瑞穂 町 教育 委員 会。 岐阜県:教育委員会の概要

岐阜県:教育委員会の概要

瑞穂 町 教育 委員 会

地理 [ ]• 山 : (ろくどうやま)• 河川 : 、• 湖沼 : 瑞穂町の土地利用は、畑や雑木林だった所に住宅を建てるなどの開発が目立っている。 に位置しているため、場所によっては畑・茶園などが残り、昔の面影を留めている。 隣接している自治体 [ ]• 東 - 、• 北 - 埼玉県• 西 - 、• 南 - 歴史 [ ]• 人が住み始めたのはといわれ、浅間谷や狭山遺跡では、その頃のが発見されている。 石槍は、瑞穂町郷土資料館に展示されている。 に入り、が日光勤番の往復に利用するが町内を南北に縦断した。 これを瑞穂町内では 日光街道とも称する。 この街道と、のをに輸送するために開かれたとの交差する箱根ヶ崎がとして発達し、江戸後期には街道結節点の、陸上交通の要として栄えた。 さらにのの奨励により、栗原・長谷部・下師岡の3つのが開かれた。 (瑞穂町前史)に箱根ヶ崎・石畑・殿ヶ谷・長岡の4か村をもって組合を組織し、行政運営を行う。 - 、、、を廃して町制施行、 瑞穂町となる。 町名は当時の・が名付けた。 - を編入する。 なお、元狭山村のうち二本木の第二区・第三区・第四区の全域と第十区の一部、および狭山台は、前日のにへ編入された。 - 運用開始。 4月1日 - 防災行政無線の夕方のチャイム「(新音源)」が同年・4月1日~9月30日まで変更される。 同年10月1日 - 防災行政無線の夕方のチャイム「(新音源)」放送開始。 - 防災行政無線の子供の見守り放送が開始される。 4月1日 - 防災行政無線放送等変更(チャイム1日1回、住民からのクレームにより昼のチャイム(希望の鐘)廃止)。 頃 - 瑞穂町役場の新築工事着工。 人口 [ ] 瑞穂町と全国の年齢別人口分布(2005年) 瑞穂町の年齢・男女別人口分布(2005年) 町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考 大字殿ケ谷 とのがや 1940年11月10日 未実施 隣接する 横田基地内 にがある 大字石畑 いしはた 1940年11月10日 未実施 大字箱根ケ崎 はこねがさき 1940年11月10日 未実施 大字長岡下師岡 ながおかしももろおか 1940年11月10日 未実施 大字長岡長谷部 ながおかはせべ 1940年11月10日 未実施 大字長岡藤橋 ながおかふじはし 1940年11月10日 未実施 大字二本木 にほんぎ 1958年10月15日 未実施 大字駒形富士山 こまがたふじやま 1958年10月15日 未実施 大字高根 たかね 1958年10月15日 未実施 大字冨士山栗原新田 ふじやまくりはらしんでん 1958年10月15日 未実施 大字武蔵 むさし 年月日 未実施 はこねがさきひがしまつばら 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 はこねがさきにしまつばら 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 一・二丁目 みなみだいら 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 一〜四丁目 ながおか 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 一〜三丁目 むさしの 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 行政 [ ]• 町職員数 : 215人(4月1日現在、臨時・非常勤除く)• 当初予算規模(平成27年度) : 136. 4080億円(一般会計)、93. 0425億円(特別会計) 町長 [ ]• (すぎうら ひろゆき、1期目、任期満了日 : 2021年5月15日) 議会 [ ] 瑞穂町議会 [ ]• 定数:16人• 任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日• 議長:小山典男(2017年5月9日就任)• 選挙区:西多摩選挙区(、、、、日の出町、、)• 定数:2人• 任期:2017年7月23日 - 2021年7月22日• 投票日:2017年7月2日• 当日有権者数:209,019人• 投票率:47. 21% 候補者名 当落 年齢 党派名 新旧別 得票数 清水康子 当 50 新 33,526票 田村利光 当 50 新 27,771票 島田幸成 落 49 無所属 現 23,468票 西村雅人 落 50 新 12,469票 衆議院 [ ]• 選挙区: (、、、、、瑞穂町、、、)• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 議員名 党派名 当選回数 備考 6 選挙区 警察・消防 [ ] 警察 [ ]• 前(箱根ヶ崎)• 箱根ヶ崎(箱根ヶ崎)• 箱根ヶ崎北駐在所(箱根ヶ崎)• 武蔵野駐在所(むさし野)• 石畑上駐在所(石畑)• 石畑駐在所(石畑)• 元狭山駐在所(駒形富士山)• 長岡駐在所(長岡) 消防 [ ]• 瑞穂出張所(箱根ヶ崎) 産業 [ ] 農業 [ ]• 主な農産物• (栽培面積東京都第1位)• (長岡地区の岩蔵街道沿いにシクラメン農家が立ち並ぶため、シクラメン街道とも呼ばれている) 工業 [ ] 2009年の工業事業所数は 233、従業員数は 5,838 人、製品出荷額は約 3,269億円、付加価値額は約1,992億円である。 主な企業• 瑞穂工場 (航空エンジン・宇宙機器)• オリジン電気 瑞穂工場 (合成樹脂塗料)• 特機工場(電子部品)• トーヨーアサノ 東京工場 (コンクリートパイル)• 瑞穂工場・技術研究所 (石灰)• プリモ 本社・工場(音響機器) 商業 [ ]• 主な商業施設• 瑞穂店• 瑞穂店• シモダディスカウントセンター瑞穂店• 多摩瑞穂店• 瑞穂店• 石畑店• 瑞穂店 - ジョイフル本田瑞穂店に併設。 特産品 [ ]• (多摩だるま) - 毎年1月18日に円福寺(町内箱根ヶ崎)でが開かれる。 - 東京都内では最大の生産量。 姉妹都市・提携都市 [ ]• モーガンヒル市( )- (平成18年)7月 姉妹都市締結。 健康・福祉 [ ]• 保健センター• ふれあいセンター• 高齢者福祉センター「寿楽」• 心身障害者(児)福祉センター「あゆみ」• あすなろ児童館• 子ども家庭支援センター「ひばり」 教育 [ ] 小学校• 中学校• 高等学校• 社会教育 [ ]• 耕心館(旧細渕家住宅) - 武蔵野の旧家のたたずまいの中で展覧会やコンサートなどが開かれる。 軽食・喫茶有り。 ホール・集会場• スカイホール• 町民会館(ホール、会議室、和室) 図書館• 瑞穂町図書館• 元狭山ふるさと思い出館図書館• 長岡図書館(長岡会館内)• 武蔵野コミュニティセンター図書館• 殿ヶ谷図書館(殿ヶ谷会館内) 博物館• (大字駒形富士山316-5、耕心館の隣) 愛称は「けやき館」。 元狭山ふるさと思い出館(旧元狭山村役場〔復元〕)(大字二本木710) 公民館• 生涯学習センター(瑞穂第一小内)(小ホール、集会室、いこいの間)• 武蔵野コミュニティセンター(むさし野一丁目5番地、瑞穂アパート27号棟1階)• 元狭山コミュニティセンター(大字二本木673-1)• 中央体育館• ビューパーク競技場(スカイホールに隣接)• 町営プール(25mプールほか)• 武道館(柔道、剣道)• 町営グランド(野球場、庭球場)• 町営第2グランド(野球場、ゲートボール場)• 町営第2庭球場• 町営少年サッカー場(クラブハウス有り)• シクラメンスポーツ公園 その他施設 [ ]• みずほリサイクルプラザ(中間処理を行う工場棟、ごみ処理の学習や環境問題啓発を行うプラザ棟)• (近隣市町で構成される一部事務組合が運営) 交通 [ ] 鉄道 [ ]• : バス [ ]• 梅70系統() 方面・・JR・・経由 方面 一部は止まり• ( ) 方面・ 、青梅線 、、方面• () 方面• 循環西廻り、バス停が当町に掛かる。 () - 町内に在住する専用の無料巡回バス。 道路 [ ] 一般国道• 都道府県道• (、)• 一般都道• (東京環状・旧国道16号)• (羽村街道)• 地域放送 [ ]• ケーブルテレビ• (長岡4丁目)• コミュニティFM• 7MHz (入間市・災害時の緊急放送協定を結んでいる) 観光 [ ] 名所・旧跡• "の森"と呼ばれる狭山丘陵が、町中央部から東方に広がる。 周辺は六道山展望台付近を除いて、として東京都により整備されている(展望台付近は町立文化の森・六道山公園)。 ・(町営の公園になっている)• 長岡温室とシクラメン街道(岩蔵街道沿い)• 六道山公園 狭山丘陵の一角• 阿豆佐味天神社 延喜式内の古社 祭・イベント• 六道山さくらまつり (4月上旬)• 残堀川ふれあいイベント (5月)• 殿ヶ谷・石畑・箱根ヶ崎三地区合同夏祭り (7月の上旬 - 中旬)• サマーフェスティバル (8月の第3土曜日(雨天時は翌日の日曜日に延期))• 町民体育祭 (10月)• こどもフェスティバル (10月)• 総合文化祭 (10月下旬~11月上旬)• 産業祭 (11月)• 駅伝競走大会 (1月) 著名な出身人物 [ ]• - 元サッカー選手、トップチームコーチ• - プロ野球選手、• - 声優• - 空手家、• - ミュージシャン、栗コーダーカルテットのメンバー• ()- お笑い芸人 ゆかりの人物 [ ]• - シンガーソングライター。 生前に在住していた。 - 造形物製作者。 瑞穂町を拠点に活動している。 その他 [ ]• は以下の通りである。 190-12xx:()が集配を担当• 市外局番 : 042[立川MA] 、0428[青梅MA](長岡4丁目の一部) 脚注 [ ] [].

次の

京丹波町社会教育委員について

瑞穂 町 教育 委員 会

地理 [ ]• 山 : (ろくどうやま)• 河川 : 、• 湖沼 : 瑞穂町の土地利用は、畑や雑木林だった所に住宅を建てるなどの開発が目立っている。 に位置しているため、場所によっては畑・茶園などが残り、昔の面影を留めている。 隣接している自治体 [ ]• 東 - 、• 北 - 埼玉県• 西 - 、• 南 - 歴史 [ ]• 人が住み始めたのはといわれ、浅間谷や狭山遺跡では、その頃のが発見されている。 石槍は、瑞穂町郷土資料館に展示されている。 に入り、が日光勤番の往復に利用するが町内を南北に縦断した。 これを瑞穂町内では 日光街道とも称する。 この街道と、のをに輸送するために開かれたとの交差する箱根ヶ崎がとして発達し、江戸後期には街道結節点の、陸上交通の要として栄えた。 さらにのの奨励により、栗原・長谷部・下師岡の3つのが開かれた。 (瑞穂町前史)に箱根ヶ崎・石畑・殿ヶ谷・長岡の4か村をもって組合を組織し、行政運営を行う。 - 、、、を廃して町制施行、 瑞穂町となる。 町名は当時の・が名付けた。 - を編入する。 なお、元狭山村のうち二本木の第二区・第三区・第四区の全域と第十区の一部、および狭山台は、前日のにへ編入された。 - 運用開始。 4月1日 - 防災行政無線の夕方のチャイム「(新音源)」が同年・4月1日~9月30日まで変更される。 同年10月1日 - 防災行政無線の夕方のチャイム「(新音源)」放送開始。 - 防災行政無線の子供の見守り放送が開始される。 4月1日 - 防災行政無線放送等変更(チャイム1日1回、住民からのクレームにより昼のチャイム(希望の鐘)廃止)。 頃 - 瑞穂町役場の新築工事着工。 人口 [ ] 瑞穂町と全国の年齢別人口分布(2005年) 瑞穂町の年齢・男女別人口分布(2005年) 町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考 大字殿ケ谷 とのがや 1940年11月10日 未実施 隣接する 横田基地内 にがある 大字石畑 いしはた 1940年11月10日 未実施 大字箱根ケ崎 はこねがさき 1940年11月10日 未実施 大字長岡下師岡 ながおかしももろおか 1940年11月10日 未実施 大字長岡長谷部 ながおかはせべ 1940年11月10日 未実施 大字長岡藤橋 ながおかふじはし 1940年11月10日 未実施 大字二本木 にほんぎ 1958年10月15日 未実施 大字駒形富士山 こまがたふじやま 1958年10月15日 未実施 大字高根 たかね 1958年10月15日 未実施 大字冨士山栗原新田 ふじやまくりはらしんでん 1958年10月15日 未実施 大字武蔵 むさし 年月日 未実施 はこねがさきひがしまつばら 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 はこねがさきにしまつばら 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 一・二丁目 みなみだいら 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 一〜四丁目 ながおか 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 一〜三丁目 むさしの 1992年4月1日 未実施 町名地番整理実施区域 行政 [ ]• 町職員数 : 215人(4月1日現在、臨時・非常勤除く)• 当初予算規模(平成27年度) : 136. 4080億円(一般会計)、93. 0425億円(特別会計) 町長 [ ]• (すぎうら ひろゆき、1期目、任期満了日 : 2021年5月15日) 議会 [ ] 瑞穂町議会 [ ]• 定数:16人• 任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日• 議長:小山典男(2017年5月9日就任)• 選挙区:西多摩選挙区(、、、、日の出町、、)• 定数:2人• 任期:2017年7月23日 - 2021年7月22日• 投票日:2017年7月2日• 当日有権者数:209,019人• 投票率:47. 21% 候補者名 当落 年齢 党派名 新旧別 得票数 清水康子 当 50 新 33,526票 田村利光 当 50 新 27,771票 島田幸成 落 49 無所属 現 23,468票 西村雅人 落 50 新 12,469票 衆議院 [ ]• 選挙区: (、、、、、瑞穂町、、、)• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 議員名 党派名 当選回数 備考 6 選挙区 警察・消防 [ ] 警察 [ ]• 前(箱根ヶ崎)• 箱根ヶ崎(箱根ヶ崎)• 箱根ヶ崎北駐在所(箱根ヶ崎)• 武蔵野駐在所(むさし野)• 石畑上駐在所(石畑)• 石畑駐在所(石畑)• 元狭山駐在所(駒形富士山)• 長岡駐在所(長岡) 消防 [ ]• 瑞穂出張所(箱根ヶ崎) 産業 [ ] 農業 [ ]• 主な農産物• (栽培面積東京都第1位)• (長岡地区の岩蔵街道沿いにシクラメン農家が立ち並ぶため、シクラメン街道とも呼ばれている) 工業 [ ] 2009年の工業事業所数は 233、従業員数は 5,838 人、製品出荷額は約 3,269億円、付加価値額は約1,992億円である。 主な企業• 瑞穂工場 (航空エンジン・宇宙機器)• オリジン電気 瑞穂工場 (合成樹脂塗料)• 特機工場(電子部品)• トーヨーアサノ 東京工場 (コンクリートパイル)• 瑞穂工場・技術研究所 (石灰)• プリモ 本社・工場(音響機器) 商業 [ ]• 主な商業施設• 瑞穂店• 瑞穂店• シモダディスカウントセンター瑞穂店• 多摩瑞穂店• 瑞穂店• 石畑店• 瑞穂店 - ジョイフル本田瑞穂店に併設。 特産品 [ ]• (多摩だるま) - 毎年1月18日に円福寺(町内箱根ヶ崎)でが開かれる。 - 東京都内では最大の生産量。 姉妹都市・提携都市 [ ]• モーガンヒル市( )- (平成18年)7月 姉妹都市締結。 健康・福祉 [ ]• 保健センター• ふれあいセンター• 高齢者福祉センター「寿楽」• 心身障害者(児)福祉センター「あゆみ」• あすなろ児童館• 子ども家庭支援センター「ひばり」 教育 [ ] 小学校• 中学校• 高等学校• 社会教育 [ ]• 耕心館(旧細渕家住宅) - 武蔵野の旧家のたたずまいの中で展覧会やコンサートなどが開かれる。 軽食・喫茶有り。 ホール・集会場• スカイホール• 町民会館(ホール、会議室、和室) 図書館• 瑞穂町図書館• 元狭山ふるさと思い出館図書館• 長岡図書館(長岡会館内)• 武蔵野コミュニティセンター図書館• 殿ヶ谷図書館(殿ヶ谷会館内) 博物館• (大字駒形富士山316-5、耕心館の隣) 愛称は「けやき館」。 元狭山ふるさと思い出館(旧元狭山村役場〔復元〕)(大字二本木710) 公民館• 生涯学習センター(瑞穂第一小内)(小ホール、集会室、いこいの間)• 武蔵野コミュニティセンター(むさし野一丁目5番地、瑞穂アパート27号棟1階)• 元狭山コミュニティセンター(大字二本木673-1)• 中央体育館• ビューパーク競技場(スカイホールに隣接)• 町営プール(25mプールほか)• 武道館(柔道、剣道)• 町営グランド(野球場、庭球場)• 町営第2グランド(野球場、ゲートボール場)• 町営第2庭球場• 町営少年サッカー場(クラブハウス有り)• シクラメンスポーツ公園 その他施設 [ ]• みずほリサイクルプラザ(中間処理を行う工場棟、ごみ処理の学習や環境問題啓発を行うプラザ棟)• (近隣市町で構成される一部事務組合が運営) 交通 [ ] 鉄道 [ ]• : バス [ ]• 梅70系統() 方面・・JR・・経由 方面 一部は止まり• ( ) 方面・ 、青梅線 、、方面• () 方面• 循環西廻り、バス停が当町に掛かる。 () - 町内に在住する専用の無料巡回バス。 道路 [ ] 一般国道• 都道府県道• (、)• 一般都道• (東京環状・旧国道16号)• (羽村街道)• 地域放送 [ ]• ケーブルテレビ• (長岡4丁目)• コミュニティFM• 7MHz (入間市・災害時の緊急放送協定を結んでいる) 観光 [ ] 名所・旧跡• "の森"と呼ばれる狭山丘陵が、町中央部から東方に広がる。 周辺は六道山展望台付近を除いて、として東京都により整備されている(展望台付近は町立文化の森・六道山公園)。 ・(町営の公園になっている)• 長岡温室とシクラメン街道(岩蔵街道沿い)• 六道山公園 狭山丘陵の一角• 阿豆佐味天神社 延喜式内の古社 祭・イベント• 六道山さくらまつり (4月上旬)• 残堀川ふれあいイベント (5月)• 殿ヶ谷・石畑・箱根ヶ崎三地区合同夏祭り (7月の上旬 - 中旬)• サマーフェスティバル (8月の第3土曜日(雨天時は翌日の日曜日に延期))• 町民体育祭 (10月)• こどもフェスティバル (10月)• 総合文化祭 (10月下旬~11月上旬)• 産業祭 (11月)• 駅伝競走大会 (1月) 著名な出身人物 [ ]• - 元サッカー選手、トップチームコーチ• - プロ野球選手、• - 声優• - 空手家、• - ミュージシャン、栗コーダーカルテットのメンバー• ()- お笑い芸人 ゆかりの人物 [ ]• - シンガーソングライター。 生前に在住していた。 - 造形物製作者。 瑞穂町を拠点に活動している。 その他 [ ]• は以下の通りである。 190-12xx:()が集配を担当• 市外局番 : 042[立川MA] 、0428[青梅MA](長岡4丁目の一部) 脚注 [ ] [].

次の

地域ネットワークおよび連携事業の検討状況や実施状況(瑞穂町)|東京都社会福祉協議会

瑞穂 町 教育 委員 会

公益財団法人 日本漢字能力検定協会 代表理事 会長兼理事長 髙坂 節三 当協会は、社会生活に必要な日本語・漢字の能力を高め、広く日本語・漢字に対する尊重の念と認識を高めるという理念のもと、2013年、公益財団法人としての事業活動を「すべての人の学びを支える」ものとするべく改革を進めております。 学校関係者の皆様より、当協会の代表理事として、また、これまで企業経営や教育に携わってきた立場から様々なテーマでの講演依頼が寄せられていますが、「すべての人の学びを支える」機会に繋がればとの思いから、その趣旨に合った講演を行っております。 講演での話が児童・生徒・学生、そして保護者の皆様や先生方にとって、学びの機会や生涯学習の一助となることを願っております。 代表理事 略歴 生年 1936年(昭和11年) 誕生 学歴 1959年(昭和34年) 京都大学経済学部卒業 職歴 1959年(昭和34年) 伊藤忠商事株式会社入社 1989年(平成元年) 同社 取締役、アメリカ会社執行副社長 1993年(平成5年) 同社 常務取締役、中南米総支配人 1995年(平成7年) 栗田工業株式会社 代表取締役専務 1999年(平成11年) 同社 取締役会長 2001年(平成13年) 同社 顧問 2009年(平成21年) 財団法人 日本漢字能力検定協会 理事 2010年(平成22年) 同協会 専務理事 2011年(平成23年) 同協会 理事長 2013年(平成25年) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 代表理事 2015年(平成27年) 同協会 代表理事 会長 2017年(平成29年) 同協会 代表理事 会長兼理事長 その間、東京都教育委員、拓殖大学客員教授、独立行政法人大学評価・学位授与機構運営委員、日揮株式会社社外取締役、外務省外務人事審議会委員、公益社団法人経済同友会幹事・諮問委員・憲法問題調査会委員長などを歴任。 主な活動 現在、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター理事、公益社団法人日本弘道会理事、公益社団法人経済同友会委員(教育改革委員会委員、学校と経営者の交流活動推進委員会委員、等) 主な著書 『教育委員になって知ったこと、考えたこと』(小学館スクウェア)2010年 『経済人からみた日本国憲法』(PHP新書)2008年 『国際資源・環境論』(都市出版)2005年 『昭和の宿命を見つめた眼-父・髙坂正顕と兄・髙坂正尭』(PHP研究所)2000年 主な論文等(主に教育関連を抜粋) 産経新聞「解答乱麻」への連載 すべてを包み込む日本の神道(産経新聞 2019年2月13日) (119KB) 現代スポーツで忘れられた遊び(産経新聞 2018年11月21日) (110KB) 明治150年を振り返る(産経新聞 2018年9月5日) (116KB) 横山大観に学ぶ(産経新聞 2018年6月20日) (113KB) 事実を踏まえた歴史の理解(産経新聞 2018年3月28日) (114KB) 宮大工の魂と畏敬の念(産経新聞 2017年12月13日) (113KB) 他人を顧みない「言葉の頽廃」(産経新聞 2017年9月27日) (116KB) 「教育勅語」に思う(産経新聞 2017年7月12日) (111KB) 変化の時代こそ「温故知新」を(産経新聞 2017年5月3日) (114KB) 「詰め込み」「ゆとり」を超えて(産経新聞 2017年2月1日) (112KB) タイの伝統の教育に顧みる(産経新聞 2016年11月23日) (114KB) リオから未来につなぐ緑に思う(産経新聞 2016年9月14日) (104KB) 苦しみを共有し考える意味(産経新聞 2016年7月6日) (543KB) チャレンジ支える教育者の力(産経新聞 2016年4月20日) (111KB) 改めて考えたい家庭の重要性(産経新聞 2015年11月11日) (107KB) 仏さまのオーケストラ(産経新聞 2015年7月8日) (96KB) 学校と経営者の交流活動(産経新聞 2015年3月28日) (103KB) 「一字」に多くのことを学ぶ(産経新聞 2015年1月10日) (103KB) 「旅」することの教育効果(産経新聞 2014年11月1日) (1MB) 日本の先生は自信を持って(産経新聞 2014年8月23日) (83. 9KB) 漢字がつなぐ絆プロジェクト(産経新聞 2014年6月21日) (88. 5KB) 五輪に思う子供たちの指導法(産経新聞 2014年3月29日) (91KB) 今年につながる「輪」の精神(産経新聞 2014年1月18日) (87KB) 五輪に思う畏敬の念(産経新聞 2013年11月9日) (87KB) 日中韓、800字共通漢字(産経新聞 2013年8月31日) (85KB) "名人"とお師匠さん(産経新聞 2013年6月22日) (88KB) 現代の「立志式」に寄せて(産経新聞 2013年4月13日) (106KB) 海外日本人学校に温かい目を(産経新聞 2013年1月26日) (92KB) 古典の日に想う(産経新聞 2012年11月10日) (104KB) 震災後、2度目のお盆に想う(産経新聞 2012年8月25日) (96KB) 歴史に学ぶ教育問題(産経新聞 2012年6月9日) (106KB) 我田引水目立つ「外国の教育」(産経新聞 2012年3月24日) (100KB) 「絆」に思う(産経新聞 2012年1月14日) (110KB) 海外での日本語教育充実を(産経新聞 2011年10月22日) (101KB) ふるさとを思う祈り(産経新聞 2011年8月1日) (98KB) 復興と「青空教室」(産経新聞 2011年4月9日) (101KB) 日本弘道会『弘道』への寄稿 教師の使命(『弘道 第1083号』2013年3~4月号) (7. 5MB) 新しい公民教育の確立(『弘道 第1072号』2011年5~6月号) (7. 4MB) 国語力を見直す(『弘道 第1066号』2010年5~6月号) (6. 7MB) その他 教育 対談(中西寛 京都大大学院法学研究科教授)(京都新聞「日本人の忘れもの<22>」2012年11月25日) (187KB) 大震災と「絆」(日本工業倶楽部『会報 第240号』2012年4月) (3. 2MB) メッセージ(ネットワーク日本 地球共生100人委員会コラム 2012年3月26日) (2. 2MB) 漢字で日本文化の発展に寄与(金融ファクシミリ新聞 TOPインタビュー 2012年3月) (1. 1MB) 代表理事の近況 2018年度 3月5日 火 テーマ: 「働くということ(働く意義や職業観)」(大田区立蓮沼中学校) 対象 : 中学3年生(1クラス)約39名 6月19日 火 テーマ: 「進路指導の難しさとやりがい」(千葉県高等学校教育研究会進路指導部会) 対象 : 県内の公私立高等学校、公立盲・聾・特別支援学校の進路指導主事 約180名 6月13日 水 テーマ: 「専門高校に期待するもの」(岩手県産業教育振興会) 対象 : 県内の高等学校長及び企業経営者 約70名 2017年度 12月20日 水 テーマ: 「社会における自己実現のあり方」(東京都立城東高等学校) 対象 : 高校1年生(1クラス) 40名 11月24日 金 テーマ: 「今日、高等教育に求められる人材育成」(金沢地区高等学校教頭・副校長会研究協議会/金沢地区高等学校教頭・副校長会) 対象 : 教頭・副校長 約60名 9月28日 木 テーマ: 「民間企業の人材育成とマネジメント」(西多摩郡合同管理職研修会/東京都檜原村教育委員会) 対象 : 校長 17名 7月6日 木 テーマ: 「希望する職業に就くために今なすべきこと」(清瀬市立清瀬第三中学校) 対象 : 中学1年生(1クラス) 31名 5月31日 水 テーマ: 「企業の人材育成、学校での人材育成」(佐藤栄学園教育推進会) 対象 : 佐藤栄学園教育推進会会員、OB・OG会員 約100名 2016年度 3月10日 金 テーマ: 「未来を考える~中学生に送るメッセージ~」(東京都多摩市立多摩中学校) 対象 : 中学3年生(1グループ) 約18名 3月8日 水 テーマ: 「君たちの進路を考えよう」(足立区立上沼田中学校) 対象 : 中学1年生(1クラス) 9名 2月8日 水 テーマ: 「仕事の歓び、働く意義を考える」(東京都立練馬高等学校) 対象 : 高校1年生(1クラス) 約40名 11月30日 水 テーマ: 「グローバリゼーションの時代に生きるために」(杉並区立阿佐ヶ谷中学校) 対象 : 杉並区立阿佐ヶ谷中学校地域教育連絡協議会員、保護者 約50名 11月28日 月 テーマ: 「夢・目標の大切さ」(横浜市立菅田中学校) 対象 : 中学1~3年生 515名 10月13日 木 テーマ: 「社会に出る前の今、私たちが身につけておくべきこと」(埼玉県立鳩ヶ谷高等学校) 対象 : 高校1年生 32名 8月4日 木 テーマ: 「未来を創造する人づくり」 (第55回全国高等学校教頭・副校長会総会及び研究協議大会/全国高等学校教頭・副校長会) 対象 : 全国高等学校教頭・副校長 約660名 7月8日 金 テーマ: 「社会の一員として」働くこととは(文京区立第一中学校) 対象 : 中学2年生(1クラス) 38名 2015年度 3月19日 土 テーマ: 「教育フォーラム参加の保護者より教育者への質問事項に対する返答」(「第10回教育フォーラム」) 対象 : 教育フォーラム参加の保護者 約10名 2月13日 土 テーマ: 「仕事とは何か-目的や意義、社会や企業が求める人材、今何を学ぶべきか-」(東京都立三鷹中等教育学校) 対象 : 中学2年生(1クラス) 約40名 1月28日 木 テーマ: 「企業の求める人間像」(埼玉県立越ヶ谷高等学校) 対象 : 中学2年生(1クラス) 40名 1月21日 木 テーマ: 「これからの学校教育の在り方」(特別区統括指導主事会1月例会) 対象 : 東京23区統括指導主事 約30名 12月22日 火 テーマ: 「これからの社会が求める人」(東京都立大江戸高等学校) 対象 : 高校1年生~4年生 500名 11月27日 金 テーマ: 「これからの時代に求められる人材の姿について」(千代田区立中学校PTA協議会) 対象 : 区内3校PTA役員、教員、教育委員会関係者 約50名 11月26日 木 テーマ: 「進路・職業観や生き方について」(足立区立千寿桜堤中学校) 対象 : 中学1年生(1クラス) 33~34名 7月16日 木 テーマ: 「これからの社会が求める人材とは-今、身につけておかなければならないこと・学ぶべきことは何だろうか-」(墨田区立両国中学校) 対象 : 中学2年生(1グループ) 21~22名 7月3日 金 テーマ: 「社会人になる、仕事(就職)をする意味」(江戸川区立瑞江第三中学校) 対象 : 中学1年生(1クラス) 35名 6月12日 金 テーマ: 「中学生としてやるべきこと」(横浜市立菅田中学校) 対象 : 中学1年生~3年生 521名 5月16日 土 テーマ: 「進路を考える」(田園調布学園中等部・高等部) 対象 : 中学3年生~高校3年生 47名 2014年度 3月14日 土 テーマ: 「これからの社会で求められる力と教育のあり方」(2014年度 第9回「教育フォーラム」) 対象 : 教員(副校長) 10名 3月12日 木 テーマ: 「自分の進路を自分で切り開こう」(多摩市立多摩中学校) 対象 : 中学3年生 20~25名 1月29日 木 テーマ: 「大学進学、社会に出る前に取り組む事、心構え」(埼玉県立越ヶ谷高等学校) 対象 : 高校2年生(1クラス) 40名 12月17日 水 テーマ: 「働くことの意義、楽しさ、厳しさ」(東京都立日本橋高等学校) 対象 : 高校1年生(1クラス) 約40名 12月9日 火 テーマ: 「進路・職業観や生き方について」(足立区立千寿桜堤中学校) 対象 : 中学1年生(1クラス) 34~35名 11月14日 金 テーマ: 「働くとは、働くことの意義」(清瀬市立清瀬第二中学校) 対象 : 中学1年生(1クラス) 32~33名 10月9日 木 テーマ: 「社会に出る前の今、私たちが身に付けておくべきこと」(埼玉県立鳩ヶ谷高等学校) 対象 : 高校1年生 33名 10月3日 金 テーマ: 「社会の一員となるために」(練馬区立石神井西中学校) 対象 : 中学2年生 223名 9月26日 金 テーマ: 「働くことの意義」「中学生時代に身に付けておくべきこと」(足立区立竹の塚中学校) 対象 : 中学2年生 85名 9月13日 土 テーマ: 「自分の将来を考える」(足立区立花畑中学校) 対象 : 中学1年生(1クラス) 20~25名 8月29日 金 テーマ: 「学校経営に想うこと」 (足立区立副校長会研修会/足立区立中学校副校長会) 対象 : 副校長 1グループ 8月19日 火 テーマ: 「あきない道と指導者に望むもの」 (商業教育130周年記念 平成26年度第7回全国商業教育指導者研修会/全国商業高等学校長協会) 対象 : 各都道府県代表商業科教諭 47名 7月10日 木 テーマ: 「日本語力をつけるには」(埼玉県深谷市立豊里小学校) 対象 : 小学4年生~6年生 105名 5月30日 金 テーマ: 「働くということ ……人は、なぜ働くの?」(国学院大学久我山中学高等学校) 対象 : 女子・中学2年生 136名 5月29日 木 テーマ: 「グローバルな視点から見た企業における人材育成・経営マネジメント」 (木曜研修会(教育管理職選考受験希望者研修会)/世田谷区立中学校長会) 対象 : 校長、副校長、主幹教諭、教諭等 約30名 2013年度 3月13日 木 テーマ: 「勉強するのは何のため?働くってどういうこと?」(国立市立国立第二中学校) 対象 : 中学2年生(1クラス) 約35名 2月13日 木 テーマ: 「働くことの意義について」(第1学年の進路学習会/江戸川区立松江第六中学校) 対象 : 中学1年生(1クラス) 約30名 2月5日 水 テーマ: 「学校の諸問題と先生方への期待」(教務・校務主任者会研修会/愛知県田原市小中学校) 対象 : 小中学校教師(教務・校務主任者) 約60名 1月7日 火 テーマ: 「これからの社会で求められる人材」(教員研修会/岩手県立総合教育センター) 対象 : 小学校、中学校、高等学校、養護学校、特別支援学校の教員(教諭) 約450名 12月18日 水 テーマ: 「働くことの意義、楽しさ、厳しさ」(第一学年キャリア講演会/東京都立日本橋高等学校) 対象 : 第一学年1クラス 約40名 11月21日 木 テーマ: 「学校経営とリーダーシップ」(平成25年度江戸川区校長研修会/江戸川区教育委員会) 対象 : 江戸川区小・中学校長、幼稚園長 約110名 11月11日 月 テーマ: 「働くことの意義、楽しさ、厳しさ」(埼玉県立草加南高等学校) 対象 : 高校1年生1クラス 約41名 8月20日 火 テーマ: 「リーダーシップについて考える」(平成25年度第6回全国商業教育指導者研修会/全商会館) 対象 : 各都道府県代表商業科教諭 47名 7月29日 月 テーマ: 「これからの社会で求められる人材」(教員研修会/岩手県立総合教育センター) 対象 : 小学校、中学校、高等学校、養護学校、特別支援学校の教員(教諭) 約450名 7月4日 木 テーマ: 「企業経営と人材育成」(平成25年度新任校長研修/滋賀県総合教育センター) 対象 : 小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の新任校長 他 約90名 6月8日 土 テーマ: 「働くことと学ぶこと」(キャリア教育/東京都青梅市立第一中学校) 対象 : 中学2年生 約120名 6月1日 土 テーマ: 「21世紀に生きる君たちへ」-自分の生き方を考え、将来を考える(公開講座/東京都文京区音羽中学校) 対象 : 中学1年生~3年生、教員、保護者 約330名 5月31日 金 テーマ: 「求める社会人像」(東京都立第五商業高等学校) 対象 : 高校3年生 約200名 5月18日 土 テーマ: 「進路を考える」(田園調布学園) 対象 : 中学1年生~高校2年生 約40名 5月8日 水 テーマ: 「これからの小学校教育に求められるもの」(東京都文京区小学校教育研究会) 対象 : 文京区教育長、教育委員、教育指導課長、指導主事、文京区立小学校教員 約450名 4月17日 水 テーマ: 「学校教育に求められるもの」(東京都西多摩郡瑞穂町公立小学校教育研究会) 対象 : 瑞穂町教育長、教育委員、指導室長、指導主事、瑞穂町公立小学校・中学校の全教員 約200名•

次の