おっしゃる 通り です。 ビジネスメールで使ってもOK?おっしゃるとおりの意味

「仰る」の意味や使い方!「おっしゃる通りです」は正しい敬語?

おっしゃる 通り です

ビジネスで使う「仰る」を正しく使えている? さて、みなさんはビジネスの場で「仰る」という言葉を正しく使えていますか。 どんな時に使うのか、具体的な例を挙げてみましょう。 例えば上司から「この部分は、表よりもグラフにした方が見やすいんじゃないの?」と注意や指摘をされた場合、「 部長の仰るように、グラフの方が見やすいと思います。 すぐにやり直します。 」というのは正しい使い方です。 この場合は「部長の言われるように」と言っても問題ありません。 ただ、どちらの方が尊敬の度合いが強くなるかというと、「仰る」の方が強く感じられます。 また、上司からアドバイスをもらったお陰でプレゼンが上手くいった場合など、「課長があのときこのように 仰ってくださったので、とても助かりました」というような使い方ができます。 目上の人に何かを言ってほしいというお願いをする場合、「改善する点がありましたら いつでも仰ってください」という使い方をします。 こういうときに「言われてください」とか「お言いください」不自然なので使わないようにしましょう。 ちなみに「言う」の謙譲語は「申す」、「申し上げる」です。 こちらも併せて覚えておくといいですね。 正しい日本語・敬語は最低限のビジネスマナー! 日本語の敬語はとても覚えるのが難しいと言われています。 日本語を勉強する外国人にとってはもちろんですが、日本人であってもなかなか完璧に使いこなせない人がたくさんいます。 しかし、 ビジネスの場において正しい日本語、正しい敬語はぜひ身に着けたい必須のマナーです。 敬語には丁寧語・尊敬語・謙譲語があります。 日ごろから謙譲語と尊敬語を言い換える練習をしたり、間違った丁寧語を使っていないかその都度確認する習慣をつけると、使っているうちに自然と身についてくるものです。 職場で電話を受けたり顧客など外部の人と話をする場合、その会話の中で身内、つまり自社の従業員に対して敬語を使うと失礼になることがあります。 例えば「〇〇部長はいらっしゃいますか 」と聞かれて「〇〇部長はお出かけになっています」と言ってはいけません。 「〇〇はただ今外出中です」というように、例え社長であっても外部の人に対しては敬称抜きで呼び捨てにするなど、ビジネスならではの使い方などがあります。 ビジネスに関する敬語の使い方などについては様々な書籍もあるので、そういうのを利用しながら社会人としてしっかり勉強してマスターしていくことはとても大事なことです。 「おっしゃる通りです」は正しい?使い方や例文 「おっしゃる」という言葉に「通り」を合わせて、 「おっしゃる通りです」という表現をしますが、これは 敬語として使って問題ありません。 「通りです」という言葉は、他にならう、あるいは同調するというときに使う「その通り」とか「上記の通り」の「通り」と同じです。 よって「おっしゃる通りです」というのは 「あなたの考えや意見に同意・同調します」という意味になります。 目上の人から指摘を受けたときに「課長のおっしゃる通りです。 以後気を付けます」という使い方や、誰かの言葉を借りるときに「部長がおっしゃっる通り、Aの方法を採用した方がいいと思います」というような使い方をします。 「おっしゃられる」は正しい?使い方や例文 「おっしゃられる」は「おっしゃる」をさらに丁寧にした感じに聞こえますが、実は正しい使い方ではありません。 「おっしゃる」は言うの敬語、「れる」は尊敬を表す助動詞で、これを合わせると 二重敬語となります。 相手に敬意を示したいあまり頭が混乱してしまって、敬語を重ねて使ってしまうことがあります。 あまりにも丁寧すぎることは逆に失礼に受け取られることもあるので注意が必要です。 「言う」を丁寧にしたいときは「おっしゃる」で十分です。 また「おっしゃる」の過去形で「おっしゃりました」という言う人がいますが、これも間違いです。 「おっしゃいました」という言い方が正解です。 ちなみに現在形は「おっしゃいます」となるので、きちんと覚えておきましょう。 「おっしゃる」はビジネスメールでも使える? 「おっしゃる」は「言う」の尊敬語だから、書き言葉であるメールで使ってもいいのだろうか?と疑問に思ったことはありませんか?確かにメールの文章は「書く」行為なので、「言う」の表現を使うのに抵抗を感じる人がいるかもしれません。 しかし、メールをもらう方としてはそこまで気にしませんよね。 「おっしゃる通りです」と言われても その意図はきちんと伝わるので、メールで使っても大丈夫です。 メールでは目に見える形の文章として表現されていますが、相手の人の考えが表れているものには違いありません。 どうしてもメールで「おっしゃる通りです」と書くことに抵抗があるという場合は、「お客様のご意見通り」とか、「お客様のご意向に沿って」など、前後の話の流れに合うような表現を使うのもいいでしょう。 「仰る」の類語や別の表現は? 「仰る通りです」を他の言葉で言いかえるとしたら、 「仰せの通りです」という表現があります。 「仰せ」というのは「相手の言葉」という意味なので、口から発したものでなくても、メールで書かれた文章に対しても「おっしゃる通りです」と同じ意味で使うことができます。 他には「ご指摘の通り」・「ご推測の通り」・「お察しの通り」・「ご明察の通り」・「ご認識の通り」など、相手の考えに同意するという意味で使う場合は、話の流れから判断して言葉を選ぶといいでしょう。 シンプルな言い方として「ごもっともです」とか「はい、そうです」という表現もできるので、敬語に自信がない人はどんな場面でも使える言葉として覚えておくといいですね。

次の

「その通りです・おっしゃるとおり」の英会話・英語表現10選

おっしゃる 通り です

このページのまとめ• 「おっしゃるとおり」は「そのとおり」を丁寧にした言葉• ビジネスの場では、会話だけでなくメールでも使用可能• 語尾や二重敬語に気をつけて、繰り返し使用しないのがポイント• ご指摘のとおり、ご推察のとおり、ご認識のとおりなどへ言い換えられる 丁寧な印象がある「おっしゃるとおり」という言葉ですが、正しく使えていますか? このページでは、普段何気なく使っている「おっしゃるとおり」の意味や正しい使い方についてまとめています。 間違って使っているかも…などと心当たりのある方は、ぜひ最後までご覧ください。 「おっしゃるとおり」の意味は? 「おっしゃるとおり」は「そのとおり」を丁寧にした言葉です。 目上の人の発言に対して同意を示したいとき、「そのとおり」では、ややぶしつけな感じがしますが、「おっしゃるとおり」と言うと相手を敬った丁寧な印象になります。 もう少し具体的にお伝えすると、「おっしゃるとおり」の「おっしゃる」は、「言う」の尊敬語。 尊敬語は、相手を立てたいときや目上の人に対して使う言葉で、主に相手の行為に対して使用します。 よく間違いやすいのが、「言う」に「なさる、される」を加えた「言いなさる」「言われる」という表現。 「なさる、される」は敬語として正しい表現ですが、それは「する」の尊敬語としての話です。 「言う」に加えて使用するのは動詞と動詞が重なる形になり、間違いなので覚えておきましょう。 因みに「言われる」は「言う」を受身にした表現。 相手から何かを言われたときの言葉なので、「おっしゃるとおり」とはまったく別の意味になってしまいます。 ビジネスの場では誤解を招きかねないため、間違った使い方をしていた方は、正しい表現に直しましょう。 「おっしゃるとおり」はメールで使っても良い? 端的に言うと、 「おっしゃるとおり」はビジネスメールにも使用することが可能です。 ビジネスの場でメールを送るとなると、送信先は顧客や取引先、上司であることが多いですが、前述したとおり「おっしゃるとおり」は尊敬語。 文字どおり相手を敬う丁寧な表現なので、使用しても違和感はありません。 特に目上の人という訳でなく、社内の同僚へメールを送るという場合なら、別の表現に変えてみても良いでしょう。 また、メールは文書であり「書く」ものなので、「言う」の尊敬語である「おっしゃる」では不自然なのではないかと考える人もいます。 確かに、メールの「書く」行為に対し「言う」という表現を使うことになりますが、間違いではありません。 読み手に意図は伝わるので、気にせず使用してOKです。 とはいえ、どうしてもメールで「おっしゃるとおり」を使うのに抵抗を感じる人は、別の表現に言い換える方法があります。 「ご指摘のとおり」や「ご意見どおり」など、 メールの文面にあわせて使い分けると良いでしょう。 「おっしゃるとおり」の用例 これまで「おっしゃるとおり」という表現について、意味やビジネスの場でも使用可能とのことをお伝えしました。 正しく理解できているか、用例集でチェックしてみましょう。 引き続き、よろしくお願いいたします。 発送前の検品を徹底するべきなのではないでしょうか。 」 自分:「〇〇様のおっしゃるとおりでございます。 ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。 今後はそのようなことがないよう検品作業を徹底いたします。 」 上司から仕事上の指摘を受けたとき 上司:「ミスが多いのは確認を怠るからなのではないか。 メモを活用してみたらどうか。 」 自分:「〇〇(役職)のおっしゃるとおりです。 以後メモを取り業務を確認するようにいたします。 ご指摘ありがとうございました。 」 「おっしゃるとおりです。 」は丁寧な印象をあたえる表現ですが、それだけで話を済ませるのは失礼になる場合があります。 特に、クレームや指摘があったときの返答で使うときは、何に対することなのか、どんなことを気をつけるのかなどが伝わるように工夫し、誠意を伝えることが大切です。 「おっしゃるとおり」のNG例 「おっしゃるとおり」は便利な言葉ですが、間違った使い方をするとマイナス印象になります。 特に次の3つのポイントに注意しましょう。 語尾を省略しない たとえ仲の良い上司との会話であっても、「おっしゃるとおり!」と語尾を省略するのは馴れ馴れしさを感じ、人によっては不快に感じることもあるかもしれません。 「おっしゃるとおりです。 」「おっしゃるとおりでございます。 」というように、 「です、ます、ございます」と一緒に使いましょう。 二重敬語に気をつける 「おっしゃる」をさらに丁寧にしようと思って「おっしゃられる」と言う人がいますが、これは間違いです。 「おっしゃる」に「~される」を合わせると、どちらも尊敬語のため「二重敬語」になります。 同様に、「ご覧になられる」「お帰りになられる」なども二重敬語なので間違。 正しくは、「おっしゃる」「ご覧になる」「お帰りになる」なので気をつけましょう。 繰り返し使用しない 相手の発言の度に「おっしゃるとおりです。 」を繰り返していると、かえってマイナス印象になることがあります。 敬語としては正しい表現ですが、短時間に同じ言葉を何度も使っていると、「よく考えずに回答しているのではないか」「相手に合わせているだけなのではないか」という印象を与える可能性も。 相手との会話を円滑に、そしてスムーズに行うためにも 表現のバリエーションをいくつか持っていると便利です。 次項では「おっしゃるとおり」の言い換え表現をご紹介しているので、参考にしてください。 「おっしゃるとおり」の言い換え表現 「おっしゃるとおり」の言い換え表現には以下のようなものがあります。 ・ご指摘のとおり ・ご推察のとおり ・ご認識のとおり ・ご明察のとおり ・仰せのとおり ・お察しのとおり 上記以外にも、「おっしゃるとおりです。 」の言い換え表現として「左様でございます。 」「そのとおりでございます。 」「ごもっともです。 」などがあります。 「おっしゃるとおり」同様、「左様」「そのとおり」「ごもっとも」と言うと失礼な印象になるので、目上の人に使うときは語尾を省略するのは避けましょう。 また、「おっしゃるとおり」をより丁寧な表現にしたい場合は「おっしゃるとおりでございます。 」や「まったくもって、おっしゃるとおりです。 」などと表現することも可能です。 いずれにしても、 話の流れに対して自然な表現を心がけましょう。 ビジネスシーンでは、他にもさまざまな敬語表現があります。 これから就職活動を行う人は、応募企業へ電話をするときや、訪問するとき、面接するときなどで困ることのないよう、あらかじめ会話のマナーを身につけておきましょう。 敬語表現を含む就活マナーを身につけるなら、新卒向け就職サービスのキャリアチケットもお手伝い可能です。 キャリアチケットでは、専任の就活アドバイザーが求人紹介から内定までトータルサポート。 サポートの一環として、就活マナーのアドバイスもいたします。 サービスは全て無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

次の

【使えるスペイン語】 おっしゃる通りです。

おっしゃる 通り です

このページのまとめ• 「おっしゃるとおり」は「そのとおり」を丁寧にした言葉• ビジネスの場では、会話だけでなくメールでも使用可能• 語尾や二重敬語に気をつけて、繰り返し使用しないのがポイント• ご指摘のとおり、ご推察のとおり、ご認識のとおりなどへ言い換えられる 丁寧な印象がある「おっしゃるとおり」という言葉ですが、正しく使えていますか? このページでは、普段何気なく使っている「おっしゃるとおり」の意味や正しい使い方についてまとめています。 間違って使っているかも…などと心当たりのある方は、ぜひ最後までご覧ください。 「おっしゃるとおり」の意味は? 「おっしゃるとおり」は「そのとおり」を丁寧にした言葉です。 目上の人の発言に対して同意を示したいとき、「そのとおり」では、ややぶしつけな感じがしますが、「おっしゃるとおり」と言うと相手を敬った丁寧な印象になります。 もう少し具体的にお伝えすると、「おっしゃるとおり」の「おっしゃる」は、「言う」の尊敬語。 尊敬語は、相手を立てたいときや目上の人に対して使う言葉で、主に相手の行為に対して使用します。 よく間違いやすいのが、「言う」に「なさる、される」を加えた「言いなさる」「言われる」という表現。 「なさる、される」は敬語として正しい表現ですが、それは「する」の尊敬語としての話です。 「言う」に加えて使用するのは動詞と動詞が重なる形になり、間違いなので覚えておきましょう。 因みに「言われる」は「言う」を受身にした表現。 相手から何かを言われたときの言葉なので、「おっしゃるとおり」とはまったく別の意味になってしまいます。 ビジネスの場では誤解を招きかねないため、間違った使い方をしていた方は、正しい表現に直しましょう。 「おっしゃるとおり」はメールで使っても良い? 端的に言うと、 「おっしゃるとおり」はビジネスメールにも使用することが可能です。 ビジネスの場でメールを送るとなると、送信先は顧客や取引先、上司であることが多いですが、前述したとおり「おっしゃるとおり」は尊敬語。 文字どおり相手を敬う丁寧な表現なので、使用しても違和感はありません。 特に目上の人という訳でなく、社内の同僚へメールを送るという場合なら、別の表現に変えてみても良いでしょう。 また、メールは文書であり「書く」ものなので、「言う」の尊敬語である「おっしゃる」では不自然なのではないかと考える人もいます。 確かに、メールの「書く」行為に対し「言う」という表現を使うことになりますが、間違いではありません。 読み手に意図は伝わるので、気にせず使用してOKです。 とはいえ、どうしてもメールで「おっしゃるとおり」を使うのに抵抗を感じる人は、別の表現に言い換える方法があります。 「ご指摘のとおり」や「ご意見どおり」など、 メールの文面にあわせて使い分けると良いでしょう。 「おっしゃるとおり」の用例 これまで「おっしゃるとおり」という表現について、意味やビジネスの場でも使用可能とのことをお伝えしました。 正しく理解できているか、用例集でチェックしてみましょう。 引き続き、よろしくお願いいたします。 発送前の検品を徹底するべきなのではないでしょうか。 」 自分:「〇〇様のおっしゃるとおりでございます。 ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。 今後はそのようなことがないよう検品作業を徹底いたします。 」 上司から仕事上の指摘を受けたとき 上司:「ミスが多いのは確認を怠るからなのではないか。 メモを活用してみたらどうか。 」 自分:「〇〇(役職)のおっしゃるとおりです。 以後メモを取り業務を確認するようにいたします。 ご指摘ありがとうございました。 」 「おっしゃるとおりです。 」は丁寧な印象をあたえる表現ですが、それだけで話を済ませるのは失礼になる場合があります。 特に、クレームや指摘があったときの返答で使うときは、何に対することなのか、どんなことを気をつけるのかなどが伝わるように工夫し、誠意を伝えることが大切です。 「おっしゃるとおり」のNG例 「おっしゃるとおり」は便利な言葉ですが、間違った使い方をするとマイナス印象になります。 特に次の3つのポイントに注意しましょう。 語尾を省略しない たとえ仲の良い上司との会話であっても、「おっしゃるとおり!」と語尾を省略するのは馴れ馴れしさを感じ、人によっては不快に感じることもあるかもしれません。 「おっしゃるとおりです。 」「おっしゃるとおりでございます。 」というように、 「です、ます、ございます」と一緒に使いましょう。 二重敬語に気をつける 「おっしゃる」をさらに丁寧にしようと思って「おっしゃられる」と言う人がいますが、これは間違いです。 「おっしゃる」に「~される」を合わせると、どちらも尊敬語のため「二重敬語」になります。 同様に、「ご覧になられる」「お帰りになられる」なども二重敬語なので間違。 正しくは、「おっしゃる」「ご覧になる」「お帰りになる」なので気をつけましょう。 繰り返し使用しない 相手の発言の度に「おっしゃるとおりです。 」を繰り返していると、かえってマイナス印象になることがあります。 敬語としては正しい表現ですが、短時間に同じ言葉を何度も使っていると、「よく考えずに回答しているのではないか」「相手に合わせているだけなのではないか」という印象を与える可能性も。 相手との会話を円滑に、そしてスムーズに行うためにも 表現のバリエーションをいくつか持っていると便利です。 次項では「おっしゃるとおり」の言い換え表現をご紹介しているので、参考にしてください。 「おっしゃるとおり」の言い換え表現 「おっしゃるとおり」の言い換え表現には以下のようなものがあります。 ・ご指摘のとおり ・ご推察のとおり ・ご認識のとおり ・ご明察のとおり ・仰せのとおり ・お察しのとおり 上記以外にも、「おっしゃるとおりです。 」の言い換え表現として「左様でございます。 」「そのとおりでございます。 」「ごもっともです。 」などがあります。 「おっしゃるとおり」同様、「左様」「そのとおり」「ごもっとも」と言うと失礼な印象になるので、目上の人に使うときは語尾を省略するのは避けましょう。 また、「おっしゃるとおり」をより丁寧な表現にしたい場合は「おっしゃるとおりでございます。 」や「まったくもって、おっしゃるとおりです。 」などと表現することも可能です。 いずれにしても、 話の流れに対して自然な表現を心がけましょう。 ビジネスシーンでは、他にもさまざまな敬語表現があります。 これから就職活動を行う人は、応募企業へ電話をするときや、訪問するとき、面接するときなどで困ることのないよう、あらかじめ会話のマナーを身につけておきましょう。 敬語表現を含む就活マナーを身につけるなら、新卒向け就職サービスのキャリアチケットもお手伝い可能です。 キャリアチケットでは、専任の就活アドバイザーが求人紹介から内定までトータルサポート。 サポートの一環として、就活マナーのアドバイスもいたします。 サービスは全て無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

次の