ドルウォン 1200。 韓国経済、【全くのデタラメ】急激なウォン安ドル高も…韓国政府が積極介入しない理由

韓国ウォン暴落!危険水域を突破 米に泣きつきスワップ再開も…3度目の“通貨危機”に現実味 (1/2ページ)

ドルウォン 1200

週明け波乱の韓国金融 韓国のウォン安の歯止めがかかりません。 現在インターバンク市場では、米ドル不足から信用の低い銀行は大変な金利負担を余儀なくされています。 そして日本が韓国に三種類の化合物の輸出規制を発動して以降、 韓国プレミアムが徐々に上昇を始め、2日のホワイト国除外の閣議決定で、ウォン安に拍車がかかりました。 そして遂に韓国金融当局の防戦(為替介入)にもかかわらず、当日のうちに1,207ウォンに達してしまいました。 1ドル1200ウォン突破で資金流出が始まる 2008年9月のリーマンブラザース破綻の直接的原因は、6兆ウォンの出資(6000億円)を宣言していた韓国産業銀行が9月2日に突如出資をキャンセルしたことだと言われています。 これが原因でリーマン株は急落し、結局9月15日に破綻申請を行うことになったわけです。 以来、 1,200ウォンは韓国経済のボーダーラインと言われていますが、今回これを死守できなかったことで、韓国からの資金流出が加速する可能性が高いです。 そうなると現在の韓国経済は金融危機に陥ることになる・・・。 文政権は全くの無策 文政権は日本の輸出管理の変更に対して、経済的な防衛策をほとんど講じていません。 ホワイト国除外に関しても8月28日施行ということで、ある一定の猶予を持たせた格好ですが、まったく反日を止め歩み寄る素振りは見られません。 それどころか日々、国民の反日感情を煽り日本政府に対して抗議を繰り返しています。 そんな中、文政権の金融当局は可能な限りの為替介入を行ったと見られますが、ドル売りウォン買いで介入すればするほどにドル準備比率が低下してしまうというジレンマに陥っていると思われます。 韓国は外貨準備の余裕が極めて小さく、そのためにドルスワップ、円スワップ、人民元スワップで凌いできたわけですが、円スワップは2018年に期限切れとなって以来、日本側の申し出も拒否すると言う強気の姿勢でした。 ドルや人民元では枠がそれほど多くなく週明け韓国金融は危機的状況に突入することになりそうです。 韓国銀行の信用状(LC)保証は日本のメガバンク 韓国経済のGDPに対する貿易依存度は67%(2017年)で、輸出立国です。 従って素材や食料品の輸入には信用状(LC)が不可欠ですが、貿易相手国は外貨準備不足や対外債務のために韓国の信用状を受け取りません。 ただし、邦銀としても日本政府が毅然とした対応を行う中で、独自に信用保証するとは考えづらく、仮に停止となると韓国経済は一気に破綻する可能性もあり、邦銀は苦境に立たされています。 外貨準備のない韓国銀行 韓国の外貨準備は約4000億ドルと言われていますが、これも現実的数字ではないという声が多いです。 また韓国は同等の対外債務国であって様々な状況を考慮すれば現実的なのは1000~2000億ドル程度ではないか、と言われています。 サムソンの売り上げ規模が約2200億ドルであることから、サムソンの業績低下だけでも極めて厳しいダメージを受けることになるでしょう。 つまり、慢性的に韓国銀行ではドル準備はないという状況です。

次の

韓国金融危機:1ドル1200ウォン突破で金融崩壊か?

ドルウォン 1200

『韓国1200ウォン突破!? 感染症の影響をモロに受ける形に…』 まあ、これだけあたふたしているのですから、いい方向には転がらないでしょう。 しかし、あれほど必死に死守していた1ドル1200線を超えてしまいました。 これは韓国にとってはかなり怖い状況だと思います。 ウォン・ドル為替レート急騰…取引時間中に1,200ウォン突破 20日ウォン・ドル為替レートは、1190ウォン台後半に上昇し終えた。 マーケットポイントによると、この日のソウル外国為替市場で ウォン・ドル為替レートは、前取引日比9. 40ウォン上昇(ウォン安)した 1198. 70ウォンで取引を終えた。 感染症確定者急増でリスク回避の心理が働き、ウォン・ドル為替レートは、 昨年10月2日(1205. 8ウォン)以来の高水準を記録した。 感染症事態が地域社会感染局面に入った不安に、ウォン・ドル為替レートは取引場で 1200ウォンを越え1200. 8ウォンまで高騰した。 ドル当たり1200ウォンは「ビッグフィギュア」として 市場と当局の心理的なマジノ線である。 ウォン・ドル為替レートが取引場で1200ウォンを超えたのは、 昨年10月10日(1200. 9ウォン)以来4カ月ぶりだ。 ただし、当局の介入の警戒感にウォン・ドル為替レートは、 すぐに1200ウォンの下に降りて行った。 ホン・ナムギ経済副首相は17日、大統領業務報告で、 「金融市場の変動性を24時間管理し、異常な変動性が拡大されると、 先制的に迅速かつ正確に対応する」と述べている。 韓国は輸出国でウォン安は悪影響だけではありませんが、 対外債務が多い韓国はこのままウォン安が進むと気が気じゃないでしょうね。 前回の通貨危機の際に決めた1200ラインも突破しているので 中小企業の不渡りなどの懸念も出てきます。 ホン副首相も言っていますが、必死に介入をしているでしょうが ウォン安は止まる気配がありません。 更にコスピも下がってきているようで、 デフォルトの影に不安になるのも仕方がないでしょう。 しかし、韓国の方、安心してください! 外貨準備高はビックリするぐらいあるらしいので 何かあっても余裕で乗り切ってくれるでしょう!.

次の

【朗報】急落し続ける韓国ウォン、ついに1ドル1220ウォン突破ww

ドルウォン 1200

韓国経済がいつ破綻するのか。 やはりドルウォンの1200ボーダーがカギの様だ。 毎日のように、このレートが、激しい攻防を繰り広げている。 毎日じわじわ安くなるウォンに、ずどんと買いが入る。 それも、日に2度3度。 また、ウォンは、じわじわ1200に戻っていく。 あるニュースサイトは、韓国経済10月破綻説を唱える。 理由はいろいろある。 1、半導体不況 2、日米とも通貨スワップで韓国を助けようとしない 3、日本製品不買運動による韓国経済の落ち込み 4、中国の廃韓政策 5、文外交失策による世界からの孤立化 最近日本の業者が、二階幹事長らに韓国に手を差し伸べてほしいと嘆願している。 それほど、急激な破綻が目前に迫っていると言う事だ。 韓国が破綻して一緒に潰れる日本企業は、ほんの数社との見方がある。 それに対して、在日韓国系の企業は、多大な被害を被る。 二階氏に嘆願しているのは、案外そう言った人かもしれない。 税金を払わないで、補助金を受けるシステムは、この際ここで断ち切ってもらいたいものだ。 こう言う人に対して消費税は平等な税金システムだという人がいる。 しかし、消費税というのは、国内で使ってもらわないと意味がない税金。 最近国内からの金の持ち出しは厳しくなっているが、彼の国の民族は、今まで、日本で稼いだお金を本国に貯えていた。 その本国がつぶれたら、確かに被害甚大だろう。 反日をやっているトリエンナーレ 不自由展は、当の日本国の補助金で展示会をやっていた。 芸術だというのなら、自分の金でやれ。 韓国の来年度予算は例年の倍。 それを国債で賄う。 とんでもない金額だと思うのだが、経済破綻というのは、そんな巨額の予算さえ簡単に蒸発させてしまう。 じゃあいつ破綻するのか。 やはり数字で見えるドルウォンレートというのは分かりやすい。 この1200ウォン攻防に決着が見えてくると、破綻が現実になる。 だから、激しい攻防が連日行われているのだ。 日系企業の人は、逃げた方が賢明だと思う。 だって、この連日のチャートって、心臓に悪いよ。

次の