アスパラ ガス 栽培 方法。 アスパラガスを栽培しよう!苗の植え方は?販売時期はいつ頃?

アスパラガスの栽培方法・育て方のコツ

アスパラ ガス 栽培 方法

アスパラガスに発生しやすい害虫の種類と症状(食害跡) アスパラガス に発生する害虫は葉や茎を食害するものが多いのが特徴です。 葉を必要以上に生い茂らないように窒素分の少ない肥料を使うようにしましょう。 また、株を密植しすぎると害虫の住処を増やすことにつながります。 アスパラガスに発生する害虫の多くは春から秋にかけて発生します。 食害は葉だけでなく、茎にも及び、初期対策を怠ると大量発生につながるので早期の発見・駆除を心掛けましょう。 アスパラガスに発生する害虫 による食害跡の見た目の特徴は 葉の先端が凹む・茎が曲がったり褐色になる(ジュウシホシクビナガハムシ)、茎や葉がかじられてなくなる(ハスモンヨトウ・ヨモギエダシャク)などです。 ジュウシホシクビナガハムシ アスパラガスの葉先端部分がかじられて凹む 発生しやすい時期 :4~10月 食害跡の特徴 :葉の先端がかじられて凹む。 茎に被害を受けると曲がったり褐色になる。 発生原因 :飛来によって発生する。 駆除方法 :無農薬と駆除剤両方での治療が可能。 ハスモンヨトウ 体はイモムシ状。 アスパラガスの葉や茎の表面が幼虫によって食害され成長が阻害される。 発生しやすい時期 :7~11月 食害跡の特徴 :新葉(広がったばかりの葉)や茎がかじられて株の成長が遅れてしまう。 夏から初秋の高温が続く時期に発生しやすい。 発生原因 :栽培地周辺の雑草地から飛来する。 駆除方法 :無農薬と駆除剤両方での治療が可能。 ヨモギエダシャク アスパラガスの葉や茎がなくなるまで食べられてしまう。 発生しやすい時期 :5~10月 食害跡の特徴 :葉や茎が食べられる。 単独で加害するのが特徴で大きな被害にはなりにくい。 枝と見間違えやすいので注意。 発生原因 :孵化した幼虫が風によって運ばれる。 駆除方法 :見つけ次第、すり潰す。 アスパラガスに発生しやすいその他の害虫の種類と対策は? アザミウマ: 葉に白い斑点が付く オオタバコガ: 集団で葉を食害され株の成長が悪くなる。 アスパラガスの害虫被害を防ぐための防除策は? アスパラガスの害虫を予防するには早期に害虫を見つけて駆除することがポイントです。 特に集団で加害するハスモンヨトウの被害に注意しましょう。 発見が遅れると被害が甚大になってしまいます。 株は適度に株間を確保し葉が込み合わないようにすることで、害虫が見つけやすしたり害虫の住処を無くしたりすることが出来ます。 茎葉の込み合いを避けることも害虫対策になります。 刈り取った株は畑に放置せず、畑の外に持ち出して処分しましょう。 収穫後の残渣にも卵が残っていることがあり、翌年以降の発生につながることがあります。

次の

アスパラガスの育て方・栽培方法まとめ【年間作業日記】

アスパラ ガス 栽培 方法

アスパラガスに発生しやすい害虫の種類と症状(食害跡) アスパラガス に発生する害虫は葉や茎を食害するものが多いのが特徴です。 葉を必要以上に生い茂らないように窒素分の少ない肥料を使うようにしましょう。 また、株を密植しすぎると害虫の住処を増やすことにつながります。 アスパラガスに発生する害虫の多くは春から秋にかけて発生します。 食害は葉だけでなく、茎にも及び、初期対策を怠ると大量発生につながるので早期の発見・駆除を心掛けましょう。 アスパラガスに発生する害虫 による食害跡の見た目の特徴は 葉の先端が凹む・茎が曲がったり褐色になる(ジュウシホシクビナガハムシ)、茎や葉がかじられてなくなる(ハスモンヨトウ・ヨモギエダシャク)などです。 ジュウシホシクビナガハムシ アスパラガスの葉先端部分がかじられて凹む 発生しやすい時期 :4~10月 食害跡の特徴 :葉の先端がかじられて凹む。 茎に被害を受けると曲がったり褐色になる。 発生原因 :飛来によって発生する。 駆除方法 :無農薬と駆除剤両方での治療が可能。 ハスモンヨトウ 体はイモムシ状。 アスパラガスの葉や茎の表面が幼虫によって食害され成長が阻害される。 発生しやすい時期 :7~11月 食害跡の特徴 :新葉(広がったばかりの葉)や茎がかじられて株の成長が遅れてしまう。 夏から初秋の高温が続く時期に発生しやすい。 発生原因 :栽培地周辺の雑草地から飛来する。 駆除方法 :無農薬と駆除剤両方での治療が可能。 ヨモギエダシャク アスパラガスの葉や茎がなくなるまで食べられてしまう。 発生しやすい時期 :5~10月 食害跡の特徴 :葉や茎が食べられる。 単独で加害するのが特徴で大きな被害にはなりにくい。 枝と見間違えやすいので注意。 発生原因 :孵化した幼虫が風によって運ばれる。 駆除方法 :見つけ次第、すり潰す。 アスパラガスに発生しやすいその他の害虫の種類と対策は? アザミウマ: 葉に白い斑点が付く オオタバコガ: 集団で葉を食害され株の成長が悪くなる。 アスパラガスの害虫被害を防ぐための防除策は? アスパラガスの害虫を予防するには早期に害虫を見つけて駆除することがポイントです。 特に集団で加害するハスモンヨトウの被害に注意しましょう。 発見が遅れると被害が甚大になってしまいます。 株は適度に株間を確保し葉が込み合わないようにすることで、害虫が見つけやすしたり害虫の住処を無くしたりすることが出来ます。 茎葉の込み合いを避けることも害虫対策になります。 刈り取った株は畑に放置せず、畑の外に持ち出して処分しましょう。 収穫後の残渣にも卵が残っていることがあり、翌年以降の発生につながることがあります。

次の

アスパラガスの栽培方法・育て方のコツ

アスパラ ガス 栽培 方法

アスパラガスの育て方とポイント アスパラガスは若い芽を食べる アスパラガスは、若い芽の部分(実際は茎)を食べる野菜です。 春になって地表に萌芽(ほうが)してくる若茎(わかぐき)を収穫します。 グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスとの違いは栽培方法です。 盛り土をして、光をさえぎることで白いアスパラガスになります。 また、近年では紫色の品種もあります。 涼しい気候を好み、日本では北海道や長野県が主な産地ですが、四国や九州でもハウス栽培で育てることができます。 露地栽培やハウス栽培などの栽培方法ごとに収穫時期は異なりますが、一般的には春から夏にかけて収穫します。 育苗のポイント アスパラガスの根は言わば養分の貯蔵庫で、根に蓄えられた養分を使って成長します。 株が大きくなるほど、収量が上がる可能性があります。 種をまいてから十分な栄養を蓄えられるように1~2年間は株を養成する必要があり、そのあいだは収穫できません。 アスパラガスは一度植えると、10年以上、毎年栽培できる多年生植物です。 その手間や収穫までの時間を考えれば、家庭菜園でアスパラガスを育てる際には、苗を購入して育てるほうがお手軽かもしれません。 日当たりが重要 アスパラガスは日当たりの良い場所を好みます。 春から夏は日光を浴びて養分を蓄えます。 25センチほどになった若茎を収穫しますが、丈夫な茎はそのまま5~6本程度残します。 残した茎(親茎や養成茎と呼びます)は、光合成を行わせるために育てます。 これを立茎(りっけい)と言い、葉が茂って光合成が行われることで、萌芽に使った根の養分がまた蓄えられていきます。 親茎以外の若茎が萌芽してきたら収穫できます。 親茎は冬には黄色く枯れます。 黄色くなったら、地表に出ている部分は根元から刈り取り、焼却するなどして処分します。 すると土中に残った根に蓄えられた養分を使って、春の訪れとともに萌芽してくるのです。 おいしいアスパラガスを育てるために 背の高い茎と、深い根 一般的にアスパラガスは2メートル以上にも育ちます。 なかにはてっぺんまで手が届かないなんてものも。 支柱を立てネットを張って、茎が倒れないように安定させましょう。 さらに根は深さ1メートル以上、幅1. 5メートル以上にも広がります。 湿害と乾燥には弱いため、あらかじめ排水性の良い土壌に植えて、堆肥などを使って豊潤な土壌を作り、水をたっぷり与えることも大事なポイント。 また、水やりのときに液体肥料をあげるのも良いでしょう。 アスパラガスの病気 アスパラガスには茎枯(くきがれ)病という、致命的な病害があります。 茎に褐色の斑点ができて、悪化すると、茎葉全体が枯れてしまいます。 薬剤の使用や発病した茎の除去など、防除を定期的に行い、雨よけや泥はねなどの対策をしましょう。 また、冬には寒さで凍害になることもあります。 堆肥やマルチなどで地上面を覆うなどして、凍害を防ぎます。 アスパラガスをプランターで育てるには? アスパラガスは上述のとおり、深く根を張ります。 そのため、プランターで育てるには小型以上で深型のものが必要になります。 また、長期的に収穫できるため、丈夫なものを選ぶといいでしょう。 排水性を良くするために、赤玉土をプランター底に敷き詰め、その上に培養土を入れて、育てます。 アスパラガスの水耕栽培 アスパラガスの水耕栽培は可能なのでしょうか。 土を使わず、水と液体肥料で育てる水耕栽培なら、広い畑も必要ありませんし、室内で気軽に試してみることができます。 アスパラガスを水耕栽培で育てることも可能ではあります。 ただし、茎葉が大人よりも高くなり、根も深く広くなることから考えると、あまり自宅でアスパラガスの水耕栽培というのは向いていないと言えます。 また、10年以上収穫が可能な多年生植物でもあり、その間の水の管理を考えれば、難しいことが想像できます。 アスパラガスの栽培に詳しい明治大学農学部農学科専任准教授の元木悟(もとき・さとる)さんに聞くと、「アスパラガスの水耕栽培は、試験栽培ではできるのですが、経済栽培(収入目的の栽培)が厳しいため、ほとんど行われていません。 私どもも企業様と実用化に向けて研究を進めているところです」と答えてくれました。 アスパラガスをおいしく育てるには、根に養分を蓄えることが重要です。 根が元気になれる環境を用意して、おいしいアスパラガス作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。 記事協力:明治大学農学部農学科専任准教授 元木悟.

次の