恋愛の発見 あらすじ。 恋愛の発見のキャスト,登場人物,相関図,あらすじ,ネタバレあり

韓国ドラマ 恋愛の発見 あらすじ 感想 1話〜5話: 韓国ドラマのあらすじマトメ

恋愛の発見 あらすじ

【魔女の恋愛のあらすじの概要】 失恋の尾を引きずり敏腕取材記者としてバリバリ働くパン・ジヨン オム・ジョンファ。 そんな彼女が放っておけない年下男子ユン・ドンハ パク・ソジュン。 2人はぶつかりながら互いの心の傷に触れ、互いの優しさを知っていく。 そうこうしている最中元婚約者ノ・シフン ハン・ジェソク がジヨンの前に現れて三角関係勃発に。 韓国ドラマ定番のときめき要素がふんだんに盛り込まれたラブコメディ。 原作は、台湾で大ヒットした「敗犬女王」をリメイク。 オシャレでロマンチックな演出は女子心を揺さぶる胸キュンづくしの作品となった。 けれどもそんな彼女の前に、厄介な男性が現れます。 それは・・ジヨンにしつこく付きまとうソクギでした。 ソクギはジヨンのことを自分が会った中で 最高の女性だと持ち上げますが・・。 ジヨンはソクギのことを面倒な相手だと思っていたのだった。 他方、ドンハはジヨンのことを何かと束縛するようになりました。 彼女の身につけるものから、ちょっとした 仕草にまで、あれこれと要求こころみます。 なぜドンハがジヨンを束縛するようになったのか・・。 それは、他の男性からジヨンを取られないようにするためでした。 ドンハは周りの男性がみんなジヨンを 狙っていると勘違いしていたのでした。 ジヨンは美脚の持ち主でしたが、ドンハはそのことも 注意してズボンを穿くように言ったのです。 そんなドンハに対してジヨンは辟易するしかありません・・。 ジヨンはドンハのことを愛してしますが 一つ気がかりなことがあります。 それは二人の年の差が大きいことでした。 自分はすでに40を越えてるのに・・ 彼はまだ20代と若い・・大丈旦那かしら・・と。 他方、ドンハは年の差なんか関係ない、愛があればいいと ジヨンに口付けします…。 魔女の恋愛 あらすじ 16話 最終回 ドンハとジヨンの交際は順調に進んでいます。 ジヨンは今も年の差を気にしていますが それをカバーできるだけの要素があったのでした。 その要素とは・・互いに愛し合っていること 強い絆で結ばれているということでした。 だから二人にとって年の差なんか 小さな悩みの一つに過ぎなかったのでした。 結婚に向かって試練はいくつもありましたが 二人はそれをいつも愛で乗り越えていきます。 そしていつしか二人の絆は大岩のように不動のものとなるのでした・・。 けれどもそんな二人の関係を引き裂きかねない ある話が舞いこんできます。 それは、ジヨンに外国で記者をやらないかというオファーが来たことでした。 ジヨンはこのオファーを受けて、激しく心を揺らこころみます。 外国に行ったらドンハと離れて生活しなければならなくなる・・。 でも・・外国で記者をすることも昔からの夢でした・・と。 さんざん悩んだ末に、ジヨンは外国赴任の話を 断りますが、ドンハは複雑な心境でした。 ジヨンとは離れずにいたい、でもジヨンの夢も叶えてやりたい・・と。 ドンハも考えた末に決断を下し、ジヨンに外国に 行ってほしいと伝えるんでした。 愛があればどこにいても絆は壊れない・・ それより君の夢を叶えさせたい!と。 こうしてジヨンはドンハに背中を押されて、外国へと旅立って行きました。 その後、ドンハは大学に戻り勉学に励む毎日を送ります。 ジヨンは外国で記者生活を送り、毎日、新しいニュースと格闘こころみます。 ジヨンが外国に旅立ってから一年が過ぎ、ジヨンは国内に戻ってきました。 二人は久しぶりに再会し、互いに満面の笑みで抱き合います。 一年があまりにも長かったわ・・ 毎日どれだけ会いたいと思っていたことか・・と。 ジヨンに会えない間、ドンハはずっと不安な日々を送っていたのだった。 けれども、彼女とハグした瞬間にその不安は消えてなくなるのでした。 そしてドンハは自分が今最も望んでいることをジヨンに伝えます。 ねえ自分たち・・いつになったら結婚するのかな?と。 ジヨンは驚いた表情を作りますが、冷静なフリをして ゆっくり考えましょうと答えます。 ジヨンはドンハがまだ学生であることを気にしていましたが・・ 内心は喜びに溢れていたのだった。 こうして二人は、結婚という明るい将来に向かって一緒に歩み始めるのでした。 ジヨンは舞い上がる気持ちにブレーキをかけようとしますが どうしても気持ちを抑えられません。 ドンハはそんなジヨンに優しい微笑を投げかけます…。

次の

恋愛の発見:1話~16話(最終回)あらすじ

恋愛の発見 あらすじ

異なる"魅力"と"欠点"を持つ2人の男性。 彼らの間で揺れるヒロインを通し、恋愛が及ぼす感情の作用を発見していくロマンチックコメディ! 本作は、時と共に変わっていく男女の関係を共感度たっぷりに描き出し、韓国でも多くの熱狂的ファンを生み出した話題作だ。 愛より仕事の"オレ様"キャラな元カレ、テハには「ラブ・ミッション スーパースターと結婚せよ!」以来、7 年ぶりのドラマ主演となる[神話]のエリック。 計算高さと純粋さを併せ持つヒロイン、ヨルムには「ロマンスが必要2」のチョン・ユミ。 エリックVSソンジュンのヒロインを巡る対決の行く末は... ?そして、ヒロインはどちらを選ぶのか? 全16話・字幕 32 歳の家具デザイナー、ハン・ヨルム(チョン・ユミ)は、5年間付き合った末、5年前に前に別れた彼氏、カン・テハ(エリック)とのつらい恋愛経験を経て、計算高く主導権を握る方法を覚え、今は医者で同い年のイケている彼氏、ナム・ハジン(ソンジュン)と順調に交際中だ。 難を言えば、友人と工房を作ったときの借金やら何やらで、お金がないため結婚に踏み切れないこと。 プライドから結婚には関心がない振りをしている。 そんなある日、ハジンが隠れて見合いをしていると知ったヨルムは、彼が見合いをしているホテルに乗り込む。 そこでヨルムが遭遇したのは、あの憎き元カレ、テハだった!うっかり携帯電話を取り違えて持ってきてしまったヨルムは、再びテハと会うことになるが、泥酔したままテハの部屋で目覚めてしまう。 さらに、テハが経営する建設会社からワインバーのインテリアデザインの仕事を依頼され、ヨルムは悩みつつも、テハとの過去をハジンに隠したまま契約することに。 一方、ハジンは以前から幼い頃に幼児施設で兄妹のように育ったアン・アリム(ユン・ジニ)を探していた。 ひょんなことからそのアリムを見つけたハジンは、正体を伏せたまま、自分が負わせてしまった彼女の腕の傷跡を治してやろうとする。 そんな中、ヨリを戻そうと言うテハに当惑するヨルム。 そして、別れの直前に彼女の身に起こっていたことを知り衝撃を受けるテハ。 互いに心近づけていくハジンとアリムを加え、彼らの関係は少しずつ揺れていき…。 ヨルムが二人と別れて1年後。 ヨルムは独り身のまま家具デザイナーの仕事を続けていた。 ハジンはヨルムが戻るのを待ち続け、テハはヨルムをきっぱり切り捨て、仕事に明け暮れていた。 そんなある日、ヨルムはクライアントの女性が家の建築をテハの会社に依頼していることを知る。 ハジンと偶然遭遇したテハはハジンが結婚指輪をしているのを目にし、ヨルムと結婚するのだと思い込む。 テハがクライアントと打合せをしているとヨルムが現れ…。 カン・テハ ヨルムの元カレで、建設会社「DK建設」代表。 仕事に妥協は許さず、自ら設計も手掛け、父から継いだ会社を大きくした有能な男。 自信家で自己中心的だが、人に負けることを嫌い、陰の努力は見せたがらない。 口が悪く誰に対しても冷たいが、大事なところで助けてくれるタイプ。 「フランダースの犬」を読むたび泣く34歳。 エリック 神話 1979年2月16日生まれ。 1998年、アイドルグループ[神話]のリーダーとしてデビュー。 俳優としても03年の「僕は走る」でドラマデビューし、続く「火の鳥」で演じた御曹司役で強い印象を残し、人気俳優の仲間入りを果たす。 以後、音楽活動の傍ら、俳優としてもコンスタントに活動している。 国際家具デザインで入賞したほどの実力を持つが、ある出来事を機に夢を諦めた。 率直で感情が顔に出る分かりやすいタイプ。 遭難した砂漠からも1人で帰ってくるような逞しさも。 恋愛では計算高く主導権を握る小悪魔だが、以前は純粋で一途だった。 工房「夏&松の木」を立ち上げた際に借りたものを含め、借金まみれの32歳。 チョン・ユミ 1983年1月18日生まれ。 2004年、映画『ポラロイド作動法』でデビュー。 2005年の映画『親知らず』で百想芸術大賞などの新人賞を受賞。 ドラマでも「ロマンスが必要2」や「オフィスの女王」などで等身大のヒロインを好演している。 穏やかで紳士的、長身でルックスもいい完璧男子。 ヨルムのどんな我がままも黙って受け入れる優しい彼氏だが、実は養子であることを明かせずにいる。 妹のような存在だったアリムを施設に残し、自分は養子先で愛され、不自由なく育ったことに罪悪感を抱く。 養母には逆らえない32歳。 ソンジュン 1990年7月10日生まれ。 B型、187cm。 ショーモデルとして活動後、2011年のドラマ「ホワイトクリスマス」で俳優の道へ。 「美男〈イケメン〉バンド」で初主演を果たす。 「ハイド・ジキル、私」では初の悪役を好演。 ハジンの病院に勤める整形外科医で、ヨルムとソルの同居人。 幼い頃から近所で育ったヨルムとソルの世話を焼き、振り回されてきたが、女心の理解は浅い。 自称「人間ジッパー」を名乗るが、口の軽いお調子者。 ユン・ヒョンミン 1985年4月15日生まれ。 元プロ野球選手という異色のキャリアを持つ。 2010年にミュージカル「キム・ジョンウク探し」で俳優デビュー。 ヨルムの幼なじみで、工房を共同経営する家具デザイナー。 恋をすると一直線で周りが見えなくなるタイプ。 失恋のたびにやけ酒して周囲を巻き込むが、裏表がなく憎めない。 その辺の男より度胸があり、肝が据わっている。 キム・スルギ 1991年10月10日生まれ。 「となりの美男〈イケメン〉」で演じた、常に目の下にクマがある編集者役など個性派脇役として注目を集めている。 ミュージカルにも進出し、「宮」ではヒロイン役に抜擢。 多岐に渡る才能を発揮。

次の

魔女の恋愛 あらすじ 15話~16話(最終回) ネタバレ

恋愛の発見 あらすじ

異なる"魅力"と"欠点"を持つ2人の男性。 彼らの間で揺れるヒロインを通し、恋愛が及ぼす感情の作用を発見していくロマンチックコメディ! 本作は、時と共に変わっていく男女の関係を共感度たっぷりに描き出し、韓国でも多くの熱狂的ファンを生み出した話題作だ。 愛より仕事の"オレ様"キャラな元カレ、テハには「ラブ・ミッション スーパースターと結婚せよ!」以来、7 年ぶりのドラマ主演となる[神話]のエリック。 計算高さと純粋さを併せ持つヒロイン、ヨルムには「ロマンスが必要2」のチョン・ユミ。 エリックVSソンジュンのヒロインを巡る対決の行く末は... ?そして、ヒロインはどちらを選ぶのか? 全16話・字幕 32 歳の家具デザイナー、ハン・ヨルム(チョン・ユミ)は、5年間付き合った末、5年前に前に別れた彼氏、カン・テハ(エリック)とのつらい恋愛経験を経て、計算高く主導権を握る方法を覚え、今は医者で同い年のイケている彼氏、ナム・ハジン(ソンジュン)と順調に交際中だ。 難を言えば、友人と工房を作ったときの借金やら何やらで、お金がないため結婚に踏み切れないこと。 プライドから結婚には関心がない振りをしている。 そんなある日、ハジンが隠れて見合いをしていると知ったヨルムは、彼が見合いをしているホテルに乗り込む。 そこでヨルムが遭遇したのは、あの憎き元カレ、テハだった!うっかり携帯電話を取り違えて持ってきてしまったヨルムは、再びテハと会うことになるが、泥酔したままテハの部屋で目覚めてしまう。 さらに、テハが経営する建設会社からワインバーのインテリアデザインの仕事を依頼され、ヨルムは悩みつつも、テハとの過去をハジンに隠したまま契約することに。 一方、ハジンは以前から幼い頃に幼児施設で兄妹のように育ったアン・アリム(ユン・ジニ)を探していた。 ひょんなことからそのアリムを見つけたハジンは、正体を伏せたまま、自分が負わせてしまった彼女の腕の傷跡を治してやろうとする。 そんな中、ヨリを戻そうと言うテハに当惑するヨルム。 そして、別れの直前に彼女の身に起こっていたことを知り衝撃を受けるテハ。 互いに心近づけていくハジンとアリムを加え、彼らの関係は少しずつ揺れていき…。 ヨルムが二人と別れて1年後。 ヨルムは独り身のまま家具デザイナーの仕事を続けていた。 ハジンはヨルムが戻るのを待ち続け、テハはヨルムをきっぱり切り捨て、仕事に明け暮れていた。 そんなある日、ヨルムはクライアントの女性が家の建築をテハの会社に依頼していることを知る。 ハジンと偶然遭遇したテハはハジンが結婚指輪をしているのを目にし、ヨルムと結婚するのだと思い込む。 テハがクライアントと打合せをしているとヨルムが現れ…。 カン・テハ ヨルムの元カレで、建設会社「DK建設」代表。 仕事に妥協は許さず、自ら設計も手掛け、父から継いだ会社を大きくした有能な男。 自信家で自己中心的だが、人に負けることを嫌い、陰の努力は見せたがらない。 口が悪く誰に対しても冷たいが、大事なところで助けてくれるタイプ。 「フランダースの犬」を読むたび泣く34歳。 エリック 神話 1979年2月16日生まれ。 1998年、アイドルグループ[神話]のリーダーとしてデビュー。 俳優としても03年の「僕は走る」でドラマデビューし、続く「火の鳥」で演じた御曹司役で強い印象を残し、人気俳優の仲間入りを果たす。 以後、音楽活動の傍ら、俳優としてもコンスタントに活動している。 国際家具デザインで入賞したほどの実力を持つが、ある出来事を機に夢を諦めた。 率直で感情が顔に出る分かりやすいタイプ。 遭難した砂漠からも1人で帰ってくるような逞しさも。 恋愛では計算高く主導権を握る小悪魔だが、以前は純粋で一途だった。 工房「夏&松の木」を立ち上げた際に借りたものを含め、借金まみれの32歳。 チョン・ユミ 1983年1月18日生まれ。 2004年、映画『ポラロイド作動法』でデビュー。 2005年の映画『親知らず』で百想芸術大賞などの新人賞を受賞。 ドラマでも「ロマンスが必要2」や「オフィスの女王」などで等身大のヒロインを好演している。 穏やかで紳士的、長身でルックスもいい完璧男子。 ヨルムのどんな我がままも黙って受け入れる優しい彼氏だが、実は養子であることを明かせずにいる。 妹のような存在だったアリムを施設に残し、自分は養子先で愛され、不自由なく育ったことに罪悪感を抱く。 養母には逆らえない32歳。 ソンジュン 1990年7月10日生まれ。 B型、187cm。 ショーモデルとして活動後、2011年のドラマ「ホワイトクリスマス」で俳優の道へ。 「美男〈イケメン〉バンド」で初主演を果たす。 「ハイド・ジキル、私」では初の悪役を好演。 ハジンの病院に勤める整形外科医で、ヨルムとソルの同居人。 幼い頃から近所で育ったヨルムとソルの世話を焼き、振り回されてきたが、女心の理解は浅い。 自称「人間ジッパー」を名乗るが、口の軽いお調子者。 ユン・ヒョンミン 1985年4月15日生まれ。 元プロ野球選手という異色のキャリアを持つ。 2010年にミュージカル「キム・ジョンウク探し」で俳優デビュー。 ヨルムの幼なじみで、工房を共同経営する家具デザイナー。 恋をすると一直線で周りが見えなくなるタイプ。 失恋のたびにやけ酒して周囲を巻き込むが、裏表がなく憎めない。 その辺の男より度胸があり、肝が据わっている。 キム・スルギ 1991年10月10日生まれ。 「となりの美男〈イケメン〉」で演じた、常に目の下にクマがある編集者役など個性派脇役として注目を集めている。 ミュージカルにも進出し、「宮」ではヒロイン役に抜擢。 多岐に渡る才能を発揮。

次の