ひとり で 生き て いく。 【女、ひとりで生きていく】一生独身を貫くことは自分に一番合う最高のスタイル

一人で生きていける? おひとりさま適性チェックテスト【メンタル編】|OTONA SALONE[オトナサローネ]

ひとり で 生き て いく

簡単に結婚できると思っていた20代の頃 特にこれといった特技もなく、見た目は至って普通なのにもかかわらず、できると信じていました。 中肉中背で顔も不細工でも美人なわけでもないので、絶望していなかったのが変な自信につながったのかもしれません。 それでも20代にはそれなりに彼氏もいて、遊び相手もいて、華やかな良い思いをしたこともあります。 長く付き合った彼氏もいたのですが、タイミングが合わず結婚には至りませんでした。 真剣に結婚相手をさがした30代 その別れの時がちょうど30歳だったのですが、まだ自分には結婚のチャンスがあると思い、さまざまな婚活パーティーや食事会などに参加して、理想の相手を探し続けました。 それなりに男性経験があったので、男性とのコミュニケーションに問題があるわけではないので交際の申し込みや結婚を前提とした申し込みも受けました。 そんな中、33歳の時、お付き合いした方に他の女性がいたことが分かったり、結婚歴があり子どもがいることが分かったりと、恋愛や結婚に対しての希望が持てなくなり、一生独身を貫く道を模索し始めました。 親や親戚から「結婚しない?」「お見合いしてみたら?」 親や親せきから、結婚する気があるのかと1週間に一度は詰められたり、近所の世話焼きなおばさまからお見合いのお話を頻繁に頂くことは仕方のないことだと思っています。 祖母からもひ孫の顔はまだ見せられないのか、と直接的な嫌味を言われることもよくあります。 まだまだ日本では未婚の30代は珍しく、完全な行き遅れとして扱われているのも自覚しています。 あまり気にしないタチなのと、冷静に客観視できているので、全くつらくはありませんが、孫の顔、ひ孫の顔を見せてあげられないのは申し訳ないな、とは思っています。 むしろ、一生独身を押し通すという気持ちが強まっている毎日です。 そのわけは、独身を通していると、類友で、同じような状態の友人が多くできました。 周りから白い目で見られても、やはり同類同士の集まりは本当に楽しく、女の幸せを一通り(結婚、出産)しか考えられない世間がおかしいのだという気持ちが強まります。 エステ、ネイルサロン、美容院・・・お金をかけられる独身女子のメリット 独身の場合、自分にお金がかけられ、何物にも縛られないので、自分の気持ち次第で若さが保てます。 結婚をして子どもを産んでいる友人より、明らかに若々しく、身なりにも気を遣えています。 よっぽどお金持ちと結婚しない限り、子どもが小さいうちから、まつ毛エクステをして、ネイルサロンに通い、月1回美容院で白髪染めとトリートメントをすることは難しいと思います。 食事も、好きなものを好きなだけ食べることができます。 20代のころと違い、そんなに多く食べることができないので、若干の中年太り傾向はありますが、暴飲暴食することが体力的にできないので、ぶくぶく太るということもありません。 反対に、美意識だけは強いので、きれいな体を保つ努力はしています。 サプリやジム通いなど独身女性が行う定番はしっかり押さえています。 ただ、お金がいくらでもあるわけではないので、自分が稼いだ分から使える範囲で独身生活を楽しんでいます。 会社でもそれなりの地位に就いているので、お局をとおりこして化石化していますが、自分なりには若い子たちともうまくやっているつもりです。 やりがいある仕事につけて幸せですし、年収もそれなりに頂いています。 年に1回はブランド物を購入できるぐらいは余裕のある生活をしています。 とはいえ、一人を貫くためには親の介護と将来の自分の老後プランを考える必要があります。 今のところ親は健康にしていますが、医療保険をかけてもらい、私が支払いをしています。 何かあったときのために、300万円は常に使える状態にもしています。 一生独身の場合の老後の住まい 自分の老後については、住む場所は、私がローンを払っている実家(マンション)があります。 今のところ有料老人ホームに入ることを考えています。 友人たちも同様に言っていて、50代後半から入居できるところが増えているので、とにかく2,000万円をためることを目標に頑張ろうと思っています。 一生独身でも、自由に楽しく生きることができると証明したいです。

次の

「一人で生きていく」とわざわざ決断しなくてもいい [ひかりの恋愛コラム] All About

ひとり で 生き て いく

【内容情報】(出版社より) 今では「ソロキャンプ」を世間に広めた人気YouTuberとしての印象が強い芸人、ヒロシ。 就職しない・結婚 しない・友達がいないなど、若い世代を中心に見られる生き方だが、まさに「一人で生きている」ヒロシが、 他人に乱されずに快適に一人で生きるために大切なことを語る。 ベストセラー『働き方1. 9』に続く第2弾! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 群れない、媚びない、期待しない。 絶望せずに生きる、独り身社会の処方箋。 つながらずに生きるのは、こんなにラクで素晴らしい! 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 人間関係は流動的なものと考える(昨日は友でも今日は他人/強くつながった人間関係を信じることは危険 ほか)/第2章 ひとりで生きられる場所に逃げる(置かれた場所で咲くのはしんどい/モテない人でも環境を変えたらモテる ほか)/第3章 ひとりで死ぬためのお金の話(月収4000万円でもお金は残らなかった/不安の行き着く先はお金 ほか)/第4章 人生がときめく、ひとりぼっちの暇潰し(まずはお金のかからない趣味を始めよう/ひとりで始められひとりでやめられる趣味を探す ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) ヒロシ 芸人兼ソロキャンプYouTuber。 1972年、熊本県出身。 本名、齊藤健一。 九州産業大学商学部商学科卒。 ピン芸人として「ヒロシです。 」のフレーズではじまる自虐ネタで大ブレーク。 俳優としても映画に出演。 現在はカフェ「FOREST COFFEE(旧ヒロシのお店)」を経営しながら、お笑いライブなどの活動を続けている。 また、2015年3月よりYouTuberとして「ヒロシちゃんねる」を配信。 自ら撮影、編集したソロキャンプ動画をアップして人気を集める。 チャンネル登録者数は50万人を突破(2019年10月時点)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

一人で生きていく上で必要な10の覚悟!女性が一人で生きていくには

ひとり で 生き て いく

2020年06月12日 すっかりWeb会議が定着しまして 定例会議なんかほぼWebになりました。 課定例の、のんびりした会議で とある物品の置き場所どこだっけ?みたいな話題が出てきたわけですよ。 A「スライドする棚の中?」 B「スライド棚からこの間移動させてましたよ」 C「どこに?」 B「移動先までは知らないんですよねー」 D「事務用品系は入口前に集めたって聞きました」 A「じゃあ入口前探してみるか」 私「窓際の右奥にあります、昨日Tさんがそこから物品出してましたよ」 A「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 B「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 C「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 D「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 A「えーっと………」 うわーーーーーー沈黙が痛いーーーーーーー たったこれだけの発言なのに、巻き戻して無かったことにしたいーーーー メンタルゴリゴリ削られますね。 いやぁ、そんな空気読むような会話じゃないと思ってたんですけど この認識の甘さというか分かってない感がハブられる原因なんでしょうね。 もう不用意な発言はしないようにします。 2020年06月11日 世の中には不思議な名前の料理がいくつか存在しております。 おそらくその中のひとつ 「貧乏人のキャビア」 を作ってみようではありませんか。 貧乏人のキャビアってなんぞや?というと 蒸しナスのペーストのことのようで。 ナスの種がキャビアっぽさを醸し出しているからキャビア呼びらしいですが 日本のナスはそこまで種感ないですよね。 海外だともっとタネタネしいのかしら。 加熱して柔らかくなったナスをペースト状にして にんにく、アンチョビ、などを混ぜてもう少し加熱。 パンやクラッカーにつけて食べるそうです。 仕上げにオレガノを振ってみる。 色が悪い! 炒めてるときもう少し明るい色でしたけどね?空気に触れて色が変わった? でもすっごく美味しい! ジャムのようにねっとりとろっとして、アンチョビの塩気がちょうどいい感じ。 ちなみに写真のでナス2本分です。 すごく縮んだ。 2020年06月10日 梅雨入り前の夏日。 ハッカ油大活躍の季節がやってまいりました。 ハッカ油の使いみちについては改めて言うまでもないですが、でも言わせて。 この時期、シャンプーとかボディーソープとか泡立てた石鹸とかにハッカ油数滴たらして使うと 最高にスースーして気持ちいいですよ!!! でもそこはやはり油なので、シャンプーとかに加えると油分と油分解成分が相殺している気がするので 本当ならリンス時にハッカ油を使ったほうがいいんでしょうね。 トリートメント的な意味でも。 でも私は、頭皮をまんべんなくスースーさせるように洗えばついでに頭皮がしっかり洗えるんじゃないかと思って、今日もシャンプーに混ぜてます。 マスクに垂らせばスッキリするらしいですが、それはまだ試してないです。 今度やろう今度やろうと思いつついつも忘れる感じ。

次の