金田 正 一 成績。 金田正一は韓国人?子供や妻は?当時の成績をwiki風に報告【徹子の部屋】

金田正一氏 自身とダルビッシュ有の比較に憤慨「それは無礼だよ」

金田 正 一 成績

400勝投手の金田正一氏(84)が15日、都内で行われた野球殿堂入りの通知式に出席し、元巨人監督・原辰徳氏のゲストスピーチとして登壇した。 65年から巨人で5年間プレー。 後輩の晴れの舞台への出席にあたり、20年前のスーツを引っ張り出したという。 原氏がエスコートする形で登壇した金田氏は冒頭、「長嶋でございます」とあいさつ。 原氏の人柄が気に入っているという金田氏。 「たっちゃん(原氏)と私は長い付き合い。 感無量です。 大好きな後輩。 何が素晴らしいって、人は変わってはいけない。 誠心誠意というものをなくしてはいけない。 先輩を大事にする。 私のプロ野球の後輩でこれほどの人はいない、ということを強く申し上げます」と語り、原氏とがっちり握手した。

次の

金田正一氏 自身とダルビッシュ有の比較に憤慨「それは無礼だよ」

金田 正 一 成績

堤幸彥早年以拍攝《金田一少年之事件簿》電視劇成名,電視作品還有《在世界中心呼喚愛》等,亦有電影作品如《二十世紀少年》、《BECK》等。 代表作還有由千禧年開始拍足十四年的《圈套》(或譯作:《Trick》)、改編小說的《在世界中心呼喚愛》和《二十世紀少年》連續三章。 他的電視作品是收視保證,憑着他對電視的成熟操作,從電視搬上大熒幕的電影無不賣過滿堂紅。 「我老了,行家都說電視劇要年輕人拍,需要體能,不要給長者拍呀。 事實真是這樣的。 想死 《12個想死的孩子》改編自沖方丁的小說,十二名少年相約「集體自殺」,最後竟多了「一人」!懸疑的羣戲是堤幸彥的拿手戲,堤幸彥不再是玩弄懸疑,是問:一個年輕人為何尋死? 《12個想死的孩子》講述十二名少年打算在荒廢醫院「集體自殺」,到達後竟發現一具屍體。 「我已經六十三歲,對於一個導演的生涯,還有很長的路。 死是什麼呢?我經常想。 」關於死,堤幸彥不避談,反而感到有趣。 《12個想死的孩子》更被日本政府選為推薦電影,厚生省甚至用電影製作宣傳句子:「想死,至少找個人說出口。 」記者問堤幸彥這是《12個想死的孩子》想表達的信息嗎?堤幸彥望着日本的工作人員,相望而笑:「不是,年輕人總有一刻是『呀~去到盡頭了』,那一刻有想死的念頭,這個我能理解的。 」 電視遊戲 二十歲出頭的堤幸彥,披着長髮參與社運,拿起結他唱他的搖滾音樂,在父母眼中是一名賺不到錢的不良少年。 「父母期待在社會做一個穩定的上班族,買房子,這就是好人生。 我不是這樣想,可是我無才能,又不甘心做苦工。 前路茫茫,前面只有死路。 」廿一歲之前,堤幸彥從沒有想過做影像的工作,那時遇上現今AKB48的創辦人秋元康。 秋元康帶他入行,堤幸彥有了工作,暫時放棄尋死的念頭。 堤幸彥在拍攝上提不起勁,只當電視劇是一份工作。 「我不明白為何秋元康他們這樣愉快,環顧拍攝現場,只有我不開心!」跟着電視劇的製作「遊戲」,到《金田一》,堤幸彥在收視中取得空前的成功,他說當時製作部的高層不知是激勵還是施壓,高層向他說:「你要為收視而拍,來吧,拍一齣比《金田一》更高收視的電視劇。 」同時間,《金田一》的電影一直在開拍,堤幸彥在電視的收視「遊戲」中迷失。 別人眼中的電視收視保證大導,對他來說,電視劇是一場充滿計算的「遊戲」。 「電視劇是一場用腦的遊戲,晚上9時到10時中間有什麼的節目,有什麼廣告。 有很多東西要考慮。 電影不是這樣,是令人有印象的電影,講求的是拍攝手法。 」 《金田一》之後的迷失,令堤幸彥在創作上有強烈的負重感,「我好像失去了自己的世界觀,直至我決定拍《ケイゾク》。 」1999年電視劇《ケイゾク》用黑色風格包裝神探,贏盡口碑,打破陽光刑事的傳統。 堤幸彥在電視劇自導自演,他拍得十分過癮。 完成後,堤幸彥沒有太在意收視,「我自由了,我終於在拍攝尋找到快樂。 」當時正值四十歲創作高峰,堤幸彥坦言那時向自己承諾「是時候認真拍攝了。 」 代溝 前作改編東野圭吾的《人魚の眠る家》談生死,今次《12個想死的孩子》同樣探討生死。 相約集體自殺的年輕人各有原因,互相猜忌,堤幸彥放手給年輕人去感受角色。 他認為作為一個創作者,必須坦誠,「我說我了解年輕人的想法,這是騙人的。 我也年輕過。 絕望的感受我嘗試過,但畢竟時代背景不同了。 」 在廿五天的拍攝日子當中,完成一百四十頁的劇本,堤幸彥利用五個鏡頭捕捉演員的表情。 先試拍二十頁劇情,再給演員看playback,讓他們思考這樣的「力量」夠不夠。 檢討後再開機,一切都變得順暢。

次の

国民栄誉賞、金田、野村、張本ももらえますか?

金田 正 一 成績

野村克也さんの選手評は、いつも冷静で的確で、なにより野球と選手への愛がにじみ出ていました。 心よりご冥福をお祈りします。 野村さんの著書(幻冬舎)では、教え子である田中将大、「難攻不落」と評するダルビッシュ有から、ライバルだった王貞治、長嶋茂雄ら昭和の名選手まで、名将ノムさんが嫉妬する38人の「怪物」を徹底分析しています。 * * * バッター最強の怪物が中西太さんなら、ピッチャーのそれは金田正一さんしかいない。 なにしろ、あの天才・長嶋がデビュー戦で4打席4三振をくらったピッチャーである。 別格だった。 でなければ、400勝などというとてつもない記録を打ち立てられるわけがない。 私とはリーグが違ったので、対戦したのはオールスターとオープン戦程度だったが、どうしても名前負けしてしまった。 「天皇」という異名をとったように、「地球は自分中心に回っている」と考えているタイプの典型で、マウンドでも堂々としているから、戦う前から呑まれていた。 オールスターのときは三振をとることしか興味がないから、ひとりでもバットに当てられたらもうやる気をなくしていたが、本気で投げたときのボールはすごかった。 球種はストレートとカーブだけで、ストレートはもちろん史上最速といえるほど速かったが、それ以上にカーブがすごかった。 当時の選手としては飛び抜けて背が高く、しかもオーバーハンドだから、まさしく2階から落ちてくる感じ。 途中まで高めのストレートだと思っていると、ガクンと落ちる。 だから、はじめて対戦するバッターは必ずお辞儀して見送るか、ワンバウンドを空振りしてベンチに帰ってきた。 いまはそういうカーブ、すなわちドロップを投げるピッチャーがいなくなった。 余談だが、昔、西鉄に西村貞朗というピッチャーがいて、この人のカーブもすごかった。 木塚忠助、蔭山和夫という当時の南海の1、2番コンビが、西村さんのカーブをよけようとするあまり、うしろにひっくり返ったのをネット裏から見たことがある。 ところが判定はストライク。 バッターの頭に当たる直前で、ググッと曲がり落ちたのである。 それを見たとき、「とても打てない」と思ったのを憶えている。 ネット裏から見て打てないと感じたのだから、相当なものだ。 事実、1955年に日米野球で来日し、15勝0敗1分と圧倒的な強さを見せたヤンキースの名将ケーシー・ステンゲル監督が「アメリカに連れて帰りたい」と語ったほどだった。 話を金田さんのカーブに戻せば、金田さんのカーブは、厳密にいえばボールだった。 バッターの前を通過するときは高めにはずれているのである。 ところがそこから鋭く落ちるから、キャッチャーミットに収まるときはストライクになっている。 審判がだまされてしまうのだ。 ベンチからはボールの軌道がよくわかるので、「高いよ、ボールだよ」と野次るのだが、キャッチャーはど真ん中で受けているので、審判は「いや、入っています」と言って聞かなかった。 のちにロッテに移籍したとき、金田さんと手の大きさを較べたことがある。 金田さんの指は、私より一関節ぶん長く、しかも太かった。 もしかしたら、あのカーブを生み出す秘密のひとつだったのかもしれない。 400勝の根底にあったハングリー精神 金田さんでもうひとつ思い出すのは食欲である。 まさしく怪物並みだった。 杉浦とともに誘われ、焼肉屋に行ったことがある。 それはもう、すごい食べっぷりだった。 私も大食漢として知られていて、スタンドからも「大飯食らいの野村」とよく野次られたものだが、その私でもとても敵わなかった。 練習量もケタ外れだった。 シーズンオフは徹底的に身体を休ませるが、キャンプに入ると人が変わったように身体をいじめる。 チームが課す練習は「生ぬるい」と言って、自分だけハードな別メニューを組んでいた。 若手選手をいつもふたりくらい連れていってトレーニングをするのだが、若手が「きつすぎる」と音を上げていたものだ。 身体のケアに対しても細心の注意を払っていた。 寝るときは左腕にサポーターをつけ、真夏でもクーラーは使わなかったし、ヒゲを剃るときも、カミソリでなく電気シェーバーを使っていたそうだ。 そこまでカネさんを駆り立てたものは何かといえば、やはりハングリー精神だろう。 家庭は裕福とはいえず、兄弟も多かったと聞く。 長男だったから、子どものころから弟たちの面倒を見てきたのだろう。 貧乏育ちの私もそうだったが、身を立てるにはプロ野球しかなかったのだと思う。 それで高校を中退してプロ入りした。 口癖のように言っていたのを憶えている。 「人生、金だ」 カネさんとは、監督と選手という関係だったことが1年間だけある。 私が南海の監督をクビになり、一選手としてロッテに移籍したときのことだ。 そのときの監督がカネさんだった。 とにかく、何かを教えている姿をほとんど見たことがない。 言うことはただひとつ、「走れ!」。 たしかに下半身の強化は、とくにピッチャーにとっては必要不可欠だ。 だからといって、それがチームの指揮を執る監督の言うことか。 優勝の可能性がなくなると、球場に来るのは試合がはじまってから。 しかもしばしばゴルフ場から直行する始末で、勉強になることは何ひとつなかった。 ピッチャーとしては別格だったが、監督としては失礼ながら失格だったと私は思っている。 * * * この続きは、(幻冬舎)で。 全国の書店で好評発売中です。 野村克也『プロ野球怪物伝 大谷翔平、田中将大から王・長嶋ら昭和の名選手まで』• 攻略法のなかった松井、 史上最高の右バッター落合、 本格派と技巧派、変幻自在のダルビッシュ…… 私が嫉妬する、38人の"常識はずれ"な男たち。 54年、京都府立峰山高校卒業。 南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)にテスト生として入団。 首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、MVP5回、ベストナイン19回、ダイヤモンドグラブ賞1回などの成績を残す。 65年には戦後初の三冠王(史上2人目)にも輝いた。 70年、捕手兼任で監督に就任。 73年のパ・リーグ優勝に導く。 その後ロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)、西武ライオンズでプレーし、80年、45歳で現役引退。 89年、野球殿堂入り。 通算成績は3017試合、2901安打、657本塁打、1988打点、打率. 277。 指導者として、90~98年、ヤクルトスワローズ監督、リーグ優勝4回、日本一3回。 99~2001年、阪神タイガース監督。 06~09年、東北楽天ゴールデンイーグルス監督。 現在は野球評論家。 『野村のイチロー論』『プロ野球怪物伝』(幻冬舎)など著書多数。

次の