乱数調整。 剣盾での乱数調整のやり方。

【剣盾乱数調整】最新ツールとPCでやる剣盾レイド乱数調整

乱数調整

クロウ君にそそのかされての最強武器、ザイテングラートを出す乱数調整に挑戦することに。 基本的なやり方は以下のサイトを参考にした。 ザイテングラート ここでは書かれていない注意点などを追記しておく。 ・透明トレジャーの出現判定は、最初の「0」で行なっている。 従ってSearch patternに「0」を入力することで、透明トレジャーを出すだけの「練習」ができる。 ・本番では、目的パターンが5000ぐらいまでに出なかったらやり直した方が良い。 (待ち時間の問題なので、好みによるところではある) ・4倍速で自分に「たたかう」連打した際、上記サイトでは乱数が1300程度進むと書かれていたが、実際には1000程度しか進まなかった。 環境に依存する可能性があり注意が必要。 そのため、自分に「たたかう」のは目的箇所の30ぐらい前になったら止め、ケアルで進めた方が良い。 ・一晩スリープさせてからの復帰後は、初期seedの検索に失敗した。 本体の再起動により検索できるようになった。 透明トレジャーを出すには操作の慣れが必要なようで、昨日は10回以上失敗したが、今日一度出せてからはかなり成功率が上がった。 乱数調整とはいえ、結局は地道な努力が大事なようだ。 参考文献: namakemono289.

次の

主観での各乱数調整の難易度について

乱数調整

乱数調整特化型のカスタマイズです。 乱数調整だけでなく自動周回や自動孵化にも対応しました。 (20020715) 使用や準備等におけるトラブルへの対応はできません。 すべて自己責任のもと行ってください。 (さん) をもとに作成しています。 公開許可を下さったことと合わせてお礼申し上げます。 やれること• 乱数調整補助• 高速乱数消費• seed特定に必要な操作(レイドを繰り返す作業等)• 本ツールはゲームの操作を補助するものであり、seed特定ツールではありません• ぼんじり様のなどを使用してください• 自動周回• きのみ集め• 羽集め• IDくじ• バトルタワー• ほりだしもの市• 自動レイドバトル• W稼ぎ• タマゴ孵化• 左パッド動くようになりました(20200715) 用意するもの さんと同じです。 要望があれば詳しくかきます。 各種プログラム• 本ツール()• Arduinoにプログラムを書き込むためのツール()• Arduinoをコントローラとして認識させるツール()• NET環境のあるWindowsPC (Windows 10以外は未検証)• マイコン(Arduino Leonard 若しくはその互換)• FTDI FT232 (USBシリアル変換)• PCとArduinoをつなぐUSBケーブル• ArduinoとFTDI FT232をつなぐジャンパ線• FTDI FT232とSwitchをつなぐUSBケーブル• USB接続のコントローラ(を使用しました) 導入• 本ツールのダウンロード• をダウンロードする• マイコン(Arduino Leonard)の準備・書き込み・接続• さんと同じです。 準備ができたら、SwitchとFT232基板(小さいほう)、ArduinoとPCをつなぐ• このとき、無線コントローラが繋がっていると動作しないので、Switchのコントローラは本体につけておく 使う前のSwitch側の設定• 本体設定の「インターネットで時間を合わせる」を OFFにする• Xメニューを下図のように配置する• 設定を下図のようにする• バッグの道具を、けいけんアメが 一番上に来るようにする(Lv100にできるだけの数があること)• 手持ちのポケモンを レイド用1体のみにする• タマゴ孵化の場合は特性「ほのおのからだ」1体のみにする 使う前のPC側の設定• コントローラを動かしてみて、右側のINPUTのテキストが想定通りに変わればOKです 使い方 基本的に見たままの内容です。 ボタンへのオンマウスでツールの使い方が出ます。 日付設定• ゲーム画面を表示した状態でクリック• 場所はどこでもOK• seed特定(レイド使用)• レポート後次の4日目へ• レイド画面を表示した状態でクリック• 4日目(1体目)が目的のポケモン(2V,3V)が出なかった場合に使用します• 1日ずらした後の4日目へ• どの画面でもOKです• 4日目(1体目)が目的の個体値でなかった場合に使用します• N日目の個体• どの画面でもOKです レイドバトル• レイド開始(みんなで・ひとりで)• レイド画面を表示した状態でクリック• ダイマックスしてN番目の技使用• たたかうが表示されている状態でクリック• 押したあとは基本Aボタン連打を押しておけば大抵は勝てます レイド後個体値確認• レベル100にする• フィールド上で押してください• バッグを開いて、手持ちの2体目にけいけんアメをMAXまで与えます• ステータス表示• 最初に入力するであろう性格を表示します 高速消費( ランクマ後)• N日進める• ワイルドエリアから ポケモンセンターの中に移動した状態で使います• ワイルドエリアで行うとエラーが発生しやすいそうです• 2060年以降はうまく動作しないそうなので、最大消費数をとれるよう日付を最小値にしてから開始しています 日付調整• レイド画面を表示した状態でクリック• 周回ボタン• それぞれ対象に向かってAボタンが押せる状態でクリック• タマゴ孵化• ワイルドエリアのハシノマ原っぱに移動• Xメニューを開く• 「ポケモン」を開く• 手持ちを特性「ほのおのからだ」1体にする• 「R」を押してボックスを表示する• 空のボックスを表示する• ボックス・「ポケモン」の表示を閉じる• 「タウンマップ」に矢印をあわせた状態にし、Xメニューを閉じる 最後に 所感• さんだとタイミングが合わずずれが生じて使えなくて困った• ワンボタンで大抵のことをやりたかった• スマホやタブレットから操作ができるようにしたかった(リモートデスクトップ利用)• ディスプレイが1枚しかなくて困っていた• 下記のような地味に繰り返しの作業が多くて疲れた• 4日目 1体目 が目的のポケモンのレイドでない場合に、レポート・次の4日目へ進む• レイド後に経験飴を与えてレベル100にする• ステータスを表示する など• コントローラが使いたかった• コントローラの実装難しすぎてつらかった 注意• 様の日付すすめボタンとは少し仕様が違うので注意してください• 本ツールはゲーム画面の状態から始めます 参考• うまく動かない• 本体の設定、ソフトの設定、Xメニューの配置(と矢印の位置)、道具の配置などが指定の位置にあるか確認してください• タイミングが合わない• 機種やソフトごとに若干待機時間が異なるためあわない場合があります.

次の

【トップ記事】第3世代乱数調整(エメループ)まとめ

乱数調整

主観での各世代の乱数調整の難易度について このページでは各世代の乱数調整の難易度について記述していきますが、各世代の難しい乱数調整を書いてはきりがないので、よく使う乱数調整の難易度を書きます。 また、挑戦していない乱数調整もあるので、少々間違った知識があるかもしれません。 難易度なので余り鵜呑みにしないように。 また、このページは乱数の仕組みの話をするのではなく、たくさんのツール制作者様に公開していただいているツールを使って調整した場合の難易度です。 ツール制作者様や解析者様に感謝しながら使用しましょう。 ブラック2・ホワイト2 BW2 BW2の乱数調整ですが、難しいというよりイライラします。 理由はBW,BW2にはTimer0というものが存在します。 これはゲームを起動したときに決まる値で、5種類ほど存在するみたいです。 このTimer0を目的の物にしないと乱数調整が成功しません。 そしてこれが調整できないので、目的の物が来るまでやり続けるしかないです。 これはほぼ調整できないと言われていて、何度も失敗するのでイライラします。 ですが、ハイリンク乱数など難しい乱数をしなければ、タイミングはシビアではなく、1秒単位なので楽に調整できます。 BW2しか出ないポケモンが少ないのが少し残念です・・・ ブラック・ホワイト BW 次にBWですが、BWの乱数調整は調整するだけなら一般的に簡単といわれていて、孵化での量産なども簡単です。 パラメータの特定もゲームを始めからにしてIDをみればわかるようになったので、非常に楽です。 ハイリンクに関しては別です。 また、徘徊系も少し面倒なので興味がある人は覚悟しましょう。 理由はここでは説明しませんが、タイミングがシビアとだけ思っていただければいいです。 これだけ聞けばむずかしいと感じるかもしれませんが、実際にやってみるとそうでもないです。 タイミングさえ合わせれれば簡単に調整できます。 計算が難しいと思っている人も他人が成功させたものと同じようにやれば成功すると思います。 また、様々なツールで計算出来たりするので、なれれば楽です。 4世代にはゲットできるポケモンも多いので覚えることをお勧めします。 少しタイミングを取るのは難しいですが、慣れや、試行回数があれば成功するので、根気強く頑張りましょう。 孵化も野生も固定もタイミングを合わせるだけなので複雑なわけではないです。 エメラルドは初期seedが固定なので、欲しい個体を出そうと思ったら長時間待機になってしまいがちですが、待つだけなので頑張りましょう。 また、最近はバトルビデオを使って待機を楽にする方法もあるので、興味がある人は調べてみましょう。 ですが、シンクロが効かなかったり、バトルビデオが無かったりするので少し違います。 エメラルドはID調整がほぼ不可能と言われていますが、RSは簡単にID調整できるので、野生ポケモンなどを簡単に色違いにすることができます。 また、電池切れのRSは初期seedが固定されているのですが、電池を入れると初期seedが時間によって変わるので、電池を入れ替える作業を挟むことで、高個体のポケモンを比較的楽にゲットできます。 ボールや色にこだわる人はチャレンジする価値があると思います。 ファイアレッド・リーフグリーン FRLG FRLGに関してはやったことがないので、詳しくは書きませんが、難しいです。 準備が大変で精度も必要なので、手を出す人が少ないです。 サファリボールラッキーやガルーラ・ケンタロスなどがほしい人は頑張りましょう。 わたしも3世代で高個体ミュウツーがほしいので、そのうちチャレンジするかもです。 ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア 最近やり方とツールが公開されたXDです。 むずかしいイメージがあるかもしれないですが、やり方さえ覚えれば簡単です。 感覚的には、すごく時間のかかるBW2みたいな感じです。 待機時間がどうしても長くなるのと、1回に時間がかかったり、環境を整えるのに少しお金が必要になるので、そこがネックです。 ちなみにGCでもWiiでもできます。 さらに需要が高いポケモンは簡単なのが多いので、挑戦してみてもいいと思います。 (ルギア・サンダー・フリーザー・ヨマワル・エレブー・ブーバー・バリヤード・ラッキー等は比較的簡単) ですがポケモンによっては簡単=成功する。 ではなく、NPC等のもろもろ消費が激しいところでは、やり方があっててもなかなか成功しません。 何十回とやり直して、やっと成功みたいなことが少なくないです。 成功しにくいポケモンはファイヤー・サイドン・トゲピー・オオスバメ(ザングース・ヒメグマ)等です。 チェックサム乱数 これはRSと合わせるか悩みましたが、分けました。 これは何かというと、北米版のRorSと北米版のGC,コロシアムのボーナスディスクを使って、ボーナスディスクでもらえるジラーチを乱数調整するというものです。 今のところジラーチくらいしか聞いたことがないです。 まず、この乱数調整は環境を整えるのが難しいです。 理由としてRSでは戦闘中はプレイ時間の進みが遅いからです。 なので、一定の時間でレポートしないといけないチェックサム乱数では、戦闘の時間を一定にしないと再現性がとりにくいからです。 これは私も苦労しました。 まとめ XDやRSEmは敬遠されがちですが、実際に乱数を調整するだけならむずかしくはないです。 ツール制作者様や解析者様に感謝です。 私が"個人的に"思う難易度順は 簡単 難しい BW<BW2<HGSSDPPt<XD<エメ<RS<FRLG<checksum だと思っています。 XDは覚えさえすればポンポンできるので、そこまで難しくないイメージです。 あくまでも個人の意見ですので・・・ 参考にでもなれば。

次の