ガンランス 砲術。 MHWでガンランスを使いたい人向けの手引書 知識編

【MHWI】砲術レベル5が発動するEXゾラマグナシリーズを使ったガンランス装備

ガンランス 砲術

覚醒武器採用のテンプレ装備 部位 防具名 スロット 武器• 自由枠【4】 頭• 自由枠【3】• 自由枠【1】 脚• 自由枠【4】• 自由枠【1】 護石 なし 発動スキル - シリーズスキル 覚醒武器を利用してシリーズスキル「熔山龍の真髄」を発動させた新しいテンプレ装備です。 ゾラマグ装備3箇所のテンプレ装備よりもさらに幅広いカスタマイズが可能です。 覚醒武器のカスタム強化はで回復能力とスロット強化がおすすめです。 残りの枠は切れ味強化とスロット強化が特におすすめです。 臨界ブラキ採用の突き砲撃装備 部位 防具名 スロット 武器• 自由枠【4】• 護石 なし 発動スキル - シリーズスキル 臨界ブラキの装備一式を採用した、突き砲撃の新しいテンプレ装備です。 砥石使用高速化と剛刃研磨で斬れ味をカバーし、立ち回りをカバーします。 自由枠や超心・体力珠で超会心を補えば突き攻撃も十分なダメージを与えられ、放射ガンスにも劣らない火力が実現できます。 放射ガンランス装備 部位 防具名 スロット 武器• 部位 必要素材 頭• 放射ガンランスは溜め砲撃を主体に戦うので集中を装飾品で発動させましょう。 空きスロットには、体力増強などの生存スキルや納刀術、回避距離などの立ち回りを補強するスキルがおすすめです。 マスターランク序盤おすすめ装備 部位 防具名 スロット 頭• 自由 胴• 自由 腕• 自由 腰• 自由 脚• 部位 作成に必要な素材 頭• 装飾品で耳栓を付ければ、耳栓がLv5となり、攻撃やクラッチクローなど狩りやすさが飛躍的に向上するため、初心者にもおすすめです。 装飾品は手持ちのものから耐性など耐久関係のスキルか、砥石使用高速化や納刀速度などのものをセットしましょう。 マスターランクラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器• 部位 必要素材 頭• 装飾品があれば終盤以降も十分使っていけるスキルが揃っています。 武器は放射属性の竜骨銃槍を使用していますが、プレイスタイルに合わせて拡散のジャグラス派生や通常の鉱石派生銃槍でも良いでしょう。 マスターランククリア後おすすめ装備 砲術極意・集中発動ベース装備 部位 防具名 スロット 武器• 部位 必要素材 頭• ガード強化や残りの砲術は装飾品で補う必要があるので、装飾品を所持しているプレイヤー向けの装備です。 放射向け砲術5集中3のテンプレ装備 部位 防具名 スロット 武器• 自由枠 護石 なし 発動スキル - 自由枠も確保した汎用性の高い放射ガンランス装備 放射Lv6を持つ強力なヴァルハザク武器を採用した装備です。 砲術やガード性能・強化を発動しつつ集中や回避距離も完備しています。 護石を最大まで強化できればさらに自由枠が増えます。 スリンガー装填数UP極意採用のテンプレ装備 部位 防具名 スロット 武器• 自由枠【4】• 部位 必要素材 頭• 装飾品も含め制作難易度は高いですが、無駄なスキルのない強力な装備です。 「短縮・体力珠」など強力な4スロ装飾品を所持していれば、さらに自由枠を設けることができます。 装飾品要求の低いテンプレ装備 部位 防具名 スロット 武器• 部位 必要素材 頭• 装飾品で必須のものが少ないので、アイスボーンからガンランスを始めたプレイヤーの方におすすめです。 空きスロットには体力増強や耐性スキルなどを入れて耐久面をカバーしましょう。 砲撃による肉質無視も強力ですが、無属性強化を利用した通常攻撃の火力も高さも魅力です。 なし 頭• ガード性能5や体力増強3など、安定択が取れるスキルを採用し、集中によってガンランスの溜め砲撃速度も上昇させています。 突き砲撃の火力装備• ガンランスの切れ味の消費が激しいという難点を業物でカバーしているため、安定した火力と扱いやすさが見込めます。 なし 頭• 、 攻略班の一言 放射の 溜め砲撃を主軸として戦うクリア後ガンランス装備です。 安定して 90~100の固定ダメージを与えられる砲撃は非常に強力で、肉質の硬いモンスターには特に有効です。 切れ味黄色以下で砲撃のダメージも落ちてしまうので、 砥石使用高速化を発動させて火力低下を抑えています。 竜撃砲の冷却時間が減少する。 起爆竜杭の持続時間が伸びる。 ただし、斬れ味ゲージの限界以上には長くならない。 みんなの投稿装備• 『フルバ蚊ンス』とは違い、こちらは『薙ぎ払い蚊ンス』としており、切れ味ゲージが素でMAXのネルギ武器にゾンビ装備を合わせたものです。 薙ぎ払いはヴァルハザクの頭に一発170~200ダメで、叩き付けとセットで300前後のダメージが出せます。 また回避距離2により、納刀せずに踏み込み突き上げで間合いが詰めれます。 ガード強化がいらない、という方は超心珠で火力アップを狙いましょう。 砲術系の珠が出ないけど、英雄槍でカスタム強化が出来る方にオススメです。 使用感は回復アイテムがほぼいらなくなり、余程のことがなければマルチでもまず乙らない安定した装備です。 集中で溜め砲撃の時間を短縮し、納刀術、砥石使用高速化、剛刃研磨の3つで出来る限り隙を減らしつつゲージを維持します。 基本的に砲撃を使用するので火力は砲術のみで十分ですが、ディアネロ装備の集中のおまけで鈍器使いが発動しているので、突きによるダメージもある程度向上しています。 納刀術は余った2スロットに入れているので自由枠です。 ここに爆破珠を2つ入れて爆破属性強化を発動させるのもありだと思います。 カスタム強化は回復能力付与か、もしくはスロット強化で速納珠や爆破珠を1つ増やすのがお勧めです。 見た目は…お察しください。 正直なところ今作はガード強化は必要ないかもしれませんが、今までガード強化とガード性能を組み合わせてきたので完全に趣味で発動させています。 武器スロも使えばLv3も可能です。

次の

【MHW】ガンランスの最強武器3+1選!砲撃タイプごとの最適な立ち回りは?【通常・放射・拡散型】

ガンランス 砲術

匠3で白ゲージが出現するので、剛刃研磨と組み合わせれば1分間火力の底上げができます。 通常型の最適な立ち回り 通常型は、装弾数が標準で5発あるうえに、倍率は1. 1倍と全砲撃タイプ中TOPなので、 フルバーストを主軸とした立ち回りが向いています。 フルバーストの最大の特徴は、肉質の影響を受けない瞬間火力の高さです。 どんな相手でも、攻撃部位を問わず確実にダメージを与えることができます。 5倍と強くありません。 これらのアクションも使いたい場合は、他の砲撃タイプの方が適しています。 いずれにしても、非常に強力です。 基本のフルバーストコンボ 基本は「踏み込み突き上げ」or「斬り上げ」始動で、• 「フルバースト(〇)」 といった具合にフルバーストに繋ぎます。 フルバーストの後は、以下のコンボでループすることができます。 「クイックリロード(R2+〇)」• 「クイックリロード(R2+〇)」• 「フルバースト(〇)」 という感じですね。 「単発砲撃」始動は、肉質が硬い部位でも弾かれずにフルバーストまでもっていけるのでディアブロス亜種やヴォルガノス相手に有効です。 切れ味は緑ですが、匠3以上で青ゲージが発生するので剛刃研磨と組み合わせれば殴り火力も十分あります。 放射型の最適な立ち回り 放射型Lv4の単発砲撃は拡散型Lv3とほぼ同等のダメージで、溜め砲撃の倍率は単発砲撃に対して驚異の約2倍! 溜め砲撃1発で90前後の固定ダメージを与えることができます。 全体的に優秀な砲撃性能を備えているのが放射型の特徴です。 砲撃全般が強い 射程が長いので多少敵から離れていても砲撃を当てやすく、マルチプレイの際に扱いやすい砲撃タイプとも言えます。 というのも、マルチではどうしても弱点を狙いづらい状況が発生しやすく、肉質のかたい部分を攻撃せざるを得ないシーンが多々あるからです。 状況に左右されず、固定ダメージの砲撃でコンスタントにダメージを稼げるのが放射型の優れている点です。 今作では竜撃砲以外の砲撃は味方を吹っ飛ばすことがないので、マルチでも気兼ねなく使用できます。 通常型のフルバーストでよくない?と言われればその通りなのですが、フルバーストは硬直時間が長く、隙が大きいので若干ごり押し気味の立ち回りになってしまう傾向があります。 マルチの歴戦キリンなど弱点を狙いにくい&動きが予測し辛い相手には、小回りの利く単発砲撃や溜め砲撃は使い勝手が良いです。 竜撃砲の威力は実質TOP 放射型は事実上「竜撃砲」の威力が最も高い砲撃タイプとなっています。 同じ砲撃レベルであれば本来は拡散型がTOPですが、拡散型はLv3までしか存在しません。 通常型Lv4、放射型Lv4、拡散型Lv3の竜撃砲ダメージを比較すると、微々たる差ですが「放射型>通常型=拡散型」といった具合になります。 射程が長いおかげで、隙の大きい竜撃砲を当てやすいのもポイントです。 打撃面で大変強力なのですが、砲撃レベルはLv2と低く…他のガンランスとは全く違った運用法が求められます。 砲撃レベルは最大でLv3までしか存在せず、いまいちぱっとしない砲撃タイプです。 あえて拡散型を使うなら打撃性能が優秀な「焼滅の種火」を装備して、 砲撃は完全に切り捨てて殴りオンリーで戦うと新しい道が開けます。 砲撃を一切使わない殴り特化 ガンランス最大の特徴である砲撃を捨てるのはちょっと勿体ない気がするかもしれませんが、殴りガンスは普通に強いです。 砲撃系のスキルが必要ないので、そのぶん攻撃スキルや耳栓、ガード性能や回避アップなどほかのスキルを多く付けることができるのも殴り特化のメリットと言えます。 殴りガンランスの基本コンボ 薙ぎ払いが高火力なので、これを軸にコンボを組みます。 基本コンボは• 「クイックリロード(R2+〇)」• 拡散型殴りガンスの場合、フルバーストは威力が低すぎるので一切使用しません。 実際のダメージはどんなもん? 「そうはいっても、ガンランスなのに砲撃捨てて殴るだけなんて…地味だし、それほど強くないんじゃないの?」 私もそう思ってました。 実際地味ですし。 でも、やってみると案外気持ちいいんですよ! 叩き付けと薙ぎ払いでゴリゴリと高ダメージを与えられるのは殴りガンスならではの醍醐味で、砲撃にはない楽しさが味わえます。 百聞は一見に如かずということで、こちらをご覧ください。 薙ぎ払いで 207ダメージ出ていますが… 火力スキルは弱特しか付けていない状態なんです、これ。 会心なしだと約160ダメージになります。 その他のモーションのダメージも見てみましょう。 武器は攻撃カスタムなしの「焼滅の種火」、火力スキルほぼなし【弱点特攻Lv3のみ】です。 TAでもなければここまで火力スキルを盛ることはないかもしれませんが、比較的隙の少ない薙ぎ払いコンボでこれだけのダメージを出せるのは殴りガンスの大きな強みです。 一度お試しあれ。 【番外編】殴り放射型ガンランス最強武器 砲撃タイプ別に紹介したかったので番外編的なポジションになりますが、「ハザクスピサII」(放射型)の殴りガンス運用も優秀です。 ハザクスピサII ハザクスピサII【匠5、超会心3、弱特3、フルチャージ3、攻撃2】で柱に薙ぎ払いをすると292ダメージ スキル構成によりますが、 白ゲージを確保すれば物理攻撃において「焼滅の種火」以上のダメージを出すことも可能です。 また、龍属性が270あるため龍弱点のモンスターにはこちらの方が有効なケースが多くなります。 (焼滅の種火は龍属性150) 溜め砲撃や、その他の各種砲撃もそれなりに強い 放射型Lv3なので、 砲術Lv3を付ければ溜め砲撃で70~80のダメージを与えることもできます。 フルバーストや竜杭砲、竜撃砲も「焼滅の種火」より強力です。 肉質が硬かったり、キリンのように弱点を狙いにくい敵やマルチなどではハザクスピサの汎用性の高さは侮れません。 スキルの自由度は「焼滅の種火」と比べると若干低め 欠点は、匠が必須なためスキルの自由度が低い点ですね。 ソロではほとんど気になりませんが、継戦能力は多少劣ります。 どちらも一長一短あるので、殴りガンスに惹かれた方はぜひ両方作ってみてください。 まとめ 砲撃タイプ別に最強武器を3種類と、どうしても外したくなかったので殴り放射型として+1種類紹介しました。 最強が4つとか多すぎじゃね?と突っ込んではいけない。 まとめると、• 通常型なら「ロイヤルバースト」・・・フルバースト主体の立ち回り• 放射型なら「驚天動地マグラハト」・・・溜め砲撃やフルバーストなど、砲撃万能• 拡散型なら「焼滅の種火」・・・砲撃は捨てて殴り特化(殴りガンランス)• 【番外編】殴り放射型なら「ハザクスピサII」・・・殴りメイン、砲撃も及第点 といった感じです。 以上!.

次の

【モンハンダブルクロス】最強のガンランスとおすすめ装備まとめ

ガンランス 砲術

どうもazyです。 前回の記事ではMHWのの操作方法について書きました。 これで貴方はでトレーニングエリアの柱をめった刺しにし、何の罪もないくんやクルルヤックくんを練習台にし、竜撃砲で沈めることが可能になったと思います。 それで、ここからはそのものに関しての知識や、とりあえずこれ使っとけというやおすすめのスキル、装備パーツなんかについてお伝えしようかと思います。 砲撃タイプとは何ぞや 皆さんの中にはMHP2Gで砲モロコシというが戦において猛威を振るっていたという逸話を聞いたことがある方もいるかと思われます。 これは砲モロコシが拡散型レベル5という砲撃特化性能を持ち、肉質無視の固定ダメージの砲撃をバカスカ撃てた事に由来します。 このように明らかにネタでしかないトウモロコシが愛されていたのも、それぞれの個性を象徴する砲撃タイプがあってこそなのです。 には3つの砲撃タイプがあります。 1、特にこれと言って特徴はないけど装弾数の多さがウリの通常型。 2、ちょっと離れていても当たる射程距離の優れた放射型。 3、装弾数は少ないけれど攻撃範囲と威力に優れた砲撃重視の拡散型。 この3つに砲撃レベルを組み合わせたのがの砲撃性能となります。 当然、砲撃レベルが高い方が砲撃の火力が出ることは言うまでもありません。 仮に、めちゃくちゃ攻撃力が高いけど砲撃性能が通常1というがあったら、あまり見向きもされないと思います。 実際MHXXにはG級武器にそんなが存在しているらしいです。 こわいですね よって、は武器そのものの攻撃力や属性のほかに、砲撃性能も考える必要があるわけです。 また、砲撃タイプによっての特異な戦法が少し異なってきます。 通常型は装弾数の多さを活かしたフルバーストを狙い、普段は砲撃よりも突きを重視していく戦法に向いています。 放射型は通常より少し威力の高い溜め砲撃を撃ち込む戦法。 拡散型は突きよりも砲撃を主体にした戦法がおススメです。 向けスキル 大剣や弓には集中、ハンマーや笛にはKO。 同じようににも必須と呼ばれるスキルや、あったら楽なスキルは存在します。 何よりも優先して発動させるべきスキルは 砲術レベル3です。 これはの砲撃にまつわる攻撃の威力を 1.3倍にし、竜撃砲のクールタイムを半減させる凄まじい効果を持つスキルです。 これを発動していないとはただの発砲できるランスみたいなオモチャに成り下がると言っても過言ではありません。 また、砲術の護石をレベル3に強化してまかなうのもおススメです。 とにかくこのスキルが無いと始まらないってくらいにとって重要なスキルですので無理してでも付けましょう。 ちなみに砲術のスキルが付く装飾品もあるみたいですけど、筆者はそんなもの持っていません。 ください。 次にあったらいいのが 砲弾装填数UP。 の砲弾の数を1つプラスしてくれる縁の下の力持ちなスキルです。 こいつが付いていると放射型と拡散型のを使っている時に、弾切れを起こしているのにうっかり砲撃をしてしまうという事態を少しだけ防ぐことができます。 結局ヒマを見てリロードをする必要があるのは仕方のない事なのですが、になっていてもちょっとだけフォローが効くというのは有難い存在です。 地味に装填された1発分フルバースト時の火力が伸びる効果もあるので、弾数の多い通常型を担いでいる時も無意味ではありません。 このステキなスキルが付いている装備は少なく、 ハイメタコイルと ガマルグリーヴしかありません。 腰装備と脚装備なので、他のスキル装備との兼ね合いを見てどちらかを選択するとよいと思います。 また、しっかりと弾数を管理できる自信が付いてきたのなら、思い切って切ってしまうという選択肢も無しではありません。 これも対応している装飾品があるらしいのですが、筆者は見た事がありません。 そのせいで装備の呪いに縛られています。 ください。 3つ目は ガード性能。 ガード時の削りダメージを減らし、消費スタミナとリアクションも軽減するスキルです。 は基本的に敵の攻撃をガードしてやり過ごすので、付けていて損のないスキルです。 レベル5まで存在し、ちょっとずつ効果が上昇していきますが、ひとまずは削りダメージを大きく軽減してくれるレベル3を目指すとよいでしょう。 スキルが付いている装備品自体もロスやウラガンキンの物など選択肢が多いので、必要に応じて良さそうな部位を選択してください。 装備生産画面のソート機能を使うと便利です。 例によってガード強化にも装飾品が ry もう1つ、ガードできない攻撃をガードできるようにする ガード強化という紛らわしいスキルがあります。 しかしこれはウラガンキンの装備を3部位付けるか、専用のお守りを装備してやっと発動できる比較的難易度の高いスキルな上に、これでないと防げない攻撃がテオのやヴァルハザクの瘴気ブレスといったごく一部の大技しかありません。 付ければもちろん安定度が上がりますが、武器を仕舞って避けるというのなら不必要になります。 次は、あったら役立つスキルとして 回避距離アップが挙げられます。 はステップ移動で攻撃位置を調節することが多いのですが、回避距離を付けるとステップ移動の幅が広がり文字通り 異次元の機動力を発揮することができるようになります。 しかし、依存すると闘技場とかで発動していない時に困惑する可能性がありますので気を付けてください。 もう1つ、あれば嬉しいのが 剛刃研磨というスキルです。 このスキルは砥石を使った後、1分間斬れ味の消費を無効化する嬉しい効果を持ちます。 は砲撃しているとすぐに斬れ味が悪くなり、黄色ゲージ以下だと威力も落ち込んでしまうので相性のいいスキルと言えるでしょう。 フルバースト主体で攻めていくなら猶更です。 レベル2のスロットに剛刃球を付ければお手軽に発動できるのが魅力ですし、砥石高速化と併用すれば斬れ味の維持も楽になります。 装飾品が出てきてくれたらの話ですけど。 何の使っておけばええの? ここまで説明を読んでくれて大変恐縮ですが、結局はこれ使っておけばド安定という武器を教えろやという方がほとんどですよね。 MHWのにも勿論そういう武器があります。 の面白い所は、素の武器性能と合わせて砲撃性能も考慮対象に入るところです。 といっても初心者にそんなことまで考えろと言っても「わけわからん・・・。 帰ってしよ・・・」となる方がほとんどだと思われますので、少しだけ紹介させていただきます。 ロイヤルバースト の素材を使うです。 の中では標準的な攻撃力437。 素では悪くない長さの 青ゲージ。 匠で同じくらいの長さの 白ゲージが出ます。 嬉しい会心率15%に、どこに行っても腐らない 毒属性360。 そしてMHWので唯一の砲撃性能 通常型レベル4。 オマケに痒いところに手が届く小スロットが1つ。 という、とりあえずこれ使っておけば大体なんとかなる性能のです。 これを使ったフルバーストのループが単純に強力なのでひとまずはこいつを完成させることを目標にするといいでしょう。 ただ、作成難易度が地味に高く、あんまり持ってない竜玉を1つ、数を揃えるのが地味にめんどい雌火竜の上棘を合計9個。 桜レイアの素材も求められる上に、当然のように紅玉も1つ必要になります。 しかしそれに見合った性能は保障できますので、是非がんばってください。 驚天動地マグラハト ゾラ・マグダのです。 これはいわゆる砲撃性能に特化したで、普段使いのとは少し異なる立ち回りが求められるようになりますが、間違いなく使っていて楽しいの1つです。 目玉となるのがMHW唯一の砲撃性能放射 レベル4。 また攻撃力も相応に高い460。 斬れ味は見慣れた 緑ゲージが目立ちますが、砲撃主体で立ち回るならば黄色に落ちないように意識すれば問題ありません。 オマケの 爆破属性420もセットで付いてくるので突き攻撃も無駄になりません。 このの肝は何と言っても溜め砲撃の威力。 トレーニングエリアの柱相手だと88しか出ませんが、実際にモンスターに当てると砲術レベル3発同時で 100近いダメージを出せます。 これは普通のタル爆弾1個分のダメージに匹敵し、それをそこそこ連射できると言えば強さが伝わるでしょうか。 また、の溜め砲撃には 集中スキルが適用され、より短いスパンで発射していく事が可能です。 まさしくのロマンの1つとも言えるこの性能。 素材集めがちょっと骨ですが、それに見合った火力と楽しさは保障できます。 以上がMHWのについてお伝えできる知識です。 他にも言いたいことがいくつかあるのですが、魅力は概ね伝えられたかと思います。 がよく分からん。 という人に向けて少しでも検討材料の一助となれたのなら幸いです。 すぐに修正いたしました。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。 mystiazy.

次の