ペット保険 相場。 ペット保険はどこがいい?主な特徴とおすすめの保険をご紹介

猫の医療費は高額?生涯かかる治療費・手術費用などの相場を紹介!

ペット保険 相場

民間での相場はペットの大きさによりおよそ 1万円 ~ 6万円 になります。 自治体を利用する場合は地域で大きく異なりますがおよそ3千円 ~ ぐらいが目安になります。 (大きさに関係なく、ほぼ1万円以下) ペット葬儀はペット火葬。 ペット葬儀の世界では「葬儀=火葬」と考える場合が多く、近所・知人を呼んでの通夜や葬儀を行う方はあまりいません。 また、葬儀は家族だけで行う場合が多く、簡易なものになり人間のように数時間かけて行う事はほとんどのケースでありません。 民間での最低料金は1万円ぐらい。 ペット葬儀とは葬儀の代金という側面よりも火葬料金という側面が強く、料金設定もその火葬にかかるコストをベースに考えられています。 人件費、家賃、火葬設備代、灯油代等のコストを踏まえ最低料金は1万円からの葬儀社が多いようです。 体重により料金が変わってくる 多くのペット葬儀業者では体重で料金を設定しています。 体重でなければ、身長で大きさを見たり、ハムスター、猫、犬(犬種)などで分けています。 多少前後しますが、当サイトに登録されている業者で見ますと料金のおおよその目安は以下になります。 0 ~ 1kg 1 ~ 2万 ハムスター、小鳥等 1 ~ 5kg 1. 5 ~ 2. 5万 フェレット、モルモット、猫、小型犬等 5 ~ 20kg 2 ~ 4万 中型犬等 20 ~ 40kg 3. 5 ~ 6万 大型犬 40 ~ 60kg 5 ~ 10万 超大型犬 以下の様な鳥類・爬虫類・両生類・魚類・昆虫の火葬を承っている業者もあります。 合同火葬と個別火葬で料金の違うのはなぜ? 合同火葬が個別火葬よりも料金が低くなっているのは、かかる費用が違うからです。 1度火葬をすると、かなりのコストがかかりますが、合同火葬では1~2日に1度、数体の遺体を一緒に火葬するため、火葬にかかるコストが分散されます。 コストの計算は葬儀社で異なりますので、個別に比べて2,000円安いところもあれば、10,000円安くなるところもあります。 同じ1度の葬儀なのに大きい子が高いのはなぜか 一度の火葬でも10kgを超える辺りから、火葬料金がどんどん上がります。 これは火葬にかかるコストが高くなるからです。 火葬にかかる燃料、大きなお骨壷、お骨袋などが目に見えてわかるものですが、実は火葬する時間が長くなると、より高温になるため、火葬炉が冷めるのに時間がかかります。 冷めるまで次の葬儀には入れませんので、その期間の占有料が必要になります。 その他、スタッフを増やさなければ運べないほど大きな子は人件費もかかります。 こういったことを踏まえて、大きなペットは火葬料が高くなります。 本格的な葬儀を行う場合は別料金 住職がペット葬儀業を営んでいる場合、葬儀がついてくる例外もありますが、ほとんどの民間の業者ではお坊様を呼んでの本格的な葬儀は別料金になります。 この場合、葬儀にかかる料金は業者により様々で、形式も様々です。 お坊様を呼ぶだけの1万円のプランもあれば、お花いっぱいの棺桶を用意して、豪華な葬儀を執り行う30万円のプランを用意している業者もあります。 悪徳業者の登場以降の料金の明確化 悪徳業者が世間を賑せてから、火葬料金の明確化を行う業者が増えました。 移動火葬車を使った新規参入が行いやすいビジネスですから、老舗から新規までたくさんの業者が存在します。 その中でどこも料金の明確化を課題にしているようで、インターネットや問い合わせの電話で火葬にかかる料金の確認が99%可能です。 葬儀を依頼する前に確認する事をお勧めします。 葬儀、火葬以外の料金 ほとんどの場合は火葬料と書かれた料金以外はかかりませんが、まれにお骨壷やお骨袋の料金を別に取る場合があります。 これらが無いとお骨を収める場所がありませんので、必ず必要になります。 また、必須ではないですがその時、又は火葬後に料金が発生する可能性があるものは… — 位牌、仏壇、メモリアル写真などの商品購入代 数百円~数万円 — 納骨棚を利用する場合 年間 5千円~数万 — 49日などの供養料(お坊様へのお布施)数万円 — 合同墓地への合祀料 数万円 — 個別墓地への墓地区画料、墓石料 数十万~百万 これらは業者により値段設定がかなり変わります。 火葬料金のように目安になりやすい価格帯というのはありません。 近場がやはりお勧め 将来的な納骨棚の利用や合同墓地への合祀を考えた場合、お参りの利便性を考えて、自宅からなるべく近くの業者にお願いするのが良いのではないかと思います。 遺骨の管理に困る方も多いようですので、気軽に足を運べる距離は結構重要になってきます。 お金があまり無い場合 20kg以下) 移動火葬車で合同火葬を行っている業者をお勧めします。 合同火葬は比較的安く値段が設定されていること、そしてそのまま合同墓地に合祀してもらえるので、火葬後にお金がかかりません。 合同で火葬してもらえるのは20kgぐらいまでのペットです。 お金があまり無い場合 20kg以上) 大きな子の場合はペット葬儀社で合同火葬の利用は難しくなります。 自治体では大きさに関係なく値段が設定されている場合が多いですので、こちらを利用するしか方法はないかと思います。 あくまでも自治体では火葬したくない場合は、状況を加味して相談に乗ってくれる業者様もいると思いますので電話をかけてみると良いかもしれません。 ペット葬儀でお困りの方はペット葬儀ホットラインをご活用下さい 私たちペット葬儀マップではペットの火葬等で悩んでいる方々がいつでも相談できる窓口 【ペット葬儀ホットライン】を開設しております。

次の

ペット保険とは?

ペット保険 相場

旅行などで家族全員が家を空ける際、ペットはどのように過ごしていますか? ペットホテルやペットシッターなどを利用して世話をしてもらう、という方も多いかもしれませんね。 今回は、ペットのお留守番にかかる費用と、利用施設選びのポイントについてご紹介します。 様々な動物と一緒に過ごす「ペットホテル」 フリースペースで過ごせる「ケージフリー」タイプのホテルもあります。 ペットを預ける施設と聞いて、真っ先に頭に思い浮かぶのが「ペットホテル」。 ホテル専門の施設もあれば、動物病院やペットショップ、トリミングサロンに併設されている場合もあります。 また、以前はケージの中で預かるのが主流でしたが、最近では眠るとき以外はドッグランやフリースペースで、他の動物と一緒に自由に過ごす「ケージフリー」タイプのサービスも増えてきました。 ペットホテルの一般的な料金は、猫の場合は一律ですが、犬の場合は体重や犬種別に設定されているところがほとんどのようです。 実際に、いくつか例を見てみましょう。 ご利用の際はホームページ等でご確認ください。 いずれの施設を利用するにしても、まずは見学をして、短時間の「お試し体験」をしてみましょう。 自宅までの送迎やドッグラン、24時間ライブカメラ、猫専用ホテルなど、施設ごとに様々な特徴があります。 飼い主さんが望む設備やサービスが揃っているか、しっかりとチェックしてくださいね。 ペットホテル 利用前の注意 持病があるペットの場合は、動物病院内のホテルが安心です。 ・1年以内の混合ワクチン ・狂犬病予防接種(犬の場合) ・ノミ、ダニ予防 口頭のみの確認ではなく、接種証明書を求めるペットホテルもあります。 また、求めるワクチンの種類も異なりますので、事前に確認しておきましょう。 トリミングサロン併設の場合は、滞在中にトリミングなどのケアを受けるプランもあります。 中には別室で預かるなどの対応を取るホテルもありますが、別途料金がかかることがあります。 発情中に他の動物と触れ合うことはペットにとってもストレスがかかりますので、発情中のペットホテルの利用はできるだけ避けたほうが良いでしょう。 自宅でお世話をしてくれる「ペットシッター」 ペットシッターであれば、「いつものコース」のお散歩もできます。 自宅以外の環境で過ごすのが不安な場合は、「ペットシッター」に依頼する方法があります。 ペットシッターは、飼い主さんに代わって、食事やトイレ、散歩などの世話を、飼い主さんの自宅で行います。 環境の変化がないため、ペットは自宅で落ち着いて過ごすことができます。 一般的なペットシッターはサービス派遣会社に所属しており、飼い主さんが依頼をすると、内容に応じたペットシッターが派遣されてくる仕組みです。 1時間単位の料金設定が多く、多頭飼育の場合は追加料金が発生します。 一般的には、1時間3,000円前後の料金設定となっているようです。 「いつもの環境」で過ごせるので、ペットのストレスが軽減します。 ペットシッターになるためには、特に公的な資格は必要ありませんが、中には環境省から認可されている「認定ペットシッター士」や、「愛玩動物飼育管理士」「家庭動物管理士」「家庭犬しつけインストラクター」などの資格を有している人もいます。 ほとんどの場合、初回利用の前日までに「事前打ち合わせ」を行います。 そこでペットシッターの経験や人柄、ペットとの相性などを確認することができます。 ペットホテルとペットシッター、メリットとデメリット ペットホテルとペットシッターには、それぞれメリットとデメリットがあります。 どちらを選ぶのか、飼い主さんが何を重要視するのかによって異なります。 それぞれのメリットとデメリットを把握した上で、ペットにとってより良い選択をしてください。 ペットホテル・ペットシッターを選ぶときのポイント ペットホテル・ペットシッター業は「第一種動物取扱業」であり、事業所・業種ごとに都道府県知事または政令市の長の登録を受ける必要があります。 平成27年度の調査によると、「第一種動物取扱業」のうち、ペットを預かる「保管業」は23,834店、東京都内だけでも3,127店あります。 また「iタウンページ」で調べてみると、「ペットホテル」は全国で5,612軒、「ペットシッター」は605店ありました。 東京都の場合は、「第一種動物取扱業」に対し、「動物の愛護及び管理に関する法律」第13条に基づく5年ごとの登録の更新に際し、以下のような基準が設けられています。 (より) 管理や施設が不適当と思われた時は、改善の勧告や命令が下され、悪質と思われる業者には登録の取り消しや業務停止命令が行われます。 【参照】 動物愛護管理法「第一種動物取扱業者の規制」(環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室) 「第一種動物取扱業」の標識や名札は、必ず利用者から見えるところに掲示されていますので、ペットホテル・ペットシッターを利用する際は、必ず第一種動物取扱業者かどうかを確認しましょう。 自宅でお留守番をするときの便利グッズ 一人で過ごすことに慣れているペットであれば、短期間であれば、自宅でお留守番をすることもあります。 その際には、エサや水、気温や環境の変化に対応できるように準備を整えてあげましょう。 室内の複数箇所に水を用意しておきましょう。 エサ タイマーをセットして自動で給餌できる「フードディスペンサー」があると便利です。 2,000円〜5,000円程度で購入できます。 水 「フードディスペンサー」と同様に、タイマーで自動給水できる「ウォーターディスペンサー」もあります。 エサと水は、定位置以外の場所にも複数箇所に用意しておくと、万が一こぼれてしまったり、ディスペンサーが使えなくなったときにも安心です。 気温 「人が快適に感じる」程度の室温が保たれるように、エアコンを調整してください。 また、ペットがその時々で居心地の良い場所に移動できるよう、ケージには入れずにある程度自由に動き回れるように配慮しましょう。 ネットワークカメラ、ウェブカメラ 自宅のWi-Fi環境を利用して、室内の様子をモニターしてくれるネットワークカメラやウェブカメラがあると、外出先でもペットの様子を観ることができます。 機能に合わせて10,000円〜30,000円程度で購入できます。 ペットを残して外出・旅行をするのは不安なものですが、飼い主さんが楽しそうに過ごすことが、ペットの幸せにもつながります。 悪天候の日に散歩に行くのは飼い主にとっても負担が少し増えますが、散歩後のケアをおさえることで雨の日でも快適に過ごすことができます。

次の

ペットのお葬式にかかる費用の相場はいくらぐらい?

ペット保険 相場

実際の手術費用は病気の進行具合・体の大きさ・症状などによって異なります。 手術後は入院・通院・検査費用など別途必要になる場合があります。 ペット保険の費用は月々いくら位? 犬・猫別にペット保険の月々の支払い金額の相場をまとめてみました 例:チワワで加入すると? 0歳で加入 月々約 1400~2700円位 7歳で加入 月々約 2200~3800円位 8歳以上になると加入できない保険もあります。 例:猫で加入すると? 0歳で加入 月々約 1300~2400円位 7歳で加入 月々約 1500~3200円位 8歳以上になると加入できない保険もあります。 ライトプランやインターネット割引を利用すると犬で1000円代、猫で700円代の保険もあります。 補償内容を絞って月々の費用を抑える事も可能です。 割引はマイクロチップ割引・多頭割引・インターネット割引等がある場合も。 加入可能年齢は8歳未満が多いようですが、保険会社によってかなりばらつきがあります。 たとえば、ペット保険のなら16歳まで加入可能です。 高齢だからと諦めていた人にも検討の余地はあります。 こんなケガ・病気は補償されない可能性が・・・ 通院・入院・手術の補償は保険によって様々です。 医療費用の補償割合や通院・入院・手術の回数制限、限度額などもいろんなペット保険と比較してみましょう。 「いざ保険を利用しようと思った時に補償対象外だった・・・」なんてことがないように、細かな規約もよく見て比較する事をおすすめします。 なら大手7社のパンフレットが無料で一括請求できます。 ペット保険は割高?割安? ペット保険料の平均的な相場は年間1~2万円代位です。 犬の平均寿命が7~14歳(犬種による) 猫の平均寿命が10~16年 年間のペット保険が15,000円と仮定して10年で15万円です。 ペットは手術費用の他に入院・通院費用も割高です。 長く続く病気ならなおさらです。 ペットの高齢化が進むと免疫力が減っていき、ガンや糖尿病、白内障などの病気・ケガにあいやすくなります。 健康な時期は損に感じるかもしれません。 しかし、あなたのペットが事故や病気で手術・継続的な治療が必要になった時、金銭的な準備がなければ治療をうけさせてあげる事が困難になります。 もし、あなたが「ペットのためならどんな治療を受けさせても長生きさせたい」とお考えなら、ペット保険は心強いものになるでしょう。 紹介したおすすめサイトまとめ 16歳まで加入可能!獣医がつくったペット保険部門年間第1位のペット保険。 入院・通院・手術の回数制限および1日の限度額なし! ペット保険比較利用者数10万人突破!ペット保険大手7社のパンフレットを無料で一括請求!.

次の