引越し料金 相場。 4月の引越し料金相場は高い?安くなる日・高くなる日を確認しよう

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引越し料金 相場

引越しの準備をする上でやはり気になるのが見積もり費用に関することだと思います。 実際にも下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないかと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお伝えします。 一点、本題に行く前にとても重要なことをお伝えさせてください。 「引越しは必ず正しい方法で引越し見積りを行ってください」 何をいきなり言っているんだと思う方も多いと思いますが、理由はいたってシンプルで誤った依頼方法をしてしまうと 「引越しの費用がとても高くなるから」です。 こちらの記事では「引越しの見積り」に関する全てのことをお伝えすると共に、「正しい引越し見積りの方法」もお伝えしますので是非参考にしてみてください。 見積り方法によって引越し費用は半額以下に 本題と少しずれていますが、大変重要なことを最初にお伝えさせてください。 引越しをする場合に 必ず必要になるのが見積り依頼になります。 ただこの見積り依頼、正しい方法で行うと下記の口コミのように費用が2倍以上安くなります。 😨 引越業者はいくつか比較をすると安くなるイメージです。 以前一人暮し近所での引越でしたが、6万の見積が他者さんで3万になりました。 — さおりん saly77 逆に 間違った方法だと知らずのうちに高額な費用を支払うことになります。 では正しい見積り依頼方法とはどのようなものなのでしょうか? いきなり結論をお伝えしますが、 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません。 必ず見積りサイトを使いましょう。 」 理由はいたってシンプルで、 費用が格段に安くなるからです。 驚きかも知れませんが、実は引越し費用の全てが引越業者の言い値で決まっています。 そんな引越し費用を安くするためには、引越業者との比較・交渉が必要です。 比較・交渉には、必ず その他の引越業者の安い見積もりが必要になります。 安い見積もりがあれば「サカイさんの見積もりは5万円ですけど、アートさんは4万円にできませんか?」と交渉することができるのです。 ちなみに安い見積りを取るための方法は2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。 引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお... では本題である引越し費用に関する内容を下記にお伝えします。 引越し見積もり費用の平均相場はいくら? こちらでは引越費用の平均相場を紹介します。 是非参考にしていただき、あなたが実際にもらった見積りの目安にしていただければと思います。 引越し見積もり費用の確認方法 まず引越し費用の相場と言っても、それぞれに置かれている状況によって費用は大きく異なります。 下記3つの要素によって大きく変わります。 距離 ではそれぞれの詳細を簡単に説明します。 人数:一人暮らし・単身・2人・家族 人数によって引越し費用は大きく異なります。 引越しでは主に単身・2人・2人以上の家族で計算されるのがほとんどです。 時期:繁忙期・通常期 引越しには繁忙期と通常期があり、費用も大きく異なります。 新生活の時期である3月と4月が繁忙期で、その他5月から2月までが通常期になります。 距離:県内・都内・市内・県外・長距離・近距離 距離に関しては上記のようにいろんな呼び方があります。 ただ一般的には「何km以上〜何km以内」と具体的な距離換算で行われます。 上記3つの要素ごとに、利用者の口コミを参照にして引越し料金の相場をみていきましょう。 どのように調べるかと言いますと、実際に引越しをした人が費用等を直接書き込める下記サイトの平均値を参考にします。 合計で 口コミ件数は1万以上あるので信頼はできると言えそうです。 ただ引越し費用はその他にかかります。 例えば敷金や礼金、今住んでいる部屋のクリーニング代等です。 最後に引越し全体で一体いくらくらいかかるのか目安をご紹介します。 引越し全体にかかる費用はいくら? 引越業者に払うだけの費用がもちろん全てではありません。 まずはどのような費用が別途かかるのか、見ていきましょう。 引越し代以外にかかる費用の一覧 費用の分野 詳細 引越し作業 引越し料金 スタッフへのお礼金 物件の撤去 クリーニング費用 解約までの家賃 新物件の契約 前家賃 敷金 礼金 仲介手数料 火災保険料 カギの交換料金 一番上記に記載してある「引越し料金」は、実際の引越業者に支払う費用になります。 実はそれ以外にも上記のように費用を払う必要がございます。 では具体的にいくらくらい払えばいいか目安が欲しいですよね。 下記に人数(単身・2人・2人以上の家族)ごとにかかる費用の目安を記載しましたのでご覧くださいませ。 引越し全体にかかる費用の目安表:単身・2人・家族 どのように調べるかと言いますと、先ほどと同様の下記サイトの平均値を参考にします。 費用の分野 詳細 単身 2人 家族 引越し作業 引越し料金 ー ー ー 作業員へのお礼金 1,000円 2,000円 3,000円 物件の撤去 クリーニング費用 20,000円 25,000円 30,000円 解約までの家賃 30,000円 40,000円 60,000円 新物件の契約 前家賃 50,000円 70,000円 100,000円 敷金 50,000円 70,000円 100,000円 礼金 50,000円 70,000円 100,000円 仲介手数料 50,000円 70,000円 100,000円 火災保険料 15,000円 15,000円 20,000円 カギの交換料金 20,000円 20,000円 30,000円 口コミを参考にしたあくまでも参考値として目安にしていただければと思います。 ただ引越し費用の他に上記のような費用も多くかかることを理解して、引越しの準備を進めていきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 こちらの記事では引越しの見積もり費用に関して、あなたが疑問にお持ちでなるであろうものをご紹介してきました。 最後に重要な点を強調させていただきます。 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません」 理由はいたってシンプルで、 見積もり費用が高くなるからです。 少なからず敷金や礼金等でたくさんお金がかかる引越しなので、引越しの料金だけはなるべく安く済ませましょう。 費用を安く引越しを行うためには、その他の引越業者との比較・交渉が必要です。 そのためには、 その他引越業者の見積りが必要不可欠になります。 見積りを取るためには2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。

次の

クロネコヤマト引越し料金の見積もり相場はどのくらい?

引越し料金 相場

繁忙期(2月~4月) 価格帯 平均費用 単身 (荷物少) 20,000~190,000円 67,202円 単身 (荷物多) 30,000~300,000円 111,650円 2人 60,000~500,000円 200,266円 3人 90,000~600,000円 265,826円 4人 100,000~530,000円 297,437円 5人以上 100,000~700,000円 370,137円 あくまでも参考ですので、この表の価格を鵜呑みにしないよう注意してください。 大体このくらいだろうという程度に抑えておいてくださいね。 価格帯を見てもらえれば分かる通り、引越し料金の差は非常に大きいです。 これは、 業者選びによるところが最も重要なポイントとなります。 引越し料金は、業者選びがとても大切です。 料金プランや無料サービスなどを確認して、最適な業者を選びましょう。 実際の料金はいくら?一括見積もりで確実に最安値を知ろう 実際の引越し料金を知るには、業者へ見積もり依頼をする必要があります。 そこでおすすめしたいのが、 引越し料金一括見積もりサイトです。 最大10社へ同時に見積もり依頼を出せるので、色んな業者の金額を比較し、 最も安い金額をすぐに知ることができます。 また、 業者同士が値引き競争をしてくれるので、確実に相場料金よりも安い金額で引越しをすることが可能です。 一括見積もりをするだけで、ライバルとなる他社に負けないように値引き交渉にも積極的に対応してくれます。 一括見積もりサイトなら、「 SUUMO引越し」がおすすめ。 SUUMO引越しの大きな特徴は、電話番号の入力が不要な唯一のサイトであること。 見積もり時に電話番号の入力が必要ないので、電話番号を知られずに見積もりができます。 営業電話や勧誘電話などの心配もなく、引越し業者とのやり取りもメールだけで完結できます。 土日よりも平日を選ぶ!• 午前よりも午後を選ぶ!• 時間帯を指定しないが最安!• 3月と4月は引越しをしない! 特に、上の3つについては必須です。 土日ではなく平日を、午前よりも午後を選ぶのが鉄則です。 そして、もし時間に余裕があるのなら時間指定をしないフリープランを選びましょう。 フリープランを選ぶだけで料金が通常の半額になる業者もあります。 時期については、3月と4月に引越しをしないのが一番良いですが、それは無理だという人も多いでしょう。 3月や4月などの繁忙期に引越しをする場合でも、平日・午後、もしくは時間指定なしのプランを選ぶというポイントを抑えるだけでかなり安くすることは出来ます。 安くなるプラン・条件を選ぶ 引越し料金を安くするためには、料金プランをしっかりと考える必要があります。 それぞれの業者には色んなプランがありますが、料金を安くするために絶対外せないプラン・条件があります。 引越し当日、荷物の受取日に時間の余裕がある場合は、必ず時間指定をしない「フリー便」や「フリープラン」を選びましょう。 基本的には、通常のパックプランと併用して利用できるので、見積もり時に必ず確認してみてください。 各業者には、荷造りも業者が行うプランや、すべての作業を業者が行ってくれるプランなどが用意されています。 どうしても忙しくて荷造りを頼まなければいけない場合などを除き、基本的には 業者に依頼する作業は最低限になるようにしましょう。 サカイ引越センターならば、「せつやくプラン」、アート引越センターなら「基本コース」、日通なら「セルフプラン」などがそれに当たります。 各業者によって名称は変わりますがサービス内容は同じになっています。 荷物の量を減らしても料金はほとんど変わりません! 荷物を減らせば料金が安くなると思っていませんか?多くの業者は、荷物の量そのものではなく、トラックやカーゴなどの個体数によって料金を決めています。 ですから、 トラック1台分を使う引越しをする場合、トラックが一杯でもトラックがほとんど空っぽでも料金は同じというわけです。 ごく少数ですが、荷物の積載面積で料金を算出する業者もあります。 この場合は、少しでも荷物を減らせば料金が安くなるかもしれません。 しかし、苦労して荷物を処分したり売ったりして少なくした割には、引越し料金はさほど変わらないのが現状です。 荷物を減らす努力をするくらいなら、 一番安い見積もり金額を出してくれる業者探しをしたり、スケジュールを調整して安くなる時期やタイミングを優先する方が良いでしょう。 一括見積りサイトを使うことで料金が安くなるのは、広く知られていますが、その理由を、単なる比較が出来ることだと思っている人がたくさんいます。 実は、一括見積りサイトを使う本当のメリットは、もっと別の部分にあるのです。 投稿者:40代 男性• 人数:家族3人• 距離:山梨県内• 時期:通常期• 料金:47,000円 当初の予算としては、10万円くらいを予想していました。 最初は有名だからという理由でアート引越センターにお願いしようと何となく思っていたのですが、ネットで料金相場を調べていると一括見積りサイトがあることを知り、早速使ってみました。 私が比較したのは計8社。 アート引越センターもそこに含まれていましたが、金額は一番高くて驚きました。 逆に一番安くしてくれたのは、同じ大手のアリさんマークの引越社でした。 10万円の予算が半額以下になったので大変満足しています。 業者によってはちょっと強引なところもありましたが、丁寧な対応をしてくれる業者さんは、比較するための時間も待ってくれますし、こちらの値引きにも快く応じてくれました。 単なる比較じゃなくて、 業者同士のライバル関係があるから料金が安くなるっていうのがポイントだなと気付きました。 投稿者:30代 女性• 人数:単身1人• 距離:石川県内• 時期:通常期• 料金:24,000円 とにかく引越し費用を安く抑えたかったので一括見積りを利用しました。 事情があり会社を辞めたばかりだったので資金もあまりなかったため、 最安値の業者さんを簡単に見つけることができて良かったです。 3万円くらいで済めばいいなと思っていたのですが、ハート引越センターさんは24,000円で見積もりを出してくれました。 それ以外の業者さんは皆3万円以上だったので、ハート引越センターさんに即決でした。 ズバット引越比較という一括見積りサイトは、 水道や電気などの住所変更も無料で依頼できるので、そちらも非常に便利で助かりました。 投稿者:40代 女性• 人数:夫婦2人• 距離:東京都内• 時期:通常期• 料金:37,800円 初めて一括見積りサイトを使いました。 夫が出張でしばらく居なかったので、私が業者選びをすることになり、なるべく料金は安くしたかったので一括見積りサイトを使うことにしました。 見積もりフォームに情報を入力して依頼スタートのボタンを押したのですが、10分もしないうちに最初の業者から電話がかかってきてびっくりしました。 結局 1時間以内に5社から連絡があり、最初に訪問見積もりをしてくれたアーク引越センターさんに決めました。 料金は、 予想していた6万円よりも遥かに安い37,800円。 こんなに安くて大丈夫かなと思いましたが、プランや時間、日程などの説明を丁寧にしてくれたので安心できました。 おかげで旦那のいない間に業者選びが簡単に終わってホッとしています。 ただ、電話がバンバン掛かってくるので、心構えはしっかりとしておいた方が良いと思います。 利用者数400万人突破• 住所変更も無料で出来る唯一のサイト• 提携業者は220社以上 ズバット引越し比較は、 累計利用者が400万人を超える、「引越し料金一括見積りサイト」の最大手です。 引越し前後の面倒な手続きを少しでも減らせる人気のサービスです。 らくらく引越し手続きとは? 【らくらく引越し手続き】とは、 水道・ガス・電気・新聞などの公共料金等の住所変更手続きを無料で行ってくれるサービスです。 引越し前後には、たくさんの住所変更手続きがあります。 その中でも、まず最初に手続きしておきたい公共料金の住所変更をあらかじめ依頼しておくことができる便利なサービスが、「らくらく引越し手続き」です。 住所変更を無料で依頼できるのは、 【ズバット引越し比較】にしかない唯一のサービスです。 ただでさえ大変な引越し前後の手続き作業は、「らくらく引越し手続き」に任せましょう。

次の

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引越し料金 相場

札幌〜横浜の単身引越し費用の相場は、 大体8万〜10万円くらい 通常期 繁忙期 平均額 80,000円 95,000円 価格帯 30,000〜200,000円 40,000〜300,000円 一人暮らしの引越し費用は、通常期なら8万円前後、繁忙期でも10万円を切るくらいの費用で済ませることが可能です。 引越しは、荷物の量や時期が料金に大きく影響するため、• 荷物を減らす• 繁忙期は避ける などの工夫をしましょう。 また、この後の項目でも紹介しますが、一人暮らしの場合は、単身パックを利用した方が安くなります。 トラックではなく専用カーゴを使った単身パックを利用することで、大幅な費用の削減が可能です。 ただし、運べる荷物の量や大きさはかなり制限されるので、自分の荷物の量と照らし合わせながら検討しましょう。 札幌〜横浜の2人の引越し費用相場は、 15万〜22万円くらい 通常期 繁忙期 平均額 158,000円 212,000円 価格帯 50,000〜300,000円 70,000〜400,000円 2人の引越し費用相場は、通常期で15万円前後、繁忙期では20万円〜25万円くらいの間が相場となります。 ベッドやソファーなどの大型の荷物を運ぶことが多くなるので、トラックのサイズも大きくなり、料金が高くなります。 2人の引越し費用を節約するにはコンテナ便がおすすめ 2人で引越しをする時は、コンテナ便を是非検討してみてください。 鉄道のコンテナ便を使って荷物を運ぶプランをコンテナ便と言います。 なぜコンテナ便がおすすめなのかというと、 コンテナのサイズが平均的な2人分の荷物の量にピッタリだからです。 料金は2割〜4割ほど安くしてくれるので、大幅な値引きも期待できます。 札幌〜横浜の3人の引越し費用相場は、 18万〜28万円くらい 通常期 繁忙期 平均額 198,000円 275,000円 価格帯 70,000〜420,000円 80,000〜600,000円 3人家族で引越しをする場合、通常期でも20万円前後、繁忙期では25万〜30万円くらいは必要になります。 3人家族の引越しでは、• 子供が居るのか居ないのか• 子供がまだ小さいのか大きいのか などの要因で、料金が大きく変わります。 子供がまだ小さい場合は、荷物もさほど多くならないので、比較的小さめのトラックでも十分引越しが可能です。 しかし、子供が高校生や大学生にもなると、ベッドやデスク、自転車なども含めて大きな家財が増えるため、トラックが大きめのものになります。 トラックはなるべく小さいサイズの方が料金は安くなるため、荷物を減らす工夫をしましょう。 札幌〜横浜の4人家族の引越し費用相場は、 22万〜35万円くらい 通常期 繁忙期 平均額 240,000円 310,000円 価格帯 80,000〜500,000円 100,000〜620,000円 4人家族の場合は、通常期でも24万円くらい、繁忙期だと30万円以上は必要になることが多いです。 4人家族だと、荷物の量を減らしてもトラックを小さくしたりスタッフを減らしたりすることはなかなか難しいのが現状です。 お子さんがまだ小さい場合は、3人家族とそこまで変わらない料金でも引越し可能ですが、中高生以上のお子さんが居る場合などは、引越し費用もかなり高めになります。 4人家族のように荷物が多く、札幌〜横浜のように移動距離も長い場合は、• 時期/タイミング• 引越しプラン などの選び方を工夫して、費用を安くする必要があります。 例えば、 札幌〜横浜へ単身パックで引越しをする時の費用は、 40,000円〜46,000円くらい 単身パックとは、専用カーゴを使って行う引越しプランのことを指します。 上の写真は、日通の単身パックです。 左が単身パックS、右が単身パックLとなります。 一人暮らしに最低限必要な荷物であれば、単身パックLで運ぶことができます。 例えば以下のような荷物は、単身パックLに積むことができます。 冷蔵庫• 洗濯機• テレビ• 電子レンジ• 掃除機• 衣装ケース• ダンボール5箱くらい ソファーやベッドなどの大型の荷物がない人は、是非単身パックで引越しをしてみましょう。 料金は、トラックを使ったプランよりも確実に安くなります。 札幌〜横浜への引越しにかかる日数や距離は?.

次の