グレン・ロス」• ゴードン・クラップ「グレンギャリー・グレン・ロス」• デヴィッド・ハーバー「ヴァージニア・ウルフなんてこわくない?」• トム・オルドレッジ「20世紀号に乗って」• ベン・チャップリン「モスクワからの退却」• エイダン・ギレン「管理人」• オマー・メトウォーリー「負傷者16人」 <演劇部門> ブリアン・F・オバーン「フローズン」• トム・オルドレッジ「20世紀号に乗って」• ベン・チャップリン「モスクワからの退却」• エイダン・ギレン「管理人」• オマー・メトウォーリー「負傷者16人」 2003 <ミュージカル部門> ディック・ラテッサ「ヘアスプレー」• マイケル・キャバノー「ムービンアウト」• ジョン・ドセット「ジプシー」• コリー・レイノルズ「ヘアスプレー」 <演劇部門> デニス・オヘア「テイク・ミー・アウト」• トーマス・ジェファーソン・バード「マ・レイニーのブラック・ボトム」• フィリップ・シーモア・ホフマン「夜への長い旅路」• ロバート・ショーン・レナード「夜への長い旅路」• ダニエル・サンジャタ「テイク・ミー・アウト」 2002 <ミュージカル部門> シュラー・ヘンズリー「オクラホマ」• グレッグ・エデルマン「イントゥ・ザ・ウッズ」• マーク・クディスチ「モダン・ミリー」• ノーバート・レオ・ブッツ「ザウ・シャルト・ノット」 <演劇部門> フランク・ランジェラ「フォーチュンズ・フール」• ブライアン・マレー「るつぼ」• ビフ・マクガイル「姉妹たちの庭で」• サム・ロバーズ「すべての幸運をつかんだ男」• スティーヴン・トボロウスキー「姉妹たちの庭で」 2001 <ミュージカル部門> ゲイリー・ビーチ「ザ・プロデューサーズ」• ロジャー・バート「ザ・プロデューサーズ」• ジョン・エリソン・コンリー「フル・モンティ」• アンドレ・デシールズ「フル・モンティ」• ブラッド・オスカー「ザ・プロデューサーズ」 <演劇部門> ロバート・ショーン・レナード「愛の創造」• チャールズ・ブラウン「キング・ヘドレー2世」• ラリー・ブリッグマン「プルーフ」• マイケル・ヘイデン「ニュールンベルグ裁判」• ベン・シェンクマン「プルーフ」 2000 <ミュージカル部門> ボイド・ゲインズ「コンタクト」• マイケル・ベレッセ「キス・ミー、ケイト」• マイケル・ムルヘレン「キス・ミー、ケイト」• ステーブン・スピネラ「ジェームズ・ジョイスのザ・デッ ド」• リー・ウィルコフ「キス・ミー、ケイト」 <演劇部門> ロイ・ドットリス「日陰者に照る月」• ケビン・チェインバーリン「ダーティ・ブロンド」• ダニエル・デービス「ロング・マウンテン」• デレック・スミス「グリーン・バード」• ボブ・スティルマン「ダーティ・ブロンド」 年 受賞者 ノミネート 1999 <ミュージカル部門> ロジャー・バート「君はいい人 チャーリー・ブラウン」• デズモンド・リチャードソン「フォッシー」• ロン・テイラー「イット・エイント・ナッシン・バット・ザ・ブルース」• スコット・ワイズ「フォッシー」 <演劇部門> フランク・ウッド「サイドマン」• ケビン・アンダーソン「セールスマンの死」• フィンバー・リンチ「ノット・アバウト・ナイチンゲール」• ハワード・ウィット「セールスマンの死」 1998 <ミュージカル部門> ロン・リフキン「キャバレー」• グレッグ・エデルマン「1776」• ジョン・マクマーティン「上流社会」• サミュエル・E・ライト「ライオン・キング」 <演劇部門> トム・マーフィー「ビューティー・クイーン・オブ・リーナン」• ブライアン・F・オバーン「ビューティー・クイーン・オブ・リーナン」• サム・トランメル「噫、初恋」• マックス・ライト「イワノフ」 1997 <ミュージカル部門> チャック・クーパー「ザ・ライフ」• ジョエル・ブラム「スティール・ピア」• アンドレ・デ・シールズ「プレイ・オン!」• サム・ハリス「ザ・ライフ」 <演劇部門> オーウェン・ティール「人形の家」• テリー・ビーバー「バリフー最後の夜」• ウィリアム・ビフ・マクガイア「アトランタから来た若い男」• ブライアン・マレー「子狐たち」 1996 <ミュージカル部門> ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア「レント」• ルイス・J・シュタードレン「ローマで起こった奇妙な出来事」• ブレット・タビセル「ビッグ ザ・ミュージカル」• スコット・ワイズ「ステート・フェア」 <演劇部門> ルーベン・サンティアゴ・ハドソン「セヴン・ギターズ」• ジェームズ・ガモン「ベリード・ チャイルド」• ロジャー・ロビンソン「セヴン・ギターズ」• レジ・ロジャーズ「ホリデー」 1995 <ミュージカル部門> ジョージ・ハーン「サンセット大通り」• ミシェル・ベル「ショウ・ボート」• ジョエル・ブルーム「ショウ・ボート」• ビクター・トレント・クック「スモーキー・ジョーズ・カフェ」 <演劇部門> ジョン・グローバー「愛!勇気!思いやり!」• スティーブン・ボガーダス「愛!勇気!思いやり!」• アンソニー・ヒールド「愛!勇気!思いやり!」• ジュード・ロー「インディスクレーション」 1994 <ミュージカル部門> ジャロッド・エミック「くたばれ!ヤンキース」• トム・アルドリッジ「パッション」• ゲイリー・ビーチ「美女と野獣」• ジョナサン・フリーマン「シー・ラヴズ・ミー」 <演劇部門> ジェフリー・ライト「エンジェルス・イン・アメリカ」• ラリー・ブリッグマン「ピクニック」• デイヴィッド・マーシャル・グラント「エンジェルス・イン・アメリカ」• グレゴリー・イッツェン「ケンタッキー・サイクル」 1993 <ミュージカル部門> アンソニー・クリヴェロ「蜘蛛女のキス」• マイケル・セルヴェリス「フーズ・トミー」• グレッグ・エデルマン「アンナ・カレーニナ」• ポール・カンデル「フーズ・トミー」 <演劇部門> スティーヴン・スピネラ「エンジェルス・イン・アメリカ」• ロバート・ショーン・レナード「カンディダ」• ジョー・マンテロ「エンジェルス・イン・アメリカ」• ゼイクス・モカエ「ソング・オブ・ジェイコブ・ズール」 1992 <ミュージカル部門> スコット・ウーラ「ザ・モスト・ハッピー・フェロー」• ブルース・アドラー「クレイジー・フォー・ユー」• キース・デイビッド「ジェリーズ・ラスト・ジャム」• ジョナサン・キャプラン「ファルセット」 <演劇部門> ローレンス・フィッシュバーン「トゥー・トレインズ・ランニング」• ロスコー・リー・ブラウン「トゥー・トレインズ・ランニング」• ジェリコ・イヴァネク「トゥー・シェイクスピアン・アクターズ」• トニー・シャルーブ「父親との会話」 1991 <ミュージカル部門> ヒントン・バトル「ミス・サイゴン」• ブルース・アドラー「悲しき天使」• グレッグ・バージ「オゥ、ケイ!」• ウィリー・フォーク「ミス・サイゴン」 <演劇部門> ケヴィン・スペイシー「ロスト・イン・ヨンカーズ」• アダム・アーキン「くたばれハムレット」• ディラン・ベイカー「ラ・ベット」• スティーヴン・ラング「スピード・オブ・ダークネス」 1990 <ミュージカル部門> マイケル・ジェッター「グランドホテル」• レネ・オーベルジョノワー「シティ・オブ・エンジェル」• ケビン・コルソン「アスペクツ・オブ・ラブ」• ジョナサン・ハダリー「ジプシー」 <演劇部門> チャールズ・ダーニング「熱いトタン屋根の猫」• ロッキー・キャロル「ピアノ・レッスン」• テリー・キニー「怒りの葡萄」• ゲイリー・シニーズ「怒りの葡萄」.

次の